c

「兵器別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆◆爆弾類
<◆◆◆攻爆撃
<◆◆種類別 目次
<◆航空 目次
兵器FAQ目次


(画像掲示板より引用)


 【link】

「Strategy Page」◆(2013/05/01) AIR WEAPONS: JSOW Is Upgraded For War Against China
 精密誘導爆弾は,施設の整った敵との戦いに備えて改良される

「Togetter」◆(2011/02/15)精密誘導爆弾話+α

「YouTube」◆(2011/11/18)Boeing Delivers Massive Ordnance Penetrator (MOP) 37,000 LB Bombs To The USAF - GBU-57
超大型貫通爆弾MOP(Massive Ordnance Penetrator)

「海洋戦略研究」:大型バンカー・バスター(MOP)


 【質問】
 爆弾の威力について質問なのですが,私の調べた限りでは

Mk-82:500ポンド爆弾は危害半径300m程度
Mk-84:2000ポンド爆弾は危害半径400m程度

と,あまり威力が上がっていませんが,爆弾の威力はどのようにして決まるのでしょうか?

 【回答】
 まずは面積を比べてみてください.破片の飛び散る範囲が,その爆弾の威力半径です.爆風だけで殺傷効果を発揮しようとすると,とんでもない大型爆弾になってしまいます.
 次に体積比べて見てください.上に破片を飛ばすエネルギーや,地面掘ってるエネルギーは対人用としては無駄なんです.だから,子爆弾をばら撒くって発想が出てきます.
 建物を的にしてる場合,炸薬のエネルギーは建物を壊す事に使われますから,無駄にはなりません.
 その場合は殻の薄い大型爆弾の方が有利という事になります.


 【質問】
 爆撃機が投下する無誘導爆弾の精度は,どの程度のものですか?
 半数必中界などのデータを教えてください.

 【回答】
 CEPは砲撃や爆撃にも使われる概念のはずだが.

 何も無いのは寂しいので,『「戦略」の強化書』から表を引っ張ってきた.
 ただ,あくまでマクロな歴史的変遷をつかむためのもので,代表値程度の意味しかないだろう.
 まあイメージというか,参考程度に

時代  WW2 ベトナム戦争  湾岸戦争  イラク戦争
機種 B-17    F-4      F-117     B-2
爆弾 250lb    500lb    PAVEWAVE PAVEWAVE
CEP 3500ft   400ft      10ft      20ft

 ※表記は一部改変してある.PAVEWAVEってのはPAVEWAYの誤植?

軍事板,2009/07/30(木)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 核以外で塹壕を含む一定の範囲の敵兵あぼーんで,建物や構造物にはそれほど被害を出さない,なんて爆弾はありませんか?

 【回答】
 クラスター爆弾ないしサーモバリック爆弾などが,そういう効果があるな.
 建物にも被害がいくが,普通の爆弾ほどじゃない.

 ただ,ちょっとこった塹壕(つーか陣地)だと,トンネルや壕があるから,そこに隠れられるとつらい.

 核でもなんでも意外に,簡単な対応で損害を激減させることができる.
 兵器に求められていることって,損害を与えることが最優先のように思えるけどさ,実際にはそれは二の次なんだよ.

 何が大事かというと,相手に防御させる,つまり受け身にさせることが一番重要なんだ.
 例えば砲弾が炸裂してる中で頭出すバカは即あぼーん.
 つまり隠れてやりすごすしかない.
 その隙をついて味方は自由に行動できるわけさ.

 本当に中の人だけ始末したいなら,中性子爆弾の出番.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 どうして「不発」という事が起こるんですか?
 今でもけっこう不発弾が出てるようですけど.

 【回答】
 理由は色々考えられます.砲弾・爆弾であれば

*信管の安全装置が解除されなかった
*信管を作動させるための圧力不足
*信管の伝爆薬の不良

などが考えられます.

 砲弾・爆弾は発射(投下)されたときに信管の安全装置が解除されるようになっていますが,これが上手く作動しないと信管自体が作動しません.
 また,信管に着弾時に想定された圧力がかからないと作動しません.
 いわゆるクラスター爆弾に不発弾が多いといわれるのは,子爆弾自体の重量が軽いため,風などの影響でまっすぐに落ちず,信管が作動しない事があるためです.


 【質問】
 「エースコンバット」でアイガイオンに爆弾ぶつけるみたいに,低速な目標になら航空機(例えば輸送機)に爆弾をぶつけるのは可能なのですか?

 【回答】
 自由落下式の爆弾を直撃させるのは難しい.
 複葉機時代に非武装同士で,レンガなんかをぶつけた例がいくつかあるから,可能か不可能かで言えば,可能としか.とんでもない幸運が必要.
 少なくとも,命中を期待して作戦を立てられるレベルではないな.
 本当に他にやれることが無くて,やけのやんぱちでやってみたらたまたま…ぐらいならなんとか.

 第二次大戦中,日本軍により「三号爆弾」(敵機の上空で炸裂させる時限式のクラスター爆弾,200発の小型焼夷弾をばらまき撃墜する)が使われたが,直撃させるよりは命中率が高いはずだったが,それでも当てるのは困難だった.
 なにしろ人間がカンで,敵機の未来位置と自機の速度・コース,信管の時間設定など,うまく予想して調整しなくてはならないから.

 これとは別に,やや下を飛んでいた味方機の主翼に,爆弾をぶつけて撃墜してしまった米重爆のケースもあるが,狙ったわけではない.

▼ A−10がイラクのヘリを誘導爆弾で狙って当てて撃墜した例もあるが,あくまでレア・ケース.
 F-15Eがイラクのヘリを誘導爆弾で狙って,当てて撃墜した例もあるが,あくまでレア・ケース.

 図書館にあるかどうかは知らんが,ソノモノズバリな本.
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/18763023
 「空対空爆撃」に付いてはチョットしか出てこない(ソコに至るまでの経緯が主)ので,買って読む事は薦めないけど.
 以下概要.
・爆撃を行ったのが1943年3月18日から7月28日まで.
・8月15日からはロケット弾を装備(オーフェンロール(ストーブの煙突))
・何れも高度7500mまで上昇するのが涙目状態.
・爆撃するからといって安全という訳ではなく,独側も被害甚大.
・9月27日からは連合軍に護衛戦闘機が付きだした為か,爆撃の話は出なくなる

軍事板,2009/07/06(月)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 最近のアメリカは地下貫通爆弾の開発に熱心ですが,世界的に堅固な地下施設を作るのが流行っているのでしょうか?
 自衛隊にはこのような施設は無いのですか?

 【回答】
 流行ではなく,歴史的なものじゃのう.

 今の若い衆は知らんじゃろうが,冷戦華やかなりしころはどこの国も自国が核爆弾に吹っ飛ばされる恐怖におびえておって,大規模な地下軍事施設を建設しておったんじゃよ。
 アメリカなら,コロラドスプリングス山中地下にあるNORADが有名じゃし,
 ソ連にも大規模な地下基地があるといわれておった(自営業先生の「ゲイツ」に出てくるのォ)
 中国に至っては,トンネルが蜘蛛の糸のように張り巡らされた大規模地下都市が北京の地下に存在し,一部は現在公開されておる。

 冷戦終結とともにそれらは徐々に意義を失っていったのじゃが,まだ生き残っている「独裁者」達には依然として必要な隠れ家であるわけじゃ。
 また,精密誘導兵器の発達で地上施設を防護するのが難しくなった側面もある。
 まあ,今現在こんなものが必要なのは北の金ちゃんだけで,アメリカの地下貫通爆弾も金ちゃんにプレッシャーをかける為の道具といってもいいがのう。

 自衛隊? そんなカネがあるわけなかろうが。

 まあ,地下鉄国会議事堂前駅があんなに深いのはシェルターにするためだ,なんて噂が出とるのぉ(笑).


 【質問】
 とある作品に,「2.4mの強化コンクリートを破壊する貫通爆弾さえも防ぐ装甲」という記述があるんだけど…
 そもそも強化コンクリとは一体?

 【回答】
 よく「強化コンクリート」と訳されている「reinforced concrete」は,単なる鉄筋コンクリートのこと.
 軍事記事などでRPGやHEATなどの貫通力を記すときにreinforced concreteの鉄筋密度による違いなどが書かれていることがある.
 別に特別な材質や骨材を使っているわけではない.軍事用語というわけでもない.
 無知な訳者やマスコミが作り出した言葉.


 【質問】
 貫通爆弾って何?

 【回答】
 貫通爆弾は貫通時に信管や弾体が壊れないよう設計された爆弾.
 ケーシングが分厚く,場合によってはタングステンなどが使用される.その分,炸薬は少なめ.
 信管は丈夫な特別製.目的からして遅発信管となる.
 徹甲爆弾といえばいいようなものだが,主な使用対象が装甲ではないから貫通爆弾と呼ぶ.


 【質問】
 バンカーバスターって何?

 【回答】
 バンカーバスター Bunker Buster は硬いコンクリートに守られた,地下の目標などを破壊するための爆弾です.
 地中貫通爆弾,掩蔽壕破壊弾,特殊貫通弾などと和訳されます.
 コンクリートや盛土を貫通したのちに炸裂するのが特徴です.

【ぐんじさんぎょう】,2008年5月19日21時0分

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 「MOAB(モアブ)」って何?

 【回答】
 MOABはベトナム時代の「破砕性爆弾」(12,600ポンドのそれほど強力でないGSX爆発物を備えた15,000ポンドの爆弾)の代替となるもので,2002年の終わり頃には開発中だった.
 この爆弾は,18,000ポンド(8.1トン)のトリトナル爆薬(トリトナル:tritonal = TNT 80%+アルミ粉 20% TNT10トン相当程度の爆発力になる)が装填されている.トリトナルは長期の貯蔵に耐えられるという利点もある.
 C-130輸送機の貨物室にパレットに載せられて搭載され,目標地点上空で後部貨物ランプから投下される.投下後はパレットを切離し,パラシュートを展開,慣性航法システムおよび全地球測位システムにがガイダンス用の翼およびグリッド・フィンを動かして地上に向かって降下,先端に取り付けられたプローブが地面に当たると起爆して衝撃波を発生させ,地雷を爆発させたり,木々をなぎ倒す.
 MOABは本来,大部隊やバンカー施設に対して使用されることになっていたが,地中深くの施設に対しても有効なように用途が拡大された.
 しかし,軍当局はがCNNに語ったところによると,MOABは主として「心理的作戦」のために使用されるという.軍当局は,MOABが非常に巨大なキノコ風を作成するので,イラク軍がそれを核爆発と誤解し,混乱させて降参するか戦意喪失するような心理的プレッシャーをかけることを目論んでいる.http://www.cnn.com/2003/US/03/11/sprj.irq.moab/index.html

 MOABは重量が9.5トン(2万1000ポンド)で,アフガン戦争で使われたディージー・カッター(1万5000ポンド)を上回っている.元々は,ベトナム戦争でジャングルに緊急のヘリ発着場を作るために開発された兵器である.しかし91年の湾岸戦争では,ディージー・カッターを投下し爆発させた際,付近のイラク兵が爆発衝撃の大きさと,湧き上がったきのこ雲に驚き,核兵器とカン違いして降伏したというエピソードがある.このMOABはGPS誘導装置が付けられ,C−130輸送機から投下される.爆発効果よりも,兵士の心理に与える影響を期待して開発した大型爆弾である.http://www.kamiura.com/index.html

 なお,これを燃料気化爆薬と紹介するマスコミがあるが,これは間違い.
 爆発時の衝撃波を利用する点では同じであるが,爆発物と爆発のメカニズムは異なる.


 【質問】
 JSOW-ERってエンジンつけているのですよね?
 滑空誘導爆弾であるJSOWのミサイル以下のコストというメリットが失われるのでは?と思うのですが,どうなのでしょう?
 どのようなメリットの下の計画されたのでしょう?

 【回答】
 ミサイルほど高価ではないが,目標の上空で落っことす必要はないので爆弾よりはずっと安全.
 あと,巡航ミサイルと違って目標の近くまでは高速,高機動の戦闘機で運べるので,往路で撃墜される危険が少なくて済むし,「狙った時」と実際に攻撃する時のタイムラグが小さくて済む.

 ついでに言うと元祖JSOWは,イラクへの懲罰爆撃(911より前)で使ったら命中率30%という情けなさに終わってしまい,
「やっぱりこういう使い方したいなら,何がしかの推進源がないとダメぽ」
ということになってエンジン付きの-ERが作られた.

 あと,オリジナルのごとく滑空爆弾だと,投下高度によって射程が大幅に変わる(=求める射程距離によって飛行高度や飛行コースの制限が出る)ので,それは使い勝手悪いだ,ということに.

 結果的に
「いっそそれなら純粋にミサイルにしちまえよ」
という度数が上がったのは否めない.
 が,それでも
「ミサイルよりは安いし,爆弾よりは射程長いからいいじゃん」
ということになっているようだ.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 DIME非難への批判は,あげ足とりではないの?

 【回答】
 DIMEを残虐兵器呼ばわりする事の意味は,
「被害の小さな兵器を廃止して強力な兵器を使わせましょう」
というのと実質,同義だ.

 もうこれは揚げ足取りなんてレベルじゃない.
 反対運動そのものが間違っているのだから.
 違うというなら根拠を示しなよ.

 DIMEなんて面倒な兵器,本当なら軍隊は使いたくないんだ.
 何のためにカーボンとタングステンで出来た,高価な爆弾を使っていると思っている?

JSF

以上,mixiより
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 昔,燐では無いと思うんだけど,可燃性の物質で(たしかゲル状)消火しようと水を掛けると,更に激しく反応する物が爆弾(焼夷弾?)に使われていると聞いた事があるんですが,そんな物質が存在するんでしょうか?
 また,もし存在するとしたら,それは兵器に使用されているんでしょうか?

 【回答】
 ゲル化した焼夷剤を使うのは,いわゆるナパーム弾です.
 要は油で作ったゼリー.
 天ぷら油火災をイメージするとわかるように,水をかけてもなかなか消えず,変な水のかけ方をすると,かえって火傷を追う危険もあります.
 そこで民間防空では,水をかけないで土をかけたりして消火するよう指導されたようです.

 日本に対する空襲では,この2種の焼夷弾が併用されていたので,話が混じってるのでは?

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 燃料気化爆弾はどんな被害を与えるのですか?
 人がいると,酸欠で死ぬって本当ですか?

 【回答】
 とりあえず酸欠で死ぬことは一番ありそうにない.

 FAEの圧力は場所にもよりますが1.5〜3気圧程度.大したことないように聞こえますが,4気圧程度の圧力は即死ものです.
 FAEの場合,燃料雲が広範囲に広がり,爆轟速度も高性能爆薬の半分以下が普通のため,高圧が持続して到達し,比較的長時間続きます.
 このため低圧でも殺傷能力があるのです.高圧とその反動による減圧のため,中空臓器(消化器,呼吸器,鼻腔など)が破壊されます.圧力波で投げ出されるため,骨折や飛んできたものによる傷害も起きます.
 火傷もあり得ますが,やや離れているため効果は強くなく,加圧による傷害範囲の方がずっと広くなります.
 システム上,燃料を散布して空気と十分混合しないといけないので広所,開所でしか起爆できず,結果として酸欠は大変生じにくくなります.
 酸化エチレンなどの有害な燃料蒸気や燃焼で生じた一酸化炭素の方がずっと有害でしょう.
 圧力が伝わりにくい場所,閉めた部屋,ドアを閉じた車両などには無効か,効果が限定されます.
 密閉してなかったら鼓膜ぐらいは破れるかな.
 爆轟のためには混合比を維持する必要があるので,燃料雲はあまり広範囲に(つまり時間をかけて)拡散させることができません.
 風速,気温,湿度,天候などにも効果が左右され,条件が悪ければ不発に終わります.
 効果は一時的ですから,ナパームのような焼夷効果はありません.せいぜい火災誘発.
 装甲車両には(ドアを閉じていれば)無効.広範囲の硬い物混じり目標ならクラスター爆弾の方がずっと効果的で範囲も広い.

 ですから燃料気化爆弾というのはイマイチ使いどころがなく,米空軍ではすでに現役から外れてたと思います.
 74式戦車に使用しても,ちゃんと蓋してる限り効果はないでしょう.いい加減な閉め方なら鼓膜破る程度.
 ナパームの方がエンジンのフィルター焼いたり,燃焼ガスの吸入でエンストさせたりする効果があります.
 エンジン(特に吸気系)を損傷して動けなくなれば,周りで火をたいてれば,中の人は酸欠や有毒ガスで死ぬこともあるでしょう.
 ただし温度上昇はわずかです(重量と比熱を計算するとわかります).


 【質問】
 燃料気化爆弾で窒息死する,というのは本当なのでしょうか?

 【回答】
 人が窒息死するには数秒〜数十秒を要します.
 高濃度の一酸化炭素を含む空気を吸い込むと,即座に意識を失う事はありますが,瞬時に生命活動が停止するわけではありません.
 この事から,「無酸素状態になるから窒息云々」 が,無意味な理屈であるのは解ると思います.

 また,FAEの爆圧でも「瞬時に」死んだりはしません.

 空気を含む体腔とその周囲組織を破壊することによって殺すわけですから,鼻腔,副鼻腔等,肺胞,腸管等を破壊して出血させ,失血あるいは窒息によって死に至ります.
 中枢神経内には空洞はありません(脳室内は脳脊髄液で満たされている)から,破壊されません.
 したがって,窒息にせよ失血にせよ,死ぬまでには時間がかかります.

 ただし,一見,窒息死に見えるかもしれませんし,肺胞の破壊による死亡は,言わば自分の血液に溺死するわけで,窒息死と呼べます.
 一酸化炭素云々は,閉所で使用された場合に限るでしょう.

軍事板,2008/08/26(火)
青文字:加筆改修部分

 ちなみに以前,防衛庁が導入を検討していて,あちこちから反対くらっていたような気がするのですが.
 たしか,対人地雷撤廃するんで,海岸線を防衛するのに有効だからとか言っていたような.
 でも記憶は定かではありません.

あお : 軍事板,2000/07/16(日)
青文字:加筆改修部分

 俺の知り合いなんかは,朝日の報道を真に受けた,社会党の馬鹿質問の回答書の叩きを作るために,2日徹夜しただよ.
 あの日の国会は面白かったぞ.
 「FAEは放射能出るか?」など笑わせてもらったよ.

 そんな訳で,まだ制式化してないけど,研究はしてる.

軍事板,2000/07/17(月)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 米軍はこんな凄い兵器
http://www1.odn.ne.jp/~act03420/suraimu/for_ex/fae.html
を持っているのですか!?

 【回答】
 今知られているうちでは,米軍の持っている最大の爆弾はMOABです.これは,イラク戦争開始前だったかにビデオがDoDからリリースされて一挙に有名になった奴です.
 あまりにも大きいので,輸送機の貨物室に入れて,後部から貨物の空中投下と同じ方法で投弾していました.

 空中気化爆弾は燃料を大気中に放出してほどよい濃度に混ぜたところで点火して爆発を起こすというものだから風任せ,運任せの要素が大きいです.
 地雷原を破壊するとか,山の平らなところで使ってヘリの発着できる場所を手軽に作るため,樹木をなぎ倒すなどに便利に使われていたようです.
 従って,クレーターは残さなかったはずです.
 そもそも俗称の由来が,芝刈り機で雑草を刈るごとく地上の物をなぎ倒す=クレーターを作らない,事に由来しますので.
 しかし今は,たしか米軍は使っていないはずです.他の国は寡聞にして存じません.

 日本だろうが中国だろうが北朝鮮だろうが,でかいだけの爆弾なら作ろうと思えば作れるだろうし,下手をすれば国家でなくても技術的には作れるかもしれません.
 だから,何に驚いているのか自分には正直よく分かりません.
 米軍のすごさ,恐ろしさというのは,こんな物を持ち運んで使えるぐらい航空戦力が充実している点の方だと思います.

 所謂サヨクの人達は,しばしば特定の兵器を取り上げて「非人道的だ」と言いますが,兵器とは人を殺す物であって全て等しく非人道的な物です.
 恐らくクラスター爆弾や劣化ウラン弾といった「米軍が使っている兵器」を非人道的だと主張する事によって米軍=悪と言いたいのでしょうが,戦争や兵器といったものの本質を見誤っているような気がしてなりません.

 ちなみに古代ギリシアでは,投槍器が発明されただけで,「戦士の誇りもない卑怯な兵器」よばわりされました.
 銃が発明され,戦場で運用された時も同じです.


 【質問】
 気化ガソリンによる爆弾が流行らないのは何故でしょうか?
 硝酸とアンモニアを混ぜた爆弾よりは手軽に作れると思うのですが.

 【回答】
 不便だから.
 ガソリンは液体のままでは着火しないし,空気中での混合比率などでも,他の物質と比べて案外着火しにくい.
 さらに気化という過程を爆発の前にこなす必要があるわけですが,気化したガソリンが最適の混合濃度を保ちつつ拡散していくタイミングを見計らって着火するのはとても手間です.

 それやこれやで,気化ガソリンってのは難しいです.

 現用兵器だとサーモバリックといって,粒子を撒いて着火する方向に進んでたりします.

軍事板
青文字:加筆改修部分



 【質問】
 気化ガソリンが着火しにくいって本当なのでしょうか?
 この間のガソリン騒動で行われた実験では,静電気だけで簡単に燃え広がりましたし,気体の方も2003年の名古屋の立て篭もり事件を見ると,簡単に着火できてるみたいですが.

 【回答】
 ガソリンが着火しにくいってのはあくまで軍用の基準で,民間レベルでは注意が必要な危険物である事に代わりはない.

 普通に爆薬使った方が遥かに手軽で安全で確実.
 一応ガソリンが使われてない事はないけどな.
 燃やす,人にぶっかけて燃やす,車ごと燃やす,って方法で.
 軍用でも「危険物」ではある.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 燃料気化爆弾とデイジーカッターってどう違うんですか?

 【回答】
 厳密に言うと「燃料気化爆弾」は爆発物の種類であり,空中に揮発性の可燃物を散布し,大気中の酸素と適切な混合比で混じり合ったところで遅発信管で着火,一般的な爆弾より(相対的に)長時間持続する高圧を広範囲に及ぼして人体を加害します.
 「デイジーカッター」は信管の種類であり,爆弾の先端に棒などをつけることによって,爆弾本体が着弾する前に地上一定距離(棒の長さ分)で起爆させるものです.
 これによって着弾後よりも広範囲に破片,衝撃波を及ぼすことが可能です.
 したがって125kgデイジーカッター爆弾,というものもあり得ますが,一般に「デイジーカッター」と呼ばれているのはBLU-82B大型爆弾です.
 ベトナム戦争時,ヘリの着地点を啓開するため,デイジーカッター信管と大量の泥状爆薬を用いて衝撃波で木々をなぎ倒すために使われました.
 これが大変印象的だったため,デイジーカッターという名称がこの爆弾の俗称となっています.
 ただし,泥状(スラリー)爆薬は形態が少し変わっていますが,通常の爆薬の一種であり,燃料気化爆弾ではありません.

 デイジーカッター信管付き燃料気化爆弾,というものも作れるでしょうが,起爆高度が低すぎてうまく爆発しないと思われます.


 【質問】
 サーモバリックとFAEの違いと性能について教えてください.

 【回答】
 FAE,サーモバリック,通常爆弾はちがうものです.

●通常爆弾:
 爆薬内に含まれた酸素で爆発が完了する.酸素分重さが増えて効率低下.

●FAE:
 空気と混合されて一定の比率の状態で点火すると起爆する.酸素外部依存なので効率いい.
 ただし気流,温度,湿度などの条件によって混合気が左右され,不発から低能率までいろいろと問題あり.
 危害は基本的に圧で生ずる(熱での致死範囲より圧の致死範囲が大きい).
 開放した,広い面積が対象.

●サーモバリック:
 信管と起爆薬を用い,起爆できる微粉状の物質を使用する.
 最初の爆発は不完全であり,微粉状の物質を散布すると共に加熱し,分解して燃焼しやすい状態に変化させる.
 これが空気と一定の割合に混合した時点で爆轟が生ずる.
 このため,環境にあまり影響を受けない.閉所で使用しても起爆でき,むしろ閉鎖空間のため圧力,熱共に無駄なく伝えることができます.
 同じ理由で燃焼産物の有毒ガスも効果を発揮しやすくなり,酸欠も(今度こそ)期待できるでしょう.
 もっとも,やはり到達範囲の大きいものは圧力であり,熱や酸欠で死ぬところにいたら,圧力でも死んでいるでしょう.
 圧力が伝わるため,普及しつつあるボディアーマーやオープンな塹壕では防げない,建物に立てこもった相手にとても有効,という特性があります.

 ロシアのものはゼリー状,ジェル状らしい.米と同様の機序かどうかは不明.圧と共に熱による危害も大きい.
 むしろ閉所(建物,バンカー,洞窟等)で効果的.


 【質問】
 航空爆弾とかデカイもの=FAE
 歩兵とかの小さいの=サーモバリック
な使いわけ方をしてるような気がします.
 別に「RPGのFAE弾頭」とか「航空サーモバリック」とかあっても良さげだと思うんですが,ないんですか?

 【回答】
 FAEは燃料自体には爆発性はなく,空気と一定の割合で混合されて初めて爆発するようになります.
 したがって,適切な混合が生じにくいような小規模な使用,閉所での使用では有効な爆発が期待できません.
 開けた場所で使用するものです.

 サーモバリックは内容物そのものが爆発作用を持ちます.
 ただし不完全燃焼の状態となって飛散し,それが空気中の酸素と結合して二次爆発を起こします.
 このため,小規模,閉所での使用に適します.
 逆にFAEで十分いけそうな場合は,空気中の酸素をフルに使用するFAEの方が効率的です.


 【質問】
 FAEによる殺傷は爆圧と高熱,とくに爆圧であり,酸欠による窒息はガセだと聞きました.
 とすると,古式ゆかしいトーチカ(2m厚のベトン製・銃眼つき)の中にいれば,FAEが近くで爆発しても中の人は生きてるんでしょうか?
 それともトーチカが押しつぶされるほどFAEってすごいんですか?

 【回答】
 ガセとは言い切れないよ.ナパーム弾でも一時的に酸欠になる.
 ただ屋外で使う以上,炎の対流や風などですぐ空気が入れ替わってしまうため,酸欠による殺傷は期待されない.
 それに地下壕やトーチカの類を狙うなら,最初から通常爆弾使った方が遙かに効率的でコストも安い.

 ちなみにサーモバリック爆弾なるものもある.
 これは歩兵用の携行火器から発射できるサイズで,建物や洞窟や壕に放り込んで,爆炎と衝撃波と酸欠で内部の人間を殺傷する.
 閉所で使う物だから酸欠効果もあるかもしれない.

 …なお,サーモバリック爆弾の記述はガセや捏造が多くて,正直言うと何処まで本当か解らない.
(酷いサイトでは毒ガス兵器と書かれているし…)


 【質問】
 イラク戦争,湾岸戦争,ユーゴ空爆などでは,多国籍軍(米軍)が使ったミサイルや爆弾の数はどれくらいだったとでしょうか?

 【回答】
 湾岸戦争:22万7822発
 ユーゴ空爆:2万3000発
 アフガンテロ戦争:2万1000発
 イラク戦争:2万9199発(大規模戦闘終結まで)

 ソースは「軍事解説 湾岸戦争とイラク戦争」河津幸英著(アリアドネ企画)


 【質問】
 イスラエルが「コンクリート爆弾」というものを運用しているそうですが,何のためですか?

 【回答】
 コンクリ爆弾は米も使ってる.

 周辺危害を抑えるため,最初は単に信管外して落としたんだけど,それだともったいないし,爆薬持ってかれるとシャクだし,火事になるとやだし,コンクリ詰めることにしただけのもの.運動エネルギー爆弾とか呼ぶとカッコいいかも.

 人が多いとこで「この部屋つぶす」時に使われてます.
 米は鉄棒ばらまいて軽車両群をつぶす風誤差補正子弾も使ったし,改良型で,ごつ目の鉄棒内に少量爆薬詰めてビルなんかに投下し,ビルはつぶさないが,各部屋にもれなく手榴弾配達状態,というやつを開発中.


 【質問】
 電磁パルス兵器ってどんなもの?

 【回答】
 具体的な内容は(おそらく機密なので)ようわからんが,単純に言うと,爆発物の周りにコイルを置いて,爆発の衝撃によりコイルが変形して,電磁誘導を起こして強烈な電磁波を放射するというシンプルなシステムだとか.

 んでもって,電磁波自体,1/距離の二乗で減衰していくので効果範囲はそれほど広くなく,(せいぜい数百メートル?)航空機から投下しても問題なさげ.
 でも,仕様相手はレーダー施設などになるわけだから,巡航ミサイルで撃ち込んだ方が安全だろうね.

軍事板


 【質問】
 イランと北朝鮮,電磁波爆弾で米攻撃の可能性模索=米議会特別委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040723-00000322-reu-int

 こんな事,可能なんですか?

 【回答】
 イランも北朝鮮も通常爆薬による電磁波攻撃は無理でしょう。
 米も実験したものの,指向性を制御できなくて結局,マイクロ波放射器に方向転換しているようです。

 ただ,核爆弾を使えば,出力そのものが大きいことと相まって,使い物になるレベルの電磁波パルス(EMP)を発生させることが可能です。
 しかし米国上空に核ミサイルを撃ち込んで爆発させれば,たとえ電磁波障害以外の地上被害が発生しなくとも,米からの核報復を覚悟する必要があります。

 また,,EMP(電子機器に被害を与えるような強力な電磁波)に対する対策は,核戦争抗尽性の一環として徹底的に取られています。
 電磁波爆弾の10発や20発でアメリカ政府と軍の指揮通信応力が完全に喪失するということはありえません。
 ただし,軍より民間の方がEMPには弱いですから,病院での医療機器誤作動,信号等の誤動作で人命喪失は不可避でしょう。

 将来,イラン,北朝鮮の核兵器,大陸間弾道弾能力が向上すれば実行できる可能性は否定できないでしょうが,リスクのわりに報われるところが少ない作戦だと思います。

 仮にその「電磁波爆弾」をアメリカ本土に,それもアメリカの中枢部を複数狙う手段,要するに大陸間弾道弾を保有することができるなら,そんな兵器使わなくても,アメリカと政治的に互角・・・とは言わないまでも有利に外交交渉できるでしょう。

 イランと北韓の脅威を吹聴するのに熱心なアメリカ政府の戯言と思って無視しましょう。

system ◆systemVXQ2


◆◆◆◆精密誘導爆弾


 【質問】
 最近米軍機に搭載される爆弾の胴体に,通常・誘導を問わず,ジャケットのようなフィンが取り付けられていますが,これは 命中精度を高めるためのものですか? 正式名称などあれば教えてください。
 ユーゴ空爆の頃から見かける気がしますが.

 【回答】
 2つの可能性が考えられる.

 (1)
 JDAMのストレーキ.
 これは,誘導性や投下範囲を,航空力学的に調節するためのもの.
 こちらがJDAM.

 (2)
 高抗力爆弾。
 投下された爆弾は,飛行機とほぼ同じ速度で放物線を描いて落下し地面にぶつかる。
 低空から投弾した場合,自分のほぼ直下で爆発した爆弾の爆風や破片を受ける危険性がある。
 これを避けるためフィンなどで減速して,飛行機の後方で着弾するようにした爆弾。

 こちらがスネークアイ(高抵抗爆弾).
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq01t.jpg
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq01t02.jpg

 ただし,スネークアイの様な金属フィンの高抵抗爆弾は「最近」ではバリュートに取って代わられてる.
 バリュートとは BALLoon-com-parachUTE の略で,爆弾の落下速度を落とすため,風圧で展開するエアバッグ式の制動装置。
 質問者の言う時期からしても,(1)の事を言ってる可能性が高い.
 質問者は,ベープウェーの様なはっきりしたシーカーが見えないので,誘導爆弾と認識していないのではないかと推測される。

(HN: あげ in FAQ BBS,他)


 【質問】
 滑空CBUって侵攻軍側の対空ミサイルより射程長いの?

 【回答】
 対空ミサイルの射程と言っても射高も関係するし,一方の滑空CBUにしても投下高度や母機の速度によって大きく変わるので,一概にどちらの方が長いとは言えない.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 精密誘導兵器で誤爆が発生するのは,どんなときなのか?

 【回答】
 誘導爆弾は,ピンポイント目標への命中に必要であった,ピンポイントの神業的タイミングでの投下は必要なく,投下のタイミングに幅が持たされたもの,と考えるべきであり,その幅のあるタイミングすらも外してしまったら,目標には命中しない.
 また,誘導装置や各種の機器はいわゆる機械であり,故障が皆無ということはありえない.
 さらに,最終的にそれらを使用するのは人間であり,そこには過ちや思考が入り込む要素がある.

 以下引用.

 今日,米英合同軍が使用している航空機搭載兵器の多くが,精密誘導兵器と呼ばれるものである.
 この種の兵器は,確かに無誘導兵器よりも遥かに高い精度で目標に命中させることができ,一つの目標を破壊するのに投入する弾薬の数を大幅に減らしている.

 しかし,百発百中でないことも,また確かだ.
 〔略〕

 まず爆弾とは,推進装置も誘導装置も持たない兵器であり,航空機から投下すると,慣性力,重力,抵抗により,投下地点よりも前方に落下していく(もちろん投下機の速度のほうが速いから,弾着時には航空機のほうが先の位置に移動している).

 爆弾の投下方法には,急降下爆撃やトス爆撃など幾つもの方式があるが,ここでは話を簡単にする為に,水平飛行で投下した状況を思い浮かべていただきたい.
 そして無風であれば,投下された爆弾は弾道落下飛翔を行って地面に到達する.
 この投下位置と着弾位置の関係は普遍であり,投下した時点で着弾位置が決定される.
 逆に言えば,ある点にピンポイント確実に命中させるには,投下するタイミングもピンポイントということになって,投下が少しでも速いと爆弾は目標の手前に,遅いと目標を飛び越した位置に着弾する.
 したがって無誘導爆弾でピンポイントの命中精度を得るには,投下するパイロットに神業的な技量が求められることになる.

 誘導爆弾は,推進装置を持たないのでミサイルのような飛翔はできないが,爆弾に付けられた操舵翼やストレーキ,そして揚力発生フィンによって落下飛翔経路を変え,指定した目標に向かわせるというものである.
 投下された爆弾を少しでも滑空させることで,着弾位置を先に延ばしたり,あるいは落下を急速にすることで着弾位置を手前にすることができ,左右方向への落下経路の変更も可能になっている.

 しかしもちろん,どこから投下しても目標位置に向かうというものではない.
 推進装置を持たないのだから,その範囲は当然限られる.
 JDAMの射程8km以上と言うのは,逆に言えば目標から8km以内で投下が行われなければ目標には到達しない,ということを意味する.
 また,水平飛行での投下の場合,慣性の力が働くから,投下された爆弾は決して後戻りすることはできない.
 つまり,水平飛行中に目標上空で投下しても,そのJDAMは絶対に目標に命中しないのである.
 誘導爆弾というのは,ピンポイント目標への命中に必要であった,ピンポイントの神業的タイミングでの投下は必要なく,投下のタイミングに幅が持たされたもの,と考えるべきであろう.
 その幅のあるタイミングすらも外してしまったら,目標には命中しないのである.

 例えば,投下できる範囲が5kmあったとしても,航空機が500km/hで水平飛行していれば,投下範囲にある時間は36秒しかないことになる.
 ピンポイントの投下タイミングに比べれば大きな余裕だが,そんなに長い時間ではない.
 くどいようだが,この時間を外すと,JDAMは命中しないのである.

 こうした事は,他の誘導爆弾であっても同じだ.
 ただ,例えばレーザー誘導爆弾では,爆弾が目標に命中するまで投下機(あるいは他の航空機など)が目標にレーザー照射を続けなければならないのに対し,GPSのような電波や,慣性誘導装置を使った爆弾は,投下後に投下機が戦域上空から離脱することができる.
 こうした撃ちっぱなし(落としっぱなしと言ったほうが良いかもしれない)はJDAMなどの特徴で,投下機の生存性を大きく高めることができる.

 〔略〕

 精密誘導兵器の登場が,攻撃効率を大幅に高めた事は疑いない.
 第2次世界大戦中に連合軍は,ドイツの軍需産業施設を空爆したが,その命中率は決して高くなく,限定的な爆撃では目標を破壊しきれなかった.
 確実に目標を破壊するには,大量の爆弾を投下するいわゆる絨毯爆撃を行わなければならず,周辺地域や非戦闘員に大きな被害を出している.

 それに比べれば,各種の精密誘導兵器を使用する事は,一般人民の生活居住区や非戦闘員への以外を抑えつつ,必要な目標の破壊を可能にしている.
 こうした兵器の進化には目を見張るものがあり,精度が向上し続けている事は確かである.

 しかし,誘導装置や各種の機器はいわゆる機械であり,故障が皆無ということはありえない.
 また,最終的にそれらを使用するのは人間であり,そこには過ちや思考が入り込む要素がある.
 兵器や装備品のハイテク化が進み,精密誘導兵器が多用されるようになったとは言っても,同士討ちや誤射などを100%避ける事は不可能である.
 それが戦争の一断面であり,精密誘導兵器などを過信してはいけないということであろう.

「航空ファン」(文林堂) 2003年6月号,p.58-59


 【質問】
 これからの精密爆弾は,レーザー誘導のものからGPSと慣性なんたら装置の爆弾に変わるのですか?

 【回答】
 そうとは限りません.GPS+慣性誘導は悪天候に強く撃ち放しできる利点はあるものの,微弱なGPS電波は妨害に弱い,精度が上がったといってもレーザーほどのピンポイント精度が出ない,といった欠点があります.
 周辺被害がますます問題になってきている昨今,レーザーの高精度は捨てがたい利点です.
 好天でのんびり狙う余裕があればレーザーを使い,そうでない場合はGPSに逃げるという選択がよくなされています.

 「これからの精密爆弾」ということであれば,むしろGPSを保険として,複数センサーの併用によって冗長性,精度の向上を図るのが流れです.
 レーザー/赤外/ミリ波レーダーとか,音響センサー併用とかです.


 【質問】
 赤外線誘導爆弾は,艦船のような大型目標にしか誘導できないということでしょうか? 戦車や装甲車といった目標に対しては誘導できないんですか?

 【回答】
 GCS-1は基本的に目標に熱源があればOKのはず.
 ただ,陸上よりは海上の方がバックグランド・ノイズは少ないから,対艦のほうが向いている.ペンギンも同様の対艦赤外線誘導ミサイルだな.

 GCS-1の赤外線にしろ,PaveWayのレーザーにしろ,目標から放出される赤外線や照射レーザーの反射にホーミングする.つまり目標から出ている糸をたぐるように飛んでいくから,移動目標などにも使やすい.
 光学的な手段だから基本的な精度も高い.

 ただし,全天候性に劣るという欠点がある.
 JDAMのようなGPS誘導は,既知の目標位置にGPSによって得た自分の位置を重ねるように誘導する.
 誘導弾本体が飛行中に測っているのは自分の位置だけで,目標が本当にどこにあるかは最初の観測に頼るしかなく,移動目標には使いにくい.
 もっとも,目標位置のアップデートを送るようにして,移動目標にも使えるようにはなったが.


 【質問】
 レーザー誘導爆弾の対策方法を考えたのですが,全面鏡張りのビルだったら,レーザーを照射しても ,乱反射して爆弾が誘導できなくなりませんか?

 【回答】
 鏡は,入射光の大半を限られた狭い範囲に反射しますから,センサーに戻るレーザー光は確かに減ります.
 表面にほこりなどを付けず,乱反射,あるいは散乱光の発生を抑えれば,レーザー誘導爆弾の命中率は確かに下がりそうです.

 問題は,誘導レーザー光はたいてい上から当てられ,つまり屋根に照射されるということです.
 屋根に鏡を張って,これを常に散乱光が生じないピカピカの状態に保つのは大変です.
 もちろん割れやすい鏡の維持補修も必要です.

 それだけの労力費用をかけても,レーザー誘導爆弾の命中率を下げられるだけ.GPS誘導爆弾には無効.
 おまけにそんな酔狂な建物は,少しでも守りたい重要な施設丸見えですから,いい的になります.

 それをダミーとして,という考えもありますが,ダミーに巨額な費用をかけるのはいかがなものか.
 また,攻撃側も様々な状況証拠を総合して目標を決めるわけで.


 【質問】
 GPS誘導爆弾って衛星が壊れたら誘導できないの?

 【回答】
 まずGPSは複数の衛星の発する電波を受けて位置を測定している.
 GPSだけで誘導される爆弾は,使用される場所でその爆弾が受信できるGPS発信源の数が3個未満(2個以下ってーか)になると誘導できなくなる.

 しかし,GPS誘導爆弾と言っても ,他の誘導装置(特に慣性誘導装置)を併用するものが多いので,電波を受信できなくても,慣性航法で推定することは可能.
 その場合には無誘導にはならないし,地上局やUAVを発信源とすることでGPS衛星を代替することもできる.
 次にJDAMなどはレーザー誘導を最終的に受けて,さらに命中精度を高める型もある.

 理屈の上では,地上局が自己位置を測定した上で同様の電波を送出すれば,代替することが可能ではあるし,GPS携帯などは地下鉄構内や地下街では基地局電波を使って位置測定をするものがある.

 GPS衛星を受信範囲で2個以下になるまで破壊するのも大変だが,上記のような代替手段まで潰すのも大変.
 素直に妨害電波でジャミングする方が賢明.

軍事板

▼ また,UAVによる擬似GPS衛星で補完するという手段有った筈.

JSF in 「軍事板常見問題 mixi支隊」
青文字:加筆改修部分

 米軍では衛星の抗堪化(重量による限界がある)とともに,代替手段の実用化に力を入れている.
 UAVによる擬似GPS衛星,擬似通信衛星がそれであり,さらに成層圏長期間停留気球や,短時間の準備で打ち上げることができる衛星などを開発している.

 ネットワークを主軸とした戦略を立てた以上,ネットワークを打たれ強くするのは当然と言うことだろう.
 GPSシステム自体も,妨害に強い体制を整えてきている.

軍事板
青文字:加筆改修部分

 民生用のGPSで精度を落としていた時代に,ラジオ局からの信号で精度を上げるという機能を持ったカーナビがありましたが,なんか似ていますね.

クローム・ツァハル in 「軍事板常見問題 mixi支隊」
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 よくある火葬戦記で,
『自衛隊が太平洋戦争の時の日本にタイムスリップして当時の連合軍と戦う!!』
って奴がありますね.
 どっかで見つけたSSに,米軍基地を攻撃する時にJDAMを使っている描写――しかも対地ミサイルと勘違いしてる――があったんですけど,GPS衛星がないと使用不可能ですよね?
 その件で友人と話し合ったんですけど,曰く
「GPS衛星の代わりに無人航空機を使う事が出来る」
らしいのですが,こんな事って出来るんですか?

 【回答】
 普通に慣性誘導使ったんだろ.
 JDAMはGPSが使用不可能な時のバックアップとして,慣性誘導システムがつけられている.
 だから,目標の正確な位置が分かっていて,尚且つJDAMを運用する設備が整っていれば,GPSが使えなくてもそこそこの精度(GPSには劣るが)で長距離誘導攻撃できるよ.

 無人機でGPSの代用?
 技術的には,その無人航空機が精密な時計を積み,自己位置をきちんと測定でき,GPS衛星と同様の電波を放送することができれば良い.
 これが何機かあれば,受信側は三角測量の要領で自己位置を決定できる.
 実際にUAVでGPS衛星の電波を中継したり,あるいは補正局の役目を果たさせたりする話はある.

 が,そんなシステムを構築している国は今現在,地球上のどこにもない.
 GPSに限ったことではないけど,測位というのは「基準点と現在点の位相差」を計測する行為のことなので,時々刻々位置が変わる無人飛行機などの移動体は通常,基準点にはなり得ない.
 「自己位置をきちんと測定」するのは,GPSなしには不可能だろう.
 INSでは精度が不足だ.
 つまり現状,GPSの代わりをする無人機の運用には,GPSが不可欠.……あれ?

 なお,JDAMは対地ミサイルではないが,射程はおそろしく長い.
 JDAMの一種として扱われているかは知らないが,最近配備されるようになったSDB(小径爆弾)の場合,滑空翼を投下後に展開してグライダーのように,自身の動力ではなく,高度エネルギーと投下母機の速度による慣性力で飛行する.
http://www.youtube.com/watch?v=y4EgoXobjwA

 自己の動力で推進するわけではないけども,精密に誘導でき,射程が長くなり,威力もそれなりにあるこの種の爆弾は,ミサイルと爆弾の境目をさらに曖昧なものにしている.
 対地ミサイルとまがう描写もありだろう.

353 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2009/08/23(日) 15:23:42 ID:???

 昔ながらの地上局からのロケーションで位置情報を得て,特定するほうが早い気が.


354 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2009/08/23(日) 18:40:55 ID:???

 ロランCがアップを開始したそうです.


355 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2009/08/23(日) 18:44:56 ID:???

 そこはGLONASSだろ.

軍事板,2009/08/23(日)
青文字:加筆改修部分

▼ 米軍では衛星の抗堪化(重量による限界がある)とともに,代替手段の実用化に力を入れている.
 UAVによる擬似GPS衛星,擬似通信衛星がそれであり,さらに成層圏長期間停留気球や,短時間の準備で打ち上げることができる衛星などを開発している.

 ネットワークを主軸とした戦略を立てた以上,ネットワークを打たれ強くするのは当然と言うことだろう.
 GPSシステム自体も,妨害に強い体制を整えてきている.

軍事板
青文字:加筆改修部分

 【関連リンク】
DGPS(ディファレンシャルGPS)4月1日全国での運用開始!!

トヨタ自動車:D-GPS 誤差補正情報サービスの終了について
 FMラジオでの誤差補正情報サービスは終了しましたが,海保の同種サービスはMFビーコンを利用して提供されています.

クローム・ツァハル in 「軍事板常見問題 mixi支隊」,2009年09月29日 21:37


 【質問】
 アメリカ以外,アメリカと何の友好関係も軍事同盟も結んでいない国で,自前の全地球位観測衛星を持たない国が,JDAMやSDBのような,GPS誘導爆弾を地上目標に誘導させることは可能でしょうか?

 【回答】
 可能.
 ナブスター衛星からの電波は垂れ流しなので,たとえイランや北朝鮮でも,JDAMとJDAMの運用能力がある攻撃機さえ入手できれば,使用することが出来る.
 いちいちアメリカの許可を得る必要はない.

 ただし軍用コードはもちろん利用できない.
 したがって軍用のPコードは使えないから,精度はSA無しの状態でも落ちる.
 必要があればSAがかけられて,精度はINSだけと大して変わらない精度に落ちるはず.

 さらに米がその気になれば,民生用の電波は止められる.
(もっとも,これだけ普及してしまったGPSを,一時的にとはいえ止められるのか?という疑問もある)
 その場合,ロシアのグロヌスがカバーしてくれてる地域なら,そして誘導装置がそれに対応していれば,なおGPS誘導を行うことはできる.

 たとえば,いまどきの携帯であればGPS座標を取得してくれる.
 携帯基地局との通信を補助に使って,衛星位置データを取得したり,衛星データを取得できない地形(地下,建物内,高層ビル群,樹林)では代替してくれる.
 つまり,地上放送局やGPSの電波を中継してくれるUAVなどが飛んでいればある程度補って,精度をあげることができる.
 というか,カーナビだって自位置がちゃんと道路上に表示されるようになりつつあると思うが.

 すべてダメな場合でも,一応慣性誘導装置はついているので,誤差は大きくなりはするものの,ある程度の誘導はできる.

軍事板
青文字:加筆改修部分


◆◆◆◆デイジー・カッター


 【質問】
 「デイジーカッター」の語源・定義は?

 【回答】
 デイジー(ひな菊)は,地面に這いつくばるように群生して生息する植物です
 これを,まるで芝刈り機で切り払ったように吹き飛ばすから,「デイジーカッター」と呼ばれます.

 米軍で「デイジーカッター」と呼ぶのは,延長信管だったり,いわゆる気化爆弾だったり,近接信管を装着した通常爆弾&低出力戦術核爆弾だったりと,時によって様々です.
 そこで,「地面に大穴を掘らない爆弾&そのギミックすべての総称」と定義するのが妥当だと思います

 【関連リンク】
DBE 32型」:米軍保有の最後の6.8トン爆弾「デイジーカッター」,ユタ州で爆発処分

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 「デイジーカッター」と呼ばれる大型爆弾について質問です.
 この爆弾はスラリー爆薬を使っているそうですが,何故TNT,RDX,HMXといった高性能爆薬を使わないのですか?

 【回答】
 スラリー爆薬は安全性が高い.
 巨大なRDX爆薬に弾が当たったり,火薬庫で火災が起きたり,搭載機が墜落したりすることを考えると,少々では起爆できないスラリー爆薬が安全.

 また,巨大容器に充填する際,含水スラリーは単に流し込むだけでいい.
 他の爆薬は融かして流し込む必要があり,専用装置の開発から温度管理から大変面倒なことになる.
 すげぇ手間かけて少し爆発力強くするなら,簡単な手間で少しでかくする方が楽,どっちみち輸送機から突き落とすんだし,
 ということでスラリー爆薬となりました.安いしね.


 【質問】
 デイジー・カッターはどんな被害を与えるのですか? 人がいると,酸欠で死ぬって本当ですか?

 【回答】
 完璧にウソ.単純にたくさんの爆薬を爆発させるだけ.
 破片効果がほとんどなく,衝撃波だけなので致死半径は200〜500m.
 酸素がどーとか言うのはウソ.
 致死半径内でも,衝撃波からカバーされる状態だと死亡率は激減.
 高圧による死亡はあるのだけど,それはFAEの方が得意.
 火焔地獄でもありません.

 止めに言っておくと,デイジーカッターというのは信管の名前.長い棒の先が地面に当たると起爆し,空中爆発させる仕掛け.
 だからデイジーカッター250ポンド爆弾なんてものもある.
 こんなの.
www.angelfire.com/in/Laos/images/t28daisy.jpg


目次へ

「兵器別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ