c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆竹島
<◆◆領土防衛問題
<◆日本 目次
東亜FAQ目次


(画像掲示板より引用)


 【link】

「2ちゃん的韓国ニュース」◆(2012/01/27)「独島が日本の土地」ならば「東京は韓国の土地」

「Cyzo」◆(2012/09/26)竹島問題で『紅白』出場にも黄信号のK-POP 母国では「文化に政治を持ち込むな」の声も……

「F速VIP」:韓国の鳥虐殺動画の海外の反応をただただ翻訳するスレ

「VOR」◆(2012/07/31)韓国断固反対 日本が竹島領有権を主張

「VOR」◆(2012/08/06)朝鮮中央通信 日本の独島領有権主張は根拠ない

「上田亮の只今勉強中」◆(2010/07/09)韓国併合不法論と竹島問題・国際司法裁判所

国際法からみる竹島問題

「ささやかな楽しみ」:竹島問題の事質問してくれ

「人民網」◇(2012/08/24)島嶼紛争で互いに譲らぬ日韓

竹島問題の基礎知識

「動労千葉DC通信」:独島領有権主張を弾劾する 日本政府は新学習指導要領解説書を撤回せよ

「島根県」:国際法から見た竹島問題(PDF)

『竹島=独島論争 歴史資料から考える』(内藤正中・朴炳渉著,新幹社,2007/03)
 韓国側の論理

『竹島問題とは何か』(池内敏著,名古屋大学出版会,2012/12/20)


 【質問】
 竹島の価値は?

 【回答】
 陸上には殆ど価値がない.
 竹島は,東西2つの島と,数十の岩礁から成っているが,その全部をあわせても23平方mしかない.
(日比谷公園より少し広い程度)
 南面に雑草が生えている程度で,樹木も育たない.
 価値があるのは水より下.
 2海里の専管水域を有し,江戸時代からあわび,ワカメ,サザエなどの漁場として利用されてきた.

 【参考ページ】
太寿堂鼎『領土帰属の国際法』(東信堂,1998.8.28),p.127

国土地理院作成の竹島地図
(こちらより引用)

【ぐんじさんぎょう】,2012/09/19 20:20
を加筆改修


 【質問】
 「竹島を韓国に渡せ」と主張している日本人は,まさかいないだろうね?

 【回答】
 いる.
 例えば,愛知学院大の芹田健太郎教授なる人物が,そのように主張している.

 以下引用.

【竹島】愛知学院大教授「未来の世代のため,韓国の独島主権認めよ」
2006/12/05,YONAP NEWS

 (ソウル=聨合ニュース)日本のある国際法学者が韓日両国間感情のトゲをとり除くために日本が独島(日本名竹島)を韓国に譲り渡すか,またはあきらめて独島に対する韓国の主権を認めなければならないという主張を申し立てた.
 日本の愛知学院大国際人権法の芹田健太郎教授は11月,時事月刊誌「中央公論」に「独島問題に対する大胆な解決策(訳注:実際のタイトル=日韓間領土問題の大胆な打開策)」と言うタイトルの文で
「過去の歴史の加害者だった日本が,先に果敢な打開策を提示しなければならない」
とこのような方案を提案した.
 教授は独島に対する韓国の主権を認める一方,独島を東アジア環境協力の象徴にして,韓国は独島を自然保護区にして,すべての国家の科学者たちに開放しようと提案した.
 この文で芹田教授は独島問題と関連,日本は法的次元でばかり扱おうとするのに比べて,韓国は植民支配の歴史と結び付けることで解決のための交渉は膠着状態に陥っていると指摘した.

 教授はまた東海(日本名日本海)での漁業資源保護及び管理のために両国がそれぞれ鬱陵島と隠岐を基準とした排他的経済水域(EEZ)の境界を定めなければならないと主張した.
 この主張は去る6月,韓国側が第5次EEZ交渉で独島をEEZを持つ島と解釈,独島-隠岐の中間線を提示する以前に堅持して来た案だ.
 芹田教授は「過去4回EEZ交渉(1996-2000年)で日本が韓国の岩主張を受け入れたらEEZ境界は韓国が提示した鬱陵島-隠岐も中間線で解決されただろう」と説明した.
 〔略〕

 ……学者バカならぬバカ学者.

unknown

▼ また,2011.3.9には,民主党政治倫理審査会長の土肥隆一議員が,韓国・ソウルで開かれた日韓キリスト教議員連盟の集会で,竹島への日本の領有権主張放棄の宣言に署名した上,記者会見にも出席した事実が発覚しました.
 これはもう,怒るより呆れました.

――――――
民主・土肥氏「竹島領有権,日本は主張中止を」韓国議員と共同宣言 会見まで 先月末(MSN産経ニュース)

 わが国固有の領土にもかかわらず韓国が不法占拠を続けている竹島について,衆院政治倫理審査会会長で,菅直人首相が主宰する政策グループ顧問の土肥隆一衆院議員(兵庫3区)が,「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として,日本政府に竹島の領有権主張中止などを求める,同議連の日韓共同宣言に名を連ね,韓国の国会で共同記者会見していたことが9日,分かった.
 土肥氏は産経新聞の取材に
「個人的には,竹島は日本の領土とは一概にはいえないのではと思っている」
と話している.
――――――

 なお,土肥氏は政治倫理審査会長を辞任する意向です.
■民主・土肥氏,竹島署名問題で政倫審会長辞任へ (読売新聞 - 03月10日 13:30)
(その後,実際に会長辞任――編者注)

 土肥議員は菅首相の側近なだけに,菅内閣のみならず,民主党にも計り知れないダメージを与えたのは事実です.

 田母神・元航空幕僚長更迭事件や,Sengoku38事件を引き合いに出すまでもなく,政府の外交政策に反した公務員は,懲戒免職になるのは当然です.
 土肥氏は国会議員であり,公務員ではありませんが,菅首相の側近であり,与党の幹部です.
 だから土肥氏は潔く,自ら民主党を離党して議員を辞職すべきでしょう.
(議員辞職しませんでした――編者注)

 〔略〕

 しかし,何でこんな人物が,政治倫理審査会長になれたのか・・・.

バルセロニスタの一人 in mixi, 2011年03月10日19:29
青文字:加筆改修部分

 ちなみに,北方領土についても似たようなことを言っている作家がいるという.
 以下引用.

――――――
「一寸の領土は全領土」;渡辺淳一さんへ

 〔略〕
私は普段2,3の週刊誌を定期購読して結構大事な情報源にもしているのですが,9月14日号の「週刊新潮」でこんな記事がありました.
 作家の渡辺淳一さんの「あとの祭り,北方の悲劇をなくするために」というエッセーですが,概略,北方領土は余り価値のない領土であって,これに拘ると今回の漁船銃撃事件などが起こる,
 むしろ領土だけはロシアにくれてやって海洋権益を確保したらどうか・・・という内容で,勿論ご本人も「私見」と断っておられます.

 私は,しかしこれはきちっと注意しなければと思い,次のようなメールを同誌「掲示板」に送りました.
 「貴誌をいつも愛読しています.
 たしかに今回の漁船拿捕事件は日本人として辛く悲しいことで二度とこれを繰り返してはなりませんが,だからといって領土問題の主張を諦めるというのは些か飛躍に過ぎます.
 北方領土は気候も悪いし人の住める場所では今は,ない.
 しかし雄大な自然と地政学的重要性,何よりもわが国の固有の領土であることは間違いないところで,戦後粘り強く訴えて61年,ここは国民としても我慢のしどころです.
 渡辺さんのように国民的影響のある方が個人的かつ「一方的思いつき」であれロシアを含む内外の人々に誤ったメッセージを与えることは決していいことではありません.
「一寸の領土を失うものは全領土を失っても文句を言わない」(イェーリンク「権利のための闘争」)
という先人の言葉は今でも,いや今こそ生きていると思っています.
 〔略〕
 結果は予想したとおりボツ,
 〔略〕

――――――原田義昭 Blog,2006年10月2日(月)

 【質問】
 竹島を巡る韓国の,歴史的経緯の観点からの説明は,どう考えても無茶ですが,韓国国内にはそれを突っ込む人は誰もいないの?

 【回答】
 いることはいる.
 以下引用.

「独島領土は歪曲」韓国人学者,異例の批判論文
産経新聞東京朝刊 2006/05/22/09:00


 【ソウル=黒田勝弘】日韓が領有権を争っている竹島・独島問題をめぐって日本糾弾一辺倒の韓国で,歴史歪曲(わいきょく)を含む一方的な情報注入による過剰な愛国主義や,日本に対する過去イメージ偏重など韓国社会の現状を批判し,「国際的に通用する客観的な事実と論理」の必要性を強調する学術論文が発表され話題になっている.
 このほど出版された『日本学叢書1/日本は韓国にとって何か』(金栄作・李元徳共編,ハンウル社刊)に収録されている,玄大松・東京大学東洋文化研究所助教授の「韓国人の独島意識形成過程とその構造」と題する論文で,小学生から大学生まで若い世代に対する意識調査(2001年,約1200人を対象に実施)を分析したものだ.
 〔略〕
論文は古代史の「三国史記」はもちろん,韓国が歴史的根拠としてよく引用する中世の「東国輿地勝覧」や「太宗実録」「成宗実録」なども鬱陵島の記録であって竹島・独島は関係なく,歌の文句を含め「事実関係の歪曲」だと指摘している.
 〔略〕
 論文は結論で「韓国では戦後60年間,学界と言論界が一緒になって客観的事実より植民地支配の記憶と反日感情に訴え,愛国主義を前面に国民に誤った認識を植えつけてきた」と述べている.

 問題は,こういう発言をした後の社会制裁の有無なのだが,残念ながら続報未入手.


 【質問】
 韓国での「独島授業」について教えられたし.

 【回答】
 韓国では2010年現在,竹島が行政区域上所属する,慶尚北道の小中高で,年間10時間余りの関連裁量授業が行われているほか,忠清南道でも関連授業を実施している.
 裁量授業とは,正規授業のほかに学校長の権限で編成できる授業時間のこと.

 また,教育科学技術部は2010/8/12,16の市・道教育庁に
「各校で裁量活動の時間(日本の総合学習に相当)を利用し,独島関連の教育を強化せよ」
との指針を通達したと発表.
 2011年1学期から韓国全土のすべての小中高で,「独島授業」が行われる予定.

 【参考ページ】
朝鮮日報,2010/08/13


 【質問】
 〔竹島問題についてだが,〕国際司法裁判所で国際問題が簡単に解決するならば,戦争は起こらないのでは?
 特に領土問題はそんな簡単ではないでしょう.
 できるなら尖閣諸島だって北方領土だって,イスラエルとパレスチナだって解決しているはずですからね.
 〔よって無意味.〕

リュウイチ in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【回答】
 だからと言って,いつまでも韓国が日本の要求を突っぱねていては,一層韓国側に不利な事になると思いますが?
 だから,日本がこの国際裁判所での解決を提案しているのは,
「おたくが,このような平和的解決すら否定するのなら,こっちにも考えがあるよ」
と言う無言の圧力があるんですよ.

 ですから,この国際法廷への出廷要請は,あくまで日韓関係の踏絵なんですよね.

柳 in mixi


 【質問】
 日本が韓国に国際司法裁判所への付託提案を行ったのは,1954年と1962年の2回のみですから,
『いつまでも韓国が日本の要求を突っぱね』

『今の韓国の「国際法廷の出廷は嫌だ!』
は過去にあった話ではありますが,現在の状況には即してないのではないでしょうか?

. in FAQ BBS,2009年8月4日(火) 14時31分
青文字:加筆改修部分

 【回答】
「朝鮮日報」:「独島は日本の領土」 日本政府が口上書を毎年発送
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/21/20050321000051.html
という記事によれば,
・日本政府は毎年3月に竹島に対する領有権を主張する口上書(Verbal Note)を韓国政府宛てに送っている
・韓国政府はこれを文書台帳に記録・保管し,また,これに反論する韓国側の外交文書を毎年発送している
とのこと
(要約文引用元
http://blog.goo.ne.jp/m-ebina_2004/e/fb5521b4c03f1c3c43dabc533f81a459
 ただしこれには付託提案は含まれていない模様.

 現在,韓国は「領土問題は存在しない」という態度をとっている.
 なぜなら1965年締結の日韓基本条約において,
「竹島問題の解決を先送りする代わりに,両国は同問題の外交的解決が図れない場合,調停で解決すること」
という合意があるので,問題があることを認めてしまうと,調停で解決しなければならなくなり,その場合,国際司法裁判所付託になるだろうことから,日本政府はそれでわざわざ付託提案まで口上書に書かないのだろうし,問題が存在しないと言い張っている韓国は,やはり国際司法裁判所を嫌がって逃げ回っているといわれても仕方ないのではないかと.

 ただ,外務省の姿勢としては事なかれ主義も,やはりあるらしい.
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090227/kor0902271739005-n1.htm
http://www.sanin-chuo.co.jp/tokushu/modules/news/article.php?storyid=106323145
など参照.
 もし負けたら非難殺到で,どれだけの官僚が責任とらされるか分からないしね.

 ま,日本人の中にも,「竹島の領有権放棄」を唱える和田春樹教授や,「日本の独島領有権主張に根拠なし」とする内藤正中島根大名誉教授のような人もいるくらいですから,他の解釈も当然可能ですが,あくまで回答の一例として.

【ぐんじさんぎょう】,2009/8/20 21:00
に加筆


 【質問】
 何故日本は,韓国が弱小国家だった1970年以前に,竹島を奪還しなかったんですか?

 【回答】
 日韓外交が今より比較的まともだったころは,両国の外交官の間で
「いっそ爆薬かなにかで島を吹っ飛ばしてしまえれば,日韓ともに幸せになれるのに」
なんて冗談が交わされてたんよ.

 ようするに,相手に渡すのは国の面子的に無理だけど,強行に所有を主張するには費用対効果に全然引き合わない,価値の低い島だったんだよ.
 というか今現在でも,日本側から見るとそう.

 なのに韓国側が「民意高揚による現政権の安定」なんて理由のために,所有を主張しだしたのが問題の始まり.
(正確には,政権安定のため反日活動を煽りに煽った結果,竹島問題も無視しつづけられなくなった,になるのかも.
 鶏卵的な話で,これが絶対正解,みたいに答えられないんだ)
 今の韓国政権がやったことじゃないけど,一度始めたことを,今更止めたりしたら,やっぱり政権が危うくなるのでできないわけ.

 んで回答は,すでに上記文中にあるんだけど,もう一度繰り返すと
「日本側には強引に所有行動をする価値がないので奪還してません」
になります.
 「日本は領土問題を簡単に諦める国だ」なんて評判は困るので,最低限のリアクションはしてますけどね.

軍事板,2009/09/11(金)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 日本が竹島を武力を用いて奪還する場合,宣戦布告無しで奇襲をかければ,国際社会から非難されますか?

 【回答】
 でしょうね.
 それに,戦争自体が日本への負担になりますから,戦争するほどの価値があるかどうか見極めましょう.

 ただし,国際的に見て,韓国は相当まずい立場にいます.国際裁判所への呼び出しを数回ブッチしているので,どこかしら後ろ暗い部分があると見られてます.
 そこで奇襲攻撃ではなく,メディア戦略などをしっかりやってから,ゆっくりと叩きのめせば上手くいくやも知れません……が,現実の日本にはそんなことができる人間もお金もありません.

 なお,日本政府は外交上,この手の領土問題に置ける解決策で常套手段たる「国連総会で領土問題を提訴」するという,コレをまだ行使していません.これは国際司法裁判所と異なり,韓国が出て来なくても決議を出すことが可能です.

 日本は,朝鮮半島が統一されるまで竹島問題に目を瞑ってあげているだけ,という見方もできます.


 【質問】
 現在の竹島問題を巡る韓国の対応は,過去とはどこが違うのか?

 【回答】
 黒田勝弘によれば,日本の領有権主張を一切認めないという,極度の自己中心主義だという.
 以下引用.

------------
 日本の韓国ウォッチャーたちの最大の関心は昔から「韓国の反日感情の行方」である.いつになったら変化するのだろう,というわけだ.
 その答えの一つとして昔から
「韓国が発展し,経済的に余裕ができれば変わるだろう」
というのがある.そこから
「だから韓国が先進国になるよう協力すべきだ」
とよくいわれたものだ.
 余裕が出来れば開放・改革に変化するに違いない――近年の韓国の対北支援論つまり”北朝鮮・軟着陸論”に似てなくもない.
 しかし一方では異論も昔からあって,韓国が発展し,力をつければ,余裕より自信が先立ち,
「日本何するものぞ」
といって逆に反日は強まるかもしれないというのだ.
W杯や竹島騒動などを見ていると,韓国の反日の現住所は今のところ,明らかにこちらの方だ.

 韓国における最近の”独島”をめぐる反日・愛国シンドローム(症候群)は二〇〇二年W杯の愛国熱狂に連動している.「勝った,勝った」で自信たっぷりの「押せ,押せムード」になっている.「断固対処」「強硬方針」「拿捕も辞さず」「武力衝突も」…など,政府・マスコミ挙げて大げさな表現で相手を圧倒し安心しようというのは伝統文化だが,どこかW杯感覚である.
 韓国における近年の”独島問題”の特長は,日本の領有権主張を一切,絶対認めないという,相手を土俵にも上げない極度の自己中心主義だ.
 もともとこの問題は一九五〇年代以降,日韓間の外向的懸案として,少なくとも相手が領有権を主張しているということはお互い認め合ってきた.
 したがって昔は日韓の要人の間で「お互い面倒な島だから爆破してしまってはどうかね」といった冗談も可能だった.こうした話は最近,韓国政府が公開した当時の外交文章でも明らかになっている.

 しかし今,韓国の要人が同じ事をいえば即刻クビだし,社会的に抹殺されるだろう.
 とくに盧武鉉大統領は
「この問題には自分がケリをつけてやる」
といわんばかりに肩の力が入っている.
 靖国神社問題でも
「参拝をやめない限り,日本の首相との首脳会談は拒否する」
と強硬だ.
 過去否定・制度破壊に精を出している革新派らしい豪気だが,解放後世代初の大統領という若い世代がえらく強気なのだ.

 韓国人に「ほどほど」はないといわれる.何事につけ「これでもか,これでもか」なのだ.
 竹島をめぐってはこの半世紀,あれだけやりたい放題で自分のモノにしてきたのに,まだ足りないという.
 国際的常識では「日本を刺激してはまずいのでは…」となるはずだが,そうはならない.
 そのあげく,韓国の方が
「もう静かな外交はやめた」
などと不思議なことを言う.
 盧大統領は竹島問題にからんで日本を「国粋主義的傾向」と批判しているが,これも不思議だ.
「W杯から独島まで」-韓国の近年の”愛国シンドローム”こそ外国記者には国粋主義的だ.
中国も経済発展で愛国主義が広がっている.日本を取り巻く東アジアは愛国主義であふれかえっているのだ.
 日本の新教育基本法の「国を愛する心」など実にかわいい.

------------黒田勝弘 from 産経新聞(東京版)4月22日14版7面(国際面)

▼ そればかりか現在では,韓国にとって,竹島問題は「産業」と化しているという.
 以下引用.

------------
YukiAsaba Yuki Asaba(浅羽祐樹)

 「独島」は政治家にとって票欲しさの「ポピュリズム」以前に,「インダストリー」でもある.
 盧武鉉時代に東北アジア歴史財団が設立し,後に傘下に独島研究所を設置.
 何人が食い繋ぎ,常に争点化することでメシの種になっていることか.
 真実和解委は整理した李明博大統領も,手をつけず.
------------


 【質問】
 韓国が竹島に際し,軍事行動に出る可能性がある「本気度」はどのくらいか?

 【回答】
 黒田勝弘によれば,今や「北韓の脅威」よりも「独島(竹島の韓国側名称)防衛」のほうが,韓国にとっては重大な関心事だという.
 その背景には,それを煽るマスコミや大統領の姿勢があるという.

 以下引用.

――――――
 近年,韓国社会の安保観に微妙な変化が見られる.まず北朝鮮に対する軍事的な脅威感,つまり「北の脅威」は,1980年代後半からのいわゆる民主化と,金大中政権(1998−2003年)以降の対北宥和策「太陽政策」によって,大幅に後退してしまった.
 その背景には韓国の経済力増大と,逆に北朝鮮の“飢餓情報”などで北朝鮮をバカにし,軽く考えるようになったということもある.
 したがって韓国国民にとって北朝鮮は,もはや安保上の関心の対象ではなくなったというわけだ.

 ところがその北朝鮮に代わって日本が安保上の関心になりつつある.
 「北の脅威」に代わる「南の脅威」だ.
 その象徴が「独島」に対する異常な関心である.
 韓国国民はマスコミや政府によって「北がいつかまた攻めてくる!」ではなく,「日本が独島を奪いに攻めてくる!」とマインドコントロールされつつある.※

 たとえば,この4月や7月の竹島・独島周辺での海洋調査をめぐる日韓摩擦では,今にも武力衝突が起きるかのような興奮状態だった.
 韓国国民の安保観は北から南に方向転換しているのだ.

 そういえば韓国ではこれまで,クリスマスとか新年ともなると,「国の安全を守って最前線でガンバる国軍将兵」といって,南北軍事境界線をパトロールする姿や,西海岸沖の海軍警備艇の雄姿がマスコミによく登場したものだ.
 ところが近年,その風景が「独島」に変わった.
 マスコミは,南北休戦ラインで北に備える将兵に代わって,日本海の「独島」で,南の方をキッと見すえる武装警備隊の姿を好んで伝える.
 学校教育でも,子どもたちが書かされる慰問と激励の作文は,「休戦ラインの国軍おじさんたち」ではなく,「独島の警備隊おじさんたち」がテーマになっているという.

 この“変化”を端的に示したのが最近の盧武鉉大統領の発言だ.6月22日,海洋警察庁(日本の海上保安庁)の幹部を大統領官邸に招き,訓示でこう言っている.
「日本はわれわれより優越した戦力を持っているが,われわれは少なくとも日本が(われわれを)挑発できない程度の国防力は持っている.
 相手が挑発してきたとき,“得より損が多い”と思わせる程度の防御的対応能力を備えることが必要だ.
 日本と戦って勝つ戦闘力ではなく,東海(日本海のこと)で突発事態が発生した際,対応できる程度の戦闘力を備えてほしい」
 韓国マスコミは「日本を仮想敵国視か?」と批判的に伝えていたが,大統領が日本との関係で「国防力」や「戦闘力」を熱心に語るようになっているのだ.

 その一方,北のミサイル問題では大統領以下,韓国政府は「わが国の安保とは関係ない」「大騒ぎするのはおかしい」という.
 北には甘く,逆に対応に追われる南の日本を「侵略主義的」と非難しているのだ.
 盧大統領は以前,核開発についても「(自衛手段として)一理はある」と理解(?)を示している.
 北朝鮮が核武装しようがミサイルをぶっ放そうが,韓国の安保には何ら影響ないというのだ.
 それより,日本による「独島への脅威」が重要といわんばかりなのだ.
 「同盟より民族」で親・北朝鮮の姿勢を続ける盧武鉉政権の安保観,安保政策は,とんでもない方向に進みつつあるようだ.
 韓国マスコミは「韓国と北朝鮮が一緒になって日本を軍事的に刺激している」と,批判しているが,盧武鉉政権の「自主外交」は,日本を“敵”に日米韓協力体制から逸脱しつつある.
 〔略〕
――――――『SAPIO』,2006/8/9号
※例えば産経新聞東京朝刊 2006/05/22/09:00より

――――――
 【ソウル=黒田勝弘】
 〔略〕
 このほど出版された『日本学叢書1/日本は韓国にとって何か』(金栄作・李元徳共編,ハンウル社刊)に収録されている玄大松・東京大学東洋文化研究所助教授の「韓国人の独島意識形成過程とその構造」と題する論文で,小学生から大学生まで若い世代に対する意識調査(2001年,約1200人を対象に実施)を分析したものだ.
 〔略〕
 調査によると「独島は韓国の領土」という意識は小学入学前に48%が持っており,小学生では94%にもなる.
 この領土意識は大衆歌謡,テレビ,教科書,教師,父母…などを通じて形成され,このうち小学生など若年層ほど大衆歌謡の影響が大きく出ている.
 大衆歌謡というのは1980年代以降,韓国で広く歌われている「独島はわれらの地」という歌で,歌詞には島の位置から自然環境,歴史的根拠,日本のことなどが詳しく織り込まれている.
 とくに古代6世紀の新羅時代から韓国領だったという古文献のことまで登場するため,韓国国民の多くは歌の文句で島に関する知識を得て,そう信じ込んでいる.
 〔略〕
 論文はまた,韓国マスコミの歴史問題や「独島」問題に関する日本批判は「過酷なほどだ」といい,調査においてさえ「韓国マスコミは事実報道より反日感情を扇動し」「両国の意見を不公平に取り上げている」とする意見がかなり出ているとしている.
 調査では領土問題で
「日本の主張にも根拠がある」18%,
「日本を刺激すべきでない」9%,
「国際司法裁判所で解決」25%,
「日韓共同管理」5%,
「戦争の可能性」30%
などといった結果も出ている.
 韓国では過去,韓国の立場を支持する日本の学者の主張や研究はよく紹介されている.
 〔略〕
 論文は結論で「韓国では戦後60年間,学界と言論界が一緒になって客観的事実より植民地支配の記憶と反日感情に訴え,愛国主義を前面に国民に誤った認識を植えつけてきた」
と述べている.
――――――

 李明博政権になってからの動向は,2009年9月現在,データなし.

 なお,韓国海洋警察は2006/8/22,竹島近辺哨戒の任にあたる最新鋭警備艇を28日から配備すると明らかにしている.
 全長111メートル,排水量3000トン,ヘリ搭載.
おきらく軍事研究会,平成18年(2006年)8月28日


 【質問】
 竹島に本格的に軍隊を駐留させるような発言を,韓国要人がすることがありますが,本気なんでしょうか?

 【回答】
 韓国が駐留させてるのが警備隊とか自警団って事になってるから,日本も手を出せないのであって,「軍隊」を駐留させると,明確に防衛出動の根拠を与えることになる.
 これは韓国側もこれまで明示してきた事.

 ただし,実際に出動させるかしないかは政治が決めることであり,韓国と武力を持って紛争あるいは戦争状態に突入するメリットを感じなければ,自衛隊を派遣して竹島を奪回するなんて選択はしないし,韓国側も,(現在は日本は動かないとわかってても,将来的にどうなるかわからない以上は),日本に防衛出動の口実を与えるような短慮な選択はしない.
 韓国はああ見えて狡猾なんで.

 単なる国内外向けのポーズとして,軍隊を駐留させるみたいな発言を一部がしているに過ぎない.

軍事板
青文字:加筆改修部分

▼ ちなみに,占拠しているのが「韓国軍(ただし,正規の)」ならば,防衛出動が適用されるが,韓国は日本がそうした体制を整えると,軍隊ではなく警察とか警備隊とかで駐留させて,うまく日本の防衛出動を発動させないように,狡猾な手段を取って来た.
 そうして実効支配を続けていれば,そのうち自分の領土に組み込めるだろう,という狙いが,当時の韓国政権にはあったようだが…

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 万一,竹島騒動で日韓武力紛争が始まったとして,両国に軍隊を駐留させている米軍は,どんな対応をとると軍事板の詳しい方は考えられますか?

 【回答】
 米国は同盟国の領土問題には原則として不介入です.
 ただし,領土紛争になったら話は別.この際の対応に関しては不明です.
 その辺を勘違いしたのが湾岸戦争時のフセインです.
 イラク大使エイプリル・グラスピーの
「国境問題に介入するつもりはない」
と言う発言を,
「クウェートに侵攻してもアメリカは手を出さない」
と勝手に解釈していました.


 【質問】
 これまで竹島問題に,日本はどのように対応してきたのか?

 【回答】
 総じて消極姿勢が目立ち,島根県から「お前ら,もうちょっと竹島問題に関心持てよ」という内容の条例を作られてしまうレベル.
 韓国の反応が一々過剰なので,そうとは見えにくいけどね.

 日本政府は「平和的解決」の名の下に,殆ど国際司法裁判所付託程度のペーパー・プロテストしかやっていない.
 日韓国交回復交渉でも,竹島問題は棚上げ.
 そもそも在日米軍から竹島が返還された後,常時警備もしておらず,これが韓国側に上陸されて警備隊を置かれる直接の原因になっている.

 外務省も消極的で,アジア局長が「爆破してしまえばいい」と発言したことが,公式文書に残っているほど.

 消極的なのはマスコミも同じで,韓国が強硬姿勢をとったときくらいしか報じず,殆ど「災害」と同じ扱い.
 そもそも韓国が軍艦を派遣して,「独島警備隊」を置いたときも,8行程度のベタ記事で済ませている.

 ま,このままなら,北方領土の二の舞.
 10〜25年後くらいには,実効支配の既成事実が積み重なって,国際法も韓国に軍配を上げる可能性が高くなるね.
 その頃になったら,韓国も喜んで国際司法裁判所付託に応じるんじゃないの?

 【参考ページ】
『竹島・尖閣諸島の本』(宝島社,2005.11.25),p.38-50
http://ja.wikipedia.org/wiki/竹島_(島根県)
http://en.wikipedia.org/wiki/Liancourt_Rocks

【ぐんじさんぎょう】,2012/08/31 20:40
を加筆改修


 【質問】
 日本は経済力,軍事力,地理的に見て韓国よりも優位に立っているのに,何故,竹島問題で下手に出てしまうのでしょうか?

 【回答】
 肝心の政治的理由で不利だから.

 憲法9条により武力による紛争解決を放棄しているから.
 武器持ってる側と,その相手に丸腰で,言葉で説得しなければならない側とでは,どっちが有利か分かるだろ?

 それに,今現在もし9条無くても武力奪還なんてあり得ん.
 韓国は隣国.
 隣国と軍事的緊張状態を招くのはリスクが高すぎる.
 イギリスが遠く離れたアルゼンチンと戦った,フォークランド紛争とはワケが違う.

軍事板,2008/07/14(月)
青文字:加筆改修部分

▼ 幾つか理由は推測できるが,まず第一に,ある一定の年齢以上の世代には,太平洋戦争に対する贖罪意識が確実に存在していて,それが韓国に対する及び腰的な対応となって現れているのではないかと思われる.
 1954年に,韓国によって灯台が建設され,海上保安庁が銃撃された事件が相次いだにもかかわらず,海上保安庁が「平和的解決」を基本方針としたのは,その表れだろうし,傍証として,韓国に進出した日本企業の多くが,韓国人労組から「過去への謝罪」を持ち出されて,必要以上の譲歩をしていたという話もある(深田祐介『新・東洋事情』)
 さらに日本のアジア外交の基本方針は,「アジアの非政治化」であったという.
 これは「アジアがノンポリであって,初めて日本は経済的にコミットできる」という考えだが,このポリシーの背景には,「戦争で日本が多大な被害を与えたアジアに,日本が政治的にコミットすることは出来づらい」という,やはり贖罪意識的発想があるとされる.
 もっとも,日本でも世代交代は進んでいるので,このカードは今後,通用しなくなっていくだろうが.

 第二に,国際機関や国際法への,過大な期待と思い入れが,政治家に限らず存在するためだと思われる.
 国際法や国際機関を,まるで全くの厳正中立,公平なルール/組織と思い込んでいる人々は,かなり多くいるようで,「国連中心主義外交」という悪い冗談のような政治用語まで存在する.
(小沢一郎のような大物政治家までが,国連中心主義を唱えている事実を想起されたし)
 国際司法裁判所付託提案を繰り返して事足れりとするかのような態度を,長年,日本政府が見せていたことを鑑みるに,そうとしか思われない.

 しかし最も大きな原因は,これまで日本が,情報の収集から,それら情報に基づく国家戦略の立案までの一切を,アメリカに丸投げしてきたためだろうと考えられる.
(この丸投げっぷりについては,古森義久が記事にしている)
 アメリカにとってみれば,日韓どちらも同盟国であり,その両者の対立はアメリカの国益にならない.
 そのアメリカに日本の戦略を作らせれば,「竹島問題は棚上げ」となるに決まっている.

 竹島問題で日本が劣勢を覆すには,短期的には先述の佐藤優案が最も具体的だが,長期的には国家戦略の立案のありようを,日本は改めねばならないかもしれない.

 【参考ページ】
『竹島・尖閣諸島の本』(宝島社,2005.11.25),p.38-50
宮城大蔵『「海洋国家」日本の戦後史』(ちくま新書,2008.6.10),p.218-220
http://ja.wikipedia.org/wiki/竹島_(島根県)
http://en.wikipedia.org/wiki/Liancourt_Rocks

【ぐんじさんぎょう】,2012/09/01 20:50
を加筆改修

 もうひとつ,海洋国家であることの自覚が足りなかった点も挙げたいけど,短くまとめられない.

ぎんなんそう in mixi,2012年08月30日 21:49

 日本の国民性(議論対立を回避して譲歩,お上(国連)の公平さを期待)が,消極的な譲歩を支援してきた,という後押しもあったでしょぅねぇ.

さかきまもる in mixi,2012年08月31日 23:08


 【質問】
 憲法9条では自衛権を否定してませんよね.
 自国領土である竹島を奪還するのに問題があるのでしょうか?

 【回答】
 日本が自衛権を主張することと,それが国際社会に受け入れられるかどうかということは,別の問題です.
 日本外務省のプロパガンダ工作能力はきわめて貧弱なので,宣伝戦をやれば韓国に負けます.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 韓国は弱いので,日本が竹島奪還作戦に乗り出しても大丈夫では?

 【回答】
 勇ましい主張をするのは貴方の勝手(ただしこのスレッドではふさわしくない)ですが,日本政府に現実に何ができて何ができないかをまず分析した上でなければ,それは単なる空理空論です.

 精神論だけでは解決できない問題があることは,「B-29に竹槍」の事例からも明白です.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 竹島を不法占拠している韓国軍を追い出すには,最低どれだけの兵力が必要なの?

 【回答】
 引っ越しババア一人でOK

軍事板


 【質問】
 中国は国際世論の批判をかわす為に,朝鮮戦争には義勇軍という形で出兵しましたが,竹島に対して日本が義勇兵という形で出兵できないんでしょうか?

 【回答】
 朝鮮戦争で中国が「義勇兵」を出したのは
「中国国内に朝鮮系民族がいるから,国として第三者の立場だけど,国民の一部が同系民族を助けるために「義勇兵」として行くよ」
っていう口実.

 竹島問題に関して日本は当事者なのに,朝鮮戦争の例のような「第三者」になるわけないでしょ?

 また,竹島という日本国内で,警察でも自衛隊でもない集団が武器など持って集まったら,日本国法によって日本警察に逮捕されます.

 さらに,竹島は日本政府によって一般人は立ち入り禁止になっている.
 そこから先は政治問題だから板違い.
 以上.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
「向こうが過ちを認めないのなら,こちらは敵対的外交(経済制裁や対話の中断など)をするべきだ」と言った意見は,好戦主義と言わざるを得ないのでは?

 【回答】
 それは,日韓関係においては適当ではないですね.
 どう間違っても,日本と韓国は戦争なんてできる訳がないんですから.
 率直に言ってしまえば,
「韓国の世論の反発が怖いから,日本は何一つ外交カードを使ってはいけない」
と言っているに等しいです.
 これから対等にマトモな関係を築くためにも,日本は断固,韓国側におかしいと思った事は抗議すべきだし,経済的,若しくは国際的な駆け引きも必要になってくると思います.

 いつまでも,日本が贖罪意識がある事に甘えて,だだをこねてばかりいたら,いずれ韓国は日本に愛想を尽かれる日が来ますよ?
 正直,今の韓国の
「国際法廷の出廷は嫌だ! でも独島は俺のものだ! お前達の言い分なんて聞かない!」
という論調に,多くの日本人が
「いい加減にしろよ.韓国」
と思っているのも事実なんですから.

柳 in mixi


 【質問】
 竹島問題を10倍楽しく見る方法は?

 【回答】
「竹島には,そこにしか生えない,とても美味いタケノコがあるため,みんな,そのタケノコが食いたくて争ってる」
と想像して見てみると面白い.


 【質問】
 例えば島根の漁民が一部不利益をこうむっていたとしてもね,
 日本がアジアの中でどのような立場にたってリーダーシップを発揮していけるか,そのなかで日韓関係はどうあるべきか,ということがわが国にとって最も大事で,漁民の利益がそれに優先されるては困るのでは?

リュウイチ in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
 あのー.日本という国は,日本国民の財産と権利を守るために存在しています.
 決して韓国の国益を守るために存在していません.
 そこは分かってくれますね?

柳 in mixi

 漁民の安全・利益だけの問題ではなく,"領土問題"として国にとって最優先事項だと思いますが・・・.
 例えば尖閣諸島に中国人が上陸しても,日中の友好関係を損なうから──と,日本政府は静観した方がいいのでしょうかね.

 李承晩ラインが廃止されるまでに,多くの島根県漁民を殺し,強制的に抑留し,現在は,自国の経済水域での無計画な乱獲によって資源が枯渇,
 日本の良質な漁場を目当てに対馬沖から山陰,北陸沖まで出張ってきて,獲りたい放題獲っていくんですよ.
 この同じ国民の不幸より大切な友好ってなんだろね.

「日本政府はいままで何もしてこなかったじゃないか」
と政府を批判する人がいるが, 〔その同じ人物が〕
「じゃあ,うちで何かやりましょうか」
と,「竹島の日」制定程度の"平和的政策"を打ち出した島根県議会には反感を持つ・・・.
 制定が竹島を取り返す政治的努力の第一歩だとするなら,むしろ歓迎すべきことではないのかな?

 これから何十年かかろうと,制定をきっかけにできるだけ多くの日本国民が「竹島は日本領だ(と思う)」という意識が形成されていくのなら,政府も動くだろうし,それはそれでいいんじゃないの?

ぐり in mixi

 〔そもそも,〕「竹島の日を定める条例(案)」をちゃんと見て何か言ってますか?
 とても短いですから目を通してみることをおすすめします
 新聞があおっているほどにはものすごい喧嘩腰な条例でもないですよ.

 それに関する議会での議論内容はこんな感じ

 委員からは,
「条例の制定により日韓友好に支障となりかねないがその対応」
について質問があり,これに対して提案議員からは,
「過去に韓国慶尚北道との友好交流がこの竹島問題により一時中断したが,在日韓国人の方々や関係団体の努力により友好交流の再開がなされた経験も踏まえ,今後も日韓友好に全力を挙げて頑張りたい.」
との答弁のほか,
「これまで政府に対して『竹島問題』の解決を要望してきたが一向に進展がなく風化の恐れもあることから,条例制定で県民,国民世論を盛り上げ,平和的かつ速やかに日韓両国政府において領土問題の解決を図っていくことが,日本と韓国との真の友好を促進することになる.」
との答弁もありました.

とか.けっこう気をつかっているみたいです.

愛・蔵太 in mixi


 【質問】
 以下のブログですが,本当に島根県が竹島に関する条例を作る資格はないの?

――――――
■またして「イナカモン」が国の重要政策を引っかき回している![余丁町散人の隠居小屋]

 思い出すのは,アルゼンティンのフォークランド紛争のこと.
 フォークランド(マルビーナス)はアルゼンチンの固有の領土だと,アルゼンチン政府は主張してきたが,紛争の直前,いきり立った国民感情に便乗して
「マルビーナスに義勇軍を派遣しよう!」
と呼びかけた新聞社(プレンサ紙)を,アルゼンチン政府は発刊停止処分にしたのである.
 理由は
「国の交戦権発動の権利は政府にしかない」
というもの.
 アルゼンチンのウヨク軍事政権ですら,ちゃんと常識をわきまえていたのである.
 今後,島根県がこの「条例の精神」に基づいて地元の勇ましい消防団を竹島に上陸させればどうなるのか.
 日韓戦争である.
――――――

 【回答】
 フォークランド紛争を例に取ってしまうと,

イギリス=日本
アルゼンチン=韓国
フォークランド諸島=竹島

という配役が一番適当になってしまうのだが,老隠居は気づいていない様だ.
 〔略〕
>『今後,島根県がこの「条例の精神」に基づいて地元の勇ましい消防団を
>竹島に上陸させればどうなるのか.日韓戦争である』

 飲んでいた茶を吹き出してしまった.
 有り得ない仮定をして心配する事を杞憂という.
 有り得ない仮定をして相手を叩く行為は,滑稽としか言い様が無い.
 韓国の竹島警備隊は大砲まで装備している戦闘部隊だ.
 消防団が上陸出来るわけ無いし,誰も行きたがらないし,島根県もそんな馬鹿な事は考えていない.

 老隠居はアルゼンチン政府の新聞発行停止処分を称賛しているが,そもそもアルゼンチンがマルビナス上陸を実行したのは国内不満を外へと逸らす為であり,国民感情を煽ったのはアルゼンチン政府自身であった事を,お忘れになってしまったのだろうか.

 「義勇軍を派遣しよう!」と書いた新聞を発行停止処分にしたのは当然の話.
 なにせこれから正規軍が行動を起こそう,という直前の段階で義勇軍が勝手に上陸したら,作戦計画が台無しになってしまう.
 つまり国民感情を冷静に諌めようとするものではなく,純粋に軍事的理由.

>はっきり言って大日本帝国のやり方を忠実に継承した李承晩の勝ちってわけだが

 戦争もせず外交もせず,コソドロのように領土を盗んだ李承晩のやり方は帝国主義の真似ですら無いよ.
 あれは只のドブネズミだ.
 違うか?
 この領土問題を国際司法裁判所でやりあえば,日本の勝ちは間違い無いぜ?

>日本の基本的な国益に重大な影響を与えることが,
>一介の地方自治体の決定で左右されることがあってはならない.

 島根県は自分達の立場で出来る限りのことをしたのであり,私は評価する.
 そして冷静な対処を呼びかける日本政府の対応も,正しい.

 北方領土問題はソ連に対しある程度主張していたのに対し,竹島問題ではあまり主張してこなかったのは,北朝鮮という存在がある事を無視してはならない.
 要するに竹島問題で日韓関係が険悪になれば,北朝鮮がそれを利する,といったジレンマがあるわけだ.

 そして今現在,第二次北朝鮮核危機が進行中.
 このタイミングで竹島問題を過熱させる事はあまり良くない.
 ・・・本当なら韓国側もその辺りを理解していないといけないが,報道,政治団体の行動は韓国側があまりにも過熱暴走している.

 一方日本は,小泉首相のみならず町村外相も冷静な対応を呼び掛けている.
 あれだけ中国や韓国に手厳しかった町村さんまでもがだ.
 これは政治であり,理解して欲しい.
 もちろん,我々市民が竹島問題で大盛り上がりするならガンガンやったれ,と思う.
 だが政府の立場という物も理解しながらやって欲しい.

 私は以前,韓国人の助教授に
「竹島問題については半島統一まで待ってあげているだけだ」
と言ったことがある.
 ドイツも,東西統一するまで周辺諸国に戦後賠償を待ってもらっていた事を考えると,普通の選択といえる.
 つまり,北朝鮮問題が片付いたら日本政府は,竹島問題でガンガン韓国政府を問い詰めることになる可能性は高い.

 〔略〕

「週刊オブイェクト」,2005年03月16日


 【質問】
 韓国は軍隊じゃなくて何故,警察に竹島を常駐させているんでしょうか?

 【回答】
 軍隊ではなく警察を置くことで,係争地域ではなく自国の施政がきちんと及んでいることを国際的に示すため.
 韓国としては,竹島の領有権問題の存在自体を否定している立場だったからね.

 なお,竹島の周辺海域は海洋警察,陸地部分は地方警察の管轄.

軍事板


 【質問】
 韓国には警察軍や軍警察はないの?

 【回答】
 韓国には警察軍も軍警察もない.

 戦闘警察隊ってのは存在する.「陸軍に徴兵された現役兵を一時帰休させて地元の国家地方警察庁へ出向させる」という制度.
 他に「警察への志願を義務兵役と見なす」という義務戦闘警察という制度も有る.

軍事板


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ