c

「欧露別館」トップ・ページへ   サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ

◆◆◆プーチン戦争:ロシアのウクライナ侵略2022 2022-es orosz invázió Ukrajna ellen
<◆◆戦史
<◆Ukraina ウクライナ
欧州FAQ目次


 【link】

「5ch. 軍事板」◆ (2021/12/11~)ウクライナ情勢 1
レス回収客観基準値v.e.r. = 10

「5ch. 軍事板」◆ (2021/12/27~)ウクライナ情勢2
回収すべきレス無し
レス回収客観基準値v.e.r. = 11

「5ch. 軍事板」◆ (2022/01/12~)ウクライナ情勢3
レス回収客観基準値v.e.r. = 11

「5ch. 軍事板」◆ (2022/01/21~)ウクライナ情勢4
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/01/25~)ウクライナ情勢5
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/01/30~)ウクライナ情勢6
回収すべきレス無し
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/02/03~)ウクライナ情勢7
回収すべきレス無し
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/02/07~)ウクライナ情勢8
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/02/12~)ウクライナ情勢9
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/02/14~)ウクライナ情勢10
回収すべきレス無し
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/02/16~)ウクライナ情勢11
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

「5ch. 軍事板」◆ (2022/02/18~)ウクライナ情勢12
回収すべきレス無し
レス回収客観基準値v.e.r. = 12

屁で空中ウクライナ(始計篇)
プーチン関連

屁で空中ウクライナ(空中篇)
航空戦関連

屁で空中ウクライナ(形篇)
地上戦関連

屁で空中ウクライナ(計篇)
ロシア側の士気

屁で空中ウクライナ(「ダイヤモンドは砕けない」編)
ウクライナ側の士気

屁で空中ウクライナ(屁篇)
ロシア擁護な人々

屁で空中ウクライナ(兵站篇)

●現代ロシア軍を理解する為の基本資料/書籍など:

米軍の対ロシア解説書(最新版はDLは無いが尼で売ってる)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2017-07-The-Russian-Way-of-War-Grau-Bartles.pdf

米軍のハイブリッド戦争解説書
https://info.publicintelligence.net/AWG-RussianNewWarfareHandbook.pdf

米軍の対ソ連解説書
https://irp.fas.org/doddir/army/fm100-2-1.pdf

Soviet Military Operational Art: In Pursuit of Deep Battle
 →「ソ連軍<作戦術>」(作品社)として翻訳が出てる

The Soviet Conduct of Tactical Maneuver: Spearhead of the Offensive
 →戦術面にフォーカスしてるので,イズビー「ソ連地上軍」(原書房)でもある程度の代用可能

 現代ロシア軍だけ見ていても理解は困難.
 用兵思想は史として連続しているのだ.

 なので現代ロシア軍の理解には必然的に旧ソ連軍の理解も必要になります.

------------Lans ◆cFcS.yrpJw : 軍事板,2022/01/12(水)
Lans ◆cFcS.yrpJw : "5 csatornás" katonai BBS, 2022/01/12(szerda)


 【質問 kérdés】
 もし核兵器を放棄していなかったら,ウクライナは攻められなかった?

 【回答 válasz】
 核不拡散の専門家である秋山信将によれば,むしろその当時,ウクライナには核兵器放棄以外の選択肢が無かったという.
 当時,起爆装置の安全装置の有効期限が切れて極めて危険な状態になっていたのに加え,定期メンテナンスも行われておらず,核兵器を安全に維持することはウクライナにとって技術的・財政的に不可能だった.
 チェルノブイリ級の事故すら懸念されていた.
 であるからこそ,当時もロシアとの対立が深刻化していたにもかかわらず,ウクライナは核兵器放棄に合意したのだという.
 詳しくは
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/92924
を参照されたし.

mixi, 2022.3.13


 【質問 kérdés】
 ウクライナ危機に関するロシア側要求はどんなもの?

 【回答 válasz】

 おなじみタス通信から,
https://tass.ru/politika/13229131
より米とNATOへの提案部分引用

------------
NATOの提案
 ロシアは,NATOがお互いを敵対者と見なさず,双方の安全を脅かすような状況を作り出すことなく,すべての矛盾を平和的に解決することを提案している.
 新たな問題を解決するために,ロシア-NATO評議会を含む緊急協議のメカニズムを使用することが提案されています.
 モスクワは,特にロシアとその同盟国の国境およびNATO諸国の国境からの「合意された側のゾーンおよび各側の構成」での旅団レベルを超える作戦を禁止することにより,軍事演習の実施を制限するよう求めている.
 冷戦中に北大西洋同盟に加盟した国々は,1997年5月27日以降にNATOに加盟した国々,つまり東ヨーロッパ全体での兵器の配備を放棄することが奨励されています.
 ここまでに配置されていた武器はそのままにしておくことができます.
 ロシアは,NATOに対し,東欧(ウクライナを含む),コーカサス,中央アジアでの軍事活動を放棄し,ウクライナを犠牲にすることを含め,同盟のさらなる拡大の拒否を保証することを提案している.
 さらに,モスクワは,ロシアの領土と北大西洋条約機構の国々の標的を攻撃することができるゾーンでの中距離および短距離の地上ミサイルの配備の相互放棄を要求します.

米国のオファー
 さらに,ロシアは米国に対し,重爆撃機の飛行と,両国の領土の標的を攻撃できるゾーンでの水上軍艦の出現を放棄することを提案しています.
 モスクワは,船舶と航空機の間の危険な和解を防ぐためのメカニズムを改善することを求めています(現在,当事者は,1972年に署名された協定によって導かれています).
 ロシアは,米国が同じことを行う場合,核兵器を領土外に配備しない準備ができています.
 モスクワは,すでに海外に配備されている弾頭を返還し,対応するインフラストラクチャを排除するよう求めています(米国の弾頭の一部はNATO諸国にあります).
 ロシア連邦はまた,核兵器を保有していない国の軍人に核兵器の使用を教えたり,核兵器の使用シナリオを練ったりしないことを提案している.
------------


176名無し三等兵2021/12/17(金) 23:32:39.78ID:78uzxwT6

 ほんと東欧~中央アジアあたりを属国程度にみてるんだろうなぁ,とは見てて思う.
 戦略的縦深が欲しいというのはどこの国も多かれ少なかれあるとは思うが,そのためにここまでやるかというのは,タタールのくびき(どうも後世になるにつれて支配の過酷さが誇張され続けてるぽいが)によるロシアの一般的なものなのか,プーチンらソヴィエトの崩壊からの凋落に対して強烈な不満をもってる支配層特有のものなのか.


201名無し三等兵2021/12/18(土) 11:34:49.58ID:gdVOm+fF

 ロシア提案はそもそも対米・対NATOでしか提案してないんだよね.
 ウクライナ他東欧とかの国々関わるのに.なんというかロシアの傲慢さが表れてるなぁと.

 他,目立った提案としては
勢力圏をほぼ冷戦期は旧西側/旧東側だったのを西側/西側より緩衝地帯/東側と再分割?旧西側+旧東独=西側
くらいで,NATOの不拡大と行動範囲をほぼ旧西側に限定(ウクライナを含む東欧,コーカサス,中央アジアでの軍事活動を放棄)
 米ロともに領土外への核兵器の配備の取りやめというか,実質NATOニュークリアシェアリングの廃止かな?

 ニュークリアシェアリング廃止については切りしろ位に考えてるのかもしれないけど,ガチであってもおかしくない.
 ロシア側の第1段提案ということでふっかけてはいるんだろうけど・・・
 各国の権利をそれなりに重視する西側とは,考え方の差異が表れてるね.


203名無し三等兵2021/12/18(土) 11:42:17.46ID:gdVOm+fF

 なお案第4条で「従来(冷戦期)のNATO加盟国はこれ以上以下の国に自国軍・兵器配備しないでね!」と緩衝地帯扱いされるのは以下の国です.
1999年3月加盟:チェコ,ハンガリー,ポーランド
2004年3月加盟:バルト3国(エストニア,ラトビア,リトアニア),スロバキア,スロベニア,ブルガリア,ルーマニア
2009年4月加盟:アルバニア,クロアチア

 全会一致が委員会の類で基本となってるNATOが飲めるわけないよなぁ・・


648名無し三等兵2021/12/25(土) 09:31:12.73ID:VOVy3/XF
>>646
 そもそもプーチンはバルト三国を「ロシアの小銭」呼ばわりするなど,大国意識を丸出しにしてかえって離反を招いているんだよな.
 バルト三国にNATO入って欲しくなかったのなら,頭を下げて
「過去に無理やり併合したのは悪かった.
 今後はロシアがあなた方を守る」
と言うべきだったな.

軍事板
"5 csatornás" katonai BBS

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 プーチン様が「今しか侵攻する機会がない」と発言したのにも,一面の真理があるのでは?

 今のウクライナの騒乱は逆のキューバ危機みたいなものなので,そもそもはロシア様を舐めていたウクライナが
「NATOに加盟して核武装したい」
とほざいたのがいけない.
 そうなれば来年以降にでもウクライナは核武装してしまうから,焦ったロシア様が攻めてきてしまった.

 【回答 válasz】
 どこの世界線の話だよ.

 ウクライナは主権宣言(1990年7月16日最高会議採択)で
「将来において軍事ブロックに属さない中立国となり,核兵器を使用せず,生産せず,保有しないという非核三原則を堅持する国家」
となることを明らかにすると共に,その軍事ドクトリン(1993年10月19日発効,2004年6月改訂)において,ウクライナ軍の主たる任務を国家防衛と規定している.
https://www.ua.emb-japan.go.jp/jpn/info_ua/overview/6defence.html

 つまり,ウクライナは非核三原則を持ち,NPTにも加盟している非核兵器国となる.

 ウクライナが主権宣言した1990年から核兵器の移送が完了した1996年までの間で,当然,ウクライナ国内でも「やっぱ核武装したほうが」という話は出た.
 出たけど「これから核武装」ではなく「実際に核兵器がある状態から結局は核廃棄」に至った理由は,核兵器を維持する費用が賄えないからだ.

 つか,ウクライナが来年核武装するってのはどこから出た話なのか.
 プーチンが「核武装の野心」と非難したゼレンスキー大統領の発言とは,「ウクライナの核放棄と引き換えに安全保障を米英露が与える」としているブタペスト覚書の履行であって,ロシアがそれを無視している以上,誰がやるのかと言えば米英となり,実効力のある安全保障をどう確立するのかで言えば,NATO加盟となる.

 NATO条約の10条は,

------------
 締約国は,全会一致の合意により,本条約の諸原則を促進し北大西洋地域の安全保障に貢献することができる他のいかなる欧州の国を本条約に加入するよう招請することができる.
 招請されたいかなる国も米国政府に加入書を寄託することにより本条約の締約国になることができる.
 米国政府は各締約国に当該加入書の寄託を通報する.
------------

 ウクライナを入れるな,というのであれば,条約そのものを改定する必要があるが,なんでロシアに指図されにゃならんのか.

 それに,そもそもNATOが東方拡大しないと約束した,というプーチンの主張は実態が無い.
 2014年にゴルバチョフは
「当時はNATO拡大の問題そのものが提起されなかった.
 それは私が責任をもって確言できる」
と言い,2002年にはプーチン自身が
「ウクライナは独立した主権国だ.
 自らの平和と安全保障の道は自ら決める」
と言っている.

ふみ ◆Y.QUKJBduY : 軍事板,2022/03/04(金)
Fumi ◆Y.QUKJBduY : "5 csatornás" katonai BBS, 2022/03/04(péntek)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 兵力的にはロシア軍はイラク戦争時の連合軍の半分くらい

 【回答 válasz】
 地上部隊としては米SBCT(ストライカー旅団戦闘団)は機械化歩兵大隊x3+偵察大隊が基幹となるので,兵力的には3個BTGと同等と言えます.
 しかし戦力としては戦車やMLRSを保有しないので,そのままでは2個BTG相手に攻撃をかけた場合,非常に苦戦することになると思われます.

 これは陸自も参加した米NTC演習が,SBCT+陸自派遣連隊戦闘団vs仮想敵BTGx2だったことからもほぼ確実と思われます.
(陸自派遣連隊戦闘団は72戦車連隊を基幹とし,90式戦車,99自走砲などを保有)
(軍事研究の記事から読み解くに,これら陸自機甲部隊なしのSBCT単独の場合,SBCTは任務失敗してた可能性大)

 つまり兵力比較では,その戦力比は正しく認識できないという事です.

 米機甲旅団戦闘団(ABCT)ならば3個諸兵科連合大隊なので,戦車を保有し近接戦闘であればロシアBTGx3個と五分に渡り合える戦力と言えます.
 しかし,MLRSを特別に増強配属しない限り,ロケット中隊を内包するロシアBTGに一方的にアウトレンジされる可能性が高いです.
(その危険を主張する米軍内論文や記事も存在します)

 しかもロシアはクラスター条約に入っていませんので,ばらまき自由です.
 湾岸戦争で鉄の雨と恐れられた長距離ロケットによるクラスター攻撃を,今度は米軍が食らう訳です.

 これを五分に持ち込む為には,別途MLRSを配属しなければいけませんが,それぞればらばらに配備されているので,合流調整には時間がかかります.
(それだけ派遣が遅れるということ・・・)

 なお,ロシア版MLRSの攻撃は以前のウクライナ戦で,2個機械化歩兵大隊の陣地を,数分で壊滅されたという実績があり,そのニュースを聞いた米軍を当時,恐慄させたそうです.
(そもそも,お前らが湾岸でやってたことだがな)

 ちなみに正規戦におけるUAVの使用ですが,
米軍<<ロシア
です.
 そもそもロシア軍は前回のウクライナで大量のUAVを投し,ロケット誘導に使用した為に,その後にあわてて米軍がその手のUAV導入を大慌てで進めたという経緯があります.

 なお,米軍の防空能力は今まで空軍に依存しており,野戦防空については陸自にも劣るレベルです.
 そして空軍の派遣は基地の確保,設営,整備機材の搬入など大変です.
 そして,多分空軍はポーランドに基地を借りることになりますが・・・

 まあ,そこからロシア-ウクライナ国境は遠いですね.
 常時滞空支援のソーティ計画を組むのは至難と思われます.

 つまり緊急展開した米軍では,断続的な航空支援がやっとと思われます.
(時間があれば,改善しますが・・・その時間が今はない)

 その常態で上空に両軍の偵察UAVが乱舞することになりますが,そこにはどちら側にも航空優勢は一時的にしか存在しないので,この場合,長射程側&防空戦力の高いロシア側の有利が予想されます.

 時間をかけて準備して,空軍をポーランドに展開させ,さらにMLRSを配属したABCTを全地球からかき集めれば米国の完全勝利も可能でしょう.
 しかし今の状況は,それを準備する十分な時間が米/NATOに与えられていません.

 緊急展開できる程度の戦力では,損害を受けるだけで政治的にまずい状況になりかねないかもしれません.
(戦力の逐次投入という奴の典型)

 米軍には時間が必要です.
 時間がないなら武力介入は大損害を覚悟.
(だからバイデンは,米は単独での武力行使はしないと言っているのではないかと推測)
(米軍の不足する部分をNATOが埋められないと,米軍単独では厳しい状況)

Lans ◆cFcS.yrpJw : 軍事板,2021/12/15(水)
Lans ◆cFcS.yrpJw : "5 csatornás" katonai BBS, 2021/12/15(szerda)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 ロシア軍とウクライナ軍の戦力比はどの程度?

 【回答 válasz】

ロシア軍とウクライナ軍の軍事力比較
https://milirepo.sabatech.jp/comparison-of-military-power-between-russian-and-ukrainian-troops/

 上記は単純に両国の保有戦力比較だが,実はあまり意味が無い.
 ウクライナ側は国土防衛戦となるので,保有戦力の全てが投入戦力としてカウント出来るのに対し,ロシア側は全土に散らばる保有戦力の全てをウクライナの一正面に投入出来るわけでは無いからだ.
 戦力比較をするなら,ロシアがウクライナへ投入出来る戦力とで比較しなければならない.

 ロシアのウクライナ侵攻作戦はこうなる.
 ロシアの狙いはジョージア紛争時の再現.
 しかし,ウクライナがどこまで抵抗するか,西側の対応が今回は異なる条件だ.
https://aviation-space-business.blogspot.com/2022/01/blog-post_23.html

 クリミア切り取りは参考にならず,今回はジョージア紛争の再現になるだろうとの見方.

軍事板,2022/01/24(月)
"5 csatornás" katonai BBS, 2022/01/24(hétfő)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész

 中国メディア The Paperから.
https://m.thepaper.cn/baijiahao_16643484
※ロシア寄りのバイアスがかかってる記事なので参考程度に,書いてある内容や数字を要約する.

-------------
ロシア軍とウクライナ軍の実力対比.
2022-02-11 12:48

[中略]

 ロシアはウクライナ国境周辺に約16万の兵士を配置,ウクライナ軍は12万5千を配置.
 ロシアはクリミアとベラルーシに兵を増強.NATOはポーランド,ルーマニアに強力な軍を終結させた.

 統計によるとウクライナは50万人の兵士を動員可能で,そのうち25万人は予備役である.
 ロシア陸軍は30万人のみだが,戦闘を開始した場合,迅速に兵力を招集動員可能である.

 ウクライナ軍の推測によれば,かつてのロシアとの戦争から,ロシア軍が本気になれば,戦争開始後1週間以内で50万人以上の部隊をウクライナ国境に配備できる.

 ウクライナ軍25万人の現役部隊のうち兵力構成は,機甲旅団2個,機械化旅団16個,山岳突撃旅団1個,騎兵旅団1個,歩兵旅団5個,空挺旅団7個となっている.
 空軍兵士は3万6千人,海軍兵士は6500人のみである.

 対してロシア軍は現有兵力100万人以上,さらに予備役200万人,準軍事要員が55万人でウクライナ軍の7倍であり,戦略縦深,情報収集,作戦経験上でも絶対的に優勢である.

 ロシア軍によると,戦時はロシアは2千万人以上を動員できるが,ウクライナの人口は4400万人である.

 武装ではウクライナ軍が作戦に投入可能な装甲車はBTR-3,BTR-4E,BRDM-2など時代遅れの装備である.
 戦車もウクライナ第1および第17独立戦車旅団が400数十両を配備しているのみであり,その大部分はT-64BMで,山岳旅団,機械化旅団,歩兵旅団がそれぞれT-72戦車大隊1個を配備している.

 対して,ロシア軍は戦車を最大で1万両以上を持っているが,現役配備されているのは約2800余両であり,主力戦車T90,T80,T72を含む大部分は備蓄状態である.
 この他,1万両以上の装甲兵員輸送車を持つ.

 空軍はロシア軍がSu-35を100機,大量のSu-27,Su-30戦闘機を配備しており,Tu-160戦略爆撃機,Su-57戦闘機などがある.

 ウクライナ空軍はSu-24とSu-27等で100機未満である.

 この他,ロシアとウクライナ軍では兵士の戦闘力,将官の指揮能力,後方支援と補給能力でも大きな差がある.
-------------

軍事板,2022/02/12(土)
"5 csatornás" katonai BBS, 2022/02/12(szombat)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 ウクライナの民兵の能力はどの程度?

 【回答 válasz】

http://www.news.cn/mil/2022-02/10/c_1211564381.htm
訳してみた.

 あちこちの西側ソースなどからの話だが,なかなか大変そう.
 1月下旬に民兵を13万人規模にするように大統領令が出てるが,集まってる人員は中年以上も多い.
 訓練は週6で服役期間は6ヶ月.
 訓練は米軍で訓練を受けたウクライナ軍人がやってる.
 森での射撃練習や屋内でのCQB訓練もやるという.

「まるでローマの市民兵よ」.
 基本的に民兵に支給されるのは武器だけ.
 その武器も不足していて,多くの人に支給されるのは古いAK47.
 これでも良い方で,酷いとAK47の木製模倣模型だけとかあり,ブチギレて自腹で西側のARやら買ってる人もいるとのこと.
 取材に答えてる,子供が4人いるという50代のキエフ在住の中産階級のおばちゃんも,6万円弱くらいかけて自腹で米軍迷彩の服やベスト,ブーツ,ポーチなどを買い揃えたとある.

 不景気で子供は大学に入り,うち2人は就職年齢だけど国内に仕事はなく,国外で専門とは無関係の仕事をしてる.
 私は歳食ってるから東ウクライナの前線に駆けつけるなんて無理よ――とのことナドナド.

 ウクライナの25の行政区のうち,所属してる民兵の20%は女性.

 5年前に志願して海軍陸戦隊に所属し,2020年に復員後はすぐに民兵になったという42歳の女性狙撃手は,何年かの戦闘経験があり,ウクライナ東部では狙撃で東部ウクライナ武装勢力のメンバーを十数名殺害した経験があるという.
 前線に行くのは怖くないとのこと.

 ただ,志願した民兵について,ウクライナのハリコフの(軍人の)教官によれば,遊撃隊員といえども爆発物の製造や身分を隠す,情報を取得するなどの訓練は必要であり,特別な心理的素養も必要て,平民に短期の訓練をしても使えないという.

 ウクライナ軍は正規軍でも装備が貧弱で,武器は70年代のソ連製小銃や機関銃,迫撃砲,ロケット砲だけで重型の装備は不足してる.

 NATOが来てくれるとは思ってないが,可能ならNATOへの加盟を認めてくれて,武器も送ってくれよ,という感じの内容.

軍事板,2022/02/11(金)
"5 csatornás" katonai BBS, 2022/02/11(péntek)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 ウクライナ+NATOなら,制空権をNATOがとって,一方的にロシアの陸上兵力が駆逐される展開になるのでは?

 【回答 válasz】
 今時,制空権って・・・というのはおいておいて・・・

 貴官は,「航空優勢は戦闘機により確保されるモノ」であるという,古い常識にとらわれていないか?

 戦闘機は航空優勢を取る手段のひとつに過ぎない.

 米軍を推すならば,マルチ・ドメイン・バトル(MDB)からマルチ・ドメイン・オペレーション(MDO)に至る米軍のドクトリン変更の背景(理由)を,今一度,読み直した方が良いのではないかな.
 特に,なぜ米軍が今,MDBに変わらなければならない!と言い出したのか.
 そしてMDBを提示して,わずか1年でMDOに変えざる得なかったのか?
 そこをきっちり理解してから,現代米軍を語って欲しい.

 当の米軍がこんな事を言っているわけだが,
 すなおにNATO,米軍の航空優勢を信じられるってのは幸せだねぇ(脳が
---------------
米陸軍・マルチドメイン作戦(MDO)コンセプト
http://www.nids.mod.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j22_1_2.pdf

27p後半~29p前半において

------------
 さらに,重大であったのは,それまで陸軍が作戦を行う上で前提としてきた米国の航空優勢が否定されつつあるということであった.
 これは「陸上からウクライナ上空で航空優勢を確立」したとされるロシア軍の防空能力によるものである.

 公聴会の証人の一人 H・R・マックマスター(H. R. McMaster)ARCIC 長は,これまで陸軍が「より小規模な戦力で,より大きな地域に対して,より大きなインパクト」を持ち得たのは「航空優勢,すなわち陸上に戦力を投射する能力」を持っていたためであるが,その航空優勢を確保することがロシア軍を相手にした場合難しくなると指摘した.
 もう一人の証人,ジョン・マーレー(John M. Murray)陸軍参謀本部 G8 部長も
「我々には偉大な空軍がいるが,しかし,ここ1,2 年の間,その前提そのものを疑わなければならなくなった」
と率直に認めた.
------------

Lans ◆cFcS.yrpJw : 軍事板,2022/02/08(火)
Lans ◆cFcS.yrpJw : "5 csatornás" katonai BBS, 2022/02/08(kedd)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 ウクライナ軍戦車は数の上ではT-64BMという2005年改修を施したモデルが主力だが,T-72の新品すら買えなかったの?

 【回答 válasz】
 勘違いしてはいけない.
 T-72<T-64 です.

 T-72はT-64のいわば量産用廉価版.

①T-64→T-80の流れ
と,
②T-72→T-90の流れ
があり,基本的に②は①の下位にあたります.
(ただし改修時期と内容によっては上回るタイプのあるので注意)

 まあ,なんだ,性能差はそこまで無いが,ガンダムとGMと思えばOK.

Lans ◆cFcS.yrpJw : 軍事板,2021/12/16(木)
Lans ◆cFcS.yrpJw : "5 csatornás" katonai BBS, 2021/12/16(csütörtök)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 ウクライナの主力戦車オプロート(T-84U)は独自改造しているから,ポテンシャルは高いのでは?(表面的には)
 そもそもウクライナは旧ソ連時代には一大戦車製造国であり戦車開発技術は高いものを持っているし.

 【回答 válasz】
 オプロートMはウクライナ軍の主力ではなく,実質外貨獲得の為の輸出用.
 しかし,糞のような財政が理由でタイへの輸出用の生産が遅滞し納入計画が縮小され,さらに財政が糞になるという悪循環に陥った.
 西側への媚び売りも兼ね,技術解析の為にアメリカへ送るはずのモデルすら遅延.
 売り込みの成果も微妙なところで,アゼルバイジャンに至ってはロシアのT-90を選ぶ始末.
 ミリバラなどの情報では国内向け量産は停止したままで,初期発注10両すら頓挫.
 2021年時点で稼働状態にあるのは2両+生産中1両のみ…これは試作に加えパレード・展示用と言われ,実戦配備ではない.

 そもそもの話,T-84系はロシア製の部品を多分に含んでおり,これを完全に代替するモデルはまだ登場していない.
 彼の国は技術的にも経済的にも戦車大国の面影はなく,旧ソ連の遺産も概ね食いつぶしてしまった.
 主要生産拠点を喪失しながら,まとまった数のT-80系を近代化し続けているロシアが異常とも言えるが,ウクライナは比較にならん.

名無し上級大将 ◆80fYLf0UTM : 軍事板,2022/01/25(火)
Névtelen őrmester ◆Sgt/Z4fqbE : "5 csatornás" katonai BBS, 2022/01/25(kedd)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész

 オプロートはロシア戦車+αだけど,残念ながらウクライナ本国は金が無くて全然配備が進んでない.
 ロシアから受け継いだT-80BVも同様に,まとまった数は維持し切れなかった.
 T-80BVについては用廃車両を急いでレストアしてる模様.

軍事板,2022/01/25(火)
"5 csatornás" katonai BBS, 2022/01/25(kedd)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 ウクライナはロシアと関係悪化してから軍事技術もらえてないだろうけど,ソ連時代の3VBM13劣化ウラン弾が在庫限りで残っていたとしても,最大500mm貫通力ではT-90の正面抜けない.
 ロシアは開発継続して740mmまで改良が進んでいるから,ハード面では一見それなりでも,差しでは勝負にならんのでは?

 【回答 válasz】
 ソ連ロシア流兵学としては,戦車は戦車を撃破するのもにあらず.
 戦車は機甲部隊として,敵の弱点(つまり敵戦車の少ない所)を攻撃します.

 では,敵戦車を撃破するのは何か?
 第一義的には対戦車部隊です.

 戦車は機甲部隊の攻撃時に妨害に出てきた少数の戦車を撃破しますが,本格的な敵機甲部隊の攻撃に対しては,まず対戦車部隊が防波堤になり,そこに予備の機甲部隊が側背から攻撃し止めを刺します.
 なので,ソ連流は戦車も大量に使いますが,対戦車部隊も潤沢です.
 ということで,対戦車部隊としてATGMなのですが・・・

 T-64以降のソ連/ロシア戦車って,なんで西側ではイロモノ扱いの主砲発射ATGMなんかを装備してるのか?
 西側では滑膣砲の命中率が低いからだと推測していますが,彼らから見れば対戦車というばATGMなのです.
 劣化ウラン弾などの弾頭もありますが,それこそATGM使う時間がない程のせっぱ詰まった時の切り札.

 このあたり,西側の軍事常識で考えると理解しにくい部分ですががが,彼らなりのロジックとして破綻はないのです.
(問題は,その使い分けや戦術指揮に高い練度が必要とされるのですが・・・そこはBTGなりの西側とは全く違う解決法をとっているのは秘密だ)

米軍の対ロシア解説書(最新版はDLは無いが尼で売ってる)
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2017-07-The-Russian-Way-of-War-Grau-Bartles.pdf

米軍のハイブリッド戦争解説書
https://info.publicintelligence.net/AWG-RussianNewWarfareHandbook.pdf

米軍の対ソ連解説書
https://irp.fas.org/doddir/army/fm100-2-1.pdf

Soviet Military Operational Art: In Pursuit of Deep Battle
 →「ソ連軍<作戦術>」(作品社)として翻訳が出てる

The Soviet Conduct of Tactical Maneuver: Spearhead of the Offensive
 →戦術面にフォーカスしてるので,イズビー「ソ連地上軍」(原書房)でもある程度の代用可能

Lans ◆cFcS.yrpJw : 軍事板,2021/12/16(木)
Lans ◆cFcS.yrpJw : "5 csatornás" katonai BBS, 2021/12/16(csütörtök)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
ウクライナへの新たな8億ドル支援の内訳
・対空ミサイル「スティンガー」×800
・対戦車ミサイル「ジャベリン」×2000
・軽量対戦車兵器×1000
・AT-4対戦車兵器×6000
・戦術無人機(ドローン)×100
・グレネードランチャー×100
・ライフル×5000
・ピストル×1000
・マシンガン×400
・ショットガン×400
・弾丸×2000万
 これって,通常なら,おいくら万ドルが相場?

 【回答 válasz】
 FMSや米軍納入価格からすると,大雑把に.
・ 800 Stinger anti-aircraft systems 9600万ドル
・ 2,000 Javelin anti-armor missiles 4億ドル
・ 6,000 AT-4 anti-armor systems 900万ドル
・ 1,000 light anti-armor weapons 400万ドル
・ 100 Tactical Unmanned Aerial Systems (armed drones)

 これはRQ-7になると思うけど,2010年にオーストラリアがアフガンで使うためにコントローラー4セットにUAVが10機を買ったときで1億5700万ドル.
 イタリアが同年にコントローラー4セットに16機で5100万ユーロ,2010年当時の1ユーロ1.4ドルなら7140万ドル.
 2011年の米軍納入価格でシステム1550万ドル,UAV75万ドルと言ってるので,コントローラーをいくつ入れたかで値段が変わる.

 大量のミサイルとかに比べると,小火器や軍装品は軽機関銃でも単価4000ドルくらいで,金額的には端数みたいなものになる.
 大量の現物を持ってくるのはすごいことだけど.

・ 7,000 small arms for both military and civilian use (100 grenade launchers, 5,000 rifles, 1,000 pistols, 400 machine guns and 400 shotguns)
・ Over 20 million rounds of ammunition
・ 25,000 sets of body armor
・ 25,000 helmets

>これって,通常なら,おいくら万ドルが相場?

 ミサイルが5億ドル分くらいだから,RQ-7のコントローラーが10セットくらい供与されるならオーストラリアと同条件なんじゃないかな…
 FMSの実績からすると,UAVが100機なら比率的にコントローラーは25セットから40セットくらいになりそうだけど,そうなると米軍納入価格で4億5000万ドルとか6億7500万ドルとかになっちゃうし.

ふみ ◆Y.QUKJBduY : 軍事板,2022/03/17(木)
Fumi ◆Y.QUKJBduY : "5 csatornás" katonai BBS, 2022/03/17(csütörtök)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問 kérdés】
 プーチン戦争に際して,何でドイツはこんなにヘタレなの?
 NATOの雄のはずだったのでは?

 【回答 válasz】
 ガスについてロシアに首根っこ押さえられているから.

ドイツはNATOの防衛線の弱点になっている(ワシントンポスト)
 ドイツが一番の弱点だって,まぁ今更のお話.
 米がタンカーで持ってくるにしても,ロシア供給分の半分くらいしか港の都合で手当てできないし,ノルウェーは限界だと.

(ところでこの記事,もう一つの弱点であるバイデン氏については触れなくてええんやろか?と思た.
 アフガン撤退での対NATOやらかしやら失言やら・・・)

軍事板,2022/01/22(土)
"5 csatornás" katonai BBS, 2022/01/22(szombat)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész

https://www.euronews.com/2022/01/22/germany-to-provide-field-hospital-for-ukraine-but-rules-out-sending-weapons
によれば,ドイツはウクライナへの武器供与を拒否するわ,ドイツ海軍司令官シェーンバッハ中将はロシア支持を表明するわと言った有様.
 もうNATOからドイツ追い出したほうが良い気がしてきた.

軍事板,2022/01/22(土)
"5 csatornás" katonai BBS, 2022/01/22(szombat)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész

 ちなみにドイツ社会民主党(SPD)で先々代の連邦首相だったシュレーダーは,ロシア国営天然ガス会社ガスプロムの子会社「ノルド・ストリームAG」の役員とか,ロシアの国営石油会社ロスネフチの会長なっとるし.
 なお,ノルドストリーム計画が協定として始まった2005年当時の首相です.

軍事板,2022/01/22(土)
"5 csatornás" katonai BBS, 2022/01/22(szombat)

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


目次へ   サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ