c

「WW2別館」トップ・ページへ   「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆航空
アジア・太平洋方面 目次
<第2次世界大戦FAQ


 【link】

「Enjoy Korea」:嗚呼・栄光の光復軍飛行隊

Garber Facility Restoration(スミソニアン博物館付属のレストア工場,英語)

ja2iko & B29 Museum(B29概史 &細部写真)

「textlib @ ウィキ」◆(2010/09/13)WW2時,アメリカの防空システムに対する幻想と実情

The Zerofighter world

青森空襲を記録する会

「神保町系オタオタ日記」■(2010/07/04)[伝書鳩][満洲]黒岩比佐子『古書の森 逍遙』(工作舎)への補足(その3)

高野文夫の飛行機図面集(零戦,紫電,4式戦の3Dコックピット等)

船津航空計器博物館(データ総合)

『海の飛行兵 上 訓練篇 アルス文化叢書 28』(倉町秋次著,アルス,1942)
『海の飛行兵 下 征空篇 アルス文化叢書 29』(倉町秋次著,アルス,1942)

表紙/裏表紙

 この「海の飛行兵」は,昭和17年11月発行の,海軍少年飛行兵の訓練を紹介したポケットブック写真集で,相変わらず資料性が高くて驚きました.
 上巻<訓練編>では入隊から適正検査,座学や体力訓練などの基礎訓練や,兵舎生活等を細かく紹介.
faq111125av2.jpg
faq111125av3.jpg

 下巻<征空編>では,いよいよ飛行訓練が記録されていますが,編隊飛行から単独飛行,また空中戦に必要な特殊飛行訓練まで載っています.
faq111125av4.jpg
faq111125av5.jpg

 特に驚いたのが,盲目飛行(計器飛行)用のフライトシュミレーターの存在(!)や,教官が前に乗り,後ろに幌を被せた訓練兵が乗り込む,暗闇密雲を想定した盲目飛行訓練の模様や,
faq111125av6.jpg
わずか20メートル幅の白線内側に突っ込んで来る艦訓練横で,座った教官の剛胆さにも舌を巻きましたが,初めて見た八九式活動写真銃改二(航空カメラ機銃)を使用した射撃訓練や,吹き流し射撃写真などに驚かされました.
faq111125av7.jpg
faq111125av8.jpg

 それにしても,海軍にはこんなシュミレーターが在ったとは意外でした.
 下が蛇腹である所を見ても,前後左右に動く事は間違い無く,中々当時の訓練も科学的であった事が良く判ります.
faq111125av9.jpg

 この本に拠ると,フライトシュミレーターは「地上演習機」と呼ばれ,操縦桿に連動して,圧縮空気で上下左右に動く事が可能で,水平飛行や旋回飛行の体感も可能であったとの事.
 また,乱気流の飛行も再現出来,訓練者の操縦適正までチェックしたそうで,文面だけを信じるとかなりの優れモノです.

 それにしても,アルス出版恐るべし!
 もう,これ以上ないよな,と思いつつも…まだ続きますか?(^^;

------------------よしぞうmaro' in mixi,2007年12月15日14:17

『海軍航空予備学生』(碇義朗著,光人社文庫,2008.8)

『空軍創設と組織のイノベーション 旧軍ではなぜ独立できなかったのか』(高橋秀幸著,芙蓉書房出版,2008/12/25)

 組織変革・改革を成功させるには,「三つの合理性」を確保する戦略が必要.
 なかでも三つ目の合理性を確保することを忘れてはならない.
 官僚組織(軍組織も含む)の変革・改革にあたっては,政治家のリーダーシップが果たす役割が緊要点となる.
 しかしそれには何らかの「トリガー」が必要不可欠.

 本著の内容をまとめると,こうなるかと思います.

 別の言葉でひとことで言うと
「組織改革・変革に関して必ず発生する「派閥争い」「組織内権力闘争」を理論的に考察した一試論」
ということになるでしょうか.

 〔略〕

■本著を通じて得られるものは以下のとおりです.

1.組織を変革・改革するにあたって必要な,現実的かつ具体的な思考方法・手順
1.明治から現在にいたるまでの,わが国空軍組織の歴史と変遷
1.統合任務部隊編成にあたって行なわれるであろう,組織分離に対する考え方
1.改革・変革を志向する民間組織でも活用可能な,空自創設経緯の分析手順・手法・そしてそこから得られたエキス
1.変革・改革を目指す組織で必ず発生する障害を克服するうえで最重要な点
1.軍事組織の変革・改革を実践・考える上で忘れてはならないポイント
1.世界の空軍組織に関する主要な出来事一覧
1.欄外にある,充実した軍事用語・歴史的事実等のひとこと解説
1.軍事組織内における意思決定の伝達・調整等の実像
1.組織変革・改革にあたって発生する組織内闘争の要因・背景の本質
1.陸海軍間の対立構造の実際

 〔略〕
 本著は,ハードな論文ではありません.
 といって,おきらくに流し読みできる本でもありません.

 でも,軍事に余り詳しくない知り合い(叩上げの事業家)は,
「仕事場までの往復1時間の電車のなかで読み終えた.実に面白かったよ」
といってました.

 理由は2つあると思います.
1.監修者の川村さんが書いておられるとおり,本著は「軍事戦略と経営戦略を橋渡しする試み」であり,在野の人間にとっても十分関心を持って読める新鮮な内容である
2.章立てを含む本著の内容は十二分に吟味・整理されており,著者の思考を追体験することがきわめて簡単である
 2.をひとことでいえば,明晰で分かりやすいということです.
 「理由・根拠をあますところなく記している」ことが理由です.

 たとえば,序章で著者は「組織のイノベーションを考える具体的テーマとして,なぜ空軍創設を取り上げるのか?」に関する理由を詳細に述べています.

 その他にも,
「なぜマクロ的分析とミクロ的分析を併用するのか?」
「なぜ旧軍の空軍創設経緯と空自創設経緯を比較するのか?」
「なぜキングダンの「政策の窓」をマクロ的分析に採用したのか?」
「なぜミクロ的分析にダウンズ・モーガン・トンプソンの組織論を採用したのか?」
等,詳細な背景を含めた理由が記されています.

 執筆した動機について高橋さんは,あとがきの中で以下のように説明しています.

<(前略)自衛隊では,平成十八年三月から統合運用を基本とする体制に移行した.
 陸海空の自衛隊が,新たに共通のテクニカル・コア(*)を創る努力を継続中であるが,現段階では,陸海空の文化の相違や各々の利害関係に基づく各自衛隊の既存のテクニカル・コアを,全体最適を追求する共通のテクニカル・コアに拡大してゆくことへの困難性を感じる.
 そういう思いから,インフォーマル組織の影響(組織的合理性)に焦点を当てて,意思決定に及ぼす諸要因に対して科学的な分析を試みようとしたのが,本著執筆のきっかけである.(後略)>

 分かりやすく言えば,組織変革や改革に当たっては,派閥争いや権力闘争が必ず伴う.
 それを無視した組織変革・改革は考えられない.
 それを科学的に分析したということです.

(*)テクニカル・コア
 一組織目的を達成するため,長年かけて培われてきた諸技術,手順,思想等の集大成のこと

 また高橋さんは,河井継之助を引き合いに出して,
<人間が組織の中で生きていく以上,立場によるしがらみから抜け出すのはきわめて困難>
と,現実をしっかり見据えつつ,
<しかしながら,組織のイノベーションのためには,長期的視点から目的と目標を見極め,(中略) 的合理性に加え,組織的合理性の三つのバランスを図り,トルーマン大統領のように粘り強く弁証法的に問題を解消していくための戦略が必要とされる>
と結論付けます.

 組織の変革・改革には,
<長期的視点から目的と目標を見極め>
<三つの(合理性の)バランスをはかり>
<粘り強く問題を解消していく>
ための<戦略>が必要である.
 公的組織の場合その部分を担うのは,われわれが選んだ政治になるということでしょう.

 〔略〕

 正直申し上げて,論文としては結論が少し弱いかなあという感は持ちます.
 しかし,私どものような市井人にとっては,これだけ厄介な問題をかくも明晰に分析してくれたことで,十分ではないかと思います.
 なぜって,実践する人間にとっては,組織内権力闘争の根源・要因がはっきり見えるおかげで,対策が取れますからね.
 先に紹介した事業家も,
「自分にとってこの本は,役に立つビジネス本だよ.
 いい本を紹介してくれてありがとう」
と言ってました.

 最後は,監修者・川村康之さんの言葉で締めたいと思います.

<軍事戦略や経営戦略は,いずれも人間の行動や判断に関わる分野である.
 そして,人間の判断や行動に関して理論的に説明することは,かなりの困難を伴う研究であるといえる.
 このような困難さを乗り越えるために,近年,経営戦略の分野では,現実の事象に対する理論の適用の試みが進展している.
 したがって,軍事分野における事象に関して組織論の理論を適用して説明することは,軍事戦略と経営戦略の融合であるともいえよう.
 著者は,このような困難に敢えて挑戦し,その成果を世に問うたものである(後略)>

 組織変革・改革を考える・実践するにあたって絶対に取り組まねばならぬのに見落としがちな,「組織的合理性」というテーマに着目し,真正面から取り組んで成果を残した現役軍人・高橋さんの知的挑戦と勇気に,心より賞賛と敬意を表します.

 本著が魁となって,これから先この分野にチャレンジする軍人さん・研究者が次々出てくることでしょう.
 楽しみです.

 困難に敢えてチャレンジし,その成果を世間に問うた軍人・高橋さん.
 あなたも,その成果を,ぜひご自身の目でお確かめください.

 キーワードは「三つの合理性」と「トリガー」です.

――――――おきらく軍事研究会,平成21年(2009年)2月6日

『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』(淵田美津雄著,中田整一編・解説,講談社文庫,2010.11)

『空の技術 設計・生産・戦場の最前線に立つ』(渡辺洋二著,光人社NF文庫,2010.3)

 大戦中の日本の航空機産業や最前線での設計,生産,整備に関する話に,日本の航空機による対潜哨戒作戦,大戦中の各国の偵察機の比較,夜戦型ヘルキャットの記録,の戦史三篇を纏めた一冊.

 大戦中に航空機設計チームを率いたチーフデザイナーに取材した時の話の中で,(かなり悪い意味で)衝撃を受けた所を.

●川崎航空機の土井武夫氏を取材した時,試作機や生産過程を写した多数のガラス原板(写真は岐阜空襲時に焼失していた)をみせて貰ったが,何枚かは割れてセロハンテープで繋いであった.
 以前に借りていった者が,薄いガラス板を郵便で送り返した為,割れてしまった.

●やはり川崎航空機の井町勇氏を取材した時,キ四五関係の写真を希望したところ,出してくれたアルバムはどのページも無残に剥がされ,誌面に使いにくい,さえない画像の物がごくわずかに残っていただけだった.
 以前に借りていった者が持っていったまま,返却しなかったんだとか.
 剥がされた写真を掲載した,六〇年代の雑誌や,日本機をメーカーごとに纏めたそう書(変換できなかった…),その写真を所持し,各所に有償貸与している人物の名が頭に浮かんだので,取り返しましょうか,と尋ねたが,物への執着心が薄れたのか理由は不明だが,熱意ある依頼は返ってこなかったとか.
(ていうか,これって,窃盗とかにあたるんじゃないのか?昔はこういった事がまかり通っていたのだろうか?)

――――――グンジ in mixi,2010年02月26日23:22

『甦った空』(岩崎嘉秋著,文春文庫,2008.12)

 久々に会心の名著に出会った.

 砲術(陸奥)→整備→搭乗員って経歴にも驚いたが,文章が非常に読みやすく,引き込まれるわ

 飛行機への夢が忘れられず,砲術学校に合格してるのにもかかわらず,整備員への道を目指すが,整備員として配属された先で,泥酔した搭乗員に殴られた挙句,土下座させられ,
「それならパイロットになってやる!」
「なれるものならなってみろ」
と言われて,本当になってしまった話.

 陸奥の砲術員から整備練習生へ鞍替えする時には,
「海軍のよさは志望どおり進める事だ! 思い切って励め」
と送り出されたけど,整備員になってから搭乗員に行くときには,
「整備科を冒涜している」
と言われてボコボコだったみたい.

 なった後も大変.
 すごい本でした(笑)

――――――軍事板

陸軍愛国號献納機調査報告

零式艦上戦闘機計器板


◆◆総記


 【質問】
 旧軍ではパイロットはどんなふうに養成されたんですか?

 【回答】
 1942年7月22日〜43年5月31日まで行われた航空士官学校56期教育では,130時間の飛行時間で基本操縦 を行っていましたが,57期からは初練,中練課程を飛ばして,高練のみの6ヶ月60時間に短縮されました.
 その内訳は,単独飛行に至る前までに,25時間余,単独飛行,特殊飛行,編隊飛行などで,86時間余,高練 課程が43時間余だったそうです.
 戦闘機課程では,期間6ヶ月,飛行時間は120時間余.
 戦闘機操縦士として,曲がりなりにも役に立つのは,初等練習から1年9ヶ月,飛行時間340時間となります.

 旧軍関係者の指摘では,
 ・米国に比べ,本格的計器飛行が出来る練習機が無く,リンクトレーナーも普及していなかったこと,
 ・教官陣の計器飛行能力にも問題があったこと.練習機部隊の教官は,大抵が第一線部隊を落第した操縦士の行き先という考えでした.
 ・計器飛行に関しては,一部練習機に設備はありましたが, 人工水準器,ジャイロコンパス,無線の無い機体での費用対効果は低いと言わざるを得ない.
 ・訓練プロシージャーがきちんと決められておらず,各人に任されている.
 ・戦闘機の場合,編隊空戦が後に取り入れられますが,97戦でやるのは余り意味がない.
などを指摘されています.

 海軍の場合は,霞ヶ浦で6ヶ月の期間,基本150時間で,単独飛行になるのは6時間程度から.
 戦闘機教育の場合は,その後大分に移動して,6ヶ月,150時間でした.

 海軍は例えば,失速に入れるなとは繰り返し教え込まれたのですが,失速そのものの教育は受けません.
 戦前,九六式艦戦の最初期まで失速を訓練で行っていたのですが,その後,中止になります.
 その理由は当時,まだ失速(低翼単葉機)からの明確な回復方法がなかったためでした.
(詳しくは光人社からでている佐官級飛行隊長の方の本をみていただければよいかと)
 ちなみに米国式の場合は,「頭ではなく身体で覚えよ」と言う方式で,失速のあらゆる状況を実際に体験させ,回復法を練習すると言った実用本位の考え方です.

 また,海軍と米国式でも計器飛行について,旧海軍の関係者は,米国の計器飛行は水平儀を中心としてあらゆる飛行計器を使う「フル・パネル」式に対し,旧海軍のそれは,旋回計の針と玉,磁気コンパスのみを使う「パーシャル・パネル」式で,前者は,チェックする契機の数は多い反面,スキャニングさえきちんとすれば,機の姿勢変化を確実に読み取ることが出来る,万人向き,
 後者は,計器の数は少ない代わりに,機の傾きなどが判らず,機位を失する可能性が高いと言うものでした.

(眠い人 ◆gQikaJHtf2他)

93式中間練習機(通称;赤トンボ)
http://military.sakura.ne.jp/ac/willow.htmより引用)


 【質問】
 予科練って何?

 【回答】
 海軍飛行予科練習生の略称です.
 太平洋戦争時の海軍飛行兵養成制度の一つで,制度の変遷によって甲飛・乙飛・丙飛の3種類ができました.
 戦前の予科練卒業生は戦時中,航空機搭乗員の中核となり,戦中の予科練生は特攻隊員の中核となりました.

【ぐんじさんぎょう】,2008年7月27日14時46分

 海軍省と横須賀海軍人事部が監修した「海軍志願兵」(画像右下)
 要は予科練を目指す学生を対象にした海軍パンフレットで,各兵科や階級,組織や訓練内容から試験問題等を,多くの図版で紹介しているもの.
 予科連受験を控えた中学生向けのパンフなので,イラストや写真も豊富で,こういった軍もの印刷物では珍しい構成.
 発行日:昭和19年9月.
 「お母様方へ」という保護者へのページを,軍務局の海軍中佐が書いていたりして,戦中の教育という分野でもなかなか興味深いパンフレットです.

 ちなみに「海軍志願兵」の上にあるのは,調べたかった近衛連隊史を扱った「近衛聯隊旗」(村上兵衛/秋田書店/昭42)と,戦前のノモンハン歩兵戦記「バルシヤガル戦記」(高島正雄/鱒書房/昭17).
 〔略〕
 それから,2,3店鋪から買った「歴史写真」誌を幾つか.
 別冊の「満州事変特集号」は,初期型のサクラ鉄兜が登場する写真が多くあり満足しました.
 さらにその下には,別売表紙と共に綴じられた昭和10年1年分の「歴史写真」誌12册組み.
 ここまで綺麗なのは,ちょっと珍しい.

よしぞう(maro') in mixi,2006年11月06日02:06
〜2006年11月06日 03:29


 【質問】
 予科練生になるのって難しかったのでしょうか?
 もしくは人気あったんですか?

 【回答】
 ちょー難しくてちょー人気.
 合格率だけで言えば,海兵(確か数%)と変わらなかったはず.
 第一期募集からして,定員80に対し応募数千という状態,後には更に人気が増して競争率激化.

 何といっても大空を飛べることと,予科練生の七つボタンのスマートな制服は,当時の少年たちの心を引き付けてやまなかったと聞いている.
 陸士,海兵ほどではないにしろ,予科練は軍を目指す少年たちのあこがれだった.
 頭脳,体力ともに優れていなくては合格できない.

 また,高等小学校卒でも受けられたから,優秀だが中学校に進学できない人の受け皿にもなっていた.

 あと,女の子にもモテた.

 俺のじいさんも,予科練に入ったことを死ぬまで自慢していた.

 そんな人材を意味不明な特攻で殺した,大日本帝国のバカさ加減は,いくらけなしても足りねーよー..

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 予科練習生には何歳から入隊できたのですか?

 【回答】
 甲種飛行予科練習生の場合は,16歳で入隊し,2年半の教育修了後上等飛行兵曹,更に練習飛行隊撰修学生として1年教育すると,23歳で少尉になることが予定されています.
 学歴的には中学校3年または4年修了程度で採用されます.
 但し,航空機搭乗員の払底から,1943年に15歳,1944年には中学校2年修了程度まで下がりました.

 もう一つ,予科練習生には,従来からあった少年飛行兵の流れを汲む乙種飛行予科練習生があります.
 こちらは,高等小学校卒業程度,年齢的には15歳で採用し,二等飛行兵から進んで19歳で二等飛行兵曹,25歳で飛行兵曹長,29歳で少尉任官という流れになります.
 なお1941年より,14歳まで門戸が広げられています.

眠い人 ◆gQikaJHtf2

陸上自衛隊武器学校は,かつて海軍予科練基地が在った場所なので,こんな石像や予科練資料館も在りました
faq100827rs2.jpg
faq100827rs.jpg

よしぞうmaro' in mixi,2007年10月15日02:13


 【質問】
 予科練卒は最速で20歳と聞きました.
 そのときの階級は何なんですか?
 それと卒業後は毎年,大尉までは自動的に昇進するというのは本当ですか?

 【回答】
 甲飛は,16歳(1943年以降は15歳,1944年には中学二年修了程度)で入隊し,二等飛行兵から進んで,2年半の教育終了後に上等飛行兵曹,更に練習航空隊撰修学生として1年教育の後,23歳で少尉となることが予定されています.
 最初の入隊年齢が下がっているので,少尉任官が20歳というのはあり得る話ではあります.
 乙飛は,15歳(1941年以降は14歳)で入隊し,二等航空兵から開始して,19歳で二等航空兵曹,25歳で飛行兵曹長,29歳で少尉となることが予定されていました.

 そこまでは自動的な昇進ですが,それ以後は人事考課に従って昇進が決められます.

眠い人◆gQikaJHtf2,2006/07/25(火)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 美保海軍航空隊って何?

 【回答】
 30000人もの大量の志願者を募った予科練甲飛第13期の生徒を教育するため,現在の鳥取県米子市大篠津町に増設された,予科練教育航空隊.
 1943.10.1に開隊したが,美保飛行場は1939年秋から造成が始まっていたにも関わらず,開隊時には工事完成しておらず,入隊したばかりの甲飛13期生も残工事に借り出された.
 1944年1月には,初歩練習隊として第2美保海軍航空隊が独立し,1945.2.11,第2隊は奈良県の柳本飛行場に移転して,大和海軍航空隊となった.

 【参考ページ】
http://www8.ocn.ne.jp/~k-kuri/mframe-3.html
http://www.mod.go.jp/asdf/miho/kaigun_koukutai_enkaku.html
http://www.asahi-net.or.jp/~UN3K-mn/yoka-miho.htm
http://www.geocities.jp/taken373/miho.html
http://www2.sanmedia.or.jp/air-web/miho-ab.htm

【ぐんじさんぎょう】,2011/07/04 20:50
を加筆改修

米子・掩体壕

ベタ藤原 in mixi,2011年06月21日21:58


 【質問】
 戦前はパイロットになるには,どんな道があったのか?

 【回答】
 戦前,パイロットになるには,陸・海軍の飛行兵を志願するか,民間の飛行学校に学費を払って操縦を習うか,だったという.
 また,逓信省航空局にも乗員養成所があったという.

 当時の日本には,“飛行機乗りは危ない”という風評があり,
♪「飛行機乗りには娘はやれぬ〜 今日の花嫁,明日は後家〜」
という歌まであったという.

 詳しくは
≪ WEB 熱線 第1175号 2009/05/13_Wed―アジアの街角から―≫:「八路空軍従軍記」
を参照されたし.


 【質問】
 手相占いが日本海軍で採用されていた,というのは本当ですか?

 【回答】
 日本海軍では,航空機の搭乗員の適性検査に観相学(手相とか)を取り入れていたそうです.
 水野義人という人物が1936〜7年頃から海軍航空本部の嘱託として採用され,23万人以上の練習生の鑑定を行ったとされます.
(数年前から正式採用されずに見てたという話もあります.後述)
 この人が書いた
『昭和16年12月26日 操縦員適性検査ニ関スル相学的研究(其の三)』
なんて研究資料まで,防衛研究所に残っています.
 終戦時には海軍教授で,復員する将兵の進路相談にも活躍したとのこと.
http://navy75.web.infoseek.co.jp/kaisouroku/newpage12.htm

>手相・人相の結果は搭乗員の適否にはよく当たるとかで,私たちもそのテストを受けた.
>中年の人が5,6人ぐらい列んでいる部屋で,じろじろ見られる
http://www.b-b.ne.jp/zero/zero014.html

という話もあり,ほかにも担当者がいたのでしょうか.

 効果のほどですが,海軍教授にまでなるというのは,効果有りと認められてたんでしょうね.
 ただ,23期操縦練習生を御賜で卒業した金子少尉について,紙に取った手形を見て「下手の見本だ」と評したというエピソードも残っていますが.
 なお,操練23期は1933年10月開始なので,水野氏が正式採用される前のことになります.

◆yoOjLET6cE in 軍事板
青文字:加筆改修部分


 【珍説】
 日本軍のパイロットはパラシュートを付けなかった.

 【回答】
 これは戦後に広まった俗説で事実じゃありません.
 落下傘は標準装備品です.
 座席が大きくくぼんでいて,そこに落下傘を入れてパイロットはその上に座るという仕組みになっているので,落下傘無しでは座ることもできません.
 装着するのが決まり事で「普通」です.
(真偽は分からないですが,パイロットによってはお小水を紙袋にするのが面倒で,そのまま飛行服のなかでいたしたとか....
 それが落下傘にしみてきて,落下傘がカビだらけになってしまったというお話を聞いた事があります)

 ただし落下傘の管理が悪くて「いざって時に開かない」って噂があり,かわりに座布団を座席に詰め込んで飛んだ事例はありますが,これは落下傘の品質を搭乗員が疑ったためです.
 見張りに不自由だから,熟練者はあえてバンドを装着しないっていうのもあったようです.

 ちなみに(全員でもないけど)特攻隊員でも落下傘を装着しています.
 特攻隊で良く使われる映像で,米軍の対空射撃で撃墜された機体の近くで,開いた落下傘が映ってますね.
 おそらく搭乗員は死んでいる?のに偶然開いたのものだろうけど.

軍事板


 【質問】
 旧軍のコンバット・レスキューに関する質問です.
 大戦中の米軍は(今でも?),海上や敵地に墜落した操縦士の救助を積極的に行っていたと聞きました.
 空自でも救難隊は精鋭中の精鋭ですよね.
 旧軍は,海上や敵地に墜落した乗員の救助を任務とする部隊を,どのような組織を作って,どのように運用していたんですか?
 また,それらの部隊は精鋭とみなされていたんですか?

 【回答】
 専門の部隊は持ってなかったと思います.
 現在,パイロットの救助に使われてるヘリ(オートジャイロ)は当時,殆ど配備されていません.
 あくまでも近くに友軍の地上部隊や艦隊がいれば拾ってもらい,敵地なら自爆,自決・・・という感じです.
 飛行艇で助けにいこうにも,米軍みたいな機体搭載航空無線やビーコンの類を持ってませんし.
 そもそも絶対的な装備数が足りないので,なかなか救助をする余力がありません

 一方,当時の米軍の場合,比べ物にならないほどの数の飛行艇や潜水艦を有していたので,積極的にパイロット救助を行っており,主任務の一つと言ってよいほどでした.

モッティ ◆uSDglizB3o in 軍事板
青文字:加筆改修部分

▼ ただし日本でも,飛行艇で不時着パイロット救助に成功した例はあります.
 また,潜水艦が救助配置に付けられていたこともあります.

 ただ,鈍重な飛行艇が着水するとか,潜水艦がのこのこ浮上するなんてことは,よほど注意しないと二次被害が大きくなるので,大戦後期には無理になりました.

 そんな不確実な任務につけるよりも,もっと攻撃的な任務に使いたがった面もあります.

◆yoOjLET6cE in 軍事板,2009/01/07(水)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 大西瀧治郎って誰?

 【回答】
 大西瀧治郎(おおにし・たきじろう)は,1891.6.2,兵庫県生まれの日本海軍軍人.
 海軍航空隊の養成に尽力し,また,第11航空艦隊参謀長として,真珠湾攻撃の作戦計画原案を作成.
 神風特別攻撃隊の編成を行なったことにより「特攻の生みの親」であるともされ(異説もあり)るが,1945.8.16,割腹自殺.
 最終階級:中将.

 【参考ページ】
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/sinpu-oonisi.htm
http://www.geocities.jp/kamikazes_site/saisho_no_tokko/oonishi/oonishi_shini.htm
http://www2b.biglobe.ne.jp/~yorozu/sub3-10.html
http://www004.upp.so-net.ne.jp/kuhiwo/dazai/oonishi.html
http://sidenkai21.cocot.jp/m38.html

【ぐんじさんぎょう】,2010/08/13 21:20
を加筆改修

 さて 「俺はきみのためにこそ,死にに行く」 て,切腹しちゃった大西瀧治郎のちょっとしたエピソードです.

 大西は昭和2年,35歳のとき,お見合いをする事になりました.
 しかし,大西としては,まだ結婚したくなかったので,なんとかこのお見合いを潰そうと思い,褌一丁,泥酔状態で見合い会場に現れ,踊ったり,卑猥な言葉を見合い相手に言ったりで,それは悪行の限りを尽くしたそうな.

「これで,お見合いは潰れた!」
と大西は思っていたのですが……

 その悪行を見た,見合い相手の母親が,
「海軍軍人として天晴れな振舞い. 娘を嫁がせるなら,この様な豪傑に嫁がせたい」
と,娘を促し,強制結婚させられたそうな……


 
   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (・(・・)・U <  人は運命には抗えない!
  /JベタJ   \__________


 そゆことで…… (w`;

ベタ藤原 in mixi,2007年05月15日07:27


 【質問】
 二式大抵って,墜落したパイロットの救助等で活躍できなかったんでしょうか?

 【回答】
 二式大艇は全部で200機も作られていない.
 戦闘に伴う消耗もあるし.終戦時に稼働できた機体は確か一桁だったかな.
 偵察や輸送(晴空だっけ?)や訓練に使うだけで精一杯.
 もちろん救助できる状況の時はしただろうが,その状況があまりなかった事になると思う.

 97式大艇で救助した話はどっかでみた気がしたけど.

 帝国海軍は大型飛行艇にも攻撃能力を要求したくらいで,アメ公みたいに飛行艇にそこまで要求をする必要がなかった所と比べられてもねえ.
 結局最後は,みんな貧乏が(以下省略

軍事板
青文字:加筆改修部分

二式大艇
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 現代のアメリカ海軍空母艦載機は航空隊毎に独立(海兵隊,海軍所属)しているそうですが,旧日本海軍もそうだったのでしょうか?

 【回答】
 当初,空母艦載機は「空母の装備品」だったので,それぞれの空母にそれぞれの航空隊が設定されていました.
 たとえば珊瑚海海戦で翔鶴が大破し,瑞鶴に緊急着艦した翔鶴航空隊のパイロットがそのまま瑞鶴に居座ることは,辞令が出ない限り不可能で,翔鶴の修理完了まで岩国で訓練ながら待つか,飛鷹・隼鷹送りの辞令を受けるかです.
 また,主力の下士官パイロットは所属鎮守府に在籍するため,横須賀所管の赤城の場合,蒼龍(横須賀所管)へ転属することはあって,加賀(佐世保所管)へは行けません.
 空母がひとたび轟沈すれば,死なばもろとも…なのが空母航空隊員です.
 横須賀鎮守府は霞ヶ浦,呉鎮守府は岩国,佐世保鎮守府は大村,舞鶴鎮守府は美保に慣熟訓練航空隊があり,この中から,陸上航空隊行き,または空母航空隊要員を選抜することになり,不足したパイロットの補充員,新規就役空母の初代スタッフとして引き抜かれることになります.

 もっとも,基地航空隊にも宇佐空や佐伯空みたいな艦載機乗りの名手がいる部隊もあり,小沢さん直伝のアウトレンジ戦法を伝授された元基地航空隊の艦載機乗りの選抜隊が,大鳳に搭載されました.

(鷂 ◆Kr61cmWkkQ)

 その後,マリアナ沖海戦時には,各航空戦隊に特設航空隊が一個付属する編成に改められ,「空母ごとに独立」では無くなっていた.
第一航空戦隊(大鳳,瑞鶴,翔鶴):第六〇一海軍航空隊(艦戦81,艦爆81,艦攻72,艦偵9)
第二航空戦隊(隼鷹,飛鷹,龍鳳):第六五二海軍航空隊(艦戦81,艦爆36,艦攻15)
第三航空戦隊(瑞鳳,千歳,千代田):第六五三海軍航空隊(艦戦54,艦攻9)
(この他,マリアナ沖海戦には参加していないが,航空戦艦日向,伊勢の第四航空戦隊には,彗星と瑞雲の第六五四海軍航空隊が付属)

 マリアナでボロ負けした後,さらに「特設飛行隊」制度が導入され,各航空隊に,艦戦,艦爆,艦攻の飛行隊(定数は48機)が付属する方式になった.
(ちなみに,二航戦と六五二空は解隊)

 ただ,再建途上の空母航空隊が台湾沖航空戦に投入されてすり潰されちゃったので,フィリピン沖海戦時には,基地に残っていた機体と搭乗員を掻き集め,瑞鶴には六〇一空,瑞鳳,千歳,千代田には六五三空の残存飛行隊が載せられた(伊勢,日向は搭載機ゼロ).
 その結果は周知の通り.壊滅して,六五三空&三航戦も解隊.

 その後,第六五四航空隊は瑞雲だけの部隊となって沖縄戦に参加.
(かの「芙蓉部隊」と並び,特攻をやらなかった数少ない航空隊)
 第六〇一航空隊は,再び一航戦の空母航空隊として再建が始まったが,1945年2月に一航戦が廃止され,陸上基地航空隊となった.
 同隊は,関東をベースに作戦を行い,沖縄戦にも参加,
 その後,本土決戦準備の為,再び関東に戻って敗戦を迎えた.

 したがって,いちおう,敗戦の日まで「空母航空隊」は有ったコトになる.

 六〇一空に関しては,同航空隊のゼロ戦エース,白浜芳次郎飛行曹長の「最後の零戦」という著書が有り,マリアナ沖海戦から敗戦までの同氏の行動が書かれている.
(ちなみに同氏は,ベテランの水上偵察機乗りだったが,1943年に戦闘機乗りに転身した人)

夏光華(シア・クァンファ) in FAQ BBS


 【質問】
 奈良県の香芝市にある航空総軍戦闘指令所であったと思われる地下壕につ いて調べています.なにか参考になる資料などありましたら,お教えください.

 【回答】
 航空総軍の地下司令部は,奈良県の「屯鶴峯(どんずるほう)」に昭和20年 の春から建設が進められていました.
 「屯鶴峰(どんずるほう)」は,奈良県香芝市の二上山の北にあり,標高70m 程の白色の小高い峰々がひろがる景勝地で,約1500万年前の二上山の火山活動時に噴出した火砕流が堆積し,後に風化・侵食作用を受けて現在のような特異 な景観となったそうですが,天然記念物となっています.
 「屯鶴峰」付近にはさまざまな軍事施設があり,屯鶴峰地下壕はこれらの施設 を統括する拠点として建設工事が進められていましたが,完成する前に終戦と なりました.
 この二上山周辺には,この地下壕だけではなくさまざまな軍事施設が存在して いたようです.高射砲台,機関銃座,燃料貯蔵用地下壕,さらに大阪府に目を向けると,盾津飛行場,大正(八尾)飛行場,羽曳野市の地下軍事工場. いわば,この周辺が陸軍航空部隊・航空総軍の一大拠点となろうとしていたよ うに思えます.
 そして,屯鶴峯地下壕はこれらの施設を統括する拠点として建設されていたのです.
 第一航空軍司令官の李中将も,「河辺正三総軍指令官」に随行する予定でしたが,「地下司令部」が完成する前に終戦となりました.
 防衛庁防衛研究所の図書館には,次のような文書が残されています.
「師作命丙第65号航空総軍命令(昭和20年6月14日) 航空総軍戦闘司令所を牡丹洞(屯鶴峰)に推進し航空総軍指定優先通信網を別 紙(添付)のとおり切り換えるものとす.」 (注)「航空総軍指定有線通信網」となっていますが,「優先」を「有線」と 書き違えたものと思われます.

teruteru from おきらく軍事研究会


 【質問】
 901空とは?

 【回答】
 第901海軍航空隊は1943/11/15,海上護衛総隊が新編された際,その傘下に作られた飛行艇対潜部隊.館山で開隊.
 翌年,舞鶴に本部移転.
 『最後の飛行艇』(日辻常雄著,1994.9,朝日ソノラマ文庫……合掌)によれば,東港,指宿を主な基地とし,使用機材は第一線を退いた97式飛行艇.96陸攻,水偵など.
 1944/7,航空機用磁気探知機(3式1号探知機,通称『磁探』)を装備した96陸攻,東海などをもって「特別掃蕩隊」を編成.
 これが潜水艦狩りに威力を発揮する.
 1945/1にはマニラから第1航空艦隊が台湾へ撤収してきたので,その254空,953空,954空を統合.
 同年8/1には朝鮮北部・元山に同居基地を設けたが,ソ連軍侵攻によって抑留され,180名余がシベリアへ.
 抑留地での死者数は,今も把握されていないという.
 悲惨.

東京湾にて撃墜寸前の九七式飛行艇
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 去年〔2005年〕なくなられた建築家清家清さんの研究をしています.
 神町飛行隊について教えてください.

初心者サスケ

 【回答】
 神町飛行隊の施設は1943年に設置が決定し,1944年2月から滑走路工事が開始され,海軍施設部と関西からの徴用工,地域住民,学生によって,8月に600mの滑走路が完成.
 更に格納庫,兵舎,火薬・燃料貯蔵用の隧道,防空壕が建設され,12月に予科練教育と秋水搭乗員訓練のための神町海軍航空隊が開隊しています.
 防空壕については,戦後米軍の進駐の際に火薬,燃料置き場に使用しており,その部分は現存していますが,他の部分は素堀のため土砂の崩落で埋もれています.

 なお,これに関する資料としては,東根市神町歴史の会編「戦後五十五年を考える 神町空襲と若木山防空壕」にあるかもしれません.
(防空壕の平面図は少なくともありました)

眠い人 ◆gQikaJHtf2 in FAQ BBS


 【質問】
 戦前,済州島にあった海軍飛行場の規模や設置時期を教えてください.

 【回答】
 済州島に飛行場が計画されたのは1926年で,1930年代半ばまでに20万坪の敷地に滑走路1本が建設されました.
 1945年までにその敷地面積は80万坪に拡大されました.

 敗戦時の飛行場面積は120万平方メートル,滑走路は南北方向に1400m×70m,誘導路3500m×2550mで張芝転圧によるもの.
 滑走路東方には有蓋掩体20基,高角砲陣地,弾薬庫,管制塔,庁舎2棟,士官舎2棟,兵舎17棟,工場,格納庫,病舎などを備えています.

眠い人◆gQikaJHtf2


 【質問】
 WW2中国軍航空部隊に関する,お勧めの本はありませんか?

 【回答】
 2〜3年前に台湾の中國之翼出版社と言うのが,中國之翼叢書と言うのを結構出していましたね.
 『中共空軍史』は手に入れ損なったのですが,抗日戦争時とか国共内戦時の中国軍用機一覧とか,中国航空史,大陸偵察のRF-101やU-2の話,国共内戦時に寝返った人々とかも取り上げていましたっけ.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 :軍事板,2011/05/20(金)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 中山雅洋『中国的天空 下』は,上巻に比べてあまり評判良くないのはなんでだろう?

 【回答】
 あからさまな間違えが多いからではないかい.
 下巻の範囲は,今となっては台湾や中国本土,英語圏の書籍や記事で検証可能な部分が多いからね.

 加えて下巻では作中で,いきなり飛行機とは何の関係もなく,日本軍のことを,世界史上に類を見ない残虐非道な軍隊としてけなし始めたのを読まされるんだもの.
 日本軍が全く戦争犯罪をしていないとは思ってないが,「世界史上に類を見ない残虐非道な軍隊」呼ばわりは明らかにおかしいだろ.
 どんな基準や根拠をもとに,そう判断したかも不明だし.
 誰だってそれ以上,積極的に読んだり薦めたりしようとは思わんわな.

 まぁ,読み物的に上巻の方が断然面白いというのも,大きいと思うが.

軍事板,2011/05/19(木)
青文字:加筆改修部分

 中国戦線の航空戦に関しては,陸軍戦闘機隊限定で,時期も最後の2年間だけだけど,梅本弘さんの『陸軍戦闘隊撃墜戦記』の方が,『中国的天空』下巻より良書だな.
 何故2分冊で出したのかはわからんけど.
 2冊合わせても230ページぐらいだから,1冊で出しても問題なかっただろうに.

軍事板,2011/05/25(水)
青文字:加筆改修部分

 【反論】
 共産党と国民党双方にソースがあるから,お互い触れて欲しくない話を抜いたら,ああなっちゃっただけな気がする.
 特に基本が国民党空軍の話だから.

 別にそれ以上無茶する義理は作者にはないし,ここまで詳細に中国大陸の航空戦史を調べ上げただけで立派.
 要らん部分は,読む側がフィルタリングすれば済む話.

軍事板,2011/05/20(金)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 第2次大戦中のタイ軍航空部隊に,実戦経験はあるのでしょうか?
 たしかビシー・フランスとタイとの間で紛争があったはずですが.

 【回答】
 1937年にシャム陸軍航空師団から離れ,独り立ちした王立シャム空軍ですが,1941年,タイとフランス領インドシナとの紛争が発生すると,これに出動します.
 このときタイ空軍は,6機のマーチンModel139と4機のHawk-75Nをもってハノイを空襲.
 フランス側はMS-406,4機でこれを迎撃しました.

 英語版Wikiがわりと詳しいので.ここを見ると,損害は,フランス側は1機のファルマンF-221と2機のMS-406を地上で喪失したことを認めていますが,タイ側は5機の撃墜と17機の地上撃破を主張する一方,3機を空中戦で,5〜10機を地上で喪失した,と主張しているとされてます.
 ただ,フランス側の損害は実際には30%に達していたとも書かれていますが.

 また,フランス側はタイ空軍のパイロットについて,特に急降下爆撃について優秀と評価しているようですね.

 その他,フランス側のポテーズ542やファルマン221のタイ側に対する夜間爆撃やタイの97軽爆がフランスの戦闘機とドッグファイトが生起するなど, 空中戦がそれなりに発生しています

 なおタイ空軍は,マレー半島侵攻目的で中立侵犯してきた日本軍とも空戦をやっています.

 さらに
「War Birds」:単葉機の時代

によれば,太平洋戦争後期にはタイ領内に飛来するアメリカ陸軍のP-51やB-29を迎撃しているそうです.
 迎撃機は日本製の97式戦闘機や隼…….
 それでもB-29を1機撃墜しているらしいとか.

軍事板
加筆修正部分:青文字

ポテーズ540
ポテーズ542は,540ではイスパノスイザ12Xirs(690HP×2)だったエンジンを,
ロレーヌ・ベトレル(720HP)に換えたもの

タイ空軍の,「象のマーク」の松本引っ越……ならぬ,「象のマーク」の隼(模型)

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 WW2終戦間際に日本で撃墜された米軍パイロットが,終戦まで捕虜にならずに山中等で潜伏できた例はあるんでしょうか?

 【回答】
 撃墜されてから68日間逃げ延びた方がいます.これが唯一の例です.

 昭和20年7月14日に空母シャングリラから北海道に出撃したVB-85のカーチスSB2C10機の内,4機が苫小牧付近の鉄道を襲撃しましたが,この内の1機が操縦ミスで樽前山近くの地上に激突しました.
 搭乗していたパイロットのイーグルストン中尉は死亡しましたが,後席の電信兵兼射手であったオリバー・B・ラムスッセン一等航空電信兵は軽症で助かりました.
 残骸から取り出した非常キットの食料と救急箱・コンパスなどで彼は命をつなぎ,食料がなくなると,近くで飼われていた雌牛の乳で飢えをしのぎました.
 当初,彼は海へ出て,そこから船を奪って樺太に脱出しようとしていたのですが,これに失敗.
 農場近くの小屋に隠れていた時に農民に見つかり,ここで終戦を知ります.(墜落から60日後)
 その後,苫小牧まで自力で移動して,9月19日にようやく米軍のMPに保護されました.

 苫小牧から厚木,さらに母艦のシャングリラを経て,彼が輸送機で本国への帰途に着いたのは9月24日のことでした.

名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE in 軍事板
青文字:加筆改修部分

 その他の地域ですが,マリアナ沖,レイテとも戦場の支配権が米軍にあったので,パイロットはほとんど捕虜になってません.
 フィリピンでも主要な都市以外は,米軍の息のかかったゲリラに支配権が移っており,本隊復帰は容易だったようです.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 極東ソ連領内への米軍機着陸問題について教えられたし.

 【回答】
 〔略〕
 ところで,1942年半ばから日本はミッドウェイ海戦で大打撃を受け,ガダルカナルでも敗退を重ね,何度も行われた鉄底海峡での海戦に敗退するなど,日本の勢いが失われていきます.

 この流れに対応して,ソ連側は米英側の誘いに乗りながら,米英との関係の緊密化に一層の拍車を掛けていきます.
 ソ連としては,米英からの援助を最大限に引き出しつつ,米英側に欧州での第2戦線結成を依頼し,ドイツの圧力軽減を行わせようとしていました.
 この動きに呼応して,5月下旬にモロトフがロンドンに飛んで,5月26日,
「対独及びその欧州与国との戦争に於ける同盟及び戦後の協力に関する条約」
を締結,更にワシントンに飛んで,6月11日,
「侵略防止戦争に於ける相互援助の原則に関する協定」
を締結して,12日にモスクワに帰ってきました.

 佐藤大使は,その情報を知らんとして,6月19日にモロトフと会見を行う事になります.
 佐藤大使は先ず,今回成立した英ソ条約,米ソ協定は日ソ関係にどのような影響をもたらすかを尋ね,これに対しモロトフは,成立した英ソ条約の内容は欧州に関するものであって,日本には何ら関係ないものであると述べ,米ソ協定は供給に関する問題で何ら新しい取決めではなく,何れも秘密取決めはないと述べました.
 佐藤大使が,1943年4月にモロトフが触れた日ソ中立関係には,何ら変更がないものと諒解して良いかと尋ねた所,モロトフはその通りであると回答しています.
 更に,例の如く,ソ連の米国への領土割譲,売却,貸与,軍事基地の提供が会談されたのではないかと問いただしますが,そのような風説はドイツ側の捏造であると一笑に付し,今度もこうした話が議論される事はないかと尋ねた所,モロトフは今後,この様な旅行をする事も,交渉もする事はないと回答しています.
 会見の最後に佐藤大使は,日本は将来もソ連側が過去に於けるのと同様の態度を保持される様期待すると述べましたが,モロトフは日本も今後現在と同様の政策を採り,捏造の話に耳を貸さない様に希望すると釘を刺しています.

 結局,モロトフの態度はとりつく島もないものでしたが,ソ連としては対独反抗戦を準備している段階で,日本にちょっかいを掛けて欲しくないと言う目的もあり,暫く静音裡に置いておこうとした姿勢は垣間見られたと言います.

 丁度この頃,東部戦線では独ソ戦の天王山とも言えるスターリングラード攻防戦が繰り広がられていました.
 1943年2月2日,包囲網に置かれた総兵力33万のドイツ軍は,捕虜9万,戦死者14万7,200余を出して降伏に追い込まれ,ドイツでは国を挙げて3日間喪に服しました.
 ソ連側の戦史では,この意義について,
「ファシスト連合軍は独ソ戦線に於ける全兵力の四分の一を失った.
 敵の将兵150万が戦死し,負傷し,或いは捕虜となった.第8イタリア軍,第3,第4ルーマニア軍の壊滅はこれら諸国の内部に深刻な反響を呼び起こし,ファシスト侵略者陣営に内紛を発生させた.
 日本とトルコは,対ソ攻撃を決定的に断念した」
 まぁ,日本ではそんな余力はなかったのですが,ソ連は日本の対ソ攻撃の幻想が拭えなかった為か,最後までこの観念は捨てていません.

 2月23日のソ連軍記念日には,クイビシェフで盛大なレセプションが催され,日本大使館員も招待されていますが,その席上にはスターリングラード戦の勇将で第62軍司令官のチェイコフの顔も見え,まさに彼は宴のヒーローとなっていました.

 これに先立って,ソ連は2つの挙国一致政策を実施しています.
 1つは1月6日に赤軍将兵の制服を改正し,従来の地味な制服を改めて,帝政ロシア時代に準じた煌びやかな軍服が復活し,その金ぴかの大きな肩章を付けた制服軍人の姿は,大祖国戦争に赴く将兵の士気を大いに挙げたと言います.

 もう1つは,対宗教政策の転換です.
 革命から近年まで「宗教は国民の阿片なり」として,反宗教運動を進め,ましてや僧侶が在外公館と接触しようものなら,有無を言わさず,シベリアに送られたのですが,この時期を境に,反宗教運動を手控えたばかりでなく,一種の対宗教宥和政策を打ち出し,これを大々的に宣伝し始めました.
 国内でも祖国の為に活動する宗教家が叙勲され,政府機関中に宗教事務局が設置され,ギリシャ正教会の組織も公然と認められる様になりました.
 これは,祖国戦争を戦うに際して,国民に絶対的な融和を求め,特に旧世代の人々の愛国心に訴える為にも宗教の優遇が不可欠との判断もありました.
 また,対外的関係でも,宗教に寛容な姿勢を見せる事で,従来,人権蹂躙や宗教に不寛容であると批判を行ってきた米国内のソ連観を好転させる為に必要なものでした.

 ところがこんな時,米国から基地提供の申し込みが為されてきます.

眠い人 ◆gQikaJHtf2,2010/11/14 22:19

 さて,スターリングラード戦が最終段階に入っても,ルーズヴェルトはなお,日本が対ソ攻撃に出ると言う予想を捨てませんでした.
 1942年末のスターリン宛親書でも,そうした考え方を披瀝し,もし,日本による対ソ攻撃が行われれば,米国は4発爆撃機100機で,貴国を支援すると書いています.
 そして,その上で,ソ連に対し,極東空軍の施設をブラッドレー将軍に視察させ,コロレンコ将軍との交渉を継続させる様に述べていました.
 つまり,米国は太平洋戦争にソ連を参戦させようと考えていたのです.

 しかし,ソ連側は既に日本側の動きを察知していた為に,米国の誘いには乗りませんでした.
 スターリンが翌年1月5日にルーズヴェルトに宛てた親書では,
「我々が飛行機を必要とする場所は,極東ではなく,ドイツ軍と激戦を交えている戦線である」
と返信して,米国側を困惑させています.
 そうこうしている内に,スターリングラード戦でソ連が勝利した事を知った米国は,それに対抗するかの様に,太平洋戦線での攻勢を強めていきます.
 そうして,1943年5月,米軍はアッツ島への上陸作戦を敢行した訳です.

 丁度この頃,米国がシベリアでの軍事基地供与との情報が流れ,佐藤大使は直ちにその真偽を問うべく,ロゾフスキー外務人民委員代理を訪ねています.
 この時の申し入れに対し,ロゾフスキーは困惑して,申し入れは政府側に報告するが,米国政府がソ連に軍事基地の提供を要求した事はなく,ソ連は今後も日ソ中立条約を厳守するので,この様な要求は提起し得ないとした上で,更に後日,メモを以て正式回答として伝えてくる念の入れようでした.

 結局,アッツ島の日本軍は米国の攻勢の前に全滅し,キスカ島からも引揚げたので,日本のアリューシャン列島での足場は消滅しました.
 再び日本の立場は苦しくなった訳です.

 他方,クイビシェフに避難していた外交団と政府機関は,首都が正常化した事により,8月中旬にモスクワに戻りました.

 1943年後半になると,北方海域で米軍は更に攻勢に出る様になります.
 そして,アリューシャン列島から長駆北千島を爆撃する様になるのですが,8月12日にはその爆撃行の後,カムチャツカに着陸すると言う事件が発生しました.
 この事を知った日本側は,8月24日に佐藤大使がモロトフ外務人民委員を訪れて,米軍用機の行方と乗員の取扱に対し問い合わせを行っています.
 たった1機の不時着ではありますが,B25による日本空襲以来1年数ヶ月ぶりの不時着事件で,日本も神経を尖らせていた事が伺えます.

 これに対しモロトフは,こうした事件は全く例外中の例外で,その機体の取扱い,乗員の抑留については,国際法に基づいて実施していると答え,今後も米軍機が不時着した場合,同様に扱う事とし,一切,聖域化することはないと一笑に付しました.

 ところが,1ヶ月を経ない9月12日にまたも米軍機数機が北千島を爆撃した後,カムチャツカに着陸した事が判明しました.

 9月20日,佐藤大使は早速モロトフの元を訪れ,事実確認を申し入れます.
 その席上,佐藤大使は,今回の事例は万一の場合,ソ連側に逃れる事を想定しており,これは中立を侵犯しうる行為であること,それは米国に対する基地提供と同義である事,もし,ソ連が中立を標榜するのであれば,この事案に対し,ソ連は米国に抗議を申し入れる必要がある事を述べました.

 9月24日,ロゾフスキー外務人民委員代理から佐藤大使に対して,調査結果の報告が届きます.
 それによると,9月12日に米軍機3機が発動機故障でカムチャツカに着陸し,その後4機がソ連国境を侵犯した為に,ソ連機によって迎撃を受け,ソ連領に着陸を余儀なくされた事,乗員は国際法に準拠して官憲に抑留された事が判明しました.
 佐藤大使は,モロトフへの申し入れを反復した後,ソ連から米国に抗議をすべきものであるとの質問を投げかけましたが,ロゾフスキー外務人民委員代理は,ソ連政府は米国に申し入れをした旨を答えただけでした.

 更に佐藤大使は,こうした事例が既に3件も起きているので,日ソ間の誤解を避ける為にも,ソ連政府の同意を得た上で,日本官憲が抑留機と乗員の検分が出来ると好都合であり,ソ連政府がこれを受入れると日本側も安心すると意向を尋ねます.
 これに対し,ロゾフスキー外務人民委員代理は,日米間が交戦中であり,それは国際法違反となるので合意不可能であると答え,佐藤大使がなおも,米国側の計画的犯行であると判明したので,機種と乗員数をも通報されたしと食い下がりますが,不時着機の乗員は戦意を放棄しているので,情報提供は同意しかねると答えます.
 佐藤大使は,更にこの程度の情報提供では,国際法違反にならないだろうと追及しましたが,ロゾフスキー外務人民委員代理は,これは一般的に認められた国際法に反すると為し,一々の事案に答える義務はないと述べて,会談を打ち切りました.

 9月28日,佐藤大使はロゾフスキー外務人民委員代理を訪ね,先の話を蒸し返します.
 日本側に安心を与える為にも,この種の情報提供を再び申し入れたのです.
 これに対し,ロゾフスキー外務人民委員代理は,ソ連側も事件を重大視しており,機体と乗員を抑留した事は既報の通りであるとし,抑留措置は重大措置と解して欲しい,これらの兵力は戦争の全期間に渡って釈放し得ないからであると述べ,日本側の理解を求めました.

 最終的に9月30日,ロゾフスキー外務人民委員代理から佐藤大使に対し,大使に好意を表し,また個人的通報と前置きした上で,モロトフからの回答として,米国軍用機の2機は4発発動機,乗員12名である事,5機は双発で乗員が5〜6名である事を伝え,この問題の決着を図っています.

 もしかしたら,この騒ぎは,米国がソ連を太平洋戦線に引き込もうと企んだものかも知れません.

 飛行機の問題はこれで片が付いたのですが,それ以上に日ソ間で厄介な問題だったのが,ソ連国旗の下で太平洋を渡る船舶の問題でした.

眠い人 ◆gQikaJHtf2,2010/11/15 22:43


◆◆装備


 【質問】
 日本の空港整備はどのように始まったのか?

 【回答】
 明治末から大正初期に掛けては,未だ航空機も黎明期で,飛行場についての法律上の規定はありませんでしたので,一定の広さを持つ平地であれば,何処でも離着陸をする事が出来ました.
 また,滑走路についても,何も直線である必要はなく,円形であろうが曲線であろうが,平滑に整備した場所さえあれば,風向きや行先に応じて自由に離発着出来た訳です.

 しかし,民間航空輸送が実用化された際,空港の整備が問題になりました.
 1927年6月,航空法が施行され,第5章に「飛行場」が規定されます.
 これに基づき,逓信大臣の許可権限(意外に内務大臣ではない)と必要書類,経営者の義務が定められ,又,第4章では飛行場の隣接地に障害物がある場合は,標識の整備が謳われました.
 1937年になると,更に離発着時の安全を期す為,飛行場に隣接して特別地域を設定し,規制が様々に為される事になります.

 当時,空港の種類として4形態が考えられていました.
 1つ目は陸地にあって陸上飛行機と水陸両用機の運用を図る「陸上航空港」,
 2つ目は水面を離発着の場所とし,水上飛行機,飛行艇と水陸両用機の運用を図る「水上航空港」,
 3つ目は海の中央に人工のプラットフォームを構築する「洋上航空港」,
 そして,4つ目が都市の高層建築物の屋上に連続して平坦地を造り,飛行場にしようという「高架航空港」という発想で,今のヘリポートに通じる様なものです.

 「高架航空港」の案件としては,1933年秋に国鉄名古屋駅の改良工事で提案されたものがあり,これは10面のプラットフォームが出来るので,この屋上に出来るこの幅員200m,長さ200mの部分を広大な板で覆い,平地同様の飛行場を設け,旅客機の発着場にしてはどうかと言うものだったりします.
 駅から至便という利点があり,ちょっと見てみたい気もしますが.

 実際に民間航空輸送で用いられたのが,「陸上航空港」「水上航空港」の2形態です.
 当初は,陸上機の輸送力が小さく,飛行艇が用いられていたので,「水上航空港」も重視されました.
 初めて有償の民間航空輸送が実現したのは,大阪と四国の間で,大阪側の発着場は堺の大浜海岸でした.

眠い人 ◆gQikaJHtf2,2008/04/03 21:53


 【質問】
 戦前の大阪における飛行場拡張の歴史について教えられたし.

 【回答】
 1927年,航空法の施行と同時に,逓信省は民間定期航空輸送を開始する構想を打ち出し,東京と大阪,福岡に民間飛行場を建設して,東京〜大連,大阪〜上海の国際航空路を開設することにしました.
 東京は羽田に飛行場が,福岡は名島に水上航空港が造られ,大阪には1929年4月1日,木津川尻の船町に用地を確保し,東西に720m,南北に400mの滑走区域を持つ大阪飛行場が完成しました.

 しかし,立地条件は都心から近いのですが,市街地側からは木津川を渡る橋梁が無く,渡船を利用する必要がありました.
 文明の利器の最先端を行く飛行機に乗るのに,渡船を利用するのは….
 また河口部にある為,気温の変化によって霧が発生する日が多く,加えて「煙都」と呼ばれた大阪です.
 周辺に工場や事業所が増えた為,煙突からの煤煙で視界が更に悪くなりました.
 夜間の離発着用に照明が準備されていましたが,安全の確保が課題となります.

 更に縦割り行政の弊害がありました.
 港湾を整備する部局では沖合に設ける予定の防波堤を,木津川右岸から左岸に変更する事にしました.
 つまり,この防波堤が出来上がると,空港近辺の水域,つまり飛行艇や水上機の滑水面は港湾域に取り囲まれ,内港となってしまいます.
 大小様々の船舶が行き交う港内で,水上機は衝突の危険を避けつつ離発着するか,港湾の外にわざわざ滑水して出て行ってから離水するしかありません.
 こうなると,航空機としての利便性が損なわれます.

 更にまた,航空機の大型化や性能向上で,現在の滑走路では対応出来なくなる時期が近い将来やってくるのですが,現行の大阪飛行場では,とても拡張する様な余地が無く,国際航空港として,相応しいものではなくなりつつありました.

 其処で所轄の逓信省は,大阪飛行場の移転を検討し始めます.
 大阪市はその意を汲み,1931年9月5日,大和川尻地先の海面91.5万平方メートルを埋立て,其処に新空港を建設することに決定し,10年の工期と500万円の工費が必要という見積りを弾き出します.
 1933年7月5日,埋立事業の起工式が行われ,工事が開始されました.

 ところが,この新空港は,大阪からは確かに利便性が良いが,京都や神戸からは交通の便が悪い.
 だから阪神間に国際飛行場を設けるべきである,と主張した人々が出て来ました.
 彼らの登場で,大阪の新空港設置場所は迷走を始める事になります.

 さて,新飛行場を誘致する為に立ち上がったのは,神戸財界の巨頭である川西清兵衛でした.
 彼は大阪と神戸の双方から交通の利便性があり,付近に障害物もなく地質,排水に問題のない場所として,武庫郡住吉川両岸の埋め立て地,或いは武庫川尻にある彼の会社川西飛行機製作所の対岸埋め立て地を推しました.
 何の事は無い,我田引鉄ならぬ我田引飛行場だった訳で….

 と言うのも,1933年9月の事,当時金融恐慌で経営難に喘いでいた橋本汽船が鳴尾浜に所有していた土地9万坪を,債権者の山口銀行が競売に掛けました.
 で,これを川西機械製作所(川西飛行機製作所の前身)が取得して,此処に飛行場を建設するつもりだったのです.
 ところが,橋本汽船が山口銀行に負っていた97万円と言う巨額の債務を,阪神電鉄の支援を受け,完済する事が出来,競売に掛けられていた土地を取り戻す事に成功しました.
 阪神電鉄は,その土地に2,000戸の住宅を建設し,一大近郊住宅地にして売り出す事になります.
 結局,川西清兵衛が夢見た飛行場は立ち消えとなり,リセットを余儀なくされました.

 其処に降って湧いたのが新大阪飛行場の計画.
 川西清兵衛としては,自社工場の発展の為には是が非でも鳴尾近郊に国際飛行場を誘致しようと,大阪市が大和川尻を埋立て開始したと同時に,計画をぶち上げた訳です.

 大阪市は当然,この動きに対抗し,事業の完成年度を1937年新春と前倒しし,市会に建設予算を提案し,議決を得ました.
 神戸実業協会会頭でもある川西清兵衛は,大阪の経済界に連携を持ちかけますが,大阪商工会議所は川上胤三を東京に派遣し,商工省や逓信省の意向を探る事になりました.
 それに依れば,逓信省による大阪市の国際飛行場指定は「契約」ではなく,「賛意」であると言う見解であり,大和川尻はガスの発生が多い,翻って鳴尾も山が近くて気流が良いと言えないと言う回答であり,逓信省としては完成の早い方を国際飛行場とすると言う方針でした.

 これを受け,更に大阪市は三度目の見直しを行い,竣工時期を1935年春完了にする予算措置を行いました.
 当初,大阪商工会議所は,神戸案を支持すると見られていましたが,逓信省からの情報を得て,大和川尻案を推す事に決め,のみならず,神戸案に対し猛烈な反対運動を仕掛けてきます.

 こうして,神戸実業協会と大阪商工会議所の対立が顕在化しましたが,実行という面から見ると,既に工事に着手している大阪市が頗る優位に立ちました.

 ところが,官僚を信じて馬鹿を見るのは,どの時代も同じです.
 大阪市の瀧山助役が上京し,逓信省の片岡航空局長を訪れ,工事の竣工を3カ年前倒しした事,その為に内務省に350万円の起債を申請している事を報告しましたが,此処で大阪市の計画は見事に引っ繰り返されます.
 元々,大阪市の計画では,空港予定地は8万坪としていました.
 しかし逓信省としては,8万坪は国際飛行場としては狭隘に過ぎ,木津川尻の大阪飛行場の移転先としては認めるが,国際飛行場としては計画を見直さなければ,不充分であると言い出したのです.

 一方,工期では不利な神戸側でしたが,民間飛行士達は大和川尻案に反対を唱えました.
 最初に声を上げたのが日本航空輸送会社で,操縦士達と検討した結果,神戸案を支持する見解を出しました.

 こうして,操縦士,航空会社,経済界,官民挙げて大論争が起こっていた最中の1934年1月6日午後,木津川飛行場で試験飛行を行っていた日本航空輸送の夜間郵便機が,近傍の煙突に激突して大破,操縦士は重傷を負うと言う事故が起きます.
 これにより,陸軍委託生出身の操縦士達の団体である交星会,日本航空輸送の操縦士達の団体である航友会も相次いで大和川尻案に反対を表明します.
 彼らによると,木津川の飛行場に着陸するのは,「擂鉢の底に着陸する様なもの」で,「周囲の工場の煙突は危険」,「硫酸工場の排ガスは機体の金属部を腐食させ」,「セメント工場の細粉は煤煙と共に煙霧の原因となって」危険極まりない,としていました.

 これは少し離れた大和川尻に移転した所で,改善される訳がない.
 こうして操縦士団体内部での議論は沸騰し,操縦士の代表者が逓信省の片岡航空局長を訪問し,彼は,
「大阪市が飛行場を持つ事は結構だが,それは都市飛行場としての話で,国際飛行場を大和川尻に造る事についての諒解とか言質を与えた事は絶対にない」
と言う返答を得ます.

 この返答に対し,神戸実業協会は意気軒昂となり,大阪市側は反論し,これは既に「内定」を得ていると主張します.
 逓信省内部も混乱があった様で,この阪神間の争いを傍観せざるを得ませんでした.

 こうした中,尼崎市長,西宮市長,大庄村長,鳴尾村長は甲子園ホテルで会合を持ち,鳴尾から武庫川を挟んだ対岸にある大庄村が候補地として名乗りを上げ,更に混沌としてきました.

 更に,大阪市側に不幸が重なる事になります.

 大阪市,神戸商業会議所,阪神間市町村連合の三つ巴の争いになっていた国際飛行場誘致.
 当初は,大阪市の大和川尻案が優勢だったのですが,操縦士や民間航空会社の反対に遭い,神戸商業会議所の鳴尾案が操縦士,民間航空会社から支持されます.
 しかし,双方引かないでいる内に,大庄村が誘致に名乗りを上げたりして,混沌として来ました.

 こうした中,1月6日の試験飛行中の煙突激突事故からの余燼が燻っている,1934年1月31日,夜間飛行中の鶴岡貞一飛行士が,木津川飛行場近くで煙突に激突して機体が海中に沈没,彼は命を失いました.
 当時,午後8時までは霧がなかったのに,其の後,突然空港周辺が濃霧に閉ざされた事が判明しました.
 こうした場合の措置としては,亀山の信号所に連絡し,飛行機が上空を通過する際に,明野への引き返しを指示しますが,既に亀山の信号所を過ぎた後で,全く余裕がありませんでした.
 飛行場では,焚火を燃やし,サイレンを鳴らし,地上では「ガスの為着陸不適当」と言う意味の危険信号を明滅させ,更に投光器3基を点滅させて,上空に光を投げかけました.
 地上員は緊急呼集の上,緊急事態に備えましたが,鶴岡機は2,3回低空飛行をした後,姿を消したのです.

 先に厳重な抗議を行った日本航空輸送の飛行士で組織する航友会は,大阪飛行場の夜間飛行を拒否し,交星会もこれに和します.
 大阪に到着する時間帯を早朝とするなどの案もありましたが,結局は午後5時に大阪着となる様にダイヤを組み替える事となります.
 折角,航空灯台を設置して,羽田〜大阪間の夜間定期飛行を開始したばかりだったのに,真の夜間便は片道しか実現しなくなりました.

 逓信省は,世論の批判が大きくなっていたので,移転問題だけでなく,夜間飛行時の安全確保や不時着場の設置など,対応に追われます.
 更に2月16〜18日にかけ,更に大和川尻の飛行場設置場所の調査を行いましたが,調査委員会の団長格であった田中館愛橘博士は,
「大阪飛行場は全く以てお話にならぬ程度で,飛行士諸君が良くあれで飛んでいると思う」
と酷評し,大和川尻は飛行場として不適格と言う結論を下しました.

 当時の大阪市長である関一は,大和川尻案以外の案を検討するのは難しいとして,逓信大臣との直談判も行いますが埒が開かず,6月に逓信省の側から,
「国際飛行場は阪神間へは移転しない」
「その代り,大阪市かその近郊に出来うる限り煙霧などの障碍少ない場所を提示しろ」
と言う,飴と鞭の提案が為される事になりました.

 大阪市としてはこれは飲めず,逓信省は,第二大阪飛行場を新設する地区を模索する事になりました.
 1936年,漸くその候補地として,兵庫県川辺郡神津村,大阪府池田町,大阪府豊中市に跨る地域に建設する事が決定し,大阪市に代わって兵庫県が用地買収と整備を逓信省から委託される事になりました.
 これが現在の伊丹空港です.

 今は地方空港への格下げが取り沙汰されていますが,その発祥時点でも,そもそも,木津川尻の大阪飛行場の移転地はあくまでも大和川尻であり,伊丹のそれは,第二飛行場と言う位置づけだったりします.

 途中,阪神大風水害の被害などもあって工事は難航しましたが,1939年1月17日に大阪第二飛行場として開業する事になりました.
 大阪第二飛行場は,木津川尻の大阪飛行場から,「陸上航空港」の役割だけを移譲し,木津川尻の大阪飛行場は,水上機専用空港となります.
 謂わば,庇を貸して母屋を取られる状態だったり.
 この大阪第二飛行場には2本の滑走路が設けられ,夜間照明設備を備えた近代的な空港でした.

 しかし,既に当時としても計画時点でも大型と言われていたDC-3から,更に大型の四発旅客機が出現していた時代.
 大阪第二飛行場は開業当初から既に手狭になっていました.
 この為,国際便は羽田から大阪を経由せずに福岡へ直行する始末でした.
 其処で,更に飛行場の拡張が進められ,此処が国際空港としての機能を担う事になり,大和川尻の飛行場は完全に梯子を外されてしまいました.
 同時に,川西清兵衛の野望である,鳴尾飛行場も結果的に実現しなかったので,喧嘩両成敗的ではありますが….

 大和川尻の飛行場予定地も,第二飛行場と同じく,風水害の被害に遭い,当初完成が1935年だったのが大幅に遅れ,予定地の埋立が完了したのは1939年の事でした.
 既に,航空機大型化の波からは完全に取り残され,今更国際飛行場として使う事も出来ず,民間航空輸送の主体は殆どが陸上機の時代となり,この空港が開業したとしても,一部水上機の発着と,パイロットの訓練飛行が行えるだけであろうなどと揶揄されました.

 大和川尻の事業断念は,1942年5月29日.
 大阪市が描いた餅は見事に画餅に帰してしまいました.

 しかし,埋立地を造ると,其処で博覧会や五輪を開催したがる東京市,東京都,其処に巨大な建造物を建設したがる大阪市,都市のDNAって,意外に連綿と続いているのかも知れませんねぇ.

眠い人 ◆gQikaJHtf2,2008/04/03 21:53
〜2008/04/05 23:02


 【質問】
 陸軍の飛行場建設は,具体的にはどのようにして行われたのか?

 【回答】
 陸軍の航空基地については,太平洋戦争前に陸軍航空本部が計画し,地上兵団の経理部が主にその実施に当たりました.
 当初,そう言った飛行場の大部分は,増員された操縦者を養成する為の教育訓練飛行場でした.
 陸軍航空本部で,飛行場整備を担当していたのは,第10課で,その課長は「日本の国家予算の中で最高額を扱う課長」と自称していました.

 この時期,日本本土に新設する飛行場の順序としては,
1. 重要都市並びに重要施設の防空,教育訓練用飛行場の設定
2. 北東方面に於ける対米対「ソ」の航空両面作戦飛行場並びに防空飛行場の増加,拡張
3. 教育訓練用飛行場
としており,既設飛行場との空域関係,地形地貎,天候気象条件を勘案し,更に食糧生産を出来るだけ圧迫しないと言う条件を加味して,水田地帯を避けて平坦な森林,畑地に絞って検討し,教育能率本位の飛行場候補地が選定されていきました.

 で,こうして選定された候補地を図上で検討し,ある程度の腹案を立て,総務部の部員と施設課の主計,技師と共に実地偵察に赴き,現地踏査を行います.
 現地踏査は,飛行場候補地の細部にわたって検討を加える為,詳細を究め,実施計画を立てて経費資材を計算するようにして,建設計画が具体化されていく訳です.
 陸軍総務部では,1942年までに東北地方は東側を除いて日本海沿岸を福井県まで,九州は南部に重点を置いて,全地域,関東地方も全地域を踏査していました.

 本土を広く踏査した結果,教育訓練に最も効率の良い「面飛行場」(一辺1,300〜1,500mの正方形で芝生のものが殆ど)の設定が出来,且つ国民生活を圧迫せず設定経費の節約が出来る,森林または畑地に余裕のある地域として,関東地方では埼玉,群馬,栃木,茨城,千葉,九州地方では宮崎,鹿児島,熊本の各県に限定され,中部地方,中国地方は水田を取り上げない限り,新設は無理と判りました.
 こうして,内地の飛行場60数カ所に加え,24カ所を新設し,7カ所を拡張しました.
 新設飛行場は,壬生,水戸北,成増,松山,児玉,前橋,松本,伊那,大島,新島,富士,小牧,清洲,佐野,由良,広島,防府,高松,蘆屋,福岡,曽根,万世,上別府,唐瀬原で,拡張は,油川,印旛,松戸,老津,富山,三国,都城東の各飛行場です.

 土地は,経理部から将校担任官が派遣され,有力者(村長や区長,隣保班長)を集めて,役場で簡単な説明を行っただけで,翌日には地主会を開催し,更に其の翌日,説明から3日後には強制買収について地主が役場で承諾書に捺印し,買収が完了しました.
 この買収金額は大抵の場合,国債で支払われ,支度金程度しか現金は支払われなかったりします.

 こうして買収翌日には早くも飛行場の測量が開始され,これ以後住民が動員されています.

 こうした動きに対し,地元自治体では,10箇条の要望を軍に上げています.
 買収金額だけではなく,関係農民の生活安定対策(例えば,自治体が建設した用水路の費用が返還されていない農民に代わって債務を返済して欲しいとか,用地の周囲に農道を設定して欲しい,代替地の買収費用も出して欲しいなど),町村分与税を増額,作付統制の緩和で農民の実収を増やす,更に,やむを得ず離農する人々に対する対策を依頼していました.
 全く軍の意向だけで決められた訳ではなかったようです.

 とは言え,前橋飛行場の場合,「土地売渡し価格協定書」では,要望では田平均1反歩当り1,100円だったのが,実際には甲乙丙と区分され,甲は1,050円,乙は950円,丙750円となり,畑地は900円希望似たいし,甲乙丙丁と4区分され,甲は960円,乙は810円,丙660円,丁549円,山林は反当り300円,宅地は坪5円と決められ,完全に要望が通った訳ではありません.
 「地上物件補償額協定書」では,桑,麦,蔬菜,人参種,麻,竹林,梨園,柿,栗,庭木,生垣,松,杉,檜,桜,樫,欅,桐などについて補償額が決められ,これについても,桑の上作保証料を反当り297.50円,離作料反当り100円の379.50円を要望していたのに対し,反当り保証料96円,離作料50円の計146円,小麦は247.30円要望に対し,110円とされました.
 この他,墓碑,石碑,庚申塔,石灯籠,石垣に至るまで補償額が決められていきます.
 最後が「家屋移転補償額協定書」が締結され,家の移転補償額も定められました.

 因みに訓練用飛行場は面飛行場で,どの場所からも離着陸が可能となっていますが,防空用飛行場は,離陸地帯と着陸地帯が区別されています.
 防空用飛行場は離陸帯が1,500m(着陸帯に掛かる部分が300mなので実質1,200m),着陸帯が1,800mのL字型をしています.

 飛行場の建設地は軍用地とされましたので,一般人の立入が禁じられます.
 そして,工事監督の為に陸軍航空本部の出張所が造られ,建設会社がやって来ます.
 周辺の住民も動員され,前橋飛行場の場合は,北群馬郡,群馬郡町村の青年団から,毎日3ヵ町村ずつ100名程度が建設作業に参加すると共に,周辺の勢多郡,碓氷郡の各町村の青年団も加わり,1日6ヵ町村が動員され,これが5ヶ月続きました.
 この勤労奉仕は,前橋刑務所の囚人,青年学校生徒,在郷軍人分会,教員組合,警防団,高崎市の土建業者組合,前橋の国民学校高等科,勿論,地元の人間などが入り乱れて出入りし,1日の就労人員が2,111名に及んだ日もあったり,囚人の脱走騒ぎがあったりしています.

 地元国民学校の勤労奉仕は初等科4年生以上が動員され,主に草刈り作業を担いました.
 また,飛行場完成後も飛行場内にあった陸軍熊谷飛行学校前橋分教場に,高等科2学年の男子47名が動員され,機体整備や通信など,時には飛行隊植付けの甘藷畑の手入れにも駆り出されています.

 工事開始後3ヶ月で仮滑走路(整地された面)に金網を敷いて飛行機の離着陸が出来る様になり,それから半年後に,本部1棟,兵舎2棟,格納庫大(45×45m)3棟,小(25×35m)4棟,グライダー庫1棟,衛兵所1棟,講堂1棟,学科講堂1棟,修理工場1棟,雑品庫2棟,発動機修理工場1棟,防火用貯水池大4,小3,食堂,炊事場各1棟,便所と言った施設が完成し,宇都宮飛行学校前橋教育隊が開隊,特操150名が入隊,古河から少年飛行兵80名が転属し,特操はグライダーで,少年飛行兵は練習機での訓練を開始しました.

 前橋の場合は1943年5月に実地踏査を行って,10月から工事開始,1944年8月の完成ですから,1年弱での建設期間となります.

眠い人 ◆gQikaJHtf2,2008/06/28 21:27


◆◆◆攻撃兵器

 【質問】
 インターステートTDR-1とは?

 【回答】
 『異形機入門 究極の機体徹底研究』(飯山幸伸著,光人社NF文庫,2004.6)を読んでいて一番印象に残った機体.
 同書P.385によれば,アメリカでは1938年から無線誘導式の攻撃用無人機(アソールト・ドローン)の研究開発が行われていたが,参戦後に実戦運用を目指して作業が本格化.飛行特性や様々な機器類の整合性などのテストを受け,TDR-1は実戦で使用される事になります.
(なお,テスト飛行や前線までの回送は有人で行っている)
 作戦行動時にはコクピットなどは撤去し,代わりに電波送受信用のアンテナを複数取り付けます.
 誘導電波に従って離陸(離陸後は三車輪式の膠着装置を投棄),随伴機のグラマン・アベンジャー雷撃機からコントロール・プレーン・パイロットが無線誘導で長躯飛行.
 TDRの機首に取り付けられたテレビカメラが標的を捕らえると送信してくる画像を,モニタリングしていたドローン・コントロール・パイロットが誘導を引継ぎ,画像をにらみながらTDRを標的へ向けて誘導し突入させます.
 …これは湾岸戦争やイラク戦争の話ではなく,60年以上昔の話です.

要目:ライカミングO-435-2(200馬力)×2 全幅15.24m 全長10.97m 最大速度225km/h 武装907kg爆弾または航空魚雷

 TDR-1はソロモン諸島北部やラバウルに投入され,船団攻撃の時には11km離れた所からコントロールしたとか.1944年9月27日から10月26日かけてブーゲンビルやラバウルを目標にした作戦では46機中34機が突入に成功したそうです.
(9機は故障や電波障害の為,攻撃断念)

 ほぼ同時期,日本は比島決戦を戦っており,1944年10月17日に海軍特別攻撃隊の編成命令がくだり,25日敷島隊が出撃,突入しています.

 日本でも戦前に94式水上偵察機に遠隔操縦装置を装備した無人機が開発されていますが,コストがかかりすぎる,という理由で実用化されていません.
 本書では,これが実用化され,低廉化されてたら…としていますが,個人的に当時の日本の技術力を考えると…ちょっと….
 一方では十分な距離をとった所からテレビカメラで確認しながら誘導し,一方では命中するまで人間が操縦し…
 なにも言えなくなりました.

グンジ in mixi,2008年09月15日17:52
青文字:加筆改修部分

TDR-1
faq01b04.jpg
faq01b04b.jpg


 【質問】
 日本に「フリッツX」のような誘導爆弾は存在したのでしょうか?
 また,それは実用可能な性能を持っていたのでしょうか?

 【回答】
 大戦末期陸海軍ではいくつかの誘導弾の開発が行われていた.
 B29を撃墜することを目的とし,地上から敵機に照射されたレーダービームを感知し自ら進路を修正しながら飛ぶ地対空誘導弾「奮竜」
 飛行機から投下され,赤外線感知機で進路を修正して海上の熱源(敵艦)に向かって無動力で落下する誘導弾ケ(○にケと書く)
 飛行機から発射され,ロケット推進で母機の無線誘導で敵艦に突入する空対地誘導弾三菱イ号一型甲および川崎イ号一型乙.
 イ号一型甲はジャイロ安定装置や搭載無線機器の調整が難しく,満足な結果は得られなかった.
 イ号一型乙は実用可能の評価が下されているけど,ドイツのフリッツに比べると,見劣りする.
 なお,このイ号一型乙は,熱海沖で行われた試験中に誘導不能となり,よりによって温泉旅館の女湯に突入するという事故をおこした.
 このためエロ爆弾などというあだ名がついたとも.

 そして,いずれも,
奮竜は実用型の発射試験前日に終戦,
イ号は戦局の悪化で生産中止,
などの事情で,実用化されたものは存在しなかった.

 なお,誘導弾ケの開発には,当時,中島飛行機設計室にいた糸川英夫も関わっている.

軍事板

 ちなみに,永井荷風の日記から,1944年12月6日の条

「終日細雪執筆.午後警報発令ありたるもB29一機帝都上空を東南へ通過せるのみにて直ちに解除となる.
 夕刻蒸気療法に行く,
 風説に依れば,神田は美土代町より鎌倉河岸まで焼け抜けたる由なり,
 本日夕刻より雨となる,
 昨日の熱海火事は,玉の井旅館の由にて何か飛行機が落ちたのだ,との噂専らなり」

 …エロ爆弾の話ですね.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 in mixi支隊


 【質問】
 ケ号吸着爆弾
 イ号一型甲・乙
を,それぞれ試験した結果をあちこちのWebサイトで見かけますが,試験成績良好とか最悪とかてんでバラバラです.
 有名なエロ爆弾のエピソードについても,サイトごとに該当する誘導弾がまったく異なる始末です.
 いいかげんな孫引き・曾孫引きの末に,こんな無茶苦茶になっているんでしょうが,それぞれの実際の成績はどうだったのでしょうか?

 【回答】
 ケ号については資料がないので判らないですが,イ号一型甲無線誘導弾,一型乙無線誘導弾は,航空技術研究所大森技術中佐の担当で,機体を甲型は三菱,乙型は川崎が担当し,ロケット動力は三菱担当となっていました.
 甲型は四式重爆撃機を母機とし,弾頭に海軍用800kg桜弾用弾頭搭載の大型で,四式重爆撃機の胴体下に懸吊し,目標から約11km離れた高度700〜900mより投下,0.5秒後に安定装置作動,1.5秒後にロケットを点火,加速し,母機は目標4km手前まで追尾しながら無線操縦して目標に命中させると言うコンセプトの兵器でした.
 この開発担当主務者は,四式重爆撃機の小沢久乃丞技師で,1944年8月試作開始,10月に一号機,11月に試作10機を製造し,以後は日本車輌で数機を製造しました.

 この試作機や生産機を用いて投下試験を行いましたが,ジャイロ安定装置,操舵装置に調整項目が多く,実際の使用に至らず,しかも,米軍との戦闘の戦訓から,敵機動部隊の4kmを敵戦闘機の攻撃を回避しつつ誘導するなどど言う芸当は生還が不可能であると言う結論に至り,敗戦に至る前に実験研究は打ち切られています.

 乙型は300kgタ弾を弾頭にした小型版で,九九式双発軽爆撃機,キ−102を母機にしています.
 発進と誘導は甲型と同じ方式です.
 こちらは,北野純技師を開発担当主務者に,陸軍航空技術研究所の黒田技師(キ93の設計者)の応援を得て,7月設計に着手,10月に滑空試験用原型機を完成し,以後滑空型と動力型の増加試作機30機を製造し,11月から茨城県阿字ヶ浦海岸,次いで神奈川県真鶴海岸で投下試験を繰り返し,横安定不足その他の対策が実施された結果,実用可能な線までに至り,予想命中率は敵戦艦,空母に対して75%となりました.

 この間,1945年2月に電波高度計を取り付けて舵面と連動して一定高度(最終状態で7m)を維持する試験を実施中,網代上空から真鶴海岸に向けて発射した一発が,無線操縦装置故障によって,伊豆山にある観測陣の目の前で方向を変え,熱海市にの玉の井旅館に突入して,女中と旅客を殺傷し,旅館を全焼させる事故を起こしています.

 以後,試験は滋賀県琵琶湖に移され,白石を目標として7月まで行われました.
 生産は川崎の明石工場で6月まで行われましたが,6月下旬から7月にかけての明石工場を目標とした空襲で工場が壊滅し,生産は中止されました.
 但し,生産中止については,甲型と同じく,母機が輪形陣内4kmまで突入し,生還することは不可能であること,また,最終突入速度が550km/hと零戦並みで,容易に撃墜される可能性があったことが上げられています.

(眠い人 ◆gQikaJHtf2)


 【質問】
 風船爆弾とは?

 【回答】
 爆弾を搭載した風船をジェット気流に乗せてアメリカ本土まで飛ばし,爆撃しようとした兵器.
 以下,抜粋要約.

 戦前の研究で,強いジェット気流が西に向かって吹くことがわかっていたので,これに乗せてアメリカ西海岸に向けて飛ばそうという爆弾.50〜60時間かかって西海岸に到達する計算だった.
 正式呼称は「富号試験」だが,機密保持目的で「ふ号作戦」という秘匿名で呼ばれた.
 開発担当は,東京郊外,登戸にあった第9陸軍技術研究所.ここは通例「登戸」「9研」と呼ばれた.

 この爆弾で,太平洋岸に山火事を発生させようというものだが,アメリカとカナダにおける人心撹乱という狙いも秘められていた.
「効果はあまりなかったが,着想は実に素晴らしい」
という表現が,アメリカ側の文献に見えている.

(吉田一彦〔第2次大戦情報戦史家〕 from 「疫病最終戦争」,
ビジネス社,2001/12/20,p.61,)

 尚,風船爆弾は非常に巧妙な制御装置を用いています.これは,アメリカ人も舌を巻きました.
 実 質,テストが行なえないにも関わらず,日本からアメリカ本土まで正確に風船を飛ばしたこの制御装置の成功は,日本の気象学のレベルの高さを表しているとおもいます.)

 また,コンニャク和紙製風船爆弾はネバダ砂漠のど真ん中のプルトニウム製造用原子力のある秘密研究所への送電線を切断し,1日程度停電にして機能停止させたそうな.

 ある意味,すごい兵器である.

軍事板

 先日,櫻井誠子さんが書かれた「風船爆弾秘話」と言う本を読んでいました.
 元々は,学徒動員で風船爆弾を作っていた共立学園の女子生徒のことを書こうと取材を進めていくうち,風船爆弾そのものに研究の対象が移り,その全貌を解き明かそうとした力作です.

 当初,陸軍は大陸からシベリアに向けての宣伝ビラ配布のため,海軍は1943年に中央気象台に勤めていた人から持ち込まれたアイデアで,大洋横断の気球爆弾の開発のため,其其別々に開発を進め(例によって何時ものパターン),その後,珍しく両者の利害が一致して,海軍案が陸軍案に吸収される形で実用化に漕ぎ着けたものです.

 陸軍の気球は,和紙を蒟蒻糊で球形にしたもの,
 海軍は羽二重にゴム引きで,後者の方が当然性能は良かったのですが,物資不足の折から,量産化に際しては前者の方が勝っていたため,陸軍の風船が採用された訳です.

 その和紙は,当初,埼玉県小川町で作られ,当初は一日200枚,後に500〜1000枚に上り,最初の頃は出来るだけ薄く,だった要求も,大きさや厚さについては余りとやかく言われることは無くなったとか.
 一つの気球に使われたのは,600枚の和紙で,一枚6尺×2尺2寸の紙に別に漉いた2尺2寸四方の紙を3枚並べて貼り,二層にした物.
 その接着は蒟蒻糊で,群馬県下仁田の産.
 これを蒟蒻1に対し水25の割合で混ぜて糊状にしたものを20数回塗り重ねたそうな.

 その後,いわきの遠野和紙,福井の越前和紙,関東の小田原和紙など,日本全国の和紙生産地が総動員され,瞬く間に障子紙や蒟蒻が店頭から姿を消しました.
 当初は手漉き和紙を用いていたのが,1944年末から機械漉きの和紙が開発され,量産体制に入り,米軍は緊張の度を増したと言われています.

 また,航法装置も,当初は高度計と砂袋を連動させて,放球されてから一定の高度に達した後,夜になって高度が下がると,予め決められた高度で,火薬に点火して砂袋を落として高度を戻す方式だったのが,火薬の量を減らしたいとか,ギミックの複雑さによる動作不良の可能性が指摘され,砂箱に入れた砂を,一定高度まで下がると一定量捨てる方式に改めたりして,風船爆弾そのものも進化を遂げています.

 米国としては,「こうした木箱の中に人が潜んで,本土上陸をすることで内陸部でゲリラ戦を展開されたら?」とか,細菌兵器や毒ガスなどの散布を非常に恐れ,徹底的に生産工場や放球施設を叩く様にしていました.
 実験レベルでは,牛の病気である牛疫の菌を散布する所まで行ってた訳で.
 実際には,余りに戦果が報道されないので,大本営は熱意を喪っていた訳ですが….

 しかし,末期の混乱した情勢では,誰も製作を中止する命令を下さず,敗戦まで,小倉などでは製作を続けていたそうです.
 もしかしたら,第二の原爆投下目標が長崎でなく,小倉が第一目標とされたのは,小倉の造兵廠が風船爆弾の生産工場だったことが原因かもしれません.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 in 2007年03月22日21:39

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 米軍の風船爆弾対策は?

 【回答】
 米軍は風船爆弾が細菌作戦に利用されることを恐れ,多数の戦闘機パイロットを迎撃要員として米国国内に配置せねばならなかった.
 以下,抜粋要約.

 アメリカは,日本が細菌爆弾を完成させている事を察知していたため,この風船爆弾が細菌作戦の一環として利用されることに恐怖した.

 そこで発動されたのが稲妻作戦(Lightening Project)である.
 公衆衛生関係者に通達が出され,人間・動物・植物に不自然な病気の発生があった場合,即刻報告することが求められた.
 もし病気の発生が見られた場合,それに対処するための部隊編成も行われた.
 また,厳重な報道管制が敷かれ,情報がマスコミで報じられることもなかった.パニック発生を極度に恐れたためである.

 他に,沖縄作戦に向けて訓練中だった戦闘機部隊が,数中隊ほど風船爆弾迎撃任務に転用された.
 また,多数の陸海軍・海兵隊パイロットが,いつ来るとも知れぬ風船爆弾の迎撃要員に充当され,国内に留まった.
 風船爆弾が発見されると,スクランブルをかけた戦闘機が発進したが,風任せの相手だけに,撃墜は一苦労だったという記録が残されている.

(吉田一彦〔第2次大戦情報戦史家〕 from 「疫病最終戦争」,
ビジネス社,2001/12/20,p.61-62)

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 風船爆弾の発射位置を,米軍はどうやって突きとめたの?

 【回答】
 風船爆弾ではバラストに砂を使用していました.
 米軍はその砂を分析し,砂を構成している鉱物の種類により,場所を九十九里浜と特定しています.

名無しさんダーバード in 軍事板・改

爆撃対策のため,偽装された風船爆弾
(うそ)


 【質問】
 どこまで馬鹿なの?
 3発目の原爆はもう無かったんだよ.
 その間に日本が原子爆弾を完成させて風船爆弾に載せてアメリカ本土に落とせたかもしれないだろ?

 【回答】
 史実の風船爆弾は直径10メートルで総重量200kg,爆弾搭載量が25kgだから,仮に体積と搭載量が比例した場合,5000kg(初期の原爆はこのくらい)を載せるには,直径59メートルが必要.
 飛行船の場合,大型化すると総重量あたりの積載量が増える傾向があるので,もう少し小さく出来るかも.
 総重量20トンで積載量5トンが得られるなら,直径46メートルでいい.

 しかし……
 そんなB29並の図体のものが浮いてたら,すぐに発見されるだろうな.
 あと,アメリカに到達する割合は1割もないから,原爆を何十発も作る必要がある(笑)
 コースを逸れた風船爆弾は,無関係の国で次々にキノコ雲を上げる.
 まさに人類の敵,大日本帝国!(笑)

軍事板
青文字:加筆改修部分

 そもそも当時の日本で,原子爆弾を完成させるには相当長期間かかると,仁科研では見積もられていたわけですが.


 【質問】
 風船爆弾に対するアメリカ当局の,報道管制状況は?

 【回答】
 1945年5月18日,3歳のPatは電線の上に赤い風船が引っかかっていたのを見て,興奮して母親にまくし立てます.
「赤い風船に触っちゃ駄目! 爆発して私もお母さんも死んでしまうかも知れない」
「それは空に浮かんでいて…爆発したら音がする.」
 丁度その時,彼女の側で車のバックファイアが起きました.
 すると,彼女は,
「風船が爆発した!」
と叫びながら家に帰っていきました.

 彼女の奇妙な行動を見て不思議に思った家族は,Minnesota州の地方紙Pioneer Press and Despatchの地方版編集部に電話し,彼女の奇妙な言動を述べました.

 …当時,こうした奇妙な風船に関する心配を電話してきた人々の数は,この地方紙だけでも3ダースは集まっています.

 実は編集長は,この奇妙な噂の正体を知っていました.
 検閲局長Priceは,1944年11月4日に,California州San Pedroで最初に目撃された日本製風船爆弾の公表をしない様,1月に全ての編集者,放送者に注意を促していたからです.

 その風船の件は,1944年12月にMontana州で二度目に目撃された後に,手短に発表されました.
 2人の樵夫が,日本の文字で書かれた落下傘らしきものと,それに付けられていた爆弾状のものを発見し,12月11日に,彼らはそれを郵便配達人に届け出て,その知らせはMontana州のFBI事務局に達しました.
 FBIの係員達は,風船と不発弾を車庫に引取りましたが,12月15日にはMontana州西部の各新聞社がその記事の掲載を申請し始めました.
 この種の話は,「戦時実務規程」の諜報関係の節の対象だった為に,検閲局は適切な権威が必要と判断し,その権威の在処を巡って3日にわたって,FBIと陸軍が協議した結果,12月18日にFBIが手を引きました.

 他の政府機関はそれに反対しませんでしたから,検閲局は陸軍が認めた事を理由に,各報道機関にそのニュースを解放しました.

 しかし,風船に関する情報は不確実で,人を運んでいたと言う示唆をしたメディアもありました.
 2週間後,3つの風船が相次いで発見され,その打ち上げは日本の潜水艦が行っていると言う情報を,報道機関はほのめかしていたりします.

 政府も混乱していました.
 それがスパイの攻撃なのか否かを,容易に判断つきかねたからです.

 その頃,FBIは最初に捕獲した風船を解体し,その中に書かれていた日本語を翻訳していましたが,その中に,風船製造工場の作業シフトに関する詳細が含まれていました.
 更に多くの風船が到着すると,調査官達はその謎を解明し,風船爆弾は本州沿岸から放球され,森林火災と米国民士気低下を狙ったものだと言う事が判ってきました.
 しかし,森林火災については,放球に適した気象条件である冬〜春は,森林が湿っていて容易に燃える状況ではなく,余り効果的なものではなかった様です.

 12月6日にWyoming州に着地した風船は,爆発しました.
 実際には被害がありませんでしたが,この爆発が報道されると,民間では,
「森林に火災が大きく拡がっている」
とか,
「風船の釣籠に乗って破壊工作員が潜入した」
と言った噂が現れる様になります.
 この事件を切っ掛けに,風船爆弾に関する報道は規制の対象となり,1945年1月1日からその報道は差し止められました.

 1月4日,検閲局はそのニュースに関する権威は陸軍である事を認め,その認定に対応して,陸軍西部防衛司令部は,風船や釣籠などの一部を発見したり,目撃が確認できた場合は,検閲局に予め知らせる事で合意しました.
 5月12日までに,こうした発見件数は,最終的に全打上数の3%に当たる285件に上り,場所もAlaska準州からMexicoのSonora州に至るまで,各所で発見されています.

 Oregon州の中西部に漂着した風船は,5月5日,米国本土で敵の攻撃を受けて死亡した唯一の犠牲者を齎しました.
 その犠牲者は11〜15歳までの日曜学校の子供達5名と,牧師の妊娠中の妻の6名でした.

 その風船爆弾は長い間地上にありましたが,子供の1人が風船の一部を引張った時に信管が作動して,対人爆弾が破裂した事が原因で,起きたものです.
 残りの焼夷弾4発は信管を安全に外されました.

 この事件も,戦時中と言う事で,「発生源未詳の」爆発という事で報道されたに留まりましたが,5月中旬には,風船の目撃と共に,デマが樵夫やキャンパーに拡がっていきます.

 陸軍諜報部G-2では,こうしたデマを打ち消すには,風船の殆ど全部を目撃されているMississippi川の西方にある学校,市民クラブ,その他の集会で,風船に関する短い声明を読んで聞かせる事だと判断し,5月6〜15日の間に密かに開始されました.
 その声明書では,風船攻撃について警告し,学童達には見慣れぬものを拾わない様に説き,新聞と放送は公表を差し控える事に同意していたと述べていました.

 ところが,陸軍はこれを事前に検閲局に知らせていませんでした.
 彼らがこの陸軍の活動を知った時,静かに情報を広め,国民の神経を静める代りに,学童が不完全な記憶を元に,親や友達,近所にそれを伝えた為,事実が歪められ,伝言ゲーム状態となりました.
 それが繰り返し,繰り返し伝えられる事で,事実が歪められ,訳がわからなくなり,遂には,こんな話になってしまいます.

[quote]
 西海岸が酷くやられた.
 San Franciscoの一部が破壊され,North Dakotaの幾つかの地域も破壊された.
 Minnesota州では大勢の人が死んだ.
 風船には毒ガスが詰まっていて,それが放たれると付近の人がみな死ぬ,いや,風船には高性能爆薬が詰まっていて,ロボットが爆弾を落としている!
[/quote]

 冒頭のPatの恐怖も,この話から来ていた訳です.

 陸軍の意図とは違う方にどんどん事態が進んでいき,検閲局がその事実を知った頃には,既に手が付けられず,新聞やラジオのニュース報道を禁止するのは難しい情勢だったりします.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 in mixi,2007年10月27日21:43

 さて,先日書いた風船爆弾騒ぎの続きですが…そう言えば,「俺にはal Qaedaの友人が居る!」と自慢したおっさんが居ましたっけ.
 何だか,A倍内閣の不適材不適所閣僚が居座っているのに,良く福田さんも我慢できるよなぁ,と思ってみたり.

 話を戻して….

 先日,風船爆弾の事実を表沙汰にしない為に,陸軍が取った奇妙な方法で,西部の各州の住人がパニックに陥りました.
 検閲局は,報道機関のニュース報道禁止の措置を続けるのは難しいだろうと考えましたが,その想像は果たして大当たりで,報道禁止の所為でデマが流れ続けるのだから,今すぐそのばかげた命令を撤回して欲しいと言う要望が,様々な報道機関から検閲局に殺到しました.

 検閲局長Priceは,1945年5月15日,陸軍諜報部の部長で,前任者と違って協調関係を築いていたBissell大将に文句を付けに行きました.
 PriceはBissell大将に,陸軍が風船に関する公式発表を行うか,PriceがG-2の教育活動を明らかにするかを迫ります.
 Priceは,誤報とも言うべき情報が,既に合衆国の半分に拡がっていると言うのに,報道機関のジャーナリストにそれを無視しろとは言えないと述べました.

 Bissell大将も,その辺十分に弁えていて,PriceをG-2スタッフの前に連れて行き,同じ事を彼らの前で繰り返させました.
 散々議論をした末,彼らは,日本に有益となる情報を明かすことなく,風船の存在を発表する陸軍公式声明の草案を書く事で合意に至りました.

 これには,
「これらの攻撃は余りにも拡散していて当てがないので,軍事的脅威にならない.
 …ある場所に落ちる確率は100万分の1でしかない」
とあり,主に誤報に戦く国民を安堵させる為の声明でした.

 そして,その草案はG-2内部で3日間に渡って検討されますが,その影には,海軍が中西部に到達した風船攻撃の報道発表を頑なに拒み,阻止しようとする動きがありました.
 その間,ジャーナリストの自主検閲には徐々に亀裂が入り始め,Chicago TribuneやNew York Daily Newsなどの各紙が,中西部の日本製風船に関する報道を掲載する動きを見せ始めました.

 5月21日,Priceは,海軍省で反対しているR.S.Edwards提督を訪ねます.
 PriceはEdwards提督に反対の理由を聞くと,その報道発表の内容が日本を刺激し,より多くの風船爆弾を放球する動きに繋がり,より多くのアメリカ人を殺すものだ,と考えていた為でした.
 最終的に,この件はKing提督の判断を仰ぐ事となり,King提督は公開を決断.
 5月22日午後3時に漸く,陸海軍共同声明は日の目を見る事になります.

 但し,風船の目撃場所や数など日本が知りうる事で,狙いを定めるのを助長する情報は極力抑えられると共に,風船による死亡者はOregon州に於て6名あったと発表しますが,その犠牲者名や場所の詳細は発表されませんでした.
 こうして1週間の間,検閲局はOregon州の死者と陸海軍の報道発表を結びつけない様報道機関を制御する事に腐心しますが,陸海軍の様々な発表は,逆に6名の死亡事故が起きた場所を隠しおおせるのは不可能と判断し,事件の大まかな発生場所と犠牲者の名前,被害者の夫の談話の発表を解禁しました.

 8月15日,対日戦が終わると,検閲は終了し,風船爆弾による被害報道が一斉に開始される事になりました.
 この報道禁止の一連の動きは,米国の日本に対する情報戦の勝利でした.

 日本軍は風船爆弾の効果を知る事が出来ず,半年の間,疑心暗鬼になりながらその放球を続け,結果として本土決戦用の精密兵器の生産に使うべき資源を,こうした風船爆弾に注ぎ込んだ訳ですから.

 こうした記事の差し止めは,他にも行われました.
 例えば,熱帯に於けるマラリア治療薬のニュースや,ドイツに対してはV1やV2の着弾地に関するニュースなどです.
 後者も風船爆弾同様,ドイツがその効力の程度について判らない状態に置く事が出来ました.

 一方で,プロパガンダや人種間対立に利用されかねないニュース,例えば,1942年冬に出された検閲局の「連合軍捕虜に対する日本軍の残虐行為に関する記事」は,余りにセンセーショナルな報道が為されると,日系人を更なる窮地に陥れかねない事,それにより,日本軍の捕虜虐待の正当性の口実を与えかねない事が懸念され,報道不可とされました.

 また,日系人の強制収容に関する報道は,敵国人の抑留ではなく,日本人の祖先を持つ米国市民の連邦政府による収容であり,それは捕虜扱い(捕虜扱いだと検閲規定に引っかかる)ではない事から,自由に報道出来るとしています.

 更に1942年11月27日に発生した,白人憲兵と黒人兵士との間の銃撃戦,1942年12月28日にCalifornia州で発生した,黒人兵と白人兵の暴動についての報道も,其の儘許可しています.
 これも人種間対立を拡大させない為の方策として取られたものです.

 米国の検閲制度は,この様に,柔軟に対応する事で,保安上潜在的な危険を認識し,大衆の好奇心を食い止める戦略を確立していたと言えるのでしょうね.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 in mixi,2007年10月30日22:25


 【質問】
 何で日本は,風船爆弾による攻撃を止めてしまったんでしょうか?
 それなりに効果はあったみたいですが.

 【回答】
 風船爆弾は,秋から冬に吹く「ジェット気流」に乗せて,アメリカ本土へ爆弾を飛ばします.
 昭和19年の11月から翌年の3月まで飛ばしましたが,次のシーズンには戦争は終わってました.

 あと,効果についてはアメリカが報道管制を敷いたため,日本では戦時中は確認できなかったといわれています.
 あの辺りは森林の自然発火が日常茶飯事なんで,たとえ風船爆弾の効果でも「山火事です」と報道すれば,地元民なら「ああまたか」で納得しちゃいます.
 ピクニック中の小学生1学級ぶんを死傷させた実績があるので,米軍は山火事だと捏造することにしました.
 で,中立国経由の情報や民間ラジオの受信で情報収集してた日本は,効果ナシとして判断してしまいました.

 工場も空襲でやられましたし,次の年の夏に降伏しちゃったからそれっきりです.

鷂 ◆exxupUqotM(黄文字部分)他 in 軍事板,2007/06/27(水)


 【質問】
 旧軍の電熱服は危険と聞いたのですがどのへんが危険なのでしょうか?

 【回答】
 よく漏電した.
 戦前の日本の電気工学の技術は恐ろしく低い.
 電線は紙巻単線の銅線でアースなしときてる.
 その程度の技術で作った電熱服は,常に感電の危険性と隣り合わせだった.
 搭乗員の間では,
「凍死か感電死のどっちかしか選択肢がない時しか使わん」
と囁かれていた.

 あと服がよく燃えた.
 低温ヤケドは当たり前のようにあった.
 服の造りが悪くて電熱線が露出してて大火傷,というのも結構普通にあった.

 でも一番の問題は,電熱服としての能力が不足しててちっとも暖かくなかった事.
「何の役にも立ってない」
と,もっぱらの評価だった.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 太平洋戦争で教えてください.
 戦闘機や攻撃機等の航空機のパイロットは互いに無線で通信等を行っていたのでしょうか?

 【回答】
 太平洋戦争の時なら航空機には無線機または無線電話がついていた.
 米軍や英軍は無線電話を使って連携して戦闘を行った.
 だが,日本軍の無線電話はアースの取り付けが悪かったため,エンジンの回転数を上げると雑音で通話が出来なくなった.
 このため,日本軍ではハンドシグナルでの意思疎通が主となった.

 攻撃機などでは専用の無線手がモールス信号の無線機で(無線電話より確実=遠方まで伝わる)敵艦の位置とかを母艦に連絡していた.

軍事板


 【質問】
 il-2(フラシム)やってて気になったんですが,帝国陸軍では航空機同士が無線で会話するとき,どんなことを話してたんでしょうか?
 米軍のように,コールサインのようなものがあったんでしょうか?

 【回答】
 知る限り,普通に苗字で名乗るのが多いようです.
 後にP-51に乗って有名な黒江氏のビルマ時代の場合,「こちらクロエ,バッファロ一機撃墜」
 ただ,バンクとか身振りでのやりとりがほとんどで,黒江氏の回想の範囲では,ほかには撃墜された友軍重爆が
「戦闘機,援護,アリガトウ・・・アリガトウ」
と語ったくらい.

 なお,海軍でわりと航空無線が良く使われたという343空(紫電改のほう)の場合も,操縦者の苗字で呼び合っていたようです.
「カンノ1番」
「ホリ1番」
という具合.
 操縦者の回想記によると,つぎのような交信例が出てきます.
「オーイ,俺が撃ったのは堕ちたかっ!」
「今のは,落ちた.われホンダ1番」

 もう一箇所,交信例を見つけたので,紹介しておきます.
 黒江機がアラカン山系上空を飛行中に聞いた,数十キロ先のアキャブ沖の友軍機のもの
「敵機発見,攻撃,敵は合計20機,小型機も混じっている.注意しろ」
「右だ,右のやつをやっつけろ,俺はブレニムを攻撃する」
「気をつけろ,上にも小型」

 これを信頼する限り,かなり細かい指示を出しています.
 もっとも,同じ戦闘でようやく戦場に到着できた黒江編隊とのやりとりは,無線を使ってないですね.
(黒江「あゝ隼戦闘隊」)

眼い人 in 軍事板
青文字:加筆改修部分
※なお,「眠い人」とは別人


 【質問】
 何故日本陸海軍航空隊などの戦闘機部隊や攻撃機部隊などでは,無線で味方を呼び合うときの識別信号を,「敷島一(しきしまいち)」や「富岳(ふがくに)」などの母国語である日本語の識別信号ではなく,「RedOne(レッドワン)」や「ArcherTwo(アーチャーツー)」など,外国語である英語の識別信号を使用するようになったのですか?

 【回答】
 日本語だと相対的に言い難いし,分かり辛いし,喋るのに時間が掛かるから,
 より言いやすく短時間で喋れる英語にとって変わられた.
 戦闘のテンポが速く,ノイズも多い航空無線では,日本語は定着せず,英語のコールサインに取って代わられた.
 別に英語に拘っているわけではなく,ポルトガル語,フランス語,ドイツ語なども併用されるし,日本語が完全に使用されないわけでもない.

 国軍で外国語を使用するからと言って,愛国心に欠けているとか,売国奴とか,外国の犬に成り下がっていると言うことではない.
 要するに高効率化と適材適所優先という流れ.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 旧日本軍の航空機の通信装備は一般的に使い物にならなかったといわれていますが,それなら一三式艦攻等のように,無線機(電信機?)をイギリスから輸入していた頃は,普通に使えたのでしょうか?

 また,この状況が改善したのは1945年以降と言われ,それ以前は全く用を為さないものだと言われていますが,真珠湾や彩雲の有名な電文などや,無線アンテナの無いラバウルやブインのゼロ戦など,なんだか無線が使えたり使えなかったりのいろいろな記述があり混乱しています.
(オスプレイの本では,1944年に普通に無線電話で話している場面すらありました)
 日本軍機の通信機器は,全く役に立たないものだったのでしょうか?
 それなら何故日本軍は,そんな無意味なものを十年以上作り続けたのでしょうか?

 あと,日本陸軍の無線機(陸,空問わず)も同じような状況だったのでしょうか?

 【回答】
 「無線(無線電話)」と「無電(無線電信)」は違う.
 電信機は問題なく使えてる.
 偵察機が報告に使うのは,いわゆるモールス信号を使う無電で,これは得に問題なく使用できた.

 使い物にならんと言われたのは空対空の音声通信(無線).
 零戦につんでたのは,ノイズで使えなかったそうだ.
 陸上ではうまくつながるのに,機体に乗せるとうまくいかないとか.
 坂井さんだったか,米軍機がうるさいほど交信していて,便利そうでうらやんだとか書いてたような.

 日本製無線の品質が低かったのもある――日本では肝心の真空管が,昭和30年代まで駄目駄目な物しか作れなかったからな――アースの取り方が悪かったのも大きかった.
 これはアンテナの位置や配置場所よりも,レシプロエンジンが発する電磁波をいかにブロックするかと言う問題で,その解決手段の一つがアースなワケだが,それが不味かった.

 現代の車載用アマチュア無線機でも,アースの取り方が拙いと交信音声に,オルタネータからのノイズが混じる.
 流石に交信不能な程ではないけど.
 で,そのノイズを除去する電源ライン用ノイズフィルタなんかが,アクセサリとして市販されてる.

 また,S/N(信号/雑音)比ってのがあるわけで,信号出力が小さいと,アース一生懸命工夫しまくるとか,がんばってNを下げないと通信できない.
 逆にSに余裕があれば,少々雑音が乗っても十分通信できる.
 結局,貧乏人の通信機は実効出力が足りなかったという,またもやお得意の「みんな貧乏が悪いんや」に行き着く予感.

 ただ,この手の話はほとんど零戦での話ばかりなので,零戦のみの問題と思っていいかも.
 改良の甲斐あって空対地では使えるようになっていたみたい.
 戦争末期には,343空が紫電/紫電改に使える空中電話が搭載されてたので,それを積極的に使って編隊空戦をやってたのが,空対空での数少ない例かと.

 一方,陸軍の空中電話は海軍よりは使えているが,それでも交信距離は短いようだ.
 戦記モノでは,墜落寸前の重爆から直援,戦闘機に決別のメッセージを送る場面なんか出てきて,結構切ない.

 ちなみにノイズ混じりを体験したければ,AMラジオで受信周波数を少しずらせば,簡単に体験できるぞ.
 あと,夜中にAMラジオ聞いてると混信で,こっちでも体験できる.

モッティ ◆uSDglizB3o(黄文字部分)他 in 軍事板,
2008/08/18(月)〜08/19(火)

青文字:加筆改修部分


 【質問】
 伝書鳩は旧軍に居たのですか?

 【回答】
 軍用の伝書鳩は無線発達前には,連絡のために用いられ,無線が発達した後もしばしば用いられています.
 ちなみに,旧日本軍では鳩舎移動車なる車が試作され,他にも89式人体呼吸缶をつけた軍用鳩防毒具なる代物も開発されています.

軍事板

 祖父は通信隊所属だった.
 そこに鳩兵の鬼のように怖い一等兵がいたが,一旦鳩の世話になると別人のように優しくなったそうだ.
 ニコニコしながら鳩たちに話しかけ,誰よりも献身的に世話を焼く.

 ある時は,いかめしいヒゲ面が鳩の群れの中で,鳩と一緒にクルックー(・∀・)クルックーと笑顔で鳴き真似してて, 裏で祖父たちは爆笑していたらしい.

 その一等兵は戦地にて,愛する鳩たちの鳩舎もろとも砲弾で木端微塵になってしまったらしい・°・(ノД`)・°・.
 やっぱり動物は人を丸くさせるのかな?

生活板


 【質問】
 軍用鳩部隊の様子を教えられたし.

 【回答】
 1921(大正10)年12月から同年同月の除隊まで,第19師団軍用鳩研究班に配属されていた高見澤仲太郎陸軍一等兵(ペンネーム:田河水泡)によると,同班は
将校2,
下士官2,
歩兵8,
騎兵2,
砲兵2,
オートバイ運転手(砲兵科より)1,
鳩60,
鳩舎1(車輪つき).

 当番に当たった兵士が,鳩を外に飛ばして運動してやり,その間に鳩舎の掃除をして餌の青えんどう豆を撒いてやるのと,鳩の訓練(信書管をつけて飛ばすだけ),鳩の個別の帰巣能力を覚えることなどが毎日の仕事.

 戦闘教練も衛兵勤務もなく,楽な部署だったので,田河は休みの日には油絵を描いて過ごしていたとか.

 詳しくは『のらくろ一代記 田河水泡自叙伝』(田河水泡/高見澤潤子著,講談社,1991/12/11),p.96-98を参照されたし.


◆◆◆対空兵器


 【質問】
 戦艦大和の対空火器はレーダーと連動してないから駄目だ,としばしば言われますが,逆に連動している,第二次大戦中の対空火器というのはどういうものなのですか?

 【回答】
 有名なものでは米海軍の5インチ38口径砲がそうですね.
 米海軍では射撃用レーダーとしてMK.4レーダーを採用しており,これに射撃指揮のための計算システムを組み合わせたMk.37GFCS(射撃指揮装置)を,駆逐艦以上の中/大型艦に搭載していました.

 これは射撃に必要な測距議と照準機・さらに計算装置を組み合わせており,それにレーダーで収集したデータを取り込む電波式測距・測角を取り入れたもので,従来のものより測距精度が向上しています.

名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE

 なお,連動してる,というのには語弊がある.
 第二次大戦下でいえば
射撃管制の対空目標の指示→各銃座が射撃
という流れなので,レーダーを使用しているかは射撃管制に拠る.
 それに通常夜間射撃に使用するものであり,だから大和の対空射撃は効果が無かった,とは言いがたいと思う.

 地上の話では,レーダー管制と対空射撃を上手く連動させたのはドイツ軍.
レーダーで敵爆撃機を捕捉→対空砲で見越し射撃
と迎撃し,恐らく二次大戦中では最も優秀な対空射撃能力を誇っていた.
 詳しくはミリタリークラシック(何号かは忘れた)に掲載されているので,書店に行くべし.


 【質問】
 名古屋の高射砲陣地の笠寺について知っていることがあれば,なんでも教えてください.
 隊長の名前とか知りたいです.よろしくお願いします.

 【回答】
 1942年に熱田神宮と三菱などの航空機工場を防御するために,高射砲4門(後に6門に増強)する陣地を,見晴台遺跡の上に構築したものです.

 本陣地には,八八式七糎高射砲6門を有する一個中隊(敗戦時には第124連隊第8中隊の300名)が駐屯していたほか,1944年11月からは,名古屋北部の茶屋ヶ坂陣地から移動してきた高射砲大隊本部(第124連隊第2大隊の200名)が配備されていました.
 上級部隊は高射第2師団.

 『高射戦史』(下志津(高射学校)修親会編著,田中書店,1978.12)によれば

高射砲第124聯隊
 第2大隊長 中原源治少佐
 第8中隊長 占部 弘大尉

敗戦時の連隊長は,山田正樹大佐です.

 中隊陣地は半径45mで南側に半円を描くように,25m間隔で6基の砲台を構築し,中隊長はその内側中央に位置,観測班は前面に,通信班が背後に配置されています.
 これら戦闘空間の後方に中隊事務所,兵舎,炊事場,便所,浴場など日常生活空間がありました.

 大隊本部は,麾下の6個中隊との通信が主な任務でした.
 中枢部には戦闘指揮所の他,電波標定機タ号III型送信機と受信機(つまり電探ですね)があり,指揮所地下には通信交換所がありました.

 このほか陣地内には,撃墜機数を示す敵機撃墜柱が20数本建てられ,撃墜したB29の機体の一部が展示されていました.

 砲座はコンクリート製で断面凸型の砲床を構築し,周囲に防御用の土手を巡らしています.
 出入り口はスロープ状で,外縁部三カ所には砲側弾薬庫がありました.
 通信事務所は東西15m南北4.8mの長方形で,周囲に溝が掘られ,その中にはコンクリート製の通信ケーブル埋設管が入り,陣地外と通信事務所,砲台に連絡していました.

 高射砲第124連隊は,1944年4月19日に編成されています.
 これは1941年11月8日に名古屋で編成された,中部防空旅団麾下の防空第15連隊を,装備,人員は其の儘に改称,改編したものです.
 高射砲の定数は,編成当時は4門でしたが,ドゥーリットル空襲を受け,1942年9月に6門に増強されています.

眠い人◆gQikaJHtf2(青文字)他 in 軍事板


 【質問】
 帝国海軍の主要対空火器は,なぜ89年式12.7センチ高角砲の次は96式25ミリ機銃なのでしょう?
 この間に相当するのは,米軍ならば40ミリ4連装機銃ですが,これに近い火器として,何か帝国海軍では開発されましたか?
 あるいは,陸軍には,艦載可能な高角砲か機銃があったり開発中だったりしませんか?
 教えてください.

予備役間近

 【回答】
 日本は大口径機関砲をどちらかと言えば不用と見なしていたから.
 あと,日本の技術力では大口径の機関砲が開発できなかった.
 25mm機銃はフランスのホチキス社の物が基礎になっている(というかほとんどデッドコピー)が,参考にするような外来品もなかったし.
 一応英国から40mm機関砲を輸入,対水雷艇用に装備した時代もあったが,基本的に30mm以上の大口径機関砲は「機関砲としては大きすぎ,砲としては小さすぎ」であるとされていた.

 25mm以上の機関砲としては一応30mm機関砲があったが,むしろ海軍の25mm機銃を航空機に搭載すべきだったといえる.

 なお,縄張り争い以上に,陸軍の高射砲は発射速度が低いわ,射程高度が低いわ,そもそも数が足りないわで,とても艦艇に載せるような余裕はない.

 ついでに書くと航空機用機銃は,陸軍が7.7mmからイタリアから導入したブレダの13mm機銃を導入したが,故障がひどくて使い物にならず,ブローニングの流れ(というかやっぱりほとんどデッドコピー)の機構の13mm機銃,ホ−103を開発(一応独自に改良.でも結果的には改悪.尚弾の規格だけはブレダと同じ).
 それでも威力不足なので,ホ−103を拡大したホ−5 20mm機銃を開発したが,配備を急ぐあまり最終試験も済んでいないのに量産品を製造,性能がちっとも安定しないスクラップを量産した.

 海軍は海軍で5式30mm機銃を開発.
 これはほとんど日本独自の設計のそれなりに優れたものだったが,やはり配備を急いだのと戦争末期の工業力の低下で,マトモな量産品がほとんど作れず,故障続出で実用にならなかった.
 一応は実戦でも使われているが.

 ということで日本には大口径機関砲を開発/生産する工業技術力が乏しい.
 40mmクラスの対空機関砲を艦艇の対空兵装として大量に装備するなど,夢のまた夢であったろう.


 【質問】
 九六式二十五粍高射機関銃は,陸軍でも使用されたんですか?

 【回答】
 昭和19年中期以降,陸軍の高射機関砲(九八式二十粍高射機関砲)の不足を補うため,海軍から移管されましたた.
 陸軍での呼称は「九六式基筒単装二十五粍機関砲」(連装のものは「九六式基筒双連二十五粍機関砲」).
 陸軍では移管された機関砲により「特設機関砲隊」を72隊?編成し,セレベス,フィリピン,マレー,スマトラ,パラオ,小笠原(硫黄島・父島),八丈島,台湾,宮古島,大東島などに配備しました.
 八丈島に配備されていた「特設第41機関砲隊」の例では,隊長以下85名で25ミリ粍単装機銃12を装備していました.
 なお,部隊名に「特設」という語が入っていますが,正規に編成された部隊であり,現地で臨時に編成された部隊ではありません.


 【質問】
 九八式高射機関砲について簡単に教えてください.

 【回答】
 本砲は中低高度用対空火器として局地防空に用いるために制定されたもので,口径は20ミリ.
 六門で機関砲中隊を編制して師団防空に当たったり,基地の警備に当たる飛行場大隊に数門配備されて基地防空の任に付いた砲です.

名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE in 軍事板


 【質問】
http://www.yomiuri.co.jp/zoom/MM20070606121434092M0.htm
 この高射砲はなんですかね?
 88式か,99式じゃないかと思うんですが.
faq01k18b.jpg

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_06/t2007060631.html
 これによると口径3.3センチとあるが,中途半端な数字ですし,間違いですかね?

 【回答】
 本砲は二式二十ミリ高射機関砲(ケキ砲T型)です.
 最初,砲身や砲の大きさのみを見て九八式高射機関砲と判断しましたが,砲架の形状から明らかにケキ砲であると思われます.

 二式二十ミリ高射機関砲はドイツの2cmFlak30機関砲の設計を取り入れてて九八式高射機関砲を改良したもので,自動貨車で牽引して単砲で運用する形式のものをケキ砲T型,6門を1台の指揮装置から電気系統で同時に照準して射撃を行う射撃システムを二式多連二十ミリ高射機関砲(ケキ砲U型)と呼称しています.

 zakzakの記事ですが,そもそも30mm前後の口径の高射機関砲が日本軍には存在しませんし,それより上となると一式三十七粍高射機関砲(ラ式)かボ式四十粍高射機関砲ということとなり,まずありえない.
 間違いでいいんじゃないかな.

名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE in 軍事板FAQ BBS

 皇居直衛の高射第一師団機関砲第一大隊・近衛機関砲第一大隊・川崎の同師団機関砲第四大隊がケキ砲抱えてたみたいで羽田に埋められてもまぁおかしくはないかという辺りもあるし.
http://www2u.biglobe.ne.jp/~surplus/tokushu28.htm

 ついでにケキ運用陣地跡のような遺物の写真ページ.
http://officers.hp.infoseek.co.jp/22ikou/ikou-tokyo-konoe-aa.htm
 ケキは確か砲座6+高射算定装置で動いてるんで,台座が7個あるここで使ってたのかなぁと思ったり.

たれ in 「軍事板常見問題 mixi支隊」

 どうでしょうか……
 ケキ砲は生産数が20門を割ってますから……
http://www.shima.cc/shimanet/old/vc/ss/98ss.html
では16門,オレの手元の資料『日本陸軍兵器集』(ワールドフォトプレス,1979.10)では12門となってます.

 4門編成だとしても,わずかに3〜4セット(3〜4個中隊分)でしかなく,この機関砲は事実上試作の域を出てません.
 これが出たというのなら,ちょっとしたお宝ですけど,それは厳しいのではないかと……

 ケキ砲だという積極的な証拠が無い限りは,九八式だと考えるのが,無難だと思います.
(ロマンもクソもないけど)

 「2門が折り重なった状態で……」と記事にあるから,双連20ミリ高射機関砲かな?とも思いましたが,あの機関砲はそもそも生産ルートにすら乗ってないし……

極東の名無し三等兵 in 「軍事板常見問題 mixi支隊」


 【質問】
 獨立照明中隊って何?

 【回答】
 獨立照明中隊(250名,照空燈64臺)は,野戰高射砲兵旅團司令部の下に1個配属された部隊で,通信班,第1分隊(照空燈),第2分隊(照空燈),第3分隊(聴音機),並行李車より成ります.
 高射砲1箇中隊に就きサーチライト3臺(故障の場合は聯隊の豫備5臺から補充)が対応しており,夜間空襲があると,聴音中隊の発する警報に従って行動を開始し,強力なサーチライトで目標を捕捉します.
 照空燈の操作は,照準手が照準鏡で目標を捕捉し,照準鏡で追尾していくと,これと電氣信號で連動している照空燈が動いて同様に目標を照射します.
 その動きは,やはり電氣信號で高射砲中隊の自働算定具(照準計算機)に同時に伝えられており,その後は型通りの射撃となります.

 【参考ページ】
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/8926/hensei-aa.html#shomei
http://www.warbirds.jp/sudo/artillery/artillery_2_1.htm
http://www.warbirds.jp/sudo/artillery/artillery_2_3.htm
http://www003.upp.so-net.ne.jp/Zbv/sub17.htm
http://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/11,3378,102,282,html
「google books」:命綱の記憶 著者: 伊藤順子

【ぐんじさんぎょう】,2009/5/9 21:00
に加筆

今回も幾つか日本軍写真を購入しましたが,その中でもちょっと面白かったのが,大正時代の中頃にアメリカから輸入したスペリー・デュプレックス照空燈車

 これは,良く本にも紹介されている物と同じ写真なので,アルバムに貼られていた物ですが,当時教育用に配られた写真でしょうか.

 その後のレーダーを思わせる様な,突き出たライトと,反射鏡の形状のスペリー式照空燈(サーチライト)が面白い.
 また,出版物ではトリミングされていた左側に,日の丸付きの閉塞気球も見えます.

よしぞうmaro' in mixi,2007年05月30日02:09

92式重装甲車(左)と並んだ探照燈

よしぞうmaro' in mixi,2007年08月30日02:19

 獨立音響中隊;
 重低音音響兵器,長距離音響装置(LRAD),スクリームを装備する.
 別名クラウザー隊.

しまだ in mixi,2009年05月09日 15:08


 【質問】
 1930年あたりのLIFEの大戦直前の日本軍の記事に載っていた,人の身長の3倍ほどありそうな軍用の車載巨大トランペットは,何という名称なのでしょうか.
 写真には確か,gigante trumpetとか書いてあったと思いますが,google検索しても目ぼしい情報がなく.
 何本もの数メートルはあろうかというホーンと有機的な曲線を描く導音管,こんな巨大楽器を載せた車が十数台並んでいる姿はなかなかに雄大で,なにげに興味引かれたもので.

 【回答】
 音波兵器です・・・・としたいですが,楽器でもなく,大戦初期に各国で使用された防空部隊の聴音機です.
レーダーなどが無い時代,航空機のエンジン音を聞いて方向と距離を定めて,対空砲火を誘導しようとした代物です.

 ドイツのものでは聴音機のそれぞれ左右及び上下のラッパが捉えた音をたよりに聴音手が旋回ハンドルを操作する.
 ラッパで拾われた音は振動板に導かれる.
 ラッパが音源に正しく向いていないときは(上下or左右)二つのラッパから来る音の位相差で板が振動し,それ(うなり)が計器に振れとして表示される.
 ラッパが音源に正向すると位相差はなくなり,メーターの振れがなくなる.
 三人目の聴測手が計器を見て,上下及び左右それぞれの振れがなくなったとき,聴音機は目標に正しく向いていることがわかる.
 これで測定された目標の方位と高度をもとにサーチライトが照射され,それに向けて高射砲を撃つ.
 後にこの聴音機がレーダーに取って代わられるわけだ.

 余談ながら,第二次大戦末期,日本では,喇叭の大げさなものではなくとも,穴を掘ってそこに跳ね返る音を聞いて方向とか距離を判断したりした対空監視所が多数作られたりしています.

(一等自営業 ◆JYO8gZHKO. & 眠い人 ◆gQikaJHtf2)

▼ 戦前,防空機材として,必ず雑誌などに紹介されていたのが空中聴音機と言うものです.

 これは音波の集束拡大とピノラール原理に基づく方向判定を企図しています.

 前者は,遠方の人の言葉を聞くのに,耳に手を当てて聞く様な構図,後者は,人間の耳が二個あることと同じで,両方の耳から入った音が脳内で音像を結び,これで音の方向を探知することが出来ると言う原理を応用したものです.

 但し,人間の耳とは違って,航空機からの音源を特定するためには,左右位置だけではなく,高低位置も判明させる必要があります.
 このため,聴音機は一般的に高低用に2個,左右用に2個,都合4個の喇叭を使う構造を採っています.
 この構造のものは,その形式通り,喇叭型空中聴音機と呼ばれていますが,喇叭の数を増せば,より音を集中することが出来るわけです.

 喇叭を増やしていくと,蜂の巣状になります.
 これで音を集中させたのが,ペラン蜂の巣型空中聴音機で,30年代の主流はこちらでした.

 一方,大規模なものになると,照空灯の逆で,音波を放物面の反射鏡に反射させてこれを焦点に集めて聴取しようとする反射鏡型空中聴音機がありました.

 これら聴音機は,都市防空用と野戦用の二種類が作られ,一般的に前者の方がより大規模です.
 その性能は,最も良い状態で,10,000mに及びますが,実用的な距離としては,6,000m,誤差角は,最大1度(距離の1000分の16)乃至1度半(距離の1000分の25)で,更に技術が進むと,0.5度以下と言うものも出来てたらしい.
 ただ,聴取距離6,000mとなると,第二次大戦の航空機だと指呼の間になってしまいますから,意味を為しません.
 また,地形,気象条件によっても変わってきますから,より正確な監視設定が出来る,電波の反射波での測定方法に移っていった訳で.

 ちなみに,これと対空砲,あるいは照空灯と連動した夜間防空装置をフランスやベルギーは研究していました.
 これは,聴音機で目標を測定し,指揮所に測定値を送ることで,照空灯の位置を決定します.
 そして上空に来たら,照空灯を複数の方向から目標に照射して,不意を突き,目標に対して夜間戦闘機が迎撃を仕掛けたり,対空砲を集中させたりする予定でした.

 これも,航空機の発達で砂上の楼閣になってしまいましたが….

 ところが太平洋戦争時の日本では,これを本気で取り上げ,対空監視網を作っていました.
 例えば群馬県には,防空監視隊令に基づいて,県庁に防空監視総本部を設け,防空監視隊本部を前橋,高崎,渋川に設置,その傘下に40カ所の防空監視所を設置しました.

 その監視所には,上部に屋根が付き,下部に聴音壕がありました.
 この聴音壕は,コンクリート製で,底面が浅い凹面構造で,喇叭状の口径が4.2m,円筒部内径3.1m,円筒部の深さが3m,壁の厚みが0.33mの構造物で,その上に8本の柱を建てて,茅葺きの円錐形の屋根を載せていました.

 これに付属して,通信室,仮眠室,控え室,事務室があり,此処には,哨長1名,哨員20名の5つのグループで4班体制で交代勤務を執っていました.
 勤務は18時から翌日18時までの24時間体制で,昼は4名,夜は2名で1時間交替で監視に当たっていたそうです.

 そして,侵入してきた敵機の機数,侵入経路,侵入時間,音響と機影による機種判別を実施し,その結果を記録用紙に記録した後,監視隊本部と地元警察署に直通電話にて報告されることになっていました.

 これが機能したのか否かは残念ながら不明ですが….
 ま,貧すれば鈍するの典型と言えば言い過ぎかもしれません.

眠い人◆gQikaJHtf2 in mixi,2006年12月11日22:43

 【関連リンク】
Acoustic Radar.
http://www.dself.dsl.pipex.com/MUSEUM/COMMS/ear/ear.htm

仮 in FAQ BBS

聴音機(上:偽物,下:本物)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq01k15b.jpg
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq01k15.jpg
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 阻塞弾って何ですか?

 【回答】
 旧日本陸軍が開発していた兵器にそういうものがあって,これは低空から地上攻撃してくる敵戦闘機や爆撃機等を阻止するための空中爆雷でした.
 パラシュートが付いた爆雷を地上から打ち上げ,これに敵機を絡ませて破壊する仕組みでした.

名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE


 【質問】
「日本軍は殺人光線(レーザー兵器)の開発に成功 ∩(・ω・)∩
なお,ネズミ1匹を殺害するための所要時間は30〜60分orz 」
 上記のエピソードを小学校のとき父親から聞いたのですが,事実だったのでしょうか?

 【回答】
 ▼上述の通り,事実です.

 ネズミへの照射は兵器としての可能性を探る実験の一環で,その後の研究で大出力のマイクロウェーブで敵機のエンジン点火系統にダメージを与えることが主目的となった.
 この兵器は「勢号」と名付けられたが,開発途中で終戦となった.
 発振用のパラボラアンテナの直径は22mに達し,大電力を消費する為発電所の近くにしか設置できなかったので,実際に完成したとしても効果は小さかったものと思われる.

 1943年(昭和18年)のこと,海軍技術研究所の伊藤庸二大佐が,原爆開発を議論しようとする物理懇話会に,大学の先輩である仁科芳雄を呼んだ事がきっかけとなり,仁科達は強力なマイクロ波発振管の開発に協力する事になった.
 これが海軍“勢号”計画.
 “勢”は“大勢力”磁電管の“勢”のことだった.
 磁電管すなわちマグネトロンとは,直線状の陰極のまわりに円筒状の陽極を分割して配置した,一種の真空管.
 マイクロ波(波長1〜10cm)発生のために1927年(昭和2年),岡部金次郎と八木秀次が開発したものだった.
 伊藤の電波研究部では,電波探信儀,すなわちレーダーのマイクロ波発信のために,“大勢力”磁電管をを作ろうとした.

 そのマイクロ波発振実験中,たまたま近くで稼働中の航空機エンジンが停止した.
 そのとき海軍は考えた.
「これは兵器に転用できるのでは?」

 “勢号”の一環として,海軍は東大医学部放射線科にマイクロ波の生理作用の解明を,また東大理学部化学科・水島研究室にマイクロ波の化学作用の解明を依頼.
 水島教授は,光と物質の相互作用の国際的権威だった.
 B29のプロペラが止まってパイロットが死ぬ,
 そんな最終秘密兵器を担当者は夢見ていたらしい.

 しかし現実には,マイクロ波はすぐに拡がるし,金属製の機体に反射されてしまう,
 マイクロ波は水分子の運動を加速し,熱発生ぐらいの効果しか示さなかった.
 この現象から後に生まれたのが,電子レンジだったとさ.
 どっとはらい.

 【参考ページ】
http://otonanokagaku.net/issue/origin/vol6/index05.html
http://otonanokagaku.net/issue/origin/vol6/index06.html



 【質問】
 第二次大戦中,日本軍が虫眼鏡の理論で,敵機を光線で溶かして落とそうとした,と「日本の秘密兵器」という本で読んだのですが,他の国は研究もしなかったのでしょうか?

 【回答】
 大戦末期のドイツが,沢山の鏡で太陽光を集中させて敵機を撃墜する「太陽砲」という兵器を開発しようとしていたという話はある.
 そのほか
L字型の筒の中で爆発を起こし,その衝撃波で敵機を撃墜する「風砲」
地面に埋めた筒の中で緩燃爆発を起こして小規模な旋風を発生させて敵機を撃墜する「竜巻砲」
反射鏡で爆発音を集束照射して敵兵を殺傷する「音響砲」
などわけのわからん超兵器が研究されてるが,当然のことながらひとつも物にならなかった.

 なお,日本が研究していたマイクロ波兵器「勢号」は敵機を直接破壊するのではなく,マイクロ波でエンジンなどの電気系統を焼ききる事を目標としていたそうだ.

 【質問】
 WWIIで,中国軍の高射砲の配備状況はどうだったんですか?

 【回答】
 例えば,首都重慶には厳重な対空火網が形成され,クルップの88mm,ボフォースの75mm,ヴィッカースの75mmなど各種の対空砲,機関銃が配備されていました.
 遷都前の首都南京には,高射砲32門,高射小砲60門,高射機関銃96門が配備されていたりします.

眠い人 ◆gQikaJHtf2


 【質問】
 アメリカ軍は日本軍の航空攻撃に対し,どれだけの弾丸を浴びせて撃墜判定したか?

 【回答】
 以下,44年10月〜45年1月なので比島決戦時ですね.
 左が特攻機,右が通常攻撃機です.
 出典は「Naval Weapons of World War II (Naval Institute Press:J. Campbell) 」

5インチ両用砲
10月 1479発/機(スコア1.5機), 748発/機(スコア23機)
11月 1213発/機(スコア5機)  ,2601発/機(スコア1.5機)
12月  493発/機(スコア9機)  , 795発/機(スコア5機)
 1月 2675発/機(スコア3.5機),1765発/機(スコア4機)

5インチVT
10月  242発/機(スコア6.5機),  65発/機(スコア9.5機)
11月  324発/機(スコア6機)  , 798発/機(スコア1機)
12月  218発/機(スコア4機)  , 179発/機(スコア6.5機)
 1月  402発/機(スコア8機)  ,1083発/機(スコア3機)

3インチ両用砲
10月   59発/機(スコア1.5機), 294発/機(スコア4機)
11月  392発/機(スコア1機)  ,     なし
12月      なし           ,     なし
 1月  986発/機(スコア4機)  ,     なし

40mmボフォース
10月 2201発/機(スコア23.5機),3672発/機(スコア23機)
11月 2408発/機(スコア27機)  ,1249発/機(スコア6.5機)
12月 1007発/機(スコア33機)  ,2151発/機(スコア9.5機)
 1月 3576発/機(スコア30.5機),5633発/機(スコア7.5機)

28mm機銃
10月      なし           ,     なし
11月      なし           ,     なし
12月      なし           ,     なし
 1月 2170発/機(スコア1機)  ,     なし

20mm機銃
10月  9983発/機(スコア11機)  ,7802発/機(スコア27機)
11月  8755発/機(スコア13機)  ,3156発/機(スコア5.5機)
12月  3933発/機(スコア23.5機),6729発/機(スコア8機)
 1月 16313発/機(スコア15機)  ,7935発/機(スコア10機)

12.7mm機銃
10月       なし           ,39986発/機(スコア0.5機)
11月       なし           ,  875発/機(スコア1機)
12月 24942発/機(スコア0.5機),     なし
 1月 17402発/機(スコア2機)  , 9929発/機(スコア1.5機)

ゆうか ◆9a1boPv5wk in FAQ BBS
青文字:加筆改修部分


◆◆◆◆15cm高射砲

 【質問】
 太平洋戦争末期に,久我山というところに高性能な高射砲が据え付けられて,たった一発の射撃でB-29を2機撃墜したと聞くのですが,どのような砲だったんでしょうか? 誘導砲弾?

 【回答】
 地上設置型レーダーでB-29の位置と高度を測定した後,試製15cm高射砲が砲撃,撃墜した.
http://www.hkr.ne.jp/~igyou/mai/j_army/si/si.htm

 ただし,この撃墜は誤認説が優勢.

15cm高射砲
(画像掲示板より引用)


 【質問】
 日本軍は,B29に有効な15cm高射砲を昭和19年の時点で開発してたのに,どうして2門だけ久我山に配備したきり,量産しなかったんですか?
 もう量産する国力がなかったんでしょうか?
 それにしても,それまでの高射砲鋳潰してまでも造る価値あったと思いますけども.
 まあ,2門が100門になったところで,大勢に影響なかったでしょうが.

 【回答】
>15cm高射砲を昭和19年の時点で開発してた

十五糎高射砲の開発経過
昭和18年12月 試作決定,陸軍技術研究所で開発開始(火砲・照準具とも完成目標は昭和20年4月)
昭和19年4月 起案図完成,詳細設計開始
昭和19年10月 設計図面(総数約500枚)完成
昭和20年4月 2門完成
昭和20年5月 東京久我山陣地に据砲

 高射砲というのは砲身だけではなくて,射撃管制システムとセットです.
 当時の日本で高性能な電子機器をつくるとういのは(結局は計算機ですので)非常な苦労がありました.
 秋月級防空駆逐艦も,当初は2セットの高射装置(射撃管制装置)を搭載予定でしたが,結局は1基しか積んでいません.

 間に合ったのがアレだけということです.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 15センチ高射砲の陣地は,久我山のどの辺にあったのですか?

(PN 割れた草加煎餅 by e-mail)

 【回答】
 15センチ高射砲の運用にあたったのは,埼玉県大宮にあった高射砲第百十二連隊第一大隊第一中隊.
 この中隊と2門の高射砲が配備された久我山陣地は,現在の杉並区立富士見丘中学校,及びその周辺の都営住宅,本州製紙運動場にあたる.

(「久我山/高射砲陣地」 from 「東京デジカメ日記」)

現在の現地付近
(撮影:HN「割れた草加煎餅」)


 【質問】
 15センチ高射砲は戦後どうなったのか?

 【回答】
 2門の15センチ砲のうちの1門はその場で輪切りに切断処分された.目撃者は「まるで一斗樽のようだった」と語る.
 残る1門は調査のためアメリカ本土に海上輸送されることになった.
 しかし航行途中で悪天候に見まわれ,やむなく海中に投棄された.

(「久我山/高射砲陣地」 from 「東京デジカメ日記」)


◆◆◆◆VT信管

 【質問】
 第二次大戦の特集テレビ番組等を見ていると,VT信管がかなり強力な兵器みたいな扱いがあるのですが,VT信管はそんなに強いのでしょうか?

 【回答】
 VT信管のセールスポイントは概ね二つ

・調定しなくても敵機の近傍で自動的に炸裂する事
・調定する必要がないので速射性に優れる事
 つまり,潤沢なVT信管が準備できるなら,照準して撃ちっぱなしにできるって事
まさにアメさん向き(笑)

 VT信管という電波式自動信管が実用化されるまでは,高射砲の砲弾
「目標の飛んでる高さまで飛ぶには*秒かかるから,*秒後に作動させよう」
と,信管のセットを人間が計算して手動で設定していた.
 第2次大戦の頃にはある程度は自動化されたが,距離から時間を逆算してセットする事は変わらない.

 コンピューターのない時代なので,高速で飛行する飛行機を上手く捉えるように信管が作動する事はほとんどなく,ちっとも当たらなかった.
 一節には命中率は数万発に一発だった,と言われる.
(勿論,命中しなくても砲弾の炸裂した破片で損害を与える事はできたが)

 VT信管はこの高射砲の命中率を飛躍的に向上させた.

 因みに「軍艦長門の生涯」の表現を借りると,通常の時限信管をVT信管に換装した場合,命中率に関しては目標の体積が100倍に膨れ上がったのと同じ効果が得られる.
 これは零戦がボーイング747に化けたのと同等の数値.

 VTの威力については諸説ある.
 3倍という資料もあるが,VTは特攻機には効果的であるものの,通常攻撃機には1.5倍程度という資料もある.

 米海軍1944年10月から1945年1月のデータ

<対通常攻撃機>
対空火器         撃墜数(1機当りの発射数)
5"/38 using AA Common-33.5(960)  
5"/38 using VT-      20(624)
3"/50 using AA Common-4(752)
40mm Bofors-46(3,361)
1.1"MG-0(4,764)
20mm Oerlikon-50.5(7,152)
0.5“MG-3(15,139)

「時限信管に比べてVT信管が圧倒的に有利なのは,対特攻機のみ.
 生還を期さない分,特攻機は突入速度が大きいので時限信管が不利.
 他方,対通常攻撃機ではその差が縮まる(時限信管の調定が追随可能)

 対空火器の真打はVT信管ではなく,40mm Boforsと20mm Oerlikonである」
とも.

 但し,VT信管は艦隊防空システムの「一部」にしか過ぎず,また,そんな高度な兵器を開発し,製品として均一な品質で大量に送り出す米の国力こそ脅威であった,

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 VT信管の砲弾が実戦に初めて登場したのはいつごろですか?

 【回答】
 1943年1月,ソロモン海で米巡洋艦「ヘレナ」が日本海軍の艦上攻撃機に対して使用したのが,初めての実戦投入といわれています.

(名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE)


 【質問】
 VT信管がもし米軍になかったら,マリアナ沖海戦('44 Jun. 19-20)での日本軍の戦果は少しは増えただろうか?

 【回答】
 VT信管の効果はそんなに高くない.
 あのときは砲の数が足らず,砲の性能もあまりよくなかったらしい.
 日本機を打ち落とした内の8.9割はCAP.
 もしもCAPの待ち伏せを突破することができたならば,戦果は挙がっただろう.マリアナ沖で証明されたように,水上艦艇は航空機に対して有効な防御手段を持ち得なかった.
 だが有効なエアカバーをもつ艦隊に対する攻撃は非常に難しくなる.ある程度のCAPがいるだけでも一気に難易度が上がる.
 VT信管は,水上艦が独自の航空機に対する有効?な対処手段を得たという意味で大変意義があったんじゃなかろうか.

 CAPなしではVTやボフォースといえども組織的空爆の前には大した効果はありません.編隊で突入されれば何機かは墜とせても残機により攻撃は成功してしまいます.

 CAP最大の効能は,撃墜そのものよりも組織的攻撃を著しく困難にすることです.単機あるいは少数機による五月雨攻撃に変えてしまうことで,攻撃機に大量の弾幕を集中することが可能になるわけです.

 例えば在来型防空砲火が一回の攻撃当たり1機墜とせるところをVTやボフォースで2,3機墜とせるようになったとしましょう.
 相手が十数機の編隊を用いた組織的空襲だったら,撃墜戦果が1機から2,3機に増えたところで大した効果はありません.
 これを2,3機毎の五月雨空襲に変えてしまえば,毎回全機墜とせるようになる,というわけ.

ゆうか ◆9a1boPv5wk他 in 軍事板


 【質問】
 なんで日本もVT信管作って対抗しなかったの? 音に反応して破裂するだけでしょ?
 発想自体がなかった? それとも技術不足?

 【回答】
 VTは電波信管です,音波じゃない.
 数万Gの加速に耐える真空管と電波技術があって,初めてできるのがVT信管.
 技術・発想共に日本は不足していただけ.

 日本でも光学的な近接信管なら開発されました.
 ただ,これは爆撃に使用するもので,アメリカのように対空砲火に近接信管を使用する発想は無かったようです.
 それと,発想や技術力があっても開発できない場合もあります.
 NHK取材班編「電子兵器『カミカゼ』を制す」なんかを読むと分かりやすいんじゃないでしょうか.

▼ 「奮竜」の開発に携わった吉田隆(元海軍技術少佐)氏によれば,電波信管の開発・計画状況は以下の様らしいです.

> 二十年二月,高角砲弾および噴進弾に装備する“電波信
>管”(中略)の計画要領がまとまった.
> “電波信管”は高角砲弾を地上から電波で指令発火する
>ものと,目標と弾の位置をレーダーで刻々と探知してその
>距離が一致した時に自動的に電波で正確に発火させるもの
>とがある.なお,弾に送受信器を持つ“近接(VT)信管”
>が以前から開発が進められていた.

名無し三等兵 in FAQ BBS


目次へ   「WW2別館」トップ・ページへ   「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

軍事板FAQ
軍事FAQ
軍板FAQ
軍事まとめ