c

「テロ別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆アル・カーイダ
イスラーム過激原理主義テロリズム 目次
テロリズムFAQ目次

 ※ 正則アラビア語からの転写では
「al-Qâ'idah (正確には^ではなく,aの上に横棒.以下同)」


(画像掲示板より引用)


 【link】

「Asharq Al Awsat (English Edition)」:Al Qaeda's Unfettered Devil

「Defense News」◆(2012/09/18)U.S. Envoy Insists Marines Mission In Yemen Limited

「Guardian」◆(2010/04/26)Suicide bomber attacks UK ambassador's convoy in Yemen

「Guardian」◆(2010/06/01)Afghan al-Qaida head believed dead

「Guardian」◆(2010/06/20)Inquiry call on 'forgotten massacre'

「Guardian」◆(2010/07/12)Uganda bombs kill World Cup fans

「Guradian」◆(2010/11/09)Al-Qaida and the fragmented global Islamic militancy

「Jerusalem Post」◆(2010/11/23)Belgium: 10 detained in 3-nation anti-terror sweep

「Russia Now」◆(2012/02/02)Philippines Says Raid Killed Senior Militants

「Strategy Page」:COUNTER-TERRORISM: Al Qaeda Has Syria In The Cross Hairs

「Telegraph」◆(2011/04/26)WikiLeaks: British resident still in Guantanamo 'was Osama bin Laden's translator'

「Telegraph」◆(2011/04/26)WikiLeaks: Guantanamo Bay terrorists radicalised in London to attack Western targets

「The Voice of Russia」◆(2011/01/05)タジキスタン東部でアルカイダ系組織殲滅

「tnfuk」:【特集:航空機爆破計画裁判結果 5】常に変化する「アルカイダ」の形(ガーディアン,ジェイソン・バーク)

「VOR」◆(2012/02/09)パキスタンで「アルカイダ」の司令官が殲滅

「VOR」◆(2012/02/17)シリア反対派にアルカイダ戦闘員まぎれている

「VOR」◆(2012/02/29)カイロ空港で「アルカイダ」のリーダの一人逮捕

「VOR」◆(2012/03/01)「アルカイダ」指導者:米国は自国の力を失っている

「VOR」◆(2012/03/03)インド国民 国内での「ビンラディン映画」撮影に反対

「VOR」◆(2012/03/17)アルカイダ指導者 「アラブの春」へ パキスタンに呼びかけ

「VOR」◆(2012/04/18)「アルカイダ」 サウジ外交官引渡と交換に戦闘員釈放を要求

「VOR」◆(2012/05/02)アルカイダ ポルノビデオにテロ計画を紛れ込ませる

「VOR」◆(2012/05/03)アルカイダ 人質解放に4500万ユーロ

「VOR」◆(2012/05/18)国連事務総長 「ダマスカスの爆発はアルカイダの犯行」

「VOR」◆(2012/05/24)米国 アルカイダのサイトへ潜入に成功

「VOR」◆(2012/10/27)アルカイダの指導者 エジプト人らに外国人誘拐を呼びかけ
「中東の窓」◆(2012/10/28)アルカイダ指導者の西側国民誘拐の呼びかけ

「VOR」◆(2012/11/03)エジプト特務機関 英人観光客襲撃準備のアルカイダ戦闘員5名を拘束

「VOR」◆(2013/03/31) 「アルカイダ」 シリア反体制での役割強める

「WP」:Former bin Laden bodyguard is among ex-guerrillas in Yemen

「WP」:Al-Qaeda Seen as Shaken in Pakistan

「WP」◆(2010/07/11)Under threat of violence, Somalis play soccer -- or watch -- at their peril

「WP」◆(2011/05/18)CIA flew stealth drones into Pakistan to monitor bin Laden house

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2012/02/24)ソマリア  強化されるアルシャバブ包囲網 安定化に向けて国際会議

「地政学を英国で学ぶ」:アルカイダのつぶし方

「中東の窓」◆(2013/04/13) アルカイダ細胞の逮捕(トルコ)

「リアリズムと防衛を学ぶ」◆(2010/11/28) 商船三井のタンカーを攻撃したのはアルカイダ系組織と断定

『ビンラディン抹殺指令』(黒井文太郎著,洋泉社新書,2011.7)

 著者は『軍事研究』の元記者.
 アメリカ情報部が911テロ後に,ビンラディンを追い詰める様子を描いたドキュメント……ではなかった.
 そういった情報は,断片程度.
 ビンラディン誕生から,911テロ後の影響まで,重要なトピックを時系列に短くまとめた感じの本.
 新書らしい構成だが,まとめ的な印象が強くて,作者独自の情報が少ないのが残念.

 個人的に興味を惹かれたのが,911テロの計画者であるモハメド・アテフ.
 でかいことをやりたいと常々口にしていた男で,実際にでかいテロをやってのけて,世界中を仰天させた(本当は航空機10機乗っ取りたかったとか).
 行動力と大志を持った男が,スポンサー(ビンラディン)の支援を受けて成功するというのは,ビジネスの世界でありそうな話だ.

 著者によると,過激な爆弾テロは一過性で飽きられやすいものだから,中東でのテロブームは去るんじゃないかとのこと.

――――――軍事板,2011/09/11(日)

◆◆◆総記・組織


 【質問】
 アル・カーイダはインターネットをどう利用しているか?

 【回答】
 武装組織の宣伝工作を担っているとされるのが,アブマイサラという謎の人物.
 いま,アブマイサラ名入りの無修正映像が,ネット上にはんらんしている.
 米紙ワシントン・ポストによると,アブマイサラは9月ごろから,米シリコンバレーで開発された「ユー・センド・イット」というシステムを利用し始めた.
 このシステムでは利用者は,無料かつ匿名で,動画など1GBまでの大容量ファイルをサーバーに記憶させることができる.
 同時に,ファイルの存在を,指定した相手にメールで知らせることもできる.
 関心を持ったメール指定先がダウンロードすれば,映像の“保管庫”となり,無数のウェブサイトが利用される結果を招いた.
 この,最初の発信元を特定されることなく,大容量ファイルを,瞬時に,広範囲にばらまけるシステムが,当局が映像の出所を絞り込めない要因となっている.


 【質問】
 「インスパイア」とは?

 【回答】
 アル・カーイダが発行したとされる,初の英語版オンライン雑誌.
 テロ組織のウェブサイトを追跡する米機関「サイト・インテリジェンス・グループ(SITE)」によれば,2010.6.29,複数のイスラーム過激原理主義組織のウェブサイトに掲載されたという.
 雑誌のタイトルは.全67ページとされているが,不具合があり,実際にオンライン上で表示されるのは3ページのみ.
 4ページ目には不鮮明な画像があるだけ.
 目次には,「お母さんの台所で爆弾を作ろう」という記事の見出しもある.
 また,現在逃亡中の米国生まれのイスラーム教指導者,アンワル・アウラキ師の執筆する記事が掲載されるとも書かれている.

 米国出身のテロリストを採用するための手段とみられるという.

 【参考ページ】
2010年7月2日12時24分,CNN


 【質問】
 ムスリムの間で,ビン・ラーディンはどの程度支持されているのか?

 【回答】
 決して大きいわけではありません,と宮田律〔中東現代政治専門家〕は述べる.彼によれば,世界の大多数のムスリムが,ビン・ラーディンのイメージによってイスラーム教が定着することに迷惑しているのも間違いない,という.
 以下引用.

 エジプトを例にとれば,イスラーム過激派「イスラーム集団」のメンバーと支持者は,合わせて5万人とされています.エジプトの人口は約6千万ですから,割合で言えば0.1%にも満たないほど.
 エジプトは富が一部の特権階級に集中しているため,意外にもイスラーム世界で最も貧しい国の一つとされている.
 そうした社会矛盾もあって,イスラーム過激派の活動が極めて活発な国となっています.
 そのエジプトでさえ,過激派に対する支持は,微微たるものでしかないというわけです.

 しかし,ビン・ラーディンを始めとする「イスラームの脅威」に気をとられるあまり,貧困や独裁,さらには米国への根強い不信感といったイスラーム世界の現状を,今後も見過ごしていくと,サダム・フセインを例にとるまでもなく,ビン・ラーディンへの支持が急上昇するということもないとは言い切れません.

( from 「『新しい戦争』を知るための60のQ&A」,新潮社,
2001/11/15,P.90-92,抜粋要約)

 また,以下の記事によれば,最近では更に共感度が低下しているという.

ビンラディン容疑者に不信 イスラム圏で“テロ離れ”

 【ワシントン14日共同】国際テロ組織アルカイダの指導者ウサマ・ビンラディン容疑者への信頼度が,イスラム圏の一部の国で大幅に落ち込んだことが14日,米世論調査機関ピュー・リサーチ・センターの調査で分かった.
 調査は,ロンドン同時テロが起きる前の4-6月に行われたが,自爆テロなど一般市民を標的にした攻撃への共感度も減少,イスラム圏で“テロ離れ”が起きていることを示した.

 調査結果によると,ビンラディン容疑者を「大いに」または「ある程度」信頼するとの答えは,レバノンでわずか2%,トルコでも7%.2年前の調査では,それぞれ14%と15%で,信頼度が急低下した.
 モロッコは26%,インドネシアは35%だったが,2年前に比べると,どちらも半分近くに減った.

(共同通信,2005/7/15)


 【質問】
 交戦国以外でも,アル・カーイダ掃討作戦は行われているのか?

 【回答】
 そのように報じられている.
 2008.11.10付の『ニューヨーク・タイムズ』によれば,米政府が軍特殊部隊や中央情報局(CIA)要員を投入し,イラクやアフガニスタンなどの交戦国以外でアル・カーイダ掃討作戦を展開していたという.
 作戦は2004年に始まり,シリアやパキスタンなど世界各地で秘密裏に実行.
 その回数は十数回に上っているという.
 2006年に海軍特殊部隊がパキスタンの過激組織を攻撃した際には,CIA幹部らがバージニア州の施設に集まり,無人偵察機が撮影した映像を通じて作戦の一部始終を「生中継」で見たという.

 【参考ページ】
2008年11月10日15時57分,時事通信


 【質問】
 アル・カーイダは何処で若者を勧誘するのか?

 【回答】
 主にモスクで行われる.
 過激派メンバーは各地のモスクを訪れては,
「ここのモスクの指導者は間違っている.
 自分はイスラームについて,彼より正しい知識を持っている」
などと言葉巧みに説いて信用させ,仲間に誘い込む.
 過激派を排除できるかどうかは,モスクの指導者にかかっている.
 優秀で熱心な指導者がいれば,過激派の誘いには誰も耳を傾けない,と言われている.

 また,モスクと共に過激派が勧誘の場として使うのが,実は刑務所であり,それは,
「収監されている犯罪者の多くは,実際は精神的に脆い寂しがり屋で,話し相手を求めているんです.
 そんな心理を,イスラーム過激派の連中は実によく知っている」ためであるという.
 彼らは受刑者にさり気なく近付き,悩みを聞いてやる素振りを見せ,次第に宗教に導く.
 フランスの元服役囚の証言によれば,
「近く戦いが始まる.十字軍の時代が再来する」
「ユダヤ人が作る番組があるから,テレビを見てはならない」
「全ての悪はユダヤ人によって引き起こされている」
などとささやきかけ,刑務所内には過激原理主義のテキストやカセット・テープが出回っているという.

 詳しくは朝日新聞アタ取材班著「テロリストの軌跡 モハメド・アタを追う」(草思社,2002/4/25)p.111~を参照のこと.


 【質問】
 アル・カーイダは核テロを計画しているか?

 【回答】
・国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長の発言
・パキスタンで「核開発の父」と呼ばれるアブドル・カーン博士と接触していた可能性を示唆する情報
・英国高官の発言
から考えてその可能性は高いと推測される.

***

 まず,エルバラダイの発言だが,これはノルウェーのTVのインタビューに答えてのものである.
 以下,引用.

――――――
 ノルウェーの民間テレビ局TV2は9日,国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長の発言として,アルカイダなどの過激派が核兵器の入手方法を模索していたと伝えた.
 事務局長はウィーンで行われたインタビューで,過激派が「核兵器など大量破壊兵器の入手を積極的に検討していた」と述べた.
 同局のウェブサイトは,証拠がアフガニスタンで発見されたとする,事務局長の発言を伝えている.

――――――ロイター通信(リンク切れ)

 ただし,その証拠がどのようなものなのかは,報道では明らかになっていない.

 また,パキスタンで「核開発の父」と呼ばれるアブドル・カーン博士と接触していた可能性もあるという.
 以下引用.

――――――
パキスタンの核開発の父と接触か=アルカイダ第3の幹部-米誌

 【ニューヨーク11日時事】12日発売の米誌タイム最新号は,3月にパキスタンで逮捕されたテロ組織アルカイダの第3の最高幹部ハリド・シェイク・モハメド容疑者が,パキスタンで「核開発の父」と呼ばれるアブドル・カーン博士と接触していた可能性を示す情報を米情報機関がつかんでいると報じた.
――――――

 ただし,米国諜報機関の情報収集は,パキスタンにおいては長年ISI任せだったために劣化しており,その情報は必ずしも正確とは言えない.

 一方2006年11月には,英国政府高官も,それを裏付けるような発言をしている.

――――――
アルカイダ,西側攻撃のため核技術の取得目指している=英政府高官

 [ロンドン 13日 ロイター] 英政府高官は,記者団に対し,アルカイダが核関連技術の取得を目指していると述べた.その技術とは,英国など西側を攻撃するための核関連機器の使用に関するものという.
 同高官は「材料や技術を取得しようという意図がある」としている.

――――――ロイター,2006年11月14日10時23分

 以上の情報から総合的に判断して,アル・カーイダが核テロを計画している可能性は高いと言っていいだろう.

▼ 【追記】
2009年6月22日12時43分,ロイター
2009年6月22日21時24分,読売新聞(※ロイター電の引用記事)
によれば,2009/6/21にアルジャジーラが放送したインタビューの中で,アルカイダ系組織の指導者ムスタファ・アブ・アルヤジド司令官が,米国との戦いでパキスタンの核兵器を使う可能性があると警告したという.
 アルヤジドは,米国がパキスタンの核のイスラム武装勢力への流出阻止を重点課題としていることに関し,
「核兵器は米国の手には渡らない.
 ムジャヒディン(イスラム戦士)が手に入れ,米国に対し使用する」
と述べたという.

 詳しくは上記記事を参照されたし.

以前にインターネット上に掲載されたムスタファ・アブ・アルヤジドの映像.撮影日不明
(2009年 ロイター/REUTERS TV)


 【質問】
 「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」とは?

 【回答】
 AQIMは90年代に,「アルジェリアの世俗政権に対抗するイスラム系の武装抵抗運動」として発足.
 今ではメンバーの数は数百人に上り,イラクに兵士を送り込むなど,国境を越えた活動を展開している.
 フランスやスペインなど欧州でも,下部組織が確認されている.[1]

▼ 2010年4月には,ウェブサイトに声明を出し,6月に南アフリカで開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯)を標的にしたテロ攻撃を予告している.
 声明は「米英の試合中に爆発音が響き,数百人の死者でスタジアムが大混乱するのが,どれほど素晴らしいことか」と述べ,仏,独,イタリアの代表チームも標的にするとしていた.[2]
 結果としてスタジアム自体ではテロが起こらなかったが.▲

 2010年7月には,ニジェールで援助活動に携わっていた78歳のフランス人男性が誘拐され,フランス軍が救出作戦を展開したが,AQIMのメンバー6人を殺害したものの失敗.
 人質男性は報復として殺された.[1]

 同年8月には,200日以上拘束されていたスペイン人2人の解放と引き換えに,数十万ドルの身代金をスペイン政府がAQIMに払ったと報じられた.[1]

 同年9月,西アフリカのニジェール北部で,フランスの原子力発電会社アレバの社員らフランス人5人が誘拐された事件も,AQIMによる犯行とみる向きもある.[1]

 【参考ページ】
[1]ニューズウィーク日本版,2010年 9月29日(水)13時9分(ラビ・ソマイヤ)
[2]2010年4月10日0時54分,読売新聞(カイロ=田尾茂樹)


 【質問】
 カンパラW杯決勝戦中継自爆テロ事件とは?

 【回答】
 2010.7.11夜,アフリカ東部ウガンダの首都カンパラで,エチオピア料理レストランとラグビー競技場で起きた,2件の自爆テロ事件.
 同競技場では大型スクリーンで,サッカー・ワールドカップ決勝戦が中継されていた.
 74人が死亡,70人以上が負傷.
 負傷者には米国人が数人含まれているという.

 フランス通信(AFP)などによると,アッシャバーブの報道官は12日,モガディシオで記者団に対し,
「ウガンダとは戦争状態にあり,攻撃の背後にはわれわれがいる」
と述べた.
 アル・カーイダの影響を受けるとされる同組織は事件当時,首都モガディシオを含むソマリア南部のほとんどを実効支配し,穏健派のイスラーム指導者,シャリフ・アハマド師率いる暫定政府側と戦闘を継続.
 同組織は,ソマリア内戦の終結を目指すアフリカ連合(AU)など,周辺国による平和維持部隊(PKF)派遣を
「神の聖クルアーンに対する宣戦布告」
と受け止め,ソマリア国内でAUのPKF部隊への攻撃を実行.
 最近は,PKF部隊の中核となっているウガンダとブルンジへの「直接攻撃」を予告していた.

 【参考ページ】
2010年7月12日19時10分,産経新聞(ロンドン 木村正人)
2010年7月13日20時8分,産経新聞(カイロ=村上大介)


 【質問】
 2011年11月の,ケニア・ソマリア両軍によるアルシャバブ攻撃は,どのようなものだったのか?

 【回答】
 2011.11.23,バダデ近郊の2カ所の,アルシャバブの軍事基地を空爆.
 そして翌日,ケニア軍報道官やソマリア当局者らによれば,ケニア軍とソマリア軍は,アルシャバブの軍事基地を攻撃し,多数のメンバーを殺害・拘束したというもの.
 ケニア軍報道官によれば,ヘリコプター部隊の援護を受けた両軍部隊が,アルシャバブの基地を攻撃し,破壊したという.

 これに対して24日,ソマリアとの国境に近いケニアのマンデラで,道路脇に仕掛けられていた爆弾が爆発し,パトロール中だったケニア軍兵士1人が死亡.
 また,同日夜,ケニア東部ガリッサにおいて,レストランなどで手投げ弾とみられる爆発があり,3人が死亡,27人が負傷した.

 【参考ページ】
ロイター,2011年11月25日(金)17時27分


 【質問】
 アル・カーイダはイランに基地を持っているのか?

 【回答】
 真偽はいまだ不明だが,2007.7.7の英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は,西側諸国の当局者の話として,アル・カーイダがイラン国内に基地を設け,イラクなどでのテロ活動に利用している疑いが浮上したと報じている.
 この基地は,資金や情報通信の拠点として使われているとされるが,イラン政府がどの程度支援しているかは不明という.
 ただ,米政府高官は
「イランはアル・カーイダが引き起こした騒乱により利益を得ており,イランが見て見ぬふりをしているとの見方には疑いがある」
と指摘したという.
 だがイランの元政府当局者は
「イランはアル・カーイダを恐れており,イラク領内にとどめておきたい考えだ」
と反論し,イランはアル・カーイダに武器を供与していないと述べているという.

 関連情報を見つけ次第,今後も情報蓄積に努める予定.

 【参考ページ】
2007年7月7日21時0分,時事通信


 【質問】
 国際イスラーム救済機構(IIRO)とは?

 【回答】
 サウジアラビアに本部を置く慈善団体.
 2006/8/3,米財務省は,IIROのフィリピン,インドネシア支部が,アル・カーイダやジェマ・イスラミア(JI)のための資金集めを行っていたとして,両支部の米司法権下にある資産を凍結したと発表.
 また,サウジ国籍のアルムジルIIRO東方地域局長についても,長年にわたりアルカイダを支援,東南アジアでのテロ組織作りにかかわっていたとして,資産凍結などの措置を発動した.

 【参考ページ】
時事通信 - 2006年,8月4日7時2分


 【質問】
 ドイツにおけるアルカーイダの活動状況は?

 【回答】
 2005/1/23に西部マインツなどで逮捕された,アルカイダのメンバーとみられるドイツ市民権をもつイラク人モハメド・K容疑者(29)は,自爆テロの要員として,リビア出身でドイツ市民権を持つパレスチナ人 ヤセル・S容疑者(31)を雇い,イラクで自爆テロを起こさせる計画をたてていたという.

 また,アルカイダの活動指揮を作るため,ヤセル・S容疑者に80万ユーロ(約1億円)の生命保険をかけ,同容疑者が交通死亡事故に巻き込まれたとウソの申告をして保険金を詐取しようとした疑いがもたれている.

 また,ウラン入手も企てていたという.

(CNN, 2005/1/24)


 【質問】
 2016年のイタリア・サルディーニャ島におけるアル=カーイダ系組織摘発事案について,3行以上で教えてください.

 【回答】
 2016.4.19までに,アル=カーイダ系テロ組織がイタリアにて摘発された事案.
 不法移民ビジネスの捜査をきっかけに発見された.
 同組織はヴァチカンへのテロを企てていたほか,2009年10月にペシャワールにて起きた爆破テロ事件への関与も疑われている.

*     *     *

 テロ組織は爆弾を作るだけではなく,非合法ビジネスにも手を染める.
 今回摘発された組織は,サルデーニャ(Sardinia)島を拠点に行われていたとされる不法移民ビジネスの捜査をきっかけに発見された.
 警察当局によると,同組織は買収したビジネスマンを利用して短期滞在ビザを取得したり,民族・宗教的迫害を受けたと虚偽の難民申請の手助けをするなどして,パキスタン人やアフ【ガ】ーニスタン人をイタリア経由でヨーロッパに密入国させていた.
 検察当局は,密入国に関わる活動やチャリティーで集めた資金は,アル=カーイダ系武装勢力やターリバーンなどパキスタンの過激派組織に送られていたとしている.

 また,サルデーニャ島カリアリ(Cagliari)で記者会見したマウロ・ムーラ(Mauro Mura)検事は,同組織は2010年イタリアに来た自爆攻撃候補者2人と連絡を取り続けており,バチカンを攻撃する計画について話し合っていたと明らかにした.
 グループがバチカンに対してテロを計画したとされるのは2010年3月.
 この時期に自爆テロの候補者が一時,アフ【ガ】ーニスタンからイタリアへ入国していたという.
 ムーラ検事によると,2人の自爆攻撃候補者は監視されていることを察知してイタリアから出国したため,今回逮捕された容疑者らはバチカン攻撃計画についてはこれ以上捜査されていないという.
 「テロ事案」などの捜査を行うDIGOS(国家警察統合捜査特別作戦部)のマリオ・カルタ(Mario Carta)によると,捜査の一環として行われた電話盗聴で容疑者らがローマ法王について会話をしているのが把握されており,法王暗殺を計画した「強い疑い」はあるが,明確な証拠は発見されていないという.
 バチカンのフェデリコ・ロンバルディ(Federico Lombardi)広報局長は報道陣に対し,「計画されたものの実行されることはなかった2010年のシナリオに関するものであり,今となっては重要なことではなく,懸念する必要はない」と述べた.

 過去6年間にわたる捜査の末に18人に逮捕状が出され,CNN(日本語電子版)によると,イタリア警察は24日,サルディーニャ島など同国内7州で一斉捜査を実施した.
 しかし,24日午後までに逮捕されたのは9人にとどまっている.
(6~10名逮捕という報道もある)
 ロイター通信によると,容疑者は全員パキスタン人かアフ【ガ】ーニスタン人.
 イタリアの警察当局の発表によると,盗聴した電話の録音から,今回摘発された組織のメンバー2人が,2011年5月にパキスタンで米特殊部隊に殺害される前のビンラディンの警護を務めていたことが判明.
 その他のメンバーは,ビンラディンの死後も同の親族と連絡を取り合っていた.

 さらに,逮捕された,または行方が追われている者のうち一部は,2009年10月にパキスタン・ペシャワル(Peshawar)のミーナ市場(Meena Bazaar)で発生し,100人以上の死者と200人以上の負傷者を出した爆破事件に関与した疑いももたれている.
 カルタによると,この爆破事件の計画立案と資金集めが実質的にオルビアで行われ,イタリアを拠点とする過激派が関与した証拠があるという.
 当時,パキスタン当局はこの事件を,パキスタン軍の掃討作戦に対するターリバーン(Taliban)の報復と非難したが,ターリバーンは関与を否定していた.

 逮捕者の中の主要な一人が,サルデーニャ島のオルビア(Olbia)に長年暮らしていた商店主のカーン・スルタン・ワリ(Khan Sultan Wali)
 ワリは,セレブを含む世界中の大金持ちが休暇に訪れるサルデーニャ島にある,小さなイスラーム・コミュニティーのリーダーの1人だった.

 また,もう一人の主要な逮捕者が,イタリア北部のブレシア(Brescia)やベルガモ(Bergamo)で布教活動を行っていたイマーム,ズルキファル・ハフィズ・モハメド(Zulkifal Hafiz Mohammed).

 イタリアは,イスラーム過激派が目の敵にするキリスト教最大派のカトリックの総本山・バチカンを擁すると同時に,重要な文化遺産に満ち溢れているこの国は,宗教のみならず欧州文明も破壊したい,と渇望するテロ組織の格好の標的になっている.
 そして彼らはそんな暗い渇望のために,今日も違法ビジネスにいそしむのである.

 【参考ページ】
http://www.afpbb.com/articles/-/3046429
http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/55230587.html
http://www.express.co.uk/news/world/572634/Al-Qaeda-terror-group-Vatican-Italy-arrests-Islamic-State
http://www.christiantoday.co.jp/articles/15922/20150425/al-qaeda-vatican-terror-italy.htm
http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakasonemasanori/20150429-00045249/

逮捕されたメンバーの一人,ズルキファル・ハフィズ・モハメド
(こちらより引用)

逮捕時の様子
Italy EPA 撮影
こちらより引用)

【ぐんじさんぎょう】,2016/05/29 20:00
を加筆改修


 【質問】
 アブドラ・アッザム旅団って何?

 【回答】
 アブドラ・アッザム旅団(Abdullah Azzam Shaheed Brigade;AASB)は2009年7月,レバノンからイスラエル北部へのロケット攻撃と称するビデオをメディアに送ったことで,初めて探知された組織.
 2004年と2005年の2回シナイ半島で爆弾テロが起きた時,同じ名称で犯行声明がだされているが,どのようなつながりがあるのか不明.
 指名手配中のサウジアルカーイダ幹部カルウィ(Salih Al-Qar'awi)が,2010年4月のインタビューで,アブドラ・アッザム旅団の上級指揮官であることを明らかにしている.
 インタビューのなかでカルウィは,旅団がレバノン支部(9/11事件実行犯のひとりの名をとってZ'yad Al-Jarrah隊と称する)だけに限定された組織ではなく,ほかにいくつも支部があり,〝極めて近い将来〟レバノン以外の地をターゲットにした攻撃がある,と語った.

 【参考ページ】
http://memri.jp/bin/articles.cgi?ID=SP312710
http://en.wikipedia.org/wiki/Abdullah_Azzam_Shaheed_Brigade
http://www.alertnet.org/thenews/newsdesk/LDE6731OV.htm

【ぐんじさんぎょう】,2010/10/22 21:20
を加筆改修


 【質問】
 ワナ・モスク自爆テロ事件とは?

 【回答】
 2010/08/23,パキスタン北西部の部族地域,南ワジリスタン地区の中心的な町ワナのモスクで起きた自爆テロ事件.
 BBC放送などによれば,標的となったのはターリバーンとつながりの深いスンニ派過激派組織に属する法学者で,犯人の男は法学者と握手した際に自爆した.
 法学者が経営する病院では最近,治安部隊がアル・カーイダの関係者を殺害.
 法学者が当局に密告したと疑ったアル・カーイダが,報復テロに及んだ可能性があるという.

 AFP通信によると,少なくとも20人が死亡,40人以上が負傷したという.

 【参考ページ】
2010年8月24日0時22分,時事通信


 【質問】
 パレスチナにおけるアルカーイダの活動は?

 【回答】
 従来,アル・カーイダはパレスチナには殆ど関心を向けていなかった.
 彼らの関心は専らサウディアラビアと,それを支援するアメリカに向いていたからである.
 ビン・ラーディンのブレーンであるザワヒリには,パレスチナ問題に付いての知識はなかったものと考えられる.

 しかし2006年前後になって,レバノンおよびパレスチナへの進出を図りつつある.

 動きとしては以下のようなものが見られる.

 2006年9月23日,ネグロポンテ米国情報長官が,アルカイダのレバノン進出に懸念を表明.スンニ派系の同組織はレバノン進出を宣言しているが,シーア派のヒズボラとは仲が悪いと見られている.(Y)

 2006年10月8日,ガザの難民キャンプで,アルカイダ系グループがインターネットカフェに放火.自分たちの道徳基準に従わない連中は殺すと警告した.アルカイダは3週間前にも自治政府高官ら5人を殺害している.(Y)

 2006年10月4日,アルカイダのガザ支部と名乗る組織が5分のビデオを公開.現在の指導部はユダヤ人とクリスチャンの手先だとして「裏切り者は殺す」と宣言.ビデオに登場する人物は正体不明.(P)

 2006年12月14日,イスラエル人の若者に人気があるインドのゴアで,アルカイダがテロを計画中か?として,政府は滞在者に即時帰国を呼びかけた.(P)

Mad Max Time in Gaza April 15, 2007:
ストラテジーページ:パレスチナのガザ地区が,また騒々しいわけだが

によれば,ガザ地区で2007年3月,西側ジャーナリスト拉致されたが,これは身代金目的ではなく,ヨルダンに拘束されているアル・カーイダとの人質交換交渉のためだという.
 同記事によれば,ガザ地区ではイスラム過激原理主義の連中が騒がしくなってきていて,ビデオ・ショップ,インターネット・カフェ,本屋(勿論キリスト教徒の経営するもの)などが爆破されているという
 イスラム教の教えに反するとされるそれらの商売で,ビデオやネットの中の映像,画像などが目の敵にされているためだ.ニュース極東板)▲

▼ 2008年7月20日(日)には,アルカイダの下部組織を作った,イスラエルのアラブ系市民をシンベトが逮捕している.
 アラブ系市民の間でアルカイダの浸透が進んでいる模様だという.(H,Y,P)▲

 2009/8/14には,パレスチナ自治区ガザの南部ラファで,ハマスと,アル・カーイダに共鳴する組織「神の戦士」が交戦.
 目撃者らによると,「神の戦士」の指導者は同日,金曜礼拝で「ガザにイスラム首長国を設立する」と宣言し,これに対して,ハマス治安要員がモスク(イスラム教礼拝所)を包囲,メンバーと銃撃戦となったという.
 AP通信によれば,少なくとも13人が死亡,100人以上が負傷したという.
(2009年8月15日11時44分,読売新聞【エルサレム=長谷川由紀】)

▼ 2009年9月13日(日)には,レバノンからイスラエル北部に2発の「カチューシャ」ロケットの砲撃があり,イスラエルも発射地点に向け砲撃を行った(双方とも被害は無し)(H,P,Y)が,この攻撃について,9月15日(火),アルカイダ系のグループが犯行声明を発表している.
 真偽のほどは不明.(H,P,Y)▲

▼ なお,2010年4月6日(火)には,アル・カーイダ幹部が,ヒズボラを「イスラエル攻撃を妨げている」と批判している.
 曰く,「アル・カーイダにイスラエルを攻撃させないばかりか,自分たちもイスラエルを攻撃しない」と,不満を表明しており(H),ハマスとの関係ばかりでなく,ヒズボラとの関係も悪化している模様.▲

 上記,短信ニュースについては,http://www.zion-jpn.or.jp/p0404.htmより引用
[情報源略号表]
 P=エルサレム・ポスト  http://www.jpost.co.il/
 H=ハアレツ       http://www.haaretz.com/
 7=アルツ7       http://www.israelnationalnews.com/
 I=イスラエル・トゥデイ http://www.harvesttime.tv/israel_today/
 Y=イディオット・アハロノット http://www.ynetnews.com/


 【質問】
 サウディアラビアでのアル・カーイダの現状は?

 【回答】
 報道によれば,メンバー400~500を逮捕,サレハ・アウフィなどの指導者の殺害にも成功している.
 現在でも摘発は続いており,同国でアル・カーイダは衰退しているという.
 一方,さほど大規模なテロは発生しておらず,封じ込めには成功しているといえる.
 ただ,こうした摘発は,アル・カーイダが一つの新興宗教のごときものになっている現状では,あまり根本的な解決にはならない.
 穏健派イマームによる教化や,社会問題の解決が,「根治治療」のためには必要だろう.

***

 報道によれば,メンバー400~500を逮捕,同国でアル・カーイダは衰退しているという.
 以下引用.

 米シンクタンク,戦略国際研究センター(CSIS)の報告によれば,サウジアラビア治安当局は2004年末までに,アルカイダ系の過激派メンバー400―500人を殺害または逮捕し,同国でアルカイダの勢力は衰退しているという.
 しかし,CSISは,アフガニスタンやイラクに潜むサウディ人アル・カーイダ・メンバーが帰国する可能性もあるため,サウディアラビアは依然「テロとの戦いにおいて危機的な情勢」にあり,この状況は数年は続きそうだとしている.
 同報告によると,サウジに今も残るアルカイダメンバーは約250人.組織は5つのグループに分かれていたが,昨年末までに,4グループが壊滅した.

(ロイター,2005/1/11)

 2005年7月には,国営サウジ通信は,サウジアラビア治安部隊が,リヤドで銃撃戦の末, アル・カイーダネットワークのひとり,ハヤリ氏(モロッコ国籍)を射殺したと発表.
 同氏は爆弾のプロで,サウジ内務省が最重要容疑者として6/28に指名手配し た36名の筆頭にあげられていた人物.

(おきらく軍事研究会)

 2005/08/18には,アル・カーイダのサウディ国内指導者殺害に成功している.
 以下引用.

アル・カーイダ国内指導者を殺害=サウジ治安当局

 アラブ首長国連邦(UAE)の衛星テレビ「アル・アラビーヤ」によると,サウジアラビア治安当局は18日,首都リヤド,イスラム教聖地メディナの両市内各所でイスラム過激派の一斉摘発を実施した.
 リヤドで過激派4人を殺害したほか,メディナで発生した銃撃戦では,国際テロ組織アル・カーイダの在サウジ組織指導者と目され,当局が過激派の最重要人物の一人として手配していたサレハ・アウフィ容疑者が死亡した.
 今月初め,ファハド前国王の死去を受けアブドラ国王が即位して以降,初の大規模過激派摘発作戦で,治安当局は「戦果」を挙げた形だが,アル・カーイダも別の指導者が直ちに後を継ぐと見られ,戦いはなお続きそうだ.

(読売新聞,2005/8/18)

 メンバー摘発も続いている.

サウジのテロ組織系勢力摘発,3か月で136人逮捕

 【カイロ=柳沢亨之】サウジアラビア内務省は2日,同国営通信を通じ,過去3か月間にわたる国際テロ組織アル・カーイダ系武装勢力摘発作戦で,計136人を逮捕したことを明らかにした.
 国内での自爆テロ計画や武装要員の出入国支援などに関与していた疑いが持たれている.

 逮捕者のうち21人は外国人.
 10月下旬に首都リヤドや石油施設の多い東部州で一斉に行った最大作戦で逮捕した計44人は,若者を「複数の海外紛争地」に送り込む組織を結成していた.
 同月中旬の作戦で逮捕した16人は,外国で訓練した要員を国内に潜入させる活動に関与していたという.

読売新聞,2006年12月3日21時33分

 容疑者の名前や国籍などは明らかにされていないが,外国人の拘束者については,サウジ国内での攻撃を実施させるため,巡礼者を装ってメンバーらに国外で訓練を受けさせていた疑いなどがあるとしている.

ロイター,2006年12月3日16時17分

 ただ,こうした摘発はもぐらたたきのようなもので,アル・カーイダが一つの新興宗教のごときものになっている現状では,あまり根本的な解決にはならない.
 それよりも,逮捕後の囚人への扱いが気になるところ.
 エジプトのような,穏健派法学者による教育を行うことが望ましいのだが…….


 【質問】
 「アル・イッティハード・アル・イスラミ」(AIAI)とは?

 【回答】
 国際テロ組織,アルカーイダと関係があるとされるソマリアのイスラム原理主義組織.
 2002年にケニアで起きたイスラエル人に対する同時テロに関与した可能性も指摘されている.

(産経新聞, 2005/7/31)

 【質問】
 トルコのアル・カーイダ系組織を教えられたし.

 【回答】
 トルコにはアル・カーイダ系とされる「大東方イスラム戦士戦線(IBDAC)」が存在し,2003年11月にイスタンブールのシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)2カ所,イギリス領事館と外資系銀行を狙った連続爆弾事件について,犯行声明を出している,
 また,2008年には,イスタンブールの米国領事館がアル・カーイダ構成員と見られる集団に襲撃され,容疑者と警察官ら6人が死亡.
 2011年6月には,アダナのインジルリク米軍基地襲撃を企てた容疑で,アル・カーイダ構成員とされる容疑者10人が逮捕されている.

 【参考ページ】
アジアプレス,2011年7月15日(金)17時2分


 【質問】
 在トルコ外国機関襲撃未遂事件とは?

 【回答】
 2011.7.13のアナトリア通信によれば,
 トルコ警察が,アンカラの米国大使館を含む外国機関の襲撃を計画したとして,アル・カーイダ構成員15人を逮捕したと発表したもの.
 警察当局が爆発物製造に関与したとみられる容疑者を半年にわたって監視,追跡した結果,国内のアル・カーイダ組織網が判明したため,一斉摘発したという.
 警察の対テロ部門による一斉摘発作戦は,アンカラ,ヤロヴァ,ブルサなどの都市で同時に行われた.
 また,同時に行われた潜伏先の家宅捜索では,爆薬の材料の化合物700キロや自動小銃2丁,弾薬などが押収されたと報じている.

 【参考ページ】
アジアプレス,2011年7月15日(金)17時2分


 【質問】
 南米にはアル・カーイダの拠点はあるのか?

 【回答】
 あります.
 パラグアイとブラジル・アルゼンチンの国境地帯には約3万名のアラブ系移民の居住地が点在しており,95年ごろアルカイーダのビンラディン氏が滞在していたとされています.
 米は同時多発テロ以降,この地域での麻薬・武器取引 がイスラーム過激派国際テロ組織の資金源になっているとの見方を強めており, パラグアイ治安当局の能力向上,関連情報共有を計っていく考えのようです.

 FBIのモラー長官は,07年に米大使館内にFBI事務所を設置することでパラグアイ政府と合意しています.
 また,7月より米・パラグアイ軍は合同 軍事訓練を実施しています.

おきらく軍事研究会


 【質問】
 英国の元外相が「アル・カーイダは諜報機関の作り物」と発言したというのは本当?

 【回答】
 某コミュでかような書き込みを見かけたのです.

――――――
 昨年末には,英国のロビン・クック元外相が「アルカイダというテロ組織は,もとから存在していなかった.米国が,テレビを見ている人々に政府を支持させるため『悪役』を用意するプロパガンダ戦略としてアルカイダを作った.このことは,事情に通じた諜報部員なら誰でも知っていることだ」という趣旨の発言を行っている.私が以前に書いた記事「アルカイダは諜報機関の作りもの」の筋とだいたい同じだ.
>http://www.asyura2.com/09/wara8/msg/291.html
――――――

 この記事が書かれたのは 『2009年4月14日』 で 『昨年末』 と云うのは 『2008年末』 のことになりますわな……

   ∧_∧   ……
  (・(・・)・U 
  /JベタJ 

 いや~ロビン・クック元外相って

   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (・(・・)・U <    2005年にお亡くなりになったのですが……
  /JベタJ   \__________


 ど~やって,その話聞いた? (w`;
 イタコか?
 コックリさんか?
 どうなんだ,田中宇!!

 と,云うぐらい当てにならんのです,田中宇ってば……

ベタ藤原 in mixi,2009年04月15日19:53

 とりあえずお約束の奴を.

      ,. -‐‐‐- ,
   /       \
   {   ,.-、___ノノノハ )
   ! ,.-、j _     ノ
   ゝ6 '   `  '⌒(      だ~れがころした
    ゝ.ー-‐‐v‐一 ) n/ノク'j
    i⌒ヾヽn‐-‐ハ,ij { ゝ( ノ
    ト、  ,ゝ )V <,ij/ヾ、/
    l \二ンヽ,/ハ____ノ
  ___l------i二i---|_
  \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
   ` iー‐-------一i'
     |     i   |
      l    l    !
    /`ー-- 十‐‐‐'\
   'ー------'`ー---一'

          ,. -‐‐‐- ,    くっくろびん~
        /      \
 _  /ヽ/  ,.-、___ノノノハ )
 \{`/   ! __ j _      ノ
  | l  //>' 6`  `  '⌒(
  lてl  l l/ _ゝー---‐v‐-‐ノー-,__
   \{ ヾ!_/_ ヽー----‐‐'__(_三
    \ ヾ、 ヽ(_三∨/'
      `ー、ヾニニ[]ニニン
        L{ !   /
        ! `ヾ_/
        `ー'

井上@Kojii.net in mixi,2009年04月15日 19:58


◆◆◆思想


 【質問】
 ビン・ラーディンは,どんな世界を望んでいるのか?

 【回答】
 中村覚の言葉を信じるならば,子供じみた救世主出現伝説にビン・ラーディンは影響されている,という.
 事実,具体的なビジョンは彼は何も持っていない.

 ウサーマの父ムハンマドは,マフディー(救世主)が現れて,彼に導かれたイスラームが世界を支配し,かつての栄光を取り戻すだろうと40年もの間,信じ,待ち続けていた,という※.
 ウサーマ自身も幼い頃からその影響を受けていたようである.

 ※ "Islamabad Pakistan, 18 May 1997"

(中村覚=サウディアラビア学者 from 「だれでもわかるイスラーム」,
河出書房新社,2001/12/31, P.97)

 ウサーマは,民主主義体制はムスリムにとって利益とならないと考えている.
 それを以下のように表現した.
「イスラームでは,『諮問(Shûrâ)』が重要であるが,『諮問』は,敬虔な賢人が支配者とならない限り,実現しない.
 議会は反イスラーム的な法を制定し,ラムジー・ユースフのような人物を米国へ引き渡す※.
 私の4人の息子は,米国の指示により,サウディアラビアで投獄された……民主主義は,ムスリムにとって何ら良い事がない※2」

「あなたの理想とするイスラーム国家とは,どのようなものか?」
というインタビューに答え,ビン・ラーディンは,
「イスラーム国家を樹立すれば,ムスリムは幸せになれる」
とだけ答えた※3.

 以上の2つのウサーマの回答から伺えるのは,樹立すべき具体的なイスラーム国家のビジョンの話となると,饒舌さが失われるということである.
 ウサーマは,ビジョンを描けるタイプのリーダーではなく,むしろ破壊を唱導する先導家としての性格を強く持っているように思われる.

 ウサーマは,世界のムスリムが手を結び,強力で敬虔なウンマを建設できることを夢見ている.
「ラフサンジャーニー,フセイン,カッザフィー,アサドらの反米主義者をどう思いますか?」
という質問を受けたときには,次のように述べている.
「ムスリムは,彼らを統合し,敬虔なカリフを作ることができるような指導者を必要としている.敬虔なカリフは,アフガニスタンから現れるだろう」※4
 さらに,イランとターリバーンの関係の緊張に関しては,米国への対抗のため,関係改善を訴え,以下のように述べた.
「米国は,イランとターリバーンの共通の敵であり,いつか両者の関係は改善するだろう.
 私(ウサーマ)は,世界のムスリムが,ターリバーンを支援することを訴えたい.
 アフガニスタン,パキスタン,イランと中国(のムスリム)が合体すれば,米国もインドも敵ではなくなる……来世紀は,ムスリムの世紀となるであろう」※5

 ウサーマは,ターリバーンが,世界のムスリムを統合して導いていく,ムスリム世界の再生の旗手になるだろうと期待している.
 この辺りのウサーマの世界観となると,世界の多数のムスリムが受け入れるような世界観ではないだろう.ターリバーンは,世界の多くのムスリムにとっても,「異端」と感じるような教義の適用を主張しているからだ.
 また,現在の中東諸国体制・国際政治情勢をターリバーンがリードすることは,まったく夢物語である.
 この点からも,ウサーマがイスラーム主義者を越えて広くムスリムにアピールしうる可能性は,ウサーマの反米論が多くのムスリムに受け入れられ易い点〔だけ〕である,と確認できるだろう.

 ※ パキスタン政府によって身柄拘束された後,ニューヨークのワールド・トレード・センター爆破に関する容疑で,米国にて裁判を受け,無期懲役に服役中.

 ※2, 4-5 "Islamabad Pakistan, 18 May 1997"

 ※3 Independent, 20 Nov. 1996

(同 p.97-98)

 そんな中,唯一の具体的なビジョンといえるのが,「打倒サウド王家,打倒アメリカ」であるという.
 以下引用.

 こうした事件に関わっている組織〔アル・カーイダ〕の最終目的は,サウジアラビアの現体制を転覆して,さらに保守的なイスラム政府を樹立することだと,大半のアナリストは見ている.
 サウジアラビアの反体制派は,石油収入による莫大な富と西側との繋がりで腐敗したサウド王家は,もはや統治者とは見なされず,したがって革命が必要だと主張している.
 彼らは腐敗の一例として,サウジアラビアがイスラエルに対し,また聖なるイスラムの地に異教徒の石油業界関係者と兵士が存在することに対しても,明確な反対姿勢を取っていないことを挙げる.
 こうした不正義を正すためには,ジハードすなわち聖戦によって現体制を追放するしかなく,さらに現体制の後ろ盾であるアメリカも,ジハードの標的であらねばならないのだという.

 たいていの場合,こうした見方は仲間内の会話,あるいは私的な宗教的集まりで口にされるに留まっている(サウジアラビアではオープンな政治論議は許されておらず,反政府思想の持ち主と見なされれば,逮捕・投獄される).
 それでも,〔過激〕原理主義勢力内のごく少数派ながら存在力の大きい一団が,基地や政府機関への攻撃など強硬な行動を支持している.
「過激派の論理では,彼らが政府の正統制を否定すれば,政府は異端だという『事実』になる」と,サウジアラビアのジャーナリスト,ジャマル・ハショギは説明する.
「そして,『異端の政府』であると宣言した瞬間,彼らはそれと闘う権利があると確信する」

Michael T. Klare著「世界資源戦争」(廣済堂出版,2002/1/7),P.114-115
 なお,M. T. Klareは「平和と世界安全保障に関する5大学研究プログラム」理事

 要するに,ビン・ラーディンとは,サウド王家とアメリカさえ倒せばなんとかなると思っている,「いい歳をして,いつまでもマンガチックな夢想を持ち続けているトッチャン坊や」であると言えよう.
 そんなのを擁護する奴が,日本にも僅かだがいる(例:西部邁)なんて,そいつら正気とは思えないんだが.


 【質問】
 ビン・ラーディンが「敵」と認識している対象は?

 【回答】
 イスラーム教徒以外は全部敵!ってな御様子.
 以下,根拠.

 ウサーマが支援したアフガン義勇兵の活動が広い範囲で展開されたということは,ウサーマの想定する敵が,「キリスト教徒」「ヒンズー教徒」「ムスリムの独裁政権」と非常に多岐に渡ることを示している.
 アラブ義勇兵達が,反ソ・ジハードの終了後も戦い続けた理由を知るため,ウサーマ〔の解釈〕による現代のムスリムの状況を引用する.
「ユダヤ教徒とキリスト教徒の結束した敵意によってムスリムが攻撃され,パレスチナ,イラク,レバノン,タジキスタン,ビルマ,カシミール,フィリピン,ソマリア,エルトリア,チェチェン,ボスニア・ヘルツェゴビナで流されたムスリムの血が,最も安い血と成り下がってしまったことは,隠すことができない…」※
 ウサーマは,ムスリムは世界の各地でキリスト教徒やユダヤ教徒によって抑圧を受け続けている,と考えている.

 ※ビン・ラーディンの声明(1996年8月22日付)

(中村覚=サウディアラビア学者 from 「だれでもわかるイスラーム」,
河出書房新社,2001/12/31, P.94)

 さらに,アル・カーイダの影響下にあった頃のターリバーンのやり方を見ると,
「俺様解釈のイスラームに逆らう奴らも敵だ!」
といった感じでシーア派などを迫害していたことから,ビン・ラーディンの「敵」とはぶっちゃけ,
「俺様の考えに合わない奴ら全部」
ということになりそうだ.
 つーことは,地球人口の99%が「敵」に該当しそう.♪私もあなたもみんな「敵」.


 【珍説】
 テロ行為は復讐であっても決して許されるものではない.
 だが,アメリカ人にとってムスリムは虫けらだというビン・ラーディンの叫びには,耳を傾ける必要がある.
 かつてイスラエル人とパレスチナ人が捕虜交換されるときには,1人対数十人という,人間の生命の「不等価交換」が平然と行われたこともあった.

(臼杵陽 from 「ポストコロニアリズム」,作品社,2001/11/25,P.166,抜粋要約)

 【回答】
 この不均衡は,
「たとえ死体であっても,仲間の救出にはイスラエル軍は全力を尽くす」
という性格の足元を見た,パレスチナ・ゲリラ側の交換比率吊り上げの結果なのだが…….


 【質問】
 ビン・ラーディンに過激ジハード思想を植え付けたのは誰か?

 【回答】
 エジプトのイスラーム過激派メンバー達だと考えられている.
 例えば,イスラーム地域研究家の宮田律は,次のように述べている.

 もとよりビンラディンなど80年代にアフガニスタンでソ連軍と戦ったアラブ義勇兵たちには,「反米」や「反イスラエル」などの目標はなかった.
 そこに「ジハード」や「殉教」などの概念を植え付けたのは,エジプトのイスラーム過激派のメンバー達だった.
 1993年に起きたニューヨーク世界貿易センター爆破事件の犯行の教令を出したとされるオマル・アブデアル・ラフマーン師も,1980年代中期からアフガニスタンに出入りし,「ジハード」の概念を説いていった.
 ソ連軍に対して「ジハード」を説くエジプトのイスラーム過激派は,米国の好感を得るものだったことは間違いなく,米国はラフマーン師に「グリーン・カード」を与えたりしている.

( from 「だれでもわかるイスラーム」,河出書房新社,2001/12/31, P.83)

 米国の外交施策が「場当たり的」と批判される所以である.


 【質問】
 「ムハンマドのフィクフ」とは?

 【回答】
 内容は不明だが,アル・カーイダのメンバーだけに通じる教義である可能性が高いという.
 なお,「フィクフ」は通常「イスラーム法学」と訳される.

 詳しくは朝日新聞アタ取材班著「テロリストの軌跡 モハメド・アタを追う」(草思社,2002/4/25)p.96を参照のこと.

▼ また,
保阪修司「オサーマ・ビン・ラーデン主義は存在するか」
によれば,オサーマは2002年12月13日に放映されたビデオで次のようにいっているという.
>「彼ら(実行犯)達には,今日の通常の意味での知識やフィクフがない.
> しかし彼らは,預言者ムハンマドがもたらした意味でのフィクフをもっていた」

 そして保阪は,以下のように推測している.

――――――
 おそらく常識的な意味でのフィクフとムハンマドのフィクフというのは異なるものなのであろう.
 そして,オサーマ的には後者のほうが明らかにより正しく優先すべきものであったにちがいない.
 彼らの目的を達成するためには,通常のイスラームの戒律を遵守する必要はなく,より重要なムハンマドの法――それが何なのかは具体的に明示されていないが――を守るべきだということだ.

 オサーマの理解では,ムハンマドのもたらしたフィクフでは,報復として数千人の無辜の民を殺害することが許されるのであろうか.
 これは多くの日本人には,オウム真理教が,無差別殺人を正当化する根拠とした秘密金剛乗を思い起こさせるだろう.
 〔略〕
もし,ムハンマドのフィクフが,オウムの秘密金剛乗と同様な役割を果たすのであれば,これこそがイスラームでも,ワッハーブ派でもなく,またムスリム同胞団でもない,オサーマ・ビン・ラーデン主義であるのかもしれない.
――――――

 どっちにしろ,狂気じみていることに違いはない.▲


 【珍説】
 平等主義で,快楽否定で,大国の侵略には武装闘争も辞さぬ構え…
 なんだこりゃ,アメリカが今,戦ってる相手に似てるじゃないか!
〔ビン・ラーディンの顔と,AK突撃銃やRPGを構えるアラブ人達の絵〕

(小林よしのり from SAPIO 2004/2/25号,p.66)

 【事実】
 アル・カーイダが事実上ターリバーンを乗っ取っていた頃の,アフガーニスタンにおけるターリバーンの政策を観察すれば,あるいはスーダン政府の現在の政策を見ればすぐに分かることですが,小林の見方はアル・カーイダについて何も知らないに等しいようです.

 まず,アル・カーイダは平等主義ではありません.
 末期のターリバーン政権を見れば分かるように,ほぼオマル独裁に等しい状態でした.翼賛的な評議会しかなく,しかもメンバーは殆どパシュトゥン人でした.
 また,彼らにとって異端と見られたシーア派は酷く迫害されていました.
 スーダンのバシール政権も独裁を行っていますし,民兵を使い,ダルフールで虐殺を行っているのは広く知られた事実です.
 さらに,「コーラ買ってこい」の一件からも分かりますように,黒人差別すら存在するようです.

 ビン・ラーディンが敵としているのは,大国の侵略というわけでもありません.
 別項に示すように,彼がこうだと見なす範疇に納まるイスラーム教徒以外は,全て敵だというのが彼の姿勢です.それは大国アメリカだろうが,そうでないジャマイカだろうが変わりません.
 実際,アル・カーイダ「イラク支店」のザルカウィ・グループは,小国フィリピンの人間だろうが,イスラーム国イラクのシーア派だろうが殺しまくっておりますし.

 総じて小林のこの見解は,ビン・ラーディンを美化し過ぎですな.


◆◆◆日本


 【質問】
 歴史的に見て,なぜ日本はイスラーム国家とはならなかったのか?

 【回答】
 日本周辺の文明圏がイスラームをブロックしたため,日本へのイスラーム伝播が阻まれた.
 以下,ソース.

 さて,イスラームは7世紀に開始されたセム系一神教の分派であるが,時代を経るに従って急速に膨張してゆく.
 そして,今に見るイスラーム版図が形成されたわけであるが,その過程でどうしても切り崩せなかった文明圏が幾つかある.中華文明,インド文明,西欧キリスト教文明などである.
 そしてこれが直接のネックになって,日本への伝播が阻止されたのだ.

 まず,北方に位置する中国ルートは巨大な中華文明に遮られ,東漸を阻まれた.
 中国のイスラームが最も盛況を極めたのは,大元ウルス(フビライ治下のモンゴル帝国)の時代であり,それこそ無数の移民団と商人団が行き来するが,その後の明・清代に激しい弾圧を受けるに至り(イスラーム神秘主義教団たるジャーフリーア派の反乱や鎮圧など),フロンティアに生息するマイノリティーに転落してゆく.
 現在の新彊ウイグル自治区(東トルキスターン)に見られるムスリムの存在は,そうした残滓に他ならない.

 一方,インド・ルートは,10世紀に始まる北インドの侵攻以来,イスラーム王朝が続いてゆき,現在でも東西にムスリム国家(バングラデシュとパキスタン)を抱えているが,ヒンドゥーの牙城を切り崩せたとはとうてい言えない.
 おそらく後世の史家がインドのイスラームを見た場合,ヒンドゥーとの競合を勝ち切れなかったと総括するはずである.
 インドは依然,神々の共存する多神教世界(非イスラーム世界)なのである.

 さて,南方ルートのイスラームは,東南アジアの島伝いに教線を伸ばしてゆくが,スールー諸島からフィリピンに達した時期がちょうど大航海時代(マゼラン来航以降)に当たっており,当地でのキリスト教との競合に敗れ去り,ミンダナオに封じ込められる形となった.
 現在に見るフィリピン中央政府と(キリスト教徒)とムスリム反政府勢力(モロ解放戦線)の戦いは,その延長線上にあるのである.
 逆に言えば,ここでイスラームが勝っておれば,キリスト教に代わり日本上陸を果たしており,かのフランシスコ・ザビエルに代わりムスリムのウラマー(律法学者)が登場し,その後に起こった島原の乱もムスリムの手によって担われていたかもしれない.
 が,これらは歴史上のifでしかなく,結局その上陸は明治以降に持ち越されることになった.
 日本人がイスラームを,どこか遠くの奇妙な教えと捉えるのは,こうした歴史的交流の希薄さにも依っている.

(小滝透 from 「だれでもわかるイスラーム」,河出書房新社,2001/12/31, P.153-154)

 ただ,2ch世界史板によれば,この見解に全く異論がない,ということではない模様.


 【質問】
 日本にイスラームが上陸したのはいつ頃か?

 【回答】
 明治時代.
 ただし,アジア的ロマンチシズムや右翼と結びついた国策的なものが殆どだった.
 以下,ソース.

 だが,明治期にようやく日本上陸を果たしたイスラームは,海外で入信した日本人ムスリムや来日した外国人ムスリムの手によって布教活動が開始されるが,この地の布教に苦戦する.
 そもそも,日本人はイスラームに宗教的関心を示さなかった.
 むろん,日本人ムスリムの草分けともいうべき偉丈夫も幾多現れ,また,近代日本の発展に心惹かれた親日ムスリムも訪れてはいるものの,いかんせん馴染みが全くないために,日本人信者の獲得は限られたものにしかならなかった.
 いや,せっかく入信した者も,宗教的理解が少なく,アジア的ロマンチシズムや国策がらみの入信が殆どだった.

 それは,当時の日本人キリスト教徒が,強烈な西欧思考を目指すのと極めて好対照をなしている.
 具体的には,キリスト教徒が左翼(社会主義やリベラリズム)に傾斜するのと対照的に,右翼と結びつくのである.
 かの大川周明がコーランを訳し,頭山満が東京モスク建設に尽力した事実は,そのことを端的に示している.
 この現象がいかに奇形であったかは,熱烈な皇道主義者であった林銑十郎(陸軍大臣や内閣総理大臣を歴任)が,大日本回教協会会長を務めていたことからも伺える.
 林は皇室を崇拝すること極めて篤く,皇居遥拝を欠かさなかったということだが,それでは一つであるべきキブラ(遥拝方向)が2つ(皇居とメッカ)になり,イスラームの教えと根本的に矛盾する.
 しかもそれを平然とやっていたところに,日本人ムスリムの無邪気な誤解があったのだ.
 ちなみに,このような事例は日本イスラーム界にはごまんとある.
 いやそれは,今でも変わらぬ問題なのだ.

 だが,そうした事情にも関わらず,林が大日本回教協会会長を務めていたということは,当時のイスラームが完全に国策上の対象として見られていたことを示している.戦前日本のイスラームは,列強のパワー・ゲームの中における一つの外交カード(政治勢力)として捉えられていたのである.

(小滝透 from 「だれでもわかるイスラーム」,河出書房新社,2001/12/31, P.154-155)


 【質問】
 アルカーイダは日本でどのようなネットワークを組織していたか?

 【回答】
 これまでの様々な報道によれば,アルジェリア系フランス人リオネル・デュモンが中心となり,十数人の外国人と接触していたことが分かっている.
 デュモンは,アルカイダの後方支援部門に所属.1996年の先進国首脳会議(リヨン・サミット)に絡んだ爆弾テロ未遂事件などで国際刑事警察機構(ICPO)から手配.2003年12月にドイツで逮捕された.

 日本とドイツの捜査当局によれば,彼は2002年7月に偽造旅券で日本に入国,1年以上にわたり新潟市内に潜伏.出入国を繰り返し,日本に住む十数人の外国人と頻繁に連絡を取っていたという.

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=SBS&amp;PG=STORY&amp;NGID=main&amp;NWID=2004051801005876

 デュモン逮捕後,8人が入管難民法違反などで逮捕され,内,4人が同罪で起訴された.
・バングラデシュ国籍の無職アフメド・ファイシャル(26)=埼玉県川口市=,1997年1月に韓国から船で密入国
・バングラデシュ国籍の会社員モハメド・モクタール ・フセイン(29)=埼玉県川口市,バングラデシュから偽造旅券を使い航空機で不法入国
・マリ国籍の職業不詳カネ・ヤヤ(41)=東京都新宿区=
・インド国籍のサイアード・ナシール・サイアード・ガファール(32)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040615-00000148-kyodo-soci
& 読売新聞 2004/6/16

 しかし逮捕者の一人,バングラデシュ国籍の会社社長イスラム・モハメッド・ヒムについては,検察が出した結論は「アルカイダとは無関係」.
 ヒムは法人登記に虚偽の記載をした容疑で神奈川県警に逮捕され,さらに不法就労を助長した容疑で警視庁に再逮捕.
 共同通信を含むメディアは,捜査当局の見方を基に,「アルカイダとの関連性」を報道したが,最初の逮捕容疑は起訴猶予,再逮捕容疑は罰金30万円.
 43日間拘置されたヒムは,翌05年3月中旬,都内で共同通信のインタビューに応じ,
「警察とメディアに人生をめちゃくちゃにされた.元通りに戻してほしい」
と訴えた.
(でも,違法なことをしていたことには違いないんだが……)

(共同通信,2005/3/26)

 なお,週刊新潮によれば,デュモンが接触した人間の中には,日本人女性も一人含まれているという.この女性は逮捕はされていない.


 【質問】
 リオネル・デュモンはどんな人物なのか?

 【回答】
 生粋のフランス人.
 フランスでは有名なテロリストの一人.
 理想主義者からテロリストへ,というよくあるパターンの人物.

 以下引用.

――――――
 実はデュモンはフランスでは有名なテロリストの1人だ.
 デュモンは仏北部の小さな町・ルーベで9人きょうだいの末っ子として,1971年1月29日に生まれた.
 父親は大型冷凍トラックの運転手.母親は主婦.
 日本では何故か「アルジェリア系フランス人」との報道もあったが,名前からも知られるように生粋のフランス人である.
 〔略〕
 デュモン一家は,日曜日には教会に行く,ごく普通のカトリック教徒.
 大学入学資格試験にも合格しており,「知識層」に属する.
 少年時代に関し,姉は
「不公平を嫌い,理想主義で夢見がちだった」
と述べているが,そんなデュモンの転機は大学1年の時,兵役でソマリアでの人道支援活動に従事した時と言われる.
 そこで見た飢餓などの体験と,帰途立ち寄ったトルコやベトナムでの異国経験から,この感じ易い「理想主義者」は帰国後,「苦しんでいる人を助けなくては」とか「フランスでの行動」をしきりに口にするようになる.
 地元のモスクにも出入りし,ついに改宗する.

 予備判事は,
「フランスなど欧州でイスラム過激派が進める改宗運動を警戒している」という.
 事実,「この数年,欧州北部や東部で改宗者が多く出た」とも.
 しかも,「改宗者は現状不満者が多いだけに,改宗後は極めて過激になり易い」というわけだ.

 94年には紛争の真っ最中のボスニアに行く.
 そこには当時,ロシア正教のセルビアとカトリックのクロアチアを相手に「聖戦(ジハード)」を叫ぶイスラム原理主義過激派が集結していた.
 デュモンは当初,人道支援団体に属していたと見られるが,その後,志願部隊に入隊する.

 〔略〕

 デュモンも95年に帰国し,テロ網の資金稼ぎのために故郷の仏北部中心にスーパーをロケット砲などを使って連続襲撃し,「ルーベのギャング団」と恐れられるようになる.
 捜査当局が彼らの真の狙いに気付いたのは6年4月の先進7カ国閣僚会議・爆弾テロ未遂事件である.会議にはシラク大統領が冒頭演説で出席したため,一大事になるところだった.

 デュモンはボスニアに逃れたが,97年4月に同地で逮捕.
 20年の禁固刑で服役したが,99年5月に仲間の協力で脱走した.
 以後,03年暮れの逮捕まで約4年間,「逃亡者生活」が続いたわけだ.

――――――山口昌子=産経新聞パリ支局長 in SAPIO 2004/12/8号,p.22-23

 ちょっと前なら,こういう手合いは極左テロリストになっていたものだが,今やイスラーム過激原理主義のほうがそちらよりも魅力があるようだ.

▼ なお,2007年4月6日8時0分付,産経新聞(by 山口昌子)によれば,パリの重罪裁判所は5日,デュモンに対し,1996年に仏北部で発生した強盗事件や警官との銃撃戦及び爆弾テロ未遂事件の首謀者として,25年の禁固重労働刑とする判決を下したという.▲


 【質問】
 リオネル・デュモンは,どのようなテロに関与してきたか?

 【回答】
 対テロ捜査に通じた東南アジアの治安筋によれば,ロンドン・ヒースロー空港爆破テロ計画に準主犯格として関与していたとされる.
 同容疑者の日本潜伏も,空港テロなどの資金調達が主目的だったと考えられている.

 空港爆破計画の全容およびデュモン容疑者の関与は, 2003年10月に英国警察に逮捕されたアル・カーイダ構成員のジャマイカ系英国人,アンドリュー・ロウ容疑者の供述で判明.
 英国当局は,供述内容を,東南アジアの治安当局に伝えた.
 この治安筋が明かした供述内容によれば,デュモン容疑者とロウ容疑者は,アル・カーイダ幹部からの指令を受け, 2003年3月に迫撃装置を使ってヒースロー空港の管制塔や滑走路,旅客機を攻撃する計画を立案.
 デュモン容疑者は2002年7月から日本に渡って資金調達を進めつつ,少なくとも2回マレーシアに赴き,ロウ容疑者と協議した.
 事前にテロの兆候を察知した英治安当局が,2003年2月から空港周辺で厳戒態勢を敷いたため,犯行は未遂に終わった.
 計画が頓挫したのを受け,デュモン容疑者は2003年9月に日本を出国.同年12月にドイツのミュンヘンで逮捕され,今年5月に仏当局に身柄を引き渡された.

(読売新聞 2004/9/29)


 【質問】
 日本にアル・カーイダの拠点を作ろうとしたのは,デュモンだけか?

 【回答】
 警視庁によれば,他にも,パキスタン系の組織もそれを画策したことがあるという.
 以下引用.

――――――
イスラム過激派 パキスタン人,日本支部を画策 警視庁が捜査

15年に入国,接触
 アルカーイダやロンドン同時テロとの関係が指摘されるパキスタンのイスラム過激派テロ組織のメンバーが,日本支部設立を目的に極秘入国していたことが二十九日,警視庁公安部の調べで分かった.
 産経新聞が入手した警視庁の内部捜査資料にも,「支部設立を目的として来日」と明記されている.
 イスラム過激派の組織網構築の動きが日本国内で確認されたのは初めて.
 米中枢同時テロから五年となる節目の年を前に,政府も国際テロ対策の抜本的な見直しを迫られそうだ.

 問題のテロ組織は,「シパヘサハバ・パキスタン」(SSP).
 捜査資料や調べでは,男は一九七〇年代生まれで三十歳代のパキスタン人.
 警視庁は,イスラム・コミュニティーやモスク(イスラム教寺院)への捜査の過程で,情報提供者である「協力者」から
「SSPのメンバーが支部設立のため来日した」
とするテロリスト情報を得た.
 出入国管理記録を照会したところ,この男が平成十五年,宗教活動のビザで出入国し,礼拝中などに
「SSPの支部設立を目的に来日した」
と発言していた事実を確認した.
 男は都内を拠点に首都圏のモスクに顔を出していたほか,技能の在留資格で入国して横浜市内に住んでいた貿易業の男(27)=パキスタン国籍=や都内の元製本会社勤務の男(40)=同=らと,駅構内などでひそかに接触していたという.
 警視庁はこのうち,都内の男を入管難民法違反(不法滞在)容疑で逮捕するとともに,関係者の行動監視を続けて,日本でのSSPのネットワーク解明を進めている.
 捜査は,国際テロを専門とする公安部外事三課が担当.都内の都銀支店に開設された,男が関係する五つの口座についての捜査の概要は,警察庁警備局にも報告されている.

 パキスタンには,ロンドン同時テロの実行犯が昨年から今年にかけて出入国.
 SSPはパキスタン国内で数々のテロに関与し,ロンドン同時テロの実行犯との接触も疑われており,ムシャラフ大統領は,ロンドン同時テロ直後の演説でSSPを名指しで批判していた.
 パキスタン政府は二〇〇二年一月,SSPを非合法化し,事務所の閉鎖と資産凍結の措置をとっており,米国務省も〇三年四月,SSPを「テロ組織」に指定している.

     ◇
 ■現地でテロ要員勧誘
 ロンドンやバリ島など世界にイスラム系のテロが拡散する中,日本でもイスラム過激派組織が支部設立を画策していた.
 警察当局は
「日本のイスラム・コミュニティーからテロリストをリクルートしようという動きでは」
と警戒を強めている.
 これまで警察当局が想定していたのは,米中枢同時テロのようにテロリストが入国し行うテロ.
 サッカーの日韓ワールドカップ(W杯)直後の平成十四年七月から十五年九月,アルカーイダ幹部のリオネル・デュモン被告が滞在,別のイスラム組織のメンバーと群馬県で同居していた事実は,警察にも衝撃を与えた.
 だが,米中枢同時テロの主犯格でアルカーイダのナンバー3だったハリド・シェイク・モハメド被告は,米捜査当局に
「日韓W杯を狙いテロを計画したが,日本には『インフラ』(支援網)がなく,断念した」
と供述.
「日本人へのテロはイラクなど国外の可能性が高い」(警察幹部)
との見方が大勢だった.
 ところが,警視庁の2年以上におよぶ極秘捜査で,イスラム過激派によるテロ支援網の構築にもつながる動きが,日本国内で初めて確認された.

 〔略〕

     ◇
【用語解説】シパヘサハバ・パキスタン(SSP)
 パキスタンで活動するイスラム教スンニ派の過激派テロ組織.80年代に設立.
 パンジャブ州ではシーア派との宗派間対立でテロを繰り返している.
 アフガニスタンにあったアルカーイダの軍事キャンプで訓練した戦闘員を多数抱え,分派組織「ラシュカル・イ・ジャンビ」(LJ)はアルカーイダを支援しているとされる.
 LJは99年1月,爆弾で当時のシャリフ首相の暗殺未遂事件を起こし,警察官ら4人を殺害した.

――――――産経新聞 - 2006年12月30日2時32分

 【余談】

「へー,初めての観戦なのに,あのプラチナ・チケットをゲットできたんだ.テロられてしまえ!」
と思ったサッカーファンもいたとかいなかったとか.

(画像掲示板より引用)


 【珍説】
 日本でも自作自演のテロが起きる(小野寺光一)
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/107397978.html?page=13

 【事実】
>この世界最強の米軍が「本来」守っている日本において
>本来は日本ではテロは起きない.
>しかし日本でテロが成功してしまう組織がたった二つある.
>それは米○か,モ○ドが実行するときである.

 “米国か,モサドが実行するときである”ですか?
 しかし,イスラエルの情報機関のモサドが9・11テロの黒幕だというのは,アメリカの反ユダヤ主義者(ネオナチを含む)が広めている大嘘らしいのです.

>そしてブッシュはホワイトハウスにはいなかった.
>近くの小学校にいってメリーさんの羊を読んでいた.

 世界貿易センタービルに一機目の飛行機が体当たりしたとき,ブッシュ大統領はフロリダ州サラソタという町のブッカー小学校に到着したところでしたよ.

 この人,勘違いと妄想で頭がいっぱいなのでは?

90式改 in FAQ BBS


 【珍説】
<予行演習か?>
 先日,東京で山手線等が突然ストップして,同時に中央線がストップした.朝のラッシュ時に,「同時」に行われた.
 このことをよく考えてもらいたい.
 変電所の火災と,信号機のトラブルが「同時に」起こって山手線と中央線が「同時に」ストップするわけがない.
 しかも変電所の火災部分といわれる箇所は,12月の点検時には異常がなかったという.
 おそらく,本当に「異常がなかった」のだ.
 その点検以降に何らかの存在が手を加えたのではないか?

<日本における同時多発テロの予行演習か?>
 つまり,これは私の推測であるが,「同時多発テロ」を日本にて行おうとするある組織がさまざまな予行演習をしているのではないか?

小野寺光一

 【事実】
 この人,推測というより妄想で物事を考えているよ.
 変電所の火災及び信号機故障が,なぜテロの予行演習なのか?
 変電所の火災なんて以前にもあった.
 たしか1994年の12月だと思いましたが,新宿で変電所の火災があったときはもっと酷かった.
 山手線,中央線,埼京線の電車が6割ほどしか運行できず,どの電車も満員で凄かった.
 当時,東京の専門学校生だった私も,満員電車地獄を味わいました.
 その後,変電所の火災など関係ないオウム真理教の起こした地下鉄サリン事件というテロが起きましたよ.

90式改 in FAQ BBS

 陰謀論者って...
 もう,いかに無関係な二つの事柄をむりやりこじつけるかを商売にしている人たちですよね....

 脱力....

バグってハニー in FAQ BBS


 【質問】
 商船三井タンカー自爆テロ事件について教えてください.

 【回答】
 商船三井のタンカー爆発事故については,海賊の遠征説・自然現象説出ていましたが,やはりテロでした.
 しかも自爆攻撃でした.
商船三井<9104.T>タンカーの損傷,アルカイダ系グループが犯行声明=ウェブサイト:REUTER

 とはいえ,自爆攻撃をやるにも,人命やタンカーには致命的な損傷を与えなかった上に,どうやって自爆攻撃をしたのか・・・.
 RPG7でないとすれば,クルーザーに爆弾を詰め込んで接近して自爆したのか.
 ならば船員が見た光も,あのタンカーの惨状も納得行きます.

 いずれにしても,テロ戦争での新たなる局面に入ったのは確か.
 しかもアル・カイーダ系組織で,イラクからの米軍の撤退が始まろうとしている今,今度はアフガンに部隊を派遣している国全てがターゲットになる可能性もあります.
 もうフランスが,とかドイツはとかいう問題ではありません.

 また,ソマリア派遣部隊と並んでペルシャ湾警備部隊の派遣を要請される可能性もあります.
 事態は確実に思わぬ方向に展開しています.

バルセロニスタの一人 in mixi,2010年08月04日14:01
青文字:加筆改修部分

 商船三井タンカーテロ事件において自爆テロを行った犯人は,アル・カイーダ系テロ組織・アブドラ・アッザム旅団でした.
アルカイダ系がタンカー攻撃声明 アブドラ・アッザム旅団:共同通信

 アブドラ・アッザム旅団は,エジプト・シャルムエルシェイクのホテルをテロ攻撃した他,ヨルダンでの米軍艦艇への攻撃も行っています.
紅海リゾート地連続爆破テロ 88人が死亡 - エジプト:AFP通信

 この他,アブドラ・アッザム旅団はパキスタンのペシャワルなどでもテロを行っています.
 元々は旧ソ連軍のアフガニスタン侵攻の時の反政府ゲリラ・ムシャヒディーン(イスラーム戦士)の組織で,テロ活動には慣れているという事情もあるので,この手の攻撃はまさに朝飯前でしょう.

 これにより,もはやインド洋派遣部隊の再派遣は避けられない情勢になりつつあります.
 しかも今度は給油だけでなく警備という,実戦になる可能性もある任務に就く事になるかも知れません.

 さらにはイランも否応なく関わる事になります.
 アル・カイーダが支援しているターリバーンが,1998年にアフガニスタンの都市・マザーリシャリーフを陥落した際に,イラン総領事館の外交官9名を殺害しました.
 これはイランがイスラーム教でもシーア派なのに対して,ターリバーンやアル・カイーダはスンナ派であり,両者は犬猿の仲だからでした.
米軍増派で兵力は足りているので自衛隊は必要無い・・・アフガニスタンのマスード副首相:週刊オブイェクト

 場合によってはイランは欧米や日本に歩み寄って,ペルシャ湾警備に参加する条件に,経済制裁を解くよう要請,欧米や日本はそれに応じる可能性もあります.
 ましてイランにとっては憎悪しているターリバーンやアル・カイーダ.殲滅対象から欧米や日本のタンカーを守るのに躊躇はありません.

バルセロニスタの一人 in mixi,2010年08月04日16:06

<タンカー事故>断熱材むき出しに 商船三井が船内写真公開 (毎日新聞 - 7/29 20:23)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1292461&media_id=2

 損傷が船内に向かっている以上,明らかに波ではなく爆風によるものであるのは明らかです.

タンカー“攻撃”商船三井が現地調査を開始
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1292373&media_id=88

 〔略〕

 アル・カイーダはホルムズ海峡を通過する船舶へのテロ攻撃を表明しており,海上で光を見たという事,さらには爆発とありますから,波ではない事は確かです.
 RPG7が使われたとする噂もありますが,RPG7だとブースターの排煙が見られますが,排煙を見たという話は聞きません.
 〔略〕

バルセロニスタの一人 in mixi,2010年07月29日20:49

 三井商船タンカー事故でのタンカーの損傷が公開されましたが,これを見る限りはやはり内部に向かって破損している事から,やはり津波ではないのがわかります.
オマーン沖タンカー損傷,商船三井が「波によるへこみ」を否定:AFP通信

 ただ,直接ミサイルがタンカーに命中して爆発させたわけでもなさそうです.
 〔略〕

バルセロニスタの一人 in mixi,2010年08月03日11:14

 うろ覚えなんですが,大型タンカーって規制により,最近は二重船殻か二重底を義務付けられている筈では?

2010年07月28日 23:39,新所沢の三等兵

 そうです.
 海洋汚染防止のための国際条約で,ダブルハル化.

2010年07月28日 23:44,ゆずこせう

考えられる対策

(1) スラット装甲がわりに,船体に金網を張る.
→デメリット:抵抗が増えて燃費&速度低下

(2) セラミックモジュール装甲を張る.
→デメリット:50万トンタンカーに張ったら,いくら掛かるか判らない.

(3) 爆発反応装甲を張る
→デメリット:危ない.

(4) ツィンメリット・コーティングする.
→デメリット:抵抗が増える.でも少し萌えるかも…

2010年07月29日 00:33,新所沢の三等兵

 そろそろ自称識者から「原油に燃え移って危ないじゃないか」の声が聞こえないかな?

 そこまでパープルプリンはいないかな?

2010年07月29日 01:01,tacticaltomahawk

 自称「軍事に詳しい人」で,
「真珠湾の重油タンクは,九九艦爆の250kg爆弾一発で壊滅した筈だ」
なんて本に書いていたりしますから…
 ○○な人は沢山居ますよ.

2010年07月29日 01:12,新所沢の三等兵

 ガタイが大きくて,細かく仕切られているタンカーが,RPG 一発で沈むことはないにしても,原油の成分次第では火事ぐらいは起きるかも.

2010年07月29日 06:58,井上@Kojii.net

 ダメージってもんのイメージ操作喰らいそうな…….
 本邦ゴミどもがよくやらかすんだが.

 船体はボートのテロリンや海賊だと,まずダメージはなし.
 むしろ人的被害は,ブリッジ攻撃によって発生する公算が高い.
 自分が知るところでは,ブリッジの窓やドア(前後どっちでも)狙ってRPGやらロケラン撃たれると,高確率でそこの船室はオシャカ.
 全焼ケースを知ってるよ.
 そのとき内部に人がいれば    わかるよね?

 幸い今のVLCCは少人数で回すようになっているんで,居住区画は割りと閑散としている時間が多い.
 忙しいんだよ,特に狭くて積み出し地にちかいPGは.
 80年代からブリッジ狙いは,海上テロのセオリーになってる.

2010年07月29日 07:58,ゆずこせう

 職務上あまり多くを語れないが,日本の当該海域を通過するタンカー(中東石油)への依存度の異様な高さ.及び,過去いったんは下落したものの,最近また完全な危険水域まで上昇したことは,押さえておくべきでは.
 では,シーレーン防衛云々と議論が飛躍しがちだが,今そこにある対処(軍事含む)と長期的な対処を同時に考えなければならず,公にはほとんど真面目に議論されないが,エネルギーや食料含めた安全保障体制について,今更ながら真面目に検討すべき時と愚考する.
 もう既に遅すぎるが,そのまま放置するより余程の進歩ではないだろうか?

2010年07月29日 18:50 へぼ担当

 犯行声明キタコレ.
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK875374120100804
=============================================================================
[ドバイ 4日 ロイター] 先週28日にホルムズ海峡で商船三井(9104.T: 株価, ニュース, レポート)が保有するタンカーが損傷を受けた事件について,アルカイダと関連のある武装グループが,メンバーによる自爆攻撃だったとする犯行声明を出した.
=============================================================================

2010年08月04日 13:35,Bernoulli

 支援メンバーがアジトへ帰還するまで,公表を控えていたとのこと.
 この組織,2005年にエジプトとヨルダンで大規模なテロを実行しており,単なる泡沫グループではないようです.

2010年08月04日 14:43,Shaul

faq100804tn.jpg
faq100804tn2.jpg
faq100804tn3.jpg
写真引用元
http://mainichi.jp/select/jiken/news/m20100729k0000e040064000c.html?inb=yt
http://mainichi.jp/select/world/news/20100729k0000e030023000c.html?inb=yt

2010年07月29日 19:04,SIROWENLI

以上,「軍事板常見問題 mixi別館」より
青文字:加筆改修部分

▼ その後,米政府も「アル・カーイダ系グループの犯行」との見方を示した.

――――――
商船三井のタンカー損傷はアルカイダ系の犯行=米政府
ロイター,2010年11月23日(火)13時19分


 [ドバイ 21日 ロイター] 中東のホルムズ海峡で今年7月に商船三井の大型原油タンカーが損傷した問題について,米政府はアルカイダ関連グループの攻撃によるものだったとの見方を示した.
 今後もこの海域で同様の事件が発生する可能性があると警告している.

 〔略〕

 米運輸省の海事当局は,今月19日付の勧告で,
「政府と業界の関係筋はアブドラ・アッザム旅団の犯行声明には根拠があると認める」
とした上で,
「同組織は現在も活動中で,今後もホルムズ海峡やペルシャ湾南部,オマーン湾西部で船舶への攻撃を実行することが可能だ」
と注意を促した.

 〔略〕
――――――

 ……あれ?
 そういえば,日本政府は?▲

 【関連リンク】

「FT」◆(2010/07/28)Japanese tanker damaged in Strait of Hormuz

「FT」◆(2010/08/04)Group claims attack on Japanese oil tanker

「kojii.net」■(2010/08/09)"タンカーを狙ったテロ事件" に関する雑感

「国際情報センター」◆(2010/08/08)ホルムズ海峡での商船三井のタンカーへの攻撃

「週刊オブイェクト」◆(2010年08月08日)日本タンカーへのテロ攻撃と逆神の誤神託

「スパイ&テロ」◆(2010/08/04)アブドラ・アザム旅団とは

「リアリズムと防衛を学ぶ」◆(2010/07/29)事故か,事件か? ホルムズ海峡で日本のタンカーに爆発


 【質問】
 商船三井タンカーテロ事件を見るに,海自の護衛をつけたほうがいいのでは?

 【回答】
 商船三井タンカーテロ事件では,給油を再開せよという産経新聞の意見も出ていますが,さすがに艦艇を派遣しろという意見はまだ出ていません.
 というか,派遣したくとも派遣出来ないというのが実情でしょう.
 せいぜい給油が出来るぐらいですか.
【主張】タンカー損傷 インド洋の「補給」再開を:MSN産経ニュース

 では,なぜペルシャ湾への追加派遣が出来ないのかというと,人員や艦艇数の関係で,ソマリア派遣部隊の他にさらに艦艇を派遣すると,今度は日本本土防衛に穴が開いてしまうからです.
 おそらく自民党政権が続いて,インド洋派遣部隊があったとしても,ペルシャ湾警備用に派遣するのは難しかったでしょう.
 既に地方隊の護衛艦隊は,護衛艦隊群に統合され,地方隊はミサイル艇部隊になったとはいえ,海外派遣増強に必要な人員や艦艇は揃っていません.
 そもそも海上自衛隊は,日本近海とそのシーレーン防衛を目的としており,ペルシャ湾での警備などは想定していなかったからです.

 では日本はどうすればいいか.
 海がダメなら空で対応するしかありません.
 現在ジフチに海自のP-3C部隊が,ソマリア海賊哨戒用に駐留していますが,ベースはサウジだとテロの危険があるので,UAEかオマーンをベースにして,ペルシャ湾一帯にP-3Cを最低でも5機ぐらい哨戒飛行で飛ばすぐらいはすべきでしょう.
 現在海自が保有しているP-3Cは,80機で20機の派生型もあります.
 これは西側としては最大です.
 しかもこれらの機体の一部は,部品取りに使われていて,とてももったいないです.
 予算をつけて部品をライセンス生産して,稼働状態にして,海外に派遣出来るようにすべきでしょう.
P-3 (航空機)-Wikipedia

 空からの哨戒だと,「あまりにも安全で卑怯ではないか」などという意見もありますが,これはとんでもないです.
 携行型地対空ミサイルの攻撃の可能性もあります.
 その上で戦闘機の警護部隊の派遣も検討されるべきでしょう.
 そうなるとF-Xの状況も激変するかも知れません.
 また,空からならテロリストが船舶を攻撃しようとしたら,97式短魚雷で応戦する事も可能になります.
97式短魚雷 - Wikipedia

 また,空からならテロリストが船舶を攻撃しようとしたら,AGM-65「マーベリック」で応戦する事も可能になります.
AGM-65 マーベリック - Wikipedia

(■訂正
 97式短魚雷ではなく,AGM-65「マーベリック」が対艦攻撃には有効でした.
 転載する場合には,斜線のところにAGM-65とお書き下さい.
 邪夢@蛸神教さん,ご指摘ありがとうございました.)

 そしてソマリア海賊派遣部隊の給油艦として,AOE「ときわ」の派遣が,インド洋派遣のための給油を検討されていますが,さらにペルシャ湾警備用の外国艦艇の給油としても検討されるべきでしょう.
ときわ (補給艦) - Wikipedia

 とはいえ,やはり一番の問題は法的整備をする事でしょう.
 上記のように,P-3Cでも交戦の可能性はあります.
 相手が民間人に危害を加えるテロリストとはいえ,そのテロリストに「殺害せよ」「雷撃せよ」と言える命令を下す責任感が,今の政治家にはあるでしょうか.
 これは民主党だろうと自民党だろうとみんなの党だろうと関係ありません.
 一番の問題は,シビリアン・コントロールの頂点だる政治家の責任なのです.
 これからもペルシャ湾やホルムズ海峡では,テロが続発する可能性があります.
 それに政治家がどう対応するのか.
 それこそが一番の問題なのです.

バルセロニスタの一人 in mixi,2010年08月06日23:31

▼ 海自に艦艇派遣は難しく,艦艇派遣よりは哨戒機を派遣せよと書いたのは,先日の日記でもお伝えしました.
 そんな中でマイミクさんの御一人が,広範囲の哨戒にはP-3Cを,直接抑止には武装ヘリで対応せよと答えられました.
 武装ヘリと言えば,米海兵隊のAH-1Z「ハイパー」で対応という事になるのでしょうが,アフガン作戦やイラクで大量に作戦に投入されている今,ペルシャ湾にまで投入できる余裕があるのかどうか,疑問な一面があります.
AH-1W スーパーコブラ - Wikipedia

 そこで,攻撃機による小型艦船への抑止を考えてみてはどうでしょうか.
 1988年のプレイング・マンティス作戦では,米海軍の空母「エンタープライズ」に所属するA-6E「イントルーダー」攻撃機が,高速武装艇の集団にクラスター爆弾を投下して,6隻を撃沈しています.
 AH-1Wも出撃していますが,あくまでも石油海上プラットフォームの攻撃のみに従事して,艦艇攻撃には参加していません.
プレイング・マンティス作戦 - Wikipedia

 戦闘攻撃機なら,携行SAMでの反撃やテロ攻撃にも十分に対応できますし,P-3Cとのデータリンクがしっかりしていれば,テロ攻撃を受けた船舶に直ちに急行できるという利点もあります.
 日本にはA-6Eのような攻撃機はありませんが,日本の防空に穴を開けない程度に,F-2を派遣するという手もあります.
 またテロ艦船を相手にするなら,現在破棄されたクラスター爆弾よりは,JDAMで対応するのがベストでしょう.
 またテロ艦船を相手にするなら,現在破棄されたクラスター爆弾よりは,L JDAMで対応するのがベストでしょう.

 ※転載する場合にはJDAMではなくLJDAMとお書きして下さい.
 邪夢@蛸神教さん,度重なるご指摘ありがとうございます.

 とはいえ,直接抑止は実戦を伴う可能性があるのは間違いありません.
 いくら相手が,民間人に危害を加えるテロリストとはいえ,一人の人命であるのに変わりありません.
 2001年の北朝鮮工作船との戦闘では,ちょっと信じられない話ですが,何日号のニューズウィークか忘れましたが,漫画の翻訳家が
「何故撃沈した工作船の工作員の救助をしなかったのか?」
という批判を受けました.
 もっともこの批判自身が,工作員が海上からも射撃される可能性があるという,特殊訓練を受けた工作員の実態を無視した筋違いの批判なのですが,そういう批判を受ける可能性は十分にありえるのです.
 その意味からしても,政治の責任がどこまで取れるのか.
 菅直人首相の手腕が問われます.

バルセロニスタの一人 in mixi,2010年08月08日09:36


目次へ

「テロ別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ