c

「欧露別館」トップ・ページへ   サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ

◆◆◆1848年革命以降 1848–49-es forradalom és szabadságharc
<◆◆戦史 Magyar Történelem
<◆Hungary ハンガリー Magyarország
欧州FAQ目次

※ 並びはほぼアルファベット順


 【Link】

A béketábor magyar hadserege
 第二次大戦後の軍備再建

『身分社会と市民社会 19世紀ハンガリー社会史』(ケヴェール・ジェルジ著,刀水書房,2012/11/30)


 【質問 kérdés】
 ハンガリー1848年革命について3行で教えてください.
Kérem, mondja meg a 1848–49-es forradalom és szabadságharcról a 3 sorokban.

 【回答 válasz】
 ハンガリー1848年革命は,1848年の欧州の多くの革命の一つであり,ハプスブルク家が統治するオーストリア帝国からの独立戦争に発展した.
 1849年にオーストリア軍は何度も大敗した後,皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は神聖同盟の名の下にロシアに救援を求めた.
 最終的にはロシア・オーストリア連合軍がハンガリー軍を打ち負かし,ハンガリーは厳しい戒厳令下に置かれることとなった.
A 1848–49-es forradalom és szabadságharc az 1848-as európai sok forradalomai egyike volt, és az osztrák birodalom függetlenségi háborúja lett, amelyet a Habsburg-dinasztia vezetett.
1849-ben osztrák súlyos vereségsorozata után, a osztrák császár Franz Joseph I Oroszország segítségét kért a Szent Szövetség nevében.
Végül az orosz és osztrák erők közös hadserege legyőzte a magyar hadsereget, így Magyarországot brutális harci törvények alá helyezték.

------------
 三日ある国の祝日の内,2日は失敗に終わった革命の記念日だ.
 すなわち,3月15日は1848年の革命勃発の記念日であり,10月23日は1956年の動乱の口火を切った日だ.
 第3の祝日は8月20日,聖イシュトヴァーンの比で,この日がハンガリーの建国記念日となっている.
 この3日とも,建物という建物はハンガリーの国の色,赤白緑の三色できらびやかに飾られる.
 3月15日には,人々は赤白緑のリボンを薔薇結びにしたものをつける.
 10月23日には沢山のリースが供えられる.
 そして8月20日には,暗くなってから,年間最大規模の盛大な花火大会が催され,ブダペシュトとドナウ川が美しくきらめく.

------------ミクローシュ・ヴァーモシュ,マーチャーシュ・シャールケジ『ハンガリー人のまっかなホント』(マクミランランゲージハウス,2000),p.44

 【参考ページ Referencia Oldal】
http://erettsegizz.com/tortenelem/az-1848-49-es-forradalom-es-szabadsagharc/
https://kotobank.jp/word/1848年革命
http://www.y-history.net/appendix/wh1201-121.html
http://www.y-history.net/appendix/wh1201-115.html
http://histrace.com/overview_history/vienna_system_collapse/
http://chirekisha.jp/231/No131.pdf

https://www.youtube.com/watch?v=h_ZyW1GVi2g

【ぐんじさんぎょう】,2018/4/29 20:00
を加筆改修


 【質問】
 ハンガリーとハプスブルク家との間の独立戦争(1848-49,直訳すると『自由の戦い』)はなぜ起きたのか?

 【回答】
 フランス2月革命の余波がハンガリーに押し寄せ,ハプスブルクはそれを潰そうとしたことから.

 1848年,フランス二月革命.ヨーロッパを覆った革命の波は,改革の努力をただちに法的に実現させるための,またとない可能性を提供した.
 1848年3月3日, たまたま1847年以来開会中であった貴族議会において演説したコッシュート・ラヨシュは,ハンガリーの完全な自治を要求.
 1848年3月15日には,ブダペストにおいて青年達のデモが行われ,議会は農奴の解放,法の前での平等を宣言.政治的自由が実現され,ハンガリーとエルデーイの両貴族議会にかわって,統一された国民議会が設立されたのである.
 1848年3月31日,ハプスブルク家はハンガリーが独立の内閣を持つことを認めた.その結果,バッチャーニを首相とし,蔵相コッシュートを実質的な指導者とするハンガリー内閣が成立,ペシュト・ブダに中央政府が置かれる.
 こうしてハンガリーはハプスブルグ帝国の枠内で完全な自立性を達成し,ハプスブルグの大公の一人,イシュトヴァーン副王を国家元首に迎えたのである.

 このコッシュート・ラヨシュ Kossuth, Lajos (1802-1894)は現オーストリア領のMonokの生まれ.
 彼は,議会審議を取り上げる手書きの新聞を発行し,1841年からはペシュト・ヒールラップ紙の編集者として,ハプスブルグ帝国内では最初の近代的政治ジャーナリズムを生み出した.
 1847年には,彼は小地主層を代表する民族運動者として下院議員に当選,下院の自由主義勢力は革命的な性格を強めたのである.

 しかしハプスブルグ宮廷と,その周囲に集まった軍人達は,旧来の中央集権的封建権力の喪失を受け入れることが出来なかった.
 彼らは,ハンガリー国内で,少数民族を抑圧したため,国内での民族対立が激化していたことを利用.1848年9月,イェラシッチ・クロアチア知事を動員し,クロアティア人・スロヴェニア人の武装勢力をハンガリー本土に侵入させ,そして,法的根拠を無視しつつバッチャーニ政府を辞任させた.
 ハンガリー議会は,法律に定められた諸権利に依拠しつつこれに対抗し,執行権力を『全国祖国防衛委員会』(コッシュート・ラヨシュが委員長になった)の手に委ねた.
 彼らは武力攻撃の撃退に成功した.
 しかし1848年10月,ウィーン政府がハンガリーに対して宣戦を布告.ヴィンデッシュグレーツ司令官指揮の下,ハプスブルグ帝国で動員可能な全兵力10万名以上がハンガリーに殺到.ハンガリーのマジャール化政策に反発していた少数民族も,ウィーン政府につく.
 1849年1月,オーストリア軍がブダペシュトを占領する.
 ハンガリー立派は,コッシュートを首班とする臨時革命政府を組織して,デブレツェンへ首都を移し,抵抗を続けるのである.

 1849年の早春までにデブレツェン政府は兵力の集結に成功,反攻に転じた.
 1849年4月19日,ハンガリー国会がハプスブルク家の王の廃位を宣言.コッシュート・ラヨシュを執政に,セメレ・ベルタランを首相に選出.
 1949年5月21日,コッシュートを指揮官とする臨時革命政府軍がブダペストを奪還.
 さらに,奥軍は優秀な若き指揮官ゲルゲイ・アルトゥールによって国外に叩き出され,エルデーイも,ポーランド人のベム・ヨージェフ司令官によって解放される.

 こうした中,ハプスブルグの反革命指導者達は,妥協を模索するよりも,むしろ外部からの援助によって,ハンガリーを抑えつけるといる意思を固めた.
 彼らの呼び掛けに応え,十分な準備の後,1849年6月,20万名のロシア干渉軍がカールパート山脈を越えた.パスキエヴィッチ大公司令官に率いられたロシア軍とハイナウ司令官指揮下のオーストリア軍からなる大軍勢は,ハンガリーの抵抗を打ち砕いたのである.
 1849年8月13日,軍司令官ゲルゲイ・アルトゥール指揮下のハンガリー臨時革命政府軍は降伏.ここにハンガリーの独立運動は失敗に終わった.
 ハンガリー臨時革命政府軍の指揮官13名と政府を主宰していたバッチャーニ・ラヨシュは処刑.コッシュート・ラヨシュはオスマン帝国へ逃れる.
 1849年以降,ハプスブルグ帝国はハンガリーから法的自立性を剥奪し,そこを占領地として扱いつつ,絶対主義的に統治された統一的ハプスブルグ帝国に融合した.
 抑圧とドイツ化政策に対しては,ハンガリー国内では静かないわゆる消極的抵抗が広がり,国外では,コッシュート指導下の政治亡命グループが活発に活動した.

 ピンチの後にチャンスあり.
 1859年,イタリア独立戦争が起こり,ソルフェリーノの戦いにおいて,オーストリア軍はフランス・イタリア連合軍に敗北.オーストリア帝国内の諸民族は,イタリアの動きに刺激され,再び自治を求め始めた.
 同年,ハンガリーの独立に執念を燃やすコッシュートは,フランスにおいてナポレオン3世と秘密会談を行い,同盟を模索した.が,成果は得られず.
 しかし1866年,今度は普墺戦争においてオーストリアがプロシアに敗れた.
 ここでハプスブルグは,遂に妥協に追い込まれる.1860年代にいたると,かつて『反逆者』と呼んだハンガリー人達と妥協を模索するようになったのである.ハプスブルグを交渉の場に引き出したデアーク・フェレンツ指導下の自由主義者達は,1848年の諸成果の大部分を再び回復することに成功した.彼らが譲歩したのは,事実上,国家の独立性の点だけであった.
 1867年のいわゆる
『妥協(Kiegyezes)』
 はこうしてもたらされ,この体制がハプスブルグ帝国最後の数十年間における枠組みを決定した.

 この結果ハプスブルグ帝国は,同ランクの2首都(ウィーンとブダペシュト)を有する二極構造の二重制国家連合に変わった.
 フランツ・ヨーゼフは,戴冠式をマーチャーシュ教会で行なった.
 各首都には帝国構成国(オーストリアとハンガリー)各々の議会が置かれ,統治者は,ウィーンで採択された法律には皇帝として,ブダペシュトで採択された法律には王として署名した.
 法律は二つの別々の政府によって執行された.
 ただし,外交と国防が共同であり続けた他,もちろん経済の基本的土台(関税,通貨,経済秩序)も共同であった.

 コッシュートは,なおもハンガリーの独立および市民的自由という,彼の理想を辛抱強く運動し続けながら,アメリカ,英国)およびイタリアで人生の残りの45年を過ごし,追放者のまま亡くなったのだった.

 【参考ページ】
http://www.europe-z.com/tabi/hu199605/h06.html
http://www2.gol.com/users/huembtio/intro/intro_4.htm
http://hungaria.org/projects.php?projectid=7




 【質問】
 ハンガリーとハプスブルク家との確執は,いつ頃からなのか?

 【回答】
 これは古くからあり,トルコによるハンガリー占領時代には対トルコ戦略を巡って,ハプスブルグ支配地域とエルデーイ(トランシルヴァニア)公国が対立した他,1707-1711年にはラコーツィ・フィレンツ2世の軍が,ハンガリーにおける王位回復を目指すハプスブルク軍と戦っている.
「600人以上の少女を殺し,処女の生血の風呂に入った」
と伝えられる「血の伯爵夫人」エリザベート・バートリにしても,最近の推測では,彼女の密かな反ハプスブルク,親トランシルヴァニア政策のために幽閉されたものとされる.

 『ハンガリー大百科事典』(アカデミー出版,1994)には,バートリ・エルジェベト(エリザベート)は以下のように紹介されている.

 エチェディ=バートリ・エルジェーベト (ecsedi Bathori Erzsebet).
 1560年,サボルチ県 (Szabolcs varmegye) ニールバートル郡 (nyirbatorijaras) ニールバートル村 (Nyirbator ) 生れ,
 1614年8月21日,ニトラ県 (Nyitra varmegye) ヴァーグーイヘイ郡 (vagujhelyijaras) チェイテ村 (Csejte) [現在スロヴァキア共和国東スロヴァキア道 (Zapadoslovensky kraj) トレンチーン郡 (Tren inokres) チャフティツェ村 ( achtice)]没.

 エチェディ=バートリ・ジェルジュ (ecsedi Bathori Gyorgy)(1571年以降生) とショムヨーイ=バートリ・アンナ (somlyoi Bathori Anna) の娘.バートリ・イシュトヴァーン (Bathori Istvan) (1555~1605)の妹,ナーダジュディ・フェレンツ (Nadasdy Ferenc) (1555~1604) の妻 (1575年より).

 結婚により5人の子供(2男3女)を生む.
 娘のアンナ (NadasdyAnna) は高名な詩人のズリーニ・ミクローシュ (Zrinyi Miklos)の叔父のザラ県知事ズリーニ・ミクローシュ (Zrinyi Miklos)の妻となる.
 娘のカタリン (Nadasdy Katalin) はホモンナイ=ドルゲト・ジェルジュ (Homonnai Drugeth Gyorgy) の妻となる.
 バートリ・エルジェーベトは早く夫を亡くし,その後未亡人として城と数百ホルドの領地を含む荘園を管理し (1 hold=1,600ネージセゲル=約0.57 ha),外国を渡り歩く学生らの援助をした.

 一部の資料によれば1609年にベンデ・ラースロー (Bende Laszlo)という名前の貴族との再婚を望んだが,彼女の遺産の自分らの取り分を心配する親戚らによって妨害されたという.
 この時から彼女に対する中傷誹謗攻撃が始まる.
 従兄弟のバートリ・ガーボル (Bathori Gabor) が,彼を失脚させようと謀るウィーン宮廷の一部の勢力との対立を深め,対ハンガリー戦の準備を進めていた1610年12月30日に,バートリ・エルジェーベトは,彼女がチェイテの城で農奴の若い娘らを拷問に掛け,一部の者を殺害せしめたという容疑で逮捕された.
 裁判の記録によれば彼女は精神に異常をきたし,それらの殺人を行なったということになっている.

 これらの告訴を最初に考え出したのは副王トゥルゾー・ジェルジュ (Thurzo Gyorgy) であった.
 1611年1月にトゥルゾー副王が裁判長を務める裁判所は彼女の無実を証明しようとした従僕を断頭の刑に処し,2人の女中を焚刑に処し,バートリ・エルジェーベト本人はチェイテの居城に幽閉した.
 彼女は貴族世論や国王の支持を取り付けて再審を求めたが,副王はこれに抵抗した.
 バートリ・エルジェーベトはほどなく不可解な状況の下で死亡した.

 その後伝説は彼女を血で湯浴みをする怪物として描くようになった.
 しかし最近の推測では遺産相続人のいないまま未亡人となった彼女は政治的な理由による思想的な領地裁判の常套手段の犠牲者であり,彼女の密かな反ハプスブルク,親トランシルヴァニア政策のために幽閉されたものとされる.
 彼女が犯したとされている犯罪のうち,確実に彼女の犯行だと証明されたものは1件もない.

 彼女を描いた有名な文学作品には
ファーイ・アンドラーシュ著『2人のバートリ・エルジェーベト』(Fay Andras: A ket Bathori Erzsebet) (1827),
シュプカ・G著『呪われた女 (Supka G.: Az atkozott asszony) (1941)
などがある.

 参考文献:
 レクサ・D『バートリ・エルジェーベト』(Rexa D.: Bathori Erzsebet)(1908),
 ナジ・L『悪名高きバートリ一族』(Nagy L.: A rossz hirq Bathoryak)(1984),
 ペーテル・K『チェイテの女城主,バートリ・エルジェーベト』(Peter K.: A csejtei varurnQ) (1985),
 サーデツキ=カルドシュ・I『バートリ・エルジェーベトの真実(Szadeczky-Kardoss I.: Bathori Erzsebet igazsaga) (1994).

 [Magyar Nagylexikon, III. kot., Bah-Bij, Akademiai Kiado, Budapest, 1994]

しい坊 : 世界史板,2002/01/15
青文字:加筆改修部分

 エルジェベート・バートリの娘の嫁ぎ先を見ると,クロアチアの大貴族ズリーニ家があるんですが,こことナーダシュディ家は謀反の容疑で同じくクロアチアの大貴族フランコパン家ともども当主が処刑されています.

 トルコから国土を奪還して後のハプスブルグ家の旧来の,マジャール貴族への締め付けは相当なものだったようで,対トルコ戦の英雄であったズリーニ・ミクラーシュ(シゲトヴァールで玉砕戦をやった人の孫,優秀な軍人で詩人)が首謀者となった独立運動が起きます.
 不幸にしてミクラーシュは狩猟中の事故で死亡(手負いの猪に襲われた)し,弟のペーテルが後を継ぎますが,発覚し処刑されてしまいます.
 ペーテルの娘がラコーツィ・フィレンツ1世の妻で,後にクルツ軍(対ハプスブルク反乱軍)の将テケイ・イムレの妻になり,今はウクライナにあるムンカーチの城に立て篭もる女傑ズリーニ・イロナ.
 その子がやはり反乱軍の将となるラコーツィ・フイレンツ2世です.
 ハプスブルグ家から見ると反逆者の系譜という感じですね.

ギシュクラ・ヤーノシュ : 世界史板,2002/01/14
青文字:加筆改修部分


 【質問 kérdés】
 コシュート・ラヨシュって誰?
Ki az Kossuth Lajos?

 【回答 válasz】
 コシュート・ラヨシュ(1802~1894)はハンガリーの政治家であり,バッチャーニ内閣における蔵相,国防委員会委員長,執政官.
Kossuth Lajos (1802 –1894) magyar államférfi, a Batthyány-kormány pénzügyminisztere, a Honvédelmi Bizottmány elnöke, Magyarország kormányzó-elnöke.

 1802.9.19,ゼンプレーン地方の町モノクにて,弁護士を職業とする下流貴族の長子として生まれる.
 ブダペシュト大学で法律を学んだのち,父の跡を継いで故郷にて弁護士となる.
 1825年,ペシュト議会の議員.
 1837年,急進的雑誌を刊行していたという理由で,懲役4年の刑を宣告さる.
 1832年~1836年に,当時のハンガリーの首都ポジョニ(現ブラチスラヴァ)での国会開会中に発刊した『議会通信』の内容が,ウィーンの批判を含む急進的な内容であるというのが,その理由だった.
 1840年,釈放.
 釈放後,徹底した社会改革と完全な民族独立を掲げる『ペシュト新報』を発刊,国民の間に人気を博す.
 1847年,国会議員選出.
 1848年3月15日,ペシュト蜂起.
 その圧力によりハンガリー王国政府は,バッチャーニ・ラヨシュを首相とした新しい国会を作ることを国王の名をもって宣言.
 同内閣においてコシュートは蔵相に就任した.
 しかし新政府は,ハンガリー国内で徴税された金銭の使用権をハプスブルク家からハンガリー自身に取り返す必要性が生じ,国会はハプスブルク軍と対峙.
 また,フランスで六月蜂起が失敗に終わるなど,欧州各地の自由主義運動が衰退へ向かうと,オーストリア政府は強硬策へと転換.
 同年夏,ハンガリー王国政府は,クロアチア独立主義者ヨシップ・イェラチッチを攻めることによって,ハプスブルク朝の支援を受けようとした.
 そして,北イタリアに軍隊を派遣したが,逆にイェラチッチは善戦し,バッチャーニ内閣総辞職に追い込んだ.
 同年9月24日,コシュートは国防委員会委員長に選出さる.
 これは大統領的な権限を持つものだった.
 同年10月4日,オーストリアのフェルディナンド1世はハンガリー全駐留軍総指揮官としてイェラチッチを再任し,ハンガリー国会を解散させた.
 同年12月16日,イェラチッチ率いるオーストリア軍とクロアチア軍はハンガリー国内に侵入.
 コシュートとハンガリー議会はデブレツェンに避難した.
 1849年1月,アルフレート1世・ツー・ヴィンディシュ=グレーツ率いるオーストリア軍はペシュトを包囲,占領した.
 同年3月,デブレツェンにおいてハンガリー議会が発足.
 同年4月14日,コシュートはハンガリーの独立を宣言した.
 完全独立はまだ時期尚早と考える人も多くいたが,コシュートはこれを強行したのだった.
 そして彼は,大統領と首相を兼務したような「執政官」に就任.
 ハプスブルク家がハンガリー王位にあることを否定したからである.

 大権を得たコシュートは巻き返しを図る.
 同年同月,ドナウ川を渡河してきたオーストリア軍を,コマーロムの戦いにおいて退却させ,ウィーンへ撤退させた.
 ブダペシュトも奪還.
 だが,ハプスブルクも軍を立て直し,ロシア軍と共に再びハンガリーに押し寄せる.
 8月,ティミショアラの戦いにおいてハンガリー軍は撃破され,同月11日,コシュートは辞任.

 ブダペシュトを占領したオーストリア軍は,バッチャーニ首相らハンガリー革命の主だった者達を処刑したが,コシュートはオスマン帝国へと脱出することができた.
 1851年,アメリカに亡命.
 1852年にはロンドンやパリへと移り住んだ.
 1861年,イタリアに移住.
 1867年,アウスグライヒによってオーストリア・ハンガリー二重帝国が成立するが,コシュートはこれを受け入れなかった.
 「こんなものは真のハンガリー独立ではない」と.
 その後,彼はハンガリーに帰国することなく,1894年,トリノで死去した.
 彼の遺体はハンガリーに戻され,盛大な葬儀の後,ブダペシュトのケレペシ墓地に埋葬された.

 ちなみに1890年,彼のもとを訪れたハンガリー人たちの要望に応え,彼は蝋管にメッセージを録音した.
 この音声は今も現存している.
https://www.youtube.com/watch?v=x_SBwVB83WU

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://kotobank.jp/word/コシュート・ラヨシュ
http://oltoceano.blogspot.jp/2011/10/kossuth-lajos-ter.html
http://www.finomagazin.com/2016/10/29/debrecentakeawalk2/
http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/flc/hun/lesson08/05.html

https://www.youtube.com/watch?v=eXMtCojh_wk

【ぐんじさんぎょう】,2017/12/19 20:00
を加筆改修


 【質問】
 ペテーフィ・シャーンドルって誰?

 【回答】
 ペテーフィ・シャーンドル Petőfi Sándor(1823~1849)は,ハンガリーの著名な詩人.

 1838年のドナウ川の洪水,および親族の破産により一家は財産を失い,ペシュトの劇場の雑用係,教師,兵士などを経験する.
 1842年,初の詩集を出版.
 1844年に出版した詩集は,民俗的要素と伝統的な歌のような形式の詩により成功を収める.

 ハプスブルク家に対するハンガリー1848年革命の主要人物として活躍.
 ウィーン革命のニュースを聞いたペテーフィらは,文化人たちのたまり場だったカフェ「ピルバックス」に集合,「立て,マジャル人よ 祖国が呼んでいる」で始まる民族詩を書き,国立博物館前で
演説
 ハンガリーにおける革命の口火を切った.
 ちなみに
「ピルバックス」は今はホテルになっているが,食堂に革命当時の武器等が展示されている.

 そののち,ベム・ヨージェフ Bem József 将軍率いるトランシルヴァニア軍に加わり,ハプスブルク軍と戦うが,最期は1849.7.31,シェゲシュヴァール(現・シギショアラ)の戦いの最中に消息を絶った.
 トランシルバニアのシギショアラで戦闘終了後に撤収中,当時,ハプスブルク家を支援していたロシア軍のコサック騎兵に襲撃されて戦死したと言われてきた.
 だが,
ロシアの捕虜になってシベリアで死んだという新事実が出てきたとかいう話が出てきて,1989.7.16,シベリアにてシャーンドルの墓とされるものを発掘.(⇒more
 シャーンドルに結びつく可能性のある複数の遺体からDNAを取り出そうとして,一度は失敗した(⇒more)が,その後の調査により,ハンガリーに持ち帰られた問題の人骨が,99.2~99.9%の確率でペテーフィに間違いないとの結論を得たという.(⇒more

ギシュクラ・ヤーノシュ(黄文字部分)他 : 世界史板,2002/07/12~07/16
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ベム・ヨージェフ Bem József 将軍とは?

 【回答】
 1794-1850.
 ポーランド生まれ.
 1848年の独立戦争で,コッシュートによりエルデーイ(トランシルヴァニア)のハンガリー軍の指揮官に任命される.
 当初,勝利をもたらしたが,49年,敗退し,トルコに亡命.
 彼の下で戦った国民詩人ペテーフィ・シャーンドル Petőfi Sándor (1823-49)は,彼のことを「ベム父さん」と謡っている.

 ブダのドナウ川添いのマルギット橋と鎖橋の間には,ベム・ヨージェフ広場があり,像が立っている.

 【参考ページ Referencia Oldal】
岩崎悦子訳注「ハンガリー短編集」2,大学書林,1990/2/20,P.139-140脚注

unknown date

 ブダペスト市内にある像は,負傷して片手を吊った状態で兵士を指揮している姿です.
 戦上手で「ベムの親父」と兵士に親しまれたといいます.

http://historicaltextarchive.com/sections.php?op=viewarticle&artid=522#bem
によれば,彼はタルヌフ出身なのですね.
 ポーランド出身ならばオーストリア側についても良さそうですが...特殊な事例なんでしょうかね.

(Josef Svejk ◆z4Op9cXCnM & ギシュクラ・ヤーノシュ ◆5i6wQS3C8w
in 世界史板)


 【質問 kérdés】
 ローヂャ・シャーンドルって誰?
 3行で教えて!
Ki az Rózsa Sándor?
Kérem, mondja meg három sorokban!

 【回答 válasz】
Rózsa Sándor (1813. július 16. – 1878. november 22.) az egyik legismertebb magyar betyár.
1848. október 13-án 150 fős szabadcsapatával csatlakozott a szabadságharchoz a Honvédelmi Bizottmány mentelmével, és arattak.
A háború után tolvaj lett, letartóztatták, és gümőkórban halt meg a szamosújvári fegyházban.
 ローヂャ・シャーンドル(1813.7.16~1878.11.22)は最も有名なハンガリーの義賊の一人.
 1848.10.13,ハンガリー独立戦争において150人の仲間を率い,国防委員会麾下で遊撃戦を行って活躍.
 戦後,盗賊となって逮捕され,サモシュウーイヴァールの刑務所において結核で亡くなった.

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://doksi.hu/news.php?order=ShowArticle&id=657
http://tortenelemcikkek.hu/node/80
https://mult-kor.hu/1848-ban-egy-betyarokbol-szervezett-szabadcsapat-elen-indult-harcba-rozsa-sandor-20171122

https://www.youtube.com/watch?v=imz9xIMVlT0

mixi, 2018.6.16


 【質問 kérdés】
 ハンガリー王国軍ルドヴィカ・アカデミーとは?
Mi az Magyar Királyi Honvéd Ludovika Akadémia?

 【回答 válasz】
 1945年まで存在した,軍事教育専門の学校.
 高校レベルの予科訓練校から,米軍のウェストポイントのような士官学校,および,オーストリア=ハンガリー軍の未来の幕僚を育成するための高度な軍事大学までの複合施設だった.
 学校名はフランツ一世の3番目の妻,マリア・ルドヴィカ・フォン・エスターライヒ=エステに因む.

 1808年,国民議会によって設立を決定.
 学校の建物は1836年,ブダベシュト中心部のルドヴィカ庭園に完成.
 1872年に開校した.

 年間90人の学生が入校.
 授業料は年額600フォリントだったが,全額払ねばならない学生は23人だけ.
 23人は授業料半額免除.
 34人は民間財団の奨学金を受けることができ,10人は政府の援助により授業料全額免除だった.

 士官コースは修了に4年.
 卒業後,オーストリア,ハンガリーどちらの部隊をも指揮できるよう,最終学年の初めから,実践と理論の科目のうちの幾つかはドイツ語で行われた.
 学校で使う言語を主としてハンガリー語にするかどうかで議会で揉めたことが,開校遅延の一因となっている.
(他にも革命など色々あったが)

 1919年にはハンガリー=ソビエト政府に対して反乱を起こすが失敗.

 1922年,4年制の軍事大学に改編.

 1945年,敗戦とともに閉鎖.
 屋内乗馬施設はアルファ・シネマとして使用されたが,1992年焼失.
 また,本館その他は1994年までELTEという大学の科学部の施設として利用されたが,荒廃が進んだ.

 1994年,ハンガリー国立自然史博物館として施設を利用することが決定され,1996年,本館や乗馬施設が同博物館として開館している.

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://www.kozterkep.hu/16235/A_Magyar_Kiralyi_Honved_Ludovika_Akademia_epuletenek_diszitmenyei_Budapest_1880.html
https://honvedelem.hu/galeriak/magyar-orokseg-dijas-lett-a-ludovika-akademia/
https://ludovika-campus.uni-nke.hu/hagyomanyok/a-ludovika-akademia-rovid-tortenete
http://huszarmuzeum.hu/a-hazaert-mindhalalig-az-utolso-ludovikas-avatas-2016-11-15

1枚目:現存する建物
(faq191126ld,こちらより引用)

2枚目:マリア・ルドヴィカ・フォン・エスターライヒ=エステ
(faq191126ld4,こちらより引用)

3枚目:最後の騎兵科卒業生.1944年
(faq191126ld2,こちらより引用)

4枚目:トゥラーン戦車中隊の演習中に死亡した学生の葬儀
棺がCV35に載せられ運ばれている
ザンベクでの軍事演習において,中隊の列の先頭の戦車は「敵の待ち伏せ」に備えるべく,常に砲塔を10時から02時まで回転させていたが,砲身が木に引っかかり,砲塔は1回転.
ハッチから頭を出していた運転士の頭に当たり,頭蓋骨が割れて即死した.
(faq191126ld3,こちらより引用)

mixi, 2019.11.26

ルドヴィカ・アカデミーの敷地に並んだ訓練用の鹵獲軽戦車だけは,ブダペスト包囲前後でほとんど変わらず残っていたりする
写ってるルノーR35はポーランド軍の接収車だろうね

包囲戦後の敷地はこうなってる
画像中央左に先述の軽戦車群が並び,その後ろには赤軍が集積した枢軸側の火砲が大雑把に集められていた模様
敷地の前方で航空機らしき残骸も見える

マーノシュ in twitter, 2019年11月29日


 【質問 kérdés】
 「テレフォンジャール」って何?
 3行で教えて!
Mi az Telefongyár?
Kérem, mondja meg három sorokban!

 【回答 válasz】
 テレフォンジャール(電信工場)は1876年,鉄道のティッカー・テープ印字機改善のために設立された工場.
 第一次大戦および第二次大戦ではトランシーバなど軍需生産に従事.
 1991年,国営企業民営化により,テレフォンジャールはシーメンスに買収されて,シーメンス・テレフォンジャール㈱が設立されたが,2003年7月31日,シーメンス・テレフォンジャール,シーメンス・インベストル,シーメンス社は合法的に合併し,テレフォンジャールの名前は消滅した.
A Telefongyár 1876-ban alakult a vasúti távírógépek javításával.
Az első világháborúban és a második világháborúban ez a gyár katonai gyártást folytatott, mint például az adóvevő.
1991 az állami ipar privatizációja során a Siemens megvásárolja a Telefongyár Rt.-t, sa Siemens Telefongyár Kft. jön létre, de 2003 július 31. a Siemens Telefongyár Kft., a Siemens Investor Kft és a Siemens Rt. jogi értelemben is egyesült, ezzel maga a Telefon.

 【参考ページ Referencia Oldal】
http://oldradios1.com/?page_id=1832
http://www.radiomuseum.hu/index_telefongyar.html
http://telefongyar.hu/

1枚目:テレフォンジャール従業員の集合写真,1914年
(図表番号 faq180623tl,こちらより引用)

2枚目:第一次大戦中に製造された軍用電信機
3枚目:その電信機のための発電機

(図表番号 faq190617tl1-2,こちらより引用)

4枚目:爆破解体される社屋
(図表番号 faq190617tl3,こちらより引用)

mixi, 2018.6.16


 【質問 kérdés】
 「テレフォンジャール」の歴史は?
Milyen története volt a telefongyár?

 【回答 válasz】
1876. december 30. Neuhold János , volt mérnökkari katonatiszt Budapesten, bejegyeztette a budapesti cégbíróságnál.
 1876年12月30日,ブダペシュトの軍事技術者,ネウホルド・ヤーノシュによってブダペシュト裁判所登録簿に登記.

1878. Neuhold üzeme a Rózsa utca 39. alatt folytatta működését.
Miközben tevékenységének jelentős része a meghibásodott vasúti távírógépek javítása volt, lassanként áttért a távíró gépek önálló gyártására is.
Ugyanakkor katonai megrendeléseket is vállalt; kézilapátok, csákányok, szuronyok, csajkák és tábori kulacsok kerültek ki a műhelyből a közös hadsereg számára.
 1878年,Neuhold の工場はロージャ通り39街区にて操業.
 企業活動の大部分は鉄道電信障害改善のためのものだったが,通信機器の生産にも徐々に以降.
 また同時に,彼はまた軍からも発注を受けた: ショベル,パイク,銃剣,テディベア,メスキットなどが軍と協力して生産された.

1879-ben a szűknek bizonyult műhely helyett a Dohány utca 80. szám alatti telken 150 munkást foglalkoztató gyárat épített.
 1879年,小規模だった工場に代わり,ドハーニ通り80街区に150人規模の工場を建設.

1883 Magyarországon elsőként - Neuhold megkezdte a vasútbiztosító berendezések gyártását.
 1883年(ハンガリー初): Neuholdは鉄道安全装置の生産を開始.

1891. április 21. A forgótőke hiánya miatt kénytelen volt a céget részvénytársasággá átalakítani.
 1891年4月21日,運転資金不足のため,会社を有限会社に転換.

1898. A vállalat hozzájutott az első nagy külföldi megrendeléshez.
Megkapta a szerb államvasutak vonalainak telefonnal kombinált harangjelző berendezéssel való felszerelésre szóló megbízást.
 1898年,同社は最初の大きな海外受注を得た.
 セルビア国鉄の路線に,電話装置にベル警報装置を組み合わせたものを設置する仕事を請け負った.

1904. október 19. Meghalt Neuhold János.
Ebben az évben ez céget telefongyárnak nevezték el.
 1904年10月19日,ヤーノシュ・ネウホルド死去.
 同年,社名はテレフォンジャールに変更された.

A nagyháború kitörése utáni hónapokban a hadsereg részére történő termékekre való átállás, és ágyúlövedékeket, gyújtószerkezeteket, gyújtócsavarokat, hótalpakat, bakancsszegeket készülnek.
 第一次大戦勃発から数か月後,軍需生産へ移行し,砲弾,点火装置,ねじスパーク,スノーシューズ,軍靴が生産された.

1915. május 20. Az ügyvezető igazgatók kérelmére a Hadügyminisztérium katonai parancsnokság alá helyezi az üzemet
 1915.5.20,経営取締役は国防省の要求に応じ,生産施設は軍令下に置かれることとなった.

1915 – 1916 A hadianyaggyártásban fokozódik a Telefongyár részvétele, közben a hagyományos termékek gyártása igen visszafogottan zajlik.
A termelésben egyre több nőt és hadifoglyot alkalmaz a cég.
 1915~1916年,テレフォンジャールでは従来の製品の生産は極度に制約を受け,軍需品生産が急増.
 生産現場では女性と囚人の割合が増加した.

1917 Klera fedőnév alatt a Telefongyár megépíti az első katonai rádiókat.
A Klein Rádiókat először az olasz fronton használják.
 コードネーム「クレア」の名の下に,テレフォンジャールは最初の軍用無線機を製作.
 「クライン」無線機は最初にイタリア戦線に投入された.

1918. november Az őszirózsás forradalom után a gyárban megszűnik a hadianyag-termelés.
 1918年秋の革命勃発後,工場における軍需品生産は停止.

1923 Magyarországon elsőként detektoros rádiókészülék gyártása kezdődik a Telefongyárban.
Ezt később telepes-, rövid-, közép- és hosszúhullámú rádiókészülékek nagybani gyártása követi.
 1923年,ハンガリーでは最初のラジオ受信機生産が,テレフォンジャールで開始.
  これに続いて家庭用ラジオ,短波・中波・長波無線機の大規模生産が行われた.

 ちなみに第一次大戦後もハンガリーはドイツから,より近代的な通信機器を輸入しようとしたが,ドイツはライセンス生産権の売却を拒否.
 そこでイタリアを頼むこととなった.
 ハンガリー軍の通信機が,イタリアのそれのように楕円形のアンテナを持っているのは,そのためである.

1929 – 1930 A gazdasági válság egyre inkább érezteti hatását, a pénzügyi helyzet romlik.
A dolgozói létszám 490 főre csökken, a heti munkaidő is 48-ról 30-36 órára rövidül.
 1929~30年:経済恐慌の影響がますます大きくなり,財務状況が悪化.
 従業員は490人に削減され,毎週の勤務時間は48時間から30~36時間に短縮された.

1930 Megkezdi a cég a hangosfilmleadó berendezések gyártását.
 1930年,オーディオ録音機器の製造を開始.

1939 A gyár bekapcsolódik a hadianyaggyártásba, hadiüzemmé válik.
Pillanatgyújtó tányéraknákat, kézigránátokat, a légierő részére fényképezőgépeket gyárt.
A vállalat üzletforgalma megélénkült, a rendelésállomány a háromszorosára emelkedik.
 1939年,工場は軍需物資生産に従事し,軍事モードに.
 Pillanatgyújtó tányéraknáka,手榴弾,航空偵察用カメラを生産した.
 同社の事業売上高は増加,受注残高は3倍に伸びた.

A német megszállás után a haditermelés tovább fokozódik.
De a hadianyag-gyártásban a 1944 nyár során egyre súlyosabb gondok merülnek fel, nyersanyag-hiány miatt nem tud a vállalat több megrendelésnek eleget tenni.
 ドイツによる占領後,軍需生産はさらに強化.
 だが,1944年夏までには,原材料不足によりそれ以上の発注に応じられないという問題が深刻化していった.

1944. december 31. - 1945. január 12., az ostrom.
 1944.12.31~1945.1.12,ブダペシュトは包囲さる.
Két gránáttalálat miatt aznap nyersanyag és félkészáru raktárak és más helyiségek dőlnek össze.
 工場には榴弾が2発命中して,原材料および半完成品は倉庫その他の建物で組立が行われた.
Január elején nagyobb, a belövésektől eredő tűz eloltásában vesznek részt a telepengyár tartózkodók, megmentve ezzel a gyár vagyonát a teljes pusztulástól.
 1月初め,大規模な砲撃によって工場は火災喪失したが,テレフォンジャールに避難していた人々によって,完全に破壊された工場の中から,それら資産の保存に努めた.

1945. január 12. 13 napos ostrom után megjelentek az első szovjet alakulatok a gyártelepen.
 1945.1.12,13日に渡るブダペシュト包囲の後,最初のソ連軍が工場の敷地に現れた.

1945. január 25. Elsőként a Vasút osztályon kezdődött meg a termelés.
 1945.1.25,まず鉄道部門で生産再開.

1949. december 28. Rendkívüli gyári értekezleten jelentették be, hogy a Telefongyárat államosítják.
 1949.12.28,特別工場会議において,テレフォンジャールの国有化が発表された.

1991. szeptember 1. Az állami ipar privatizációja során a Siemens megvásárolta a Telefongyár Rt.-t, sa Siemens Telefongyár Kft. jött létre.
 1991.9.1,国有産業の民営化政策の結果,シーメンス社がテレフォンジャールを買収し,シーメンス=テレフォンジャール株式会社が設立された.

1992. június 11. A cég teljes egészében a Siemens tulajdonába került át.
 1992.6.11,会社全体がシーメンス社に移管された.

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://live.warthunder.com/post/459975/en/
http://oldradios1.com/?page_id=1832
http://www.radiomuseum.hu/index_telefongyar.html
http://telefongyar.hu/gyartortenet/1876-1913/
http://telefongyar.hu/gyartortenet/1914-1944/
http://telefongyar.hu/gyartortenet/1945-1991/

mixi, 2018.10.27


 【質問 kérdés】
 ハンガリー王立憲兵隊とは?
Mi az Magyar Királyi Csendőrség?

 【回答 válasz】
 1881.2.14,ハンガリー議会は,国土の90%を占める農村部の治安を維持するため,憲兵隊設立を制定した.
 1870年代末のハンガリー農村部は,恐慌のさなかにあった.
 まず1873年5月,ウィーンの取引所を発端とした経済恐慌が発生.
 加えて,ハンガリー産穀物の主な輸出先だったドイツやオーストリアへ,ロシア産やルーマニア産の穀物輸出が増加したことから,ハンガリー産穀物の価格が暴落.
 二重の恐慌がハンガリー農村部を襲った.

 人々は,食っていけなければ,食っていけそうなところを求めて移り住むか,食えるよう工夫するか,あるいは悪事に手を染めるしかない.
 ハンガリーから北米への移民が広がるのも,この頃である.
 また,農業の形態も変化し,ようやく三圃制をやめて,根菜を使った輪作が導入され,肥料の利用が広まり,農具や機械の革新が見られ,家畜の厩舎飼いが普及する.
 あとは治安を立て直さねばならぬ.
 それまではハプスブルク家の憲兵隊が治安維持に当たっていたが,彼らはオーストリア人やクロアチア人といった,要するに「よそ者」で,農民からは嫌われていた.
 1860年代までローヂャ・シャーンドルらベチャール(義賊)が跋扈できた理由の一つに,ハプスブルク家の憲兵隊への悪感情があった.

 憲兵隊は内務省管轄だったが,隊員は国防軍の管轄下にあった.
 5人から15人の部隊からなる憲兵隊が,各地の田舎に散在.
 そして防犯や犯罪捜査,公安の任務に当たった.
 結果,軽犯罪と小規模犯罪の90%以上,主要犯罪のほぼ100%を解決したと称した.
 彼らはまた農村の生活の質を向上させることも期待されていた.
 彼らは積極的にスポーツに参加し(オリンピック出場選手も現れた),守備隊ごとに小さな図書館を開いた.

 第一次大戦が勃発すると,占領地域の後方警備が憲兵隊の任務となった.
 セルビアなどで警戒に当たった.
 やがて戦線が拡大し,イタリアが協商国側に立って参戦すると,憲兵隊の役割は増大した.
 捕虜の管理,難民の管理,物価統制逃れの取り締まり,その他いろいろ.
 その一方で戦地に召集されるため,憲兵隊は不足人員を予備役兵で補わねばならなかった.

 やがて第一次大戦が終わり,クン・ベーラの赤色革命が起きると,憲兵隊は赤軍の政治警察にとってかわられ,その何人かは人民裁判にかけられた.
 拷問や銃殺によって死ぬ者が幾人も出た.
 赤色革命が長く続かなかったのは幸いだった.

 第二次大戦が勃発すると,手続きに則り,憲兵隊は国防軍管轄となった.
 占領地後方警備のため,東部戦線にも出征し,同地でソ連軍のパルチザンと戦わねばならなかった.
 将校969人,隊員22,000人が戦地に召集され,生き残ったのは半分以下の将校,約360人,隊員,約10,000人だけだった.

 戦後,西側の捕虜収容所では憲兵隊を警備兵として使う一方,共産党政権は
「プロレタリアと農民に対する残忍な行為」
を理由として王立憲兵隊を廃止.
 年金も支給されず,そればかりか元隊員は迫害された.
 約5000人がラーコシ体制の下で死亡し,約3000人がソ連の強制収容所に送られ,約1500人が西側への亡命を余儀なくされる.
 ユダヤ人迫害に加担した容疑で,現在も追われている者もいる.

 憲兵隊が復活したのは,冷戦後の1991年のことである.

 【参考ページ】
南塚信吾『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社,2012),p.76-79
南塚信吾『義賊伝説』(岩波新書,1996)
http://www.csendor.com/konyvtar/irasok/english/Royal Hungarian Gendarmerie - Kiss G.pdf
http://www.zmne.hu/aarms/docs/Volume7/Issue2/pdf/01kalm.pdf
https://kuruc.info/r/2/46624/

画像右が憲兵隊の一等軍曹
雌鶏の尾羽をかたどった羽飾り付きの帽子と飾緒を着けている
画像左はカルパソマーニョシュの一等兵
画像中央は衛生の予備役少尉

(『The Royal Hungarian Army in WW2』より引用)

憲兵隊用山高帽 csendőr kalap
憲兵隊によって使用された
(ただし軍憲兵(MP)はボチカイ帽を被った)
1943年以降,憲兵隊は革のアイ・シェードつきのボチカイ帽を被っることになった
ただし鶏の尾羽の飾りは,どの帽子にもつけられた
こちらより引用)

王立憲兵隊の軍靴
左は歩兵用
右は騎兵用
(こちらより引用)

憲兵隊のタンケッテ部隊
第二次大戦中,第一線で通用しなくなったCV-35は一部,憲兵隊に配備された
(こちらより引用)

https://www.youtube.com/watch?v=kvWBwd1KtxE


 【質問 kérdés】
 カルパソマーニョシュって何?
Ki az karpaszományos ?

 【回答 válasz】
 karpaszományos は,高校卒業後に1年間の軍事訓練を受けることができる制度.
 兵役制度を補完することが目的で,予科練制度とでも訳すのが適切か.
 1882年に遡るもので,志願制.
 最初は訓練にかかる諸費用は自弁だったが,1889年になって兵士並みの給金が出るようになった.
 1909年からは,訓練終了後に下士官候補生 Hadapród Őrmester となって准尉コースへ行くことができるようになった.
▼ もちろん全員がそうではなく,准尉コースへ行くことが望ましいと思われ,かつ,本人にその気がある者の場合である.
 そのコースでは,1~2年で予備役准尉に,能力によっては予備役少尉に昇進できた.▲

 そうでない者,または訓練自体を受けていない者は,軍隊に入っても軍曹 Karpaszományos Őrmester 止まりとなった.
▼ カルパソマーニョシュは,通常の下士官よりも上級とされた.▲

 第一次大戦中はこの制度はÖnkéntes 志願制と呼ばれたが,トリアノン条約による軍備制限が課せられた後は,karpaszományos という外国人にとっては馴染みのないこの名称が,カモフラージュのために復活し,予備士官養成に役立った.

 【参考ページ】
http://nagyhaboru.blog.hu/2010/08/18/egyeves_onkentesek_es_a_karpaszomanyosok
http://live.warthunder.com/post/382872/en/
http://live.warthunder.com/post/403107/en/
http://emlek-mas.blogspot.com/2009/08/karpaszomany.html

カルパソマーニョシュの二等兵(右)
画像左は一等軍曹.工兵用オーバーオールと37.Mヘルメットを着用.
画像中央は大尉.伝統的なフッサール(軽騎兵)の衣装に似た制服を着ている.この制服は士官専用.
(『The Royal Hungarian Army in WW2』より)

mixi, 2017.2.18
追記,2017.3.10

 【質問 kérdés】
 新セント・ヤーノシュ病院について教えてください.
Kérem, mondja meg a Szent János Kórházról.

 【回答 válasz】
 1887年6月28日,ブダペシュトの市議会決議により建設が決まった,300床の大型総合病院.
 1777年にマリア・テレジア女王の命令によってブダにナジソンバト大学 Nagyszombati Egyetem が配置されたが,その付属病院の後継医療機関として設立された.
 そのため旧病院と対比して,新セント・ヤーノシュ病院とのちに呼ばれるように.

 1898年より診療開始.
 1910年にはX線検査室設置.
 医療技術のみならず,医学的成果も挙げ,高名な医師を輩出した.

 第二次大戦中,病院は脱走兵や宗教的理由で迫害された人々を匿ったが,そのために医師が射殺されることもあった.

 ブダペシュト包囲戦では,砲爆撃にこそ遭わなかったものの,矢十字党民兵やドイツ軍が病院内に陣地を構築したため,多くの被害を受ける.

 1956年革命では負傷者の治療に当たる.

 2022.2.1現在も医療機関として活動中.

 【参考ページ Referencia Oldal】
https://www.rieth.hu/Gyermekkor/JanosKorhazRegi.htm
https://www.rieth.hu/Gyermekkor/JanosKorhazUj.htm
https://interambulance.hu/2021/03/05/az-uj-szent-janos-korhaz/

1枚目:新セント・ヤーノシュ病院の絵葉書
(図No. faq220212sj2,こちらより引用)

2枚目:ブダペシュト登山鉄道の方向から見た新セント・ヤーノシュ病院 ―― 1898.8.7付「日曜新聞」掲載の写真
Az új Szent János-kórház a fogaskerekű vasút felől – Vasárnapi Ujság, 1898. augusztus 7.
(図No. faq220212sj2,1,こちらより引用)

3枚目:病院の紋章
(図No. faq220212sj3,こちらより引用)

4枚目:所在地
(図No. faq220212sj4,こちらより引用)

2022.2.12


目次へ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ