c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆MD(ミサイル防衛)
<◆◆MD目次
<◆日本/自衛隊(JSDF)FAQ目次
東亜FAQ目次


 【Link】

「D.B.E. 32型」【意味不明】プロ市民「PAC3が配備されたら核ミサイルの標的になるから配備をやめろ」 / 情報源移譲記章

「kojii.net」:MD にケチつけるのも大変だ

「kojii.net」:PAC-3 の存在意義を再確認 (2007/5/7)

「Togetter」◆(2011/01/06)JSFさんの初心者向け弾道ミサイル迎撃システム概論
>日本のどこよりも沖縄が安全な気がしてきた

「VOR」◆(2012/04/26)米国 仮想敵を設けてMD実験

「VOR」◆(2012/11/05)日本 ミサイル警戒のための無人飛行機開発へ

「アラスカ物語」:MDはいたちごっこ化するか?

「週刊オブイェクト」:SM-3地上配備型の開発へ

「週刊オブイェクト」:移動式GBI(ICBM迎撃可能な大型ミサイル防衛システムの自走化)

「週刊オブイェクト」:ミサイル防衛という言葉の持つ政治的意味について何も理解していないニューズウィーク

「週刊オブイェクト」:民主党・山口壮議員「ミサイル防衛の撃ち落せる確率は100分の1」・・・しかし数値には何の根拠も無し・・・

「週刊オブイェクト」:民主党・山口壮議員のMD撃墜率1%発言は完全にデタラメであった事が判明

「週刊オブイェクト」◆(2010年02月13日)空中レーザー砲,目標の邀撃破壊に成功!

「週刊オブイェクト」◆(2010年02月10日)先月行われた空中レーザー砲の非破壊試験映像

「週刊オブイェクト」◆(2010年06月13日)二段式GBIの飛行テストに成功

「週刊オブイェクト」◆(2010年07月03日)THAAD迎撃実験に成功

「週刊オブイェクト」◆(2010年10月22日)エアボーンレーザーが2回目の迎撃テストに失敗

「週刊オブイェクト」◆(2010年10月29日)イージス護衛艦きりしま,弾道ミサイル迎撃テストに成功

「週刊オブイェクト」◆(2011/04/18)イージス弾道ミサイル防衛が中距離弾道弾の迎撃実験に成功

「スパイ&テロ」◆(2012/04/01)PAC3を追いかけろ

「スパイ&テロ」◆(2012/04/03)イージス艦は高高度を通過する中距離弾道弾も迎撃できそう

「スパイ&テロ」◆(2012/04/12) 核ノドン配備のとき,MDはいかに

「スパイ&テロ」◆(2012/06/29) お詫びと訂正

「東京の郊外より・・・」◆(2013-05-17) 米陸軍参謀総長:ミサイル防衛任務強化を示唆

「ワレYouTube発見セリ」:よく分かるBMD

「ワレYouTube発見セリ」:米,衛星を破壊 迎撃ミサイルを発射・ハワイ沖

『弾道ミサイル防衛入門―新たな核抑止戦略とわが国のBMD』,金田秀昭(著)

『ミサイル防衛―新しい国際安全保障の構図』」(森本敏著)


 【質問】
 MDとは?

 【回答】
 ミサイル防衛(MD)計画は,1998年8月,北朝鮮が日本上空を飛び越える軌道で弾道ミサイルの発射実験をしたのをきっかけに,同年12月に日米共同の技術研究がスタート.
 現在は弾道ミサイルを早期に発見するレーダー網,着弾地点の解析や迎撃ミサイルの管制を行うシステム,陸上・海上発射型の迎撃用ミサイル―の3分野で開発・導入が進められている.
 迎撃のための法的手続きを定めた改正自衛隊法が2005年7月成立.

 多額の費用がかかる上,効果を疑う者も多い.


 【質問】
 MDの効果はどの程度?

 【回答】
 射程と射高はBLOCK1の倍以上となります.
 これでノドンを全飛翔過程で迎撃可能となります.
 更にテポドンへの対処も可能となります.

JSF in mixi

 MDによる防御をすり抜けるor圧倒する為に,多数のMIRVもしくは圧倒的多数の弾道弾配備/同時発射能力の獲得を強要させることになる.
 これはそれまでに持っていた核弾頭一個あたりの軍事・政治的威圧効果を減少させつつ,実際にMIRV/弾道弾多数配備に行うと途方も無い数を配備する必要が生じるため,対抗部隊(仮想敵国)の財政に多大なダメージを与えることが期待出来る.
 対抗部隊は財政へのダメージを押さえる為には,短期的にはMDに張り合うことを止めねばならず,中長期的には弾道弾以外への軍事的リソースに対する研究開発や資源の提供を抑えねばならなくなる.

ぉ拓 in mixi


 【質問】
 戦争が始まった場合,必然的にミサイルの発射なんて全て不意討ちでしょう?
 もしかして不意討ちのミサイルって,米国の技術力でも迎撃できないんですか?

 【回答】
 だから何度も言ってるが,普通は戦争が始まる前に緊張が高まる段階があるわけでしょ?
 そうなったら当然,前もってイージス艦やPAC-3を展開させとくわけ.
 ここでいう不意討ちというのは,今この瞬間まで普通に付き合ってた国が,ニコニコしながらいきなりミサイルの発射ボタンを押したような場合.
 こんなシチュエーションなら,そもそも迎撃部隊を展開させてるわけがないんだから,どうしようもない.

 アメリカはアラスカとカリフォルニアの固定式基地に,24時間態勢でGBIを配備しているから,いつ長距離ミサイルを撃たれても対応はできるはずだけど(レーダーやミサイルのオペレーターが寝惚けてたら話は別だが),今の日本のMDは,あらかじめイージス艦やPAC-3を迎撃位置に展開させとくのが前提だから,アメリカのGBIのようなわけにはいかない.

自衛隊板,2009/07/08(水)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 本当に安心するにはアメリカのようにGBIとやらが必要なのですね.
 日本でそれをやらないのは,予算と技術的な問題ですか?

 【回答】
 お金の問題もあるだろうけど,北朝鮮の弾道ミサイル相手にはオーバースペックで必要ないからだと思う.
 GBIってのは,弾道ミサイルのブースターに迎撃用の弾頭を組み込んで,迎撃ミサイルに仕立て上げたもんで,対象となる弾道ミサイルも射程数千キロクラスの中〜長距離弾道ミサイル.

 北朝鮮が日本に向けて撃ち込んでくると想定されているのは,射程が2000km以下のノドン級の弾道ミサイルで,これはGBIが対象とする長距離弾道ミサイルの半分くらいの速度でしか飛ばないから,迎撃ミサイルにもGBIほどの性能は要求されない.

 また,固定式サイロでの24時間365日態勢は即応性という点では有利だけど,逆にその施設がウィークポイントにもなりうるという諸刃の剣.

 イージス艦だと出港してしまえば,地上の固定施設よりはテロのような破壊活動への対策もしやすいし,何より イージス艦はそれ一隻で迎撃システムとして完結(捜索追尾用のレーダーやコンピュータ,ミサイルの発射機や 誘導装置など全部持ってる)しているという利点もある.
 SM-3も改良型のBlockIIになると,射程が倍増してイージス艦1隻で日本本土全域をカバーできるようになるから,今後MD対応イージス艦が増えてSM-3がBlockIIに置き換われば,後は常に日本海に1隻ローテーションさせとけば,即応性の問題は解決できると思う.

自衛隊板,2009/07/09(木)
青文字:加筆改修部分


 【珍説】
 MDは弾を弾で迎撃するようなもので実現不可能.

 【事実】
 ぶっちゃけると MD の難しさを半分しか理解していないし,技術的な進歩でどうにかできる可能性がある分野を,過去の失敗経験に立脚して批判しているところがトンチンカン.
 SM-3 や PAC-3 の迎撃実験成功率が上がってきていることなど,まるで眼中にはないらしい.
(残り半分の難しさについては,ソフトバンクの「ビジネス + IT」で「【北朝鮮テポドン発射】ミサイル発射の裏側に秘められた軍事技術の攻防 (前編 / 後編)」として書いた)

 ついでに書けば,たいていのウェポン・システムが "spiral development" 方式になっている昨今,最初に配備されたシステムが完成品と思ってはいけない.
 ハードウェアやソフトウェアを段階的に改良して,毎年のように新しくなり,進化していくのが当世のウェポン・システムなのだから.
 MD なんかは,その最たるものだ.
 イージス・システムだって,当初のベースライン 1 と現在のベースライン 7.1 は全くの別物だし.

kojii.net,2006/10/16


 【質問】
 MDの現在の主な開発状況(迎撃段階別)を教えてください.

 【回答】
ミサイル防衛 現在の主な開発状況(迎撃段階別)

■■ブースト段階■■

○ABL(エアボーン・レーザー)
・レーザーで弾体表面にダメージを与えることで,圧力負荷に耐えられないようにする兵器.
・試作機の機体は02年7月に初飛行.
・レーザーモジュールは04年11月に地上試射を実施.その後も数十回の試射が行われている.
・現在,機体は高出力レーザーを積み込まない状態での最終的な艤装,インテグレーション,地上・航空テストを実施中.
 空中発射テストは08年の予定.

○KEI(KineticEnergyMissileInterceptor)
・地上(TEL)発射・海上発射型の3段式迎撃ミサイル.
・大気圏外での初期段階迎撃を目的とし,最高12000mph(秒速約5.36km)まで加速.地上発射式はC-17に搭載可能としている.
・06年1月に1段目,9月に2段目の燃焼実験を成功し,08年に飛翔実験を予定している.

■■中間コース段階■■

○GBI(地上配備迎撃ミサイル)
・ICBMから米本土を防衛する為に開発中の地上発射型3段式迎撃ミサイル.
・現在,アラスカ州フォート・グリーリーとカリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地に十数基配備中.
・99年からの実験は6回成功,4回失敗.最新の実験は06年9月1日に行われ,成功した.
・北朝鮮のミサイル発射実験の際に「実戦モード」になったが,テポドン2が発射直後に分解・墜落した事もあり,出番は無かった.

○SM−3(イージス艦搭載)
・迎撃実験は8回中7回成功しており,実戦配備と平行しつつ更なる実験を進めている.
・05年11月のFTM-04-2では「SM-3ブロック1」を用い,初めて中距離弾頭分離型標的(ノドンタイプ)の迎撃を成功させた.
 06年06月23日ののFTM-06-2では「SM-3ブロック1A」を用い,一発目の迎撃が失敗したと想定,別の艦から2発目を発射・成功している.
・米イージス艦は順次MD対応改修中,海自もまず「こんごう」が07年内にもSM-3搭載改修を完了し,
 平成22年までに計4隻がMD対応艦と改修される予定. 北朝鮮情勢の緊迫化に伴い前倒しされる可能性もある.
・ブロック1Aの赤外線センサーを2波長化したブロック1Bを開発中である.
・SM-3ブロック1を発展させたSM-3ブロック2を日米共同で開発中. 06年3月にノーズコーンの分離実験に成功している.

■■終末段階■■

○THAAD
・終末高々度地域防空ミサイル
・95年4月から99年3月まで6回続けて迎撃実験に失敗した後,99年6月10日と,8月2日に迎撃に成功したが,システムを見直し再設計される事に.
・06年7月12日のFLT-03では再設計後初の迎撃実験が行われ,成功.
 06年9月13日にも迎撃実験が行なわれる予定だったが,標的ミサイルの打ち上げが失敗しテストされず.

○PAC−3
・野戦防空および拠点防空用ミサイル
・開発は一段落し,配備・運用が始まっている.迎撃実験は継続中.
・イラク戦争で2発のSRBM(アバビル100)に対して4発のPAC-3を発射,すべて撃墜.
 全体では9発のSRBMに対して計22発のPAC-2(改良型のGEM+)及びPAC3を発射,すべて無力化に成功.
・同戦争では英軍のトーネード戦闘機,米海軍のF/A-18への誤射が発生,更に米空軍のF-16に敵軍のSAMと間違われてHARMを撃たれ,レーダーに被害を受けるという事件も発生した.
・日本は2010年までに3大都市圏の部隊へ18基分・計124発を調達,その後も全国の部隊へ配備する予定.
 一発5億円. 北朝鮮情勢を受けて前倒しされる予定.
・システム一式を完全自走化し発展させたものが,米・独・伊で共同開発中であるMEADSのミサイルとして採用.

■■その他■■

○SM−2ブロックIVA
・01年頃にキャンセル→すべてSM-3へ移行と思われていたが,終末段階迎撃用として復活?
・06年5月,SM-2ブロックIVにて短距離弾道ミサイルの迎撃実験に成功. アローミサイルに似た弾頭システムにしたらしい.

○アローミサイル(イスラエル・アメリカ共同開発)
・イスラエルの短距離〜中距離弾道弾用迎撃ミサイル
・00年からアロー2として運用開始,高い迎撃確率を誇るとされ,04年には米国でスカッドの迎撃実験にも成功している.
・直撃による破壊ではなく,爆砕弾頭による破片効果で破壊.

○S−300ミサイル(ロシア開発のMDシステム・中国軍なども装備)
・ロシア製の地対空ミサイル.2つの異なる迎撃ミサイルを同時に運用する.
・MD対応型はその2種類の内,大きい方の迎撃ミサイル.
・弾頭はアローと同じく爆発による破片効果.
・ロシア軍ではより性能を上げた次世代のS-400システムに移行中.
・アローに似たシステムだが,射程はより長い.命中精度についてはデータ無し.

軍事板・改

▼ とりあえず個人サイトから,「Lockheed Martin 社のプレスリリースにあった,MD 関連のマイルストーンまとめ」 をはっときますね.

「kojii.net」:今週の軍事関連ニュース (2008/01/11)

BMD Milestones (Lockheed Martin via Defense-Aerospace.com 2008/1/9)
Lockheed Martin 社のプレスリリースにあった,MD 関連のマイルストーンまとめ.
(以下略)

[/quote]

ゆきかぜまる in mixi

 あと,最新の開発状況については〔,2ch.軍事板の〕ミサイル防衛スレのテンプレも充実しとります.
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1199544861/-100
〔※ 上記URLは古い可能性も有ります〕

唯野 in mixi

 【参考動画】
「ワレYouTube発見セリ」:露地対空ミサイルS400モスクワ配備


 【質問】
 ミサイル防衛システムに使われるミサイル関連のスペックってどこで調べられますか?

 【回答】
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/pac-3.htm
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/sm-3.htm


 【質問】
 ミサイル防衛がいわれて久しいですが,現在日本のミサイル防衛の研究はどの程度なのでしょうか?
 シナや朝鮮のミサイルを海上で打ち落とすことは出来るのでしょうか?

 【回答】
 どの程度と言っても開発段階としか.

 それと現在進んでいるイージス艦から発射されるスタンダードミサイル3,SM-3を利用した弾道ミサイル防衛(BMD)は海上,と言うか宇宙空間で迎撃するものです.
 「Naval Theater Wide」NTW計画という名前で2段階に分けられて進んでいまして,現在はブロック2,目標目標の弾道ミサイルをミッドコース段階で直撃して迎撃するミサイルであるSM-3の実験が進められています.

 1999年という古い資料になりますが,ペンタゴンが公表した議会宛ての報告書,「アジア・太平洋地域における弾道ミサイル防衛の構成」によりますと,日本全土を弾道ミサイルから防衛するにはパトリオット(PAC-3)なら,約100基のシステム(ミサイル8基のランチャー,射撃管制装置,同レーダー,通信装置で1システムを構成)を必要とするが,海上防御のNTW-1では4隻の改良型イージス艦,NTW-2では改良型イージス艦1隻で済む,
との事です(改良型イージスの1番艦,14DDGはそろそろ進水します)

 新型イージス艦の舞鶴配備は,このミサイル防衛に関連してとの事と思われます.

軍事板

 また,報道によれば,計11基のレーダーで弾道ミサイルを探知・追尾するレーダー監視網を,2009年度までに実用化する予定だそうです.
 以下引用.

 全国の7カ所の従来型レーダー(FPS−3)を改良して性能を向上させるのが特徴.
 これに加え,試験運用中の将来警戒管制レーダー(FPS−XX)4基を06年度から順次設置し,ネットワークを構築する.
 防衛庁は「弾道ミサイルの脅威の度合いを勘案した結果,多くが日本海側への配備となった」と,監視網の主要な対象が北朝鮮の弾道ミサイルであることを認めている.
 防衛庁によると監視網は,高度300キロ以上からマッハ10前後の超高速で飛来する弾道ミサイルを早期に発見,追尾するのが目的.従来型レーダーでは監視は困難だった.
 関係者によると,FPS−3の改良型では,現在は単一の目標しか追尾できない性能を向上させ,ミサイルなど複数の目標を追えるようにする.

(共同通信,2005/9/10)

北海道・当別,
秋田県・加茂,
福島県・大滝根山,
石川県・輪島,
京都府・経ケ岬,
三重県・笠取山,
佐賀県・脊振山
のレーダーを来年度から三年ですべて改良する.

 一方,航空自衛隊のレーダーサイトに配備を計画するFPS―XXは,監視の方向を固定式から可動式に改良.
 設置は当初検討していた七カ所から四カ所に抑え,来年度の
鹿児島県・下甑島を皮切りに,
新潟県・佐渡,
青森県・大湊,
沖縄県・与座岳の順に年一カ所ずつ整備する.

 防衛庁は,弾道ミサイルの早期探知と正確な落下地点の解析をしたいとしている.

(西日本新聞(共同通信),2005/9/10)


 【質問】
 パトリオット?ミサイルの車やイージス艦など,迎撃ミサイルを配備しての防空任務は,陸海空のどういった部隊が従事しているのでしょうか?

 【回答】
 イージス艦=海自で機動運用される自衛艦隊隷下の護衛隊群
 ペトリ=空自で防空を司る航空総隊隷下の高射部隊

 なお海自と空自で編成される,弾道ミサイル破壊のための統合任務部隊の指揮は,航空総隊司令官が取る事になってる.

自衛隊板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 SM3は現在でも「実戦」に使用可能ですか?

 【回答】
 使用可能です.(まあノドンクラスまででしょうが)

段階的に書きますと・・・

SM3(ブロック0)による実験(5回中4回成功)
↓(改修・グレードアップ)
SM3(「実戦用」ブロックT)による実験(去年11月の実験で迎撃成功)
↓(改修・グレードアップ)
SM3(ブロックTA)による実験(新聞記事ではブロック1Aとは書かれていないが,06年夏期に行われると見られていたので,06年6月の迎撃成功)
↓(改修・グレードアップ)
SM3(ブロックTB)

・・・・(ICBM用ブロックU,ブロックUAへと続く)

 ですから,既にSM3は実戦的ですし,そしてそれが効果的に働くと思います.
 実験が多いのは,失敗しているとか実戦に対応していないとかではなく,あくまで「グレードアップ」のためです.

葉月 in mixi


 【質問】
 イラクがクウェート領内に発射した「スカッド」ミサイル3発の内,2発をパトリオット・ミサイルによって撃墜できたのなら,日本に向けて発射されるノドンテポドンを撃墜することは可能ですよね?

 【回答】
 テポドン,ノドンは,いわゆる弾道ミサイルと呼ばれるもので,砲丸投げの様な軌道を描いて飛ぶミサイルです.超高空まで上がり超音速(音速の数倍から十数倍)で落下してきます.
 これらは日本が現在装備するいかなる兵器でも撃墜できません.
 現在,政府が購入を検討している,レイセオン社の 「パトリオット PAC3」 は撃墜能力がありますが,10〜30%の撃墜率のようです.
 なお,イスラエルのアロー・ミサイルが高確率で撃墜可能との事ですが,未確認.

 ちなみに,SM-3は短・中距離弾道弾迎撃用.
↓の17ページ目参照.
http://www.mda.mil/mdalink/pdf/bmdsbook.pdf

 しかも,2006年6月末現在,SM-3を搭載しているイージス艦さえ,世界でも米海軍の

シャイロー
レイク・エリー
ポート・ロイヤル

の3隻だけ.
 しかも,シャイロー以外はまだテスト段階.

 ちなみに,これまでにSM-3が実施した試射は,直近の1回を除いて,大気圏外でミッドコース段階の要撃を行ったもの.

 SM-3ブロックIAについては,日本向けのFMS案件が具体化したところですね.
http://www.dsca.osd.mil/PressReleases/36-b/2006/Japan_06-35.pdf

 あと,SM-2ブロックIIIBも.
http://www.dsca.osd.mil/PressReleases/36-b/2006/Japan_06-27.pdf

軍事板 & 井上@Kojii in mixi支隊

 軍事評論家・江畑謙介も,これとほぼ同じ見方で一致している.
 以下引用.

 航空自衛隊が保有しているパトリオット(PAC2)は,落下してくる弾道ミサイルの近くで爆発し,爆発の破片によってミサイルを破壊するタイプ.湾岸戦争時には命中率7割ともいわれましたが,実際にはミサイルの弾頭を完全に無力化できなかったことも明らかになりました.
 現時点で日本に配備されているPAC2によるノドン迎撃は,実戦経験からいえばかなり期待薄といわざるをえないわけです.
 しかも,PAC2は空自の基地(6個高射群17部隊)にしか配備されておらず,迎撃可能な範囲も半径30キロメートル程度で,とても日本全土はカバーできないのです.

(from 週刊ポスト,Jan. 31, '03)

 ただし,アメリカは北を常に見張ってて,ミサイルに燃料を注入しだしたら攻撃すると言っているので,攻められるとおしまいな北韓は,ミサイルを撃とうとする事すら出来ないでしょう.

 【質問】
 イージス艦に搭載された艦対空ミサイルではどうなのか?
 【回答】
 現在のままでは,やはり不可能.
 対空用の迎撃ミサイルしか装備されておらず,自前の早期警戒衛星も日本は持っていないため.
 以下,ソース.
 現在,イージス艦には対飛行機用の迎撃ミサイルしか装備されていないので,やはり弾道ミサイルの迎撃能力はほとんどない.
 そもそも弾道ミサイルを北韓から発射された場合,探知,追尾から迎撃に向かうまでの時間的余裕はわずかしかない.
 しかも,自前の早期警戒衛星を持たず,発射されたという情報まで米軍に頼らなければならない現状こそ,最大の課題でしょう.
 在日米軍はリアルタイムで発射情報を入手できても,迎撃兵器を持っていないため,やはり日本は裸同然なのです.

(江畑謙介 from 週刊ポスト,Jan. 31, '03)


 【質問】
 自衛隊が持っているパトリオットを改修すれば,パトリオット3みたいな弾道ミサイル迎撃能力を持たせることってできないの?

 【回答】
 パトリオットの1〜2と3は全く別物.パッチ当ててもどうにもならん.

 例えば2までに比べて,

・小型化されて射程が短くなった
・ミサイルケースの装弾数が一発から四発に
・スラスター追加で機動力がアップ
・弾道弾迎撃能力の向上

 細かいところもあげてけば,もっと色々違いがある.

軍事板


 【質問】
 パトリオットPAC3は何基配備されることになるのか?

 【回答】
 運用開始時は18基,最終的には32基になる予定だという.
 以下引用.

全国18基で運用開始 地対空誘導弾で 防衛庁

 弾道ミサイルを迎撃する防衛庁のミサイル防衛(MD)計画で,航空自衛隊に配備する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の導入計画の全容が9日,明らかになった.
 既に選定を終えた埼玉,岐阜,福岡各県の基地に本部を置く高射群に加え,浜松基地(静岡県)の教育訓練部隊にも計4基を配備し,2010年度までに予備を含む18基で運用を開始.
 さらに,11年度以降に北海道,青森,沖縄各県の高射群への追加導入を検討する方針で,実現すれば合計32基の配備となる見通しだ.

 PAC3は,発射された弾道ミサイルを海上自衛隊のイージス艦発射型迎撃ミサイルで破壊できなかった場合に,地上から発射して落下直前に迎撃するMD計画の柱のひとつ.
 空自幹部は
「日本全域の防空には国内24の高射隊すべてに配備するのが理想.予備や教育訓練用も含め計30基以上が必要」
とするが,10年度までで2600億円に上るとされる導入経費の問題などから,当面は18基となる.
 計画では06年度末以降,入間基地(埼玉県)が本部の第1高射群に属する関東地方の4部隊を皮切りに,浜松基地,岐阜基地の第4高射群,春日基地(福岡県)の第2高射群の順で16基を配備.さらに08年度から定期修理や点検時の予備として2基を導入する.
 11年度以降に追加配備を検討する部隊は,千歳基地(北海道)の第3高射群,三沢基地(青森県)の第6高射群,那覇基地(沖縄県)の第5高射群.各高射群内の4部隊に1基ずつの12基と,予備2基の計14基について配備の必要性を判断する.

 ■PAC3 米陸軍が開発した地対空誘導弾「パトリオット」の改良型.
 パトリオットは1991年の湾岸戦争時に,当時のイラクがイスラエルに向けて発射した弾道ミサイルを迎撃し性能を実証,注目された.
 車載型のミサイル発射装置やレーダー,管制装置,電源などで1基を構成する.防衛庁のミサイル防衛計画では,地上から発射して落下直前の弾道ミサイルを迎撃する.

(産経新聞/共同,2005/10/9)

▼九州に初配備のPAC3,報道陣に公開
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1018684&media_id=88

 あれ,なんで春日じゃなくて芦屋に?と思ったら,指揮所が春日で,発射部隊配置は芦屋な訳ですね.
 まあ破片被害を防ぐ為にも,洋上で撃破出来たほうがいいから,玄界灘に面した芦屋なんでしょうが.

 移動展開出来るのが売りですが,福岡市や佐世保を防護する場合は,実際にはどの辺りに配置する予定なのかが気になる所です.

 もっとも,法律きちんと整備しないと,いざと言う時すらマトモに展開も出来ないかもしれませんが(苦笑)

千里独行 in 「軍事板常見問題 mixi支隊」,2009年11月13日 23:37
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 万が一中国,北が核ミサイルを日本に向けて発射する場合,狙うのはやはり東京などの大都市ですか?
 それとも自衛隊駐屯地ですか?

 【回答】
 そんなの,その時の状況と,撃つ方の思惑によるとしか言えん.

軍事板,2009/07/24(金)
青文字:加筆改修部分

 戦略目的で先制核攻撃を行うとして,日米同盟軍を叩きたい場合は,航空基地や軍港が目標になり得るが,有事ともなれば部隊は空中待機・出航してるので,一網打尽になることは無い.
 陸自の駐屯地は有事に引き払うから,正にもぬけの空.
 通常,第一目標になる核サイロは日本には存在しない.
 レーダーサイトなどはわざと僻地に作ってあるので,うまみが少ない.

 そこで日本国の中枢となる,産業集積地や交通節点を攻撃して,確実な出血を狙ってくる場合,それは大都市でもあるという事になるだろうね.
 もちろん,国民をたくさん殺したり住居を奪うこと自体にも,国力を削ぐ意味がある.

 このような事態を避けるために核抑止があり,日本は米の核の傘を借りている.

 ついでにミサイル防衛で相手の核攻撃の確実性を削ぐ事で,ハードルを上げているが,これ
については政府は何度も何度も,
「MDは拒否的抑止の一角として,核の傘を補完するものである」
と言っており,報復による懲罰とは性質が違う.

 なお,戦略原潜から撃つような核ミサイルは,精度が出ないのでもっぱら報復用.
(ただし,さすがにトライデントIIは無視できない)
 大都市を吹っ飛ばして,たくさん人を殺す事を狙う.

モッティ ◆uSDglizB3o(黄文字部分)他 in 軍事板,2009/07/24(金)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
>1 名前:以下,名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/04/20(月) 20:27:17.20 ID:Jgn0ySKw0

> 現在,岩手・秋田両県にPAC3を配備した日本政府は,
>世界中から『公衆の面前に防衛機密を晒した.
> 日本人は頭がおかしい』と叩かれまくっている.

 ソースも無しに聞くのは無礼だと思ってますが,これは本当なのでしょうか?

2010年07月05日 12:52,Bernoulli

 【回答】
 「悪魔の証明」はできません.
 そう報じたという,主要国の外電なりを複数挙げてもらわないと判断できませんね.

 そもそも,機動的に展開が可能なミサイル防衛部隊を,予測軌道に応じて展開させることがなぜいけないのか.
そしてPAC3の射程からして,人口密集地を守るためには,その近辺に展開しなきゃならんのは自明の理ですし,
加えてあの時は,展開状況を国民に周知することによって,一定の安心感を広める意味もあったのですよ.
 また,もちろんあの時は,米軍と連絡を取りながら,不測の事態への対処計画を進めてましたし.

 ていうか,ちょいとぐぐったら,そのレスのコピペ拡散ばっかりヒットしますがな.
 それだけ見ても,「ミサイル防衛部隊が機動的に展開されたら困る連中」や,「何が何でもMDにケチをつけたいだけの連中」がはしゃいでる感が滲み出てるかと.

 ともかく,そういった報道のソースが挙がってこないことには,どうにもこうにも.
 そして,その挙証責任は,その説を展開して拡散させてる側にある,ということです.
 それまでは「はいはいわろすわろす」のスタンスで.

2010年07月05日 14:52,音木南樹

以上,「軍事板常見問題 mixi別館」より
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 MD防衛の要(でいいのかな…)として入ってきたPMC3ですが,これって戦闘機とかヘリとかの迎撃にも使われるのでしょうか?
 あんまり前線とかに持ってたらやばいんじゃないかな?,と思いまして.

 【回答】
 PAC-3のことかな?
 能力的には可能.
 ただし,自衛隊ではあくまで弾道ミサイル迎撃用に配備しているので,基本的には通常の航空機や巡航ミサイルの迎撃を目的とした運用はしない.
 それに射程距離やコストパフォーマンスでは,PAC-2やその他のSAMにだいぶ劣る.
 早い話が,弾道ミサイル以外の目標に使用するのはもったいない.

 もちろん,迎撃すべき航空機や巡航ミサイルなどの迎撃可能範囲に,PAC-3のみが展開されているような状況ならば,PAC-3を使うこともあるだろうけど.

神゛聖\(^o^)/オワタ帝國 ◆u8nX3fKy0k in 軍事板
青文字:加筆改修部分

 ただし,PAC-2とPAC-3のミサイルコンテナは共通だから混載して使い分ける事もできるから,実際の運用上の不便はあまり無いんじゃないかな.
 PAC3だけで運用する場合は弾道弾対処が目的なので,敵性航空機が飛来するような場所に展開する可能性は低い.
 その脅威がある場所に展開する場合は,PAC2を混成配備するだろう.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 PAC3って言ったっけ? 射程短すぎない?
 20〜30Kmくらいだっけ?
 少しずつ射程距離を伸ばして,たくさん売りたいのかな?

 【回答】
 射程を長くする意味がない.

 弾道弾迎撃には三つのフェイズがある.

ブーストフェイズ: 打ち上げ時.ミサイルが加速している段階.

ミッドコースフェイズ: 宇宙空間を目標に向けて慣性で飛んでる段階.

ターミナルフェイズ:目標に向けて落下している段階.文字通り自由落下.

 PAC3はこのうちのターミナルフェイズでの迎撃を目的に設計されており,長い射程距離はいらない.
 高価値目標の周辺に配備し,そこを狙って落下してきた弾道弾を迎撃するのが仕事.


 【質問】
 MDですが,20kmしか射程ないポンコツなんか使わないで,SM-3を東日本・西日本の陸地にそれぞれ設置すればいいんじゃないの?

 【回答】
 SM-3は既にイージス艦に搭載されて実戦配備についてるよ.
 ただ,SM-3の迎撃網を突破されて終末段階になったら,真空の宇宙空間でしか使えないSM-3では,もはや対処できない.
 だから迎撃をより完璧に近づけるために,大気圏内の下層〜上層で使える迎撃ミサイルを,最後の砦として配備しようってことになったわけで,PAC-3はその役割を果たすもの.
 本当は,射程200kmくらいあるとされるTHAADがあればよかったんだが,迎撃ミサイルの導入を決めた当初は,THAADは失敗続きで実用化の目処が立ってなくて,現実的な選択肢はPAC-3しかなかった.

自衛隊板,2009/07/08(水)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 日本のイージス艦一隻で何発の弾道ミサイルを防げるのでしょうか?

 【回答】
 いまだ予想の範囲に過ぎないが,SM3は一隻に9発程搭載され弾道弾1発に付きSM3 2発の冗長を持たせるとすると,(撃破率は別として)弾道弾4発に対処可能,といったところ.

 少なくとも,米イージスが2発同時までは試験して,成功しているので,これ以上ということにはなる.
(もちろん,時間差や飛行経路等の諸条件でも左右されるのだろう)

軍事板
青文字:加筆改修部分


【質問】
 2005/6/14午後の衆議院本会議で可決された,ミサイル防衛(MD)の法的枠組みを整備するための,イージス艦に関した自衛隊法改正案とは,どんなものか?

 【回答】
 イージス艦での対処要領が確定したということですね.
 1. 第82条(海上警備行動)に「弾道ミサイル等に対する破壊措置」を追加
 1. 「破壊措置」には「発射の兆候がある場合,首相の事前承認を得て迎撃する」と,「明確な兆候がつかめない場合は,事前に作成する『緊急対処要領』に基き,防衛庁長官の命令で迎撃」の2種類を明記
 1.迎撃後に国会に報告する
 1.民主党が求めていた「迎撃措置後の国会承認」は「すでに措置を取ったあとで国会承認を得ることに意味はない」とのことで採用されず

 以前にマガジン(2003/8 第120号)では,「各艦におけるMDへの対応」について,専門家の話をお伝えしたことがあります.
「ミサイル防衛は時間との戦いです.
 コンピュータは瞬時に結果を出しますが,人間はそうはいきません.
 そこで,条件を定めて撃墜の権限を下級指揮官に委ねざるを得ません.
 BMDでは,特にその点が重要です.
 弾着点が我が国領域となれば,撃墜しても良いのではないでしょうか.
 迎撃ミサイルが個艦に搭載されているなら,その引き金も艦長が握っているわけで,航空総隊司令官も彼に権限を委譲せざるを得ないでしょう.
 そうなれば,数十秒でも対処可能です.

 この権限委譲タイミングも重要です.誤解しないで頂きたいですが,平時から個艦艦長にミサイル撃墜権限があるわけではありません.
 事態が切迫した段階で(やむを得ぬ,となってから)許可が出ます.
 これらの権限委譲ルールが"交戦規定,ROE"です.
 これは状況の仮定文と実行権限付与文をコード化したもので,およそ考えられる全ての状況と対策が網羅されています.
 例えば,この中に
    a1「探知したミサイルの弾着点が」
    b5「本邦領域内なら」
    c8「迎撃を許可する」
とあるとき,然るべき上級権限者から「a1b5c8」という暗号が届いた時点でミサイル発射は艦長の判断に任されます.
 もちろん切迫した時期が過ぎれば,取り消し暗号で権限を取り上げられます.

 海自と空自の連携体制ですが,悲観的評価と楽観的評価では全く異なります.
 細部は申し上げられませんが,自衛艦隊司令部と航空総隊司令部の間には濃密な情報の往来があります.
 それらを有効に機能させて防空体制の実を挙げるには訓練しかないでしょう.
 幸いにも近い将来,統幕が作戦指令権を持つようになりますので,従来の海空による協定や調整と比べて格段の進歩があるでしょう.

 もう一つ重要なことは米軍です.防空には国家主権が絡むからです.
 BMDの難しさは技術だけでなく,否応なく集団的自衛権の問題が絡みます」
とのことでした.

 ここでも指摘されていた「集団的自衛権行使の問題」を解決しないまま,法整備を進めたわけです.
「これでいいのかな?」
と思ったりもしますが,日本の場合「憲法改正ありき」からスタートするよりも,より具体的な物事を積み上げることで最終目標に達するというやり方のほうがいいかもしれません.
 日本国民は太古より,民主主義だけではなく,あらゆる原理主義とは相容れない国民性を持っていると思います.
 憲法原理主義もそのひとつでしょう.

(おきらく軍事研究会)

 【質問】
 ミサイル防衛(MD)について,民主党が要求している「国会の事後承認」は,妥当な主張なのか?

 【回答】
 数秒を争うミサイル迎撃で,現場の指揮官が,迎撃命令の権限を最高司令官たる首相から委ねられるのは,ごく自然のことです.
 それに,ミサイルが撃ちこま れた段階で某国とは戦争状態に入っているわけで,その際に「国会の事後承認」を求めるというのは,平時の国会運営の感覚でものを言っているように感じ,危機意識を感じ取ることができません.
 法律でもし「国会の事後承認が不可欠」ということになり,事態発生後,国会で「あの迎撃は国会としては認められない」となった場合どうするのか? 法律を作るのなら,そこまで細部を詰めなければなりません.

 法律の縛りは,必ずしも軍事行動となじむものではありません.
 国防の最前線に立つ指揮官には,法律の縛りではなく権限を与えるべきで,その責任は敵の軍事攻撃から国家機構を守ることができたか否かに限定すべきです.

 これは軍事を考える上で本質的な問題です.

(おきらく軍事研究会)


【質問】
 MDにはイージス艦が使用されていますが,なぜイージス艦なのでしょうか?
 イージス・システムとMDに必要な能力って,あんまり関係性が無いような気がするのですが,単に最新鋭艦を使う=イージス艦を使う,という事になっているのでしょうか?

 高性能のレーダー,情報処理能力,ミサイル管制能力は,イージス艦固有のものではないですよね.
 確かにイージス艦は全部持ってますが,絶対にイージス艦ではなくてはダメなのでしょうか?
 MDに最も適した艦を選ぶと自然にイージス艦になるというだけであって,MDにイージスシステムは必要不可欠のものではないように思えるのですが.

 仮に
・弾道ミサイルを探知する目
・探知した情報を分析する頭脳
・迎撃ミサイルを管制する能力
を持ち合わせた通常の護衛艦があるのならば,MDに関する任務のみについては問題無く仕事をこなしたりは出来ないですか?

 【回答】
 既存の艦の中で最適であるなので.

 アメリカMD戦略中の海上配備NTMDのメリットは,その展開位置の自由度にある.
 そしてそれは中・北鮮の弾道弾の脅威を受ける日本としてもメリットが大きい.
 海上にある既存のプラットフォームとしてはイージスが最適であり,必要な追加コストの点からも最も有利だということ.


 【質問】
 江畑さんが新聞インタビューで,日本にイージス艦4隻は多すぎると言っていましたが,本当に多すぎなんですか?
 たしか,
「イージス艦保有は元々対ソのためのものであり,その後の情勢変化で偶然役に立っている.
 しかし,4隻もいらず他へ予算を回すほうがよい」
というものでした.

 立ち読みで読んだ「自衛隊 知られざる変容」 朝日新聞「自衛隊50年」取材班 (著) に載っていた,2003年ごろの朝日新聞のインタビューにありました.

 【回答】
 軍艦と言うのは,ローテーションを組んで運用されています.↓

整備→訓練→低率稼動(移動等)→高率稼動(前線にて活動)
*低率稼動と高率稼動を一緒にして稼動状態としても可

 常に一隻を稼動状態にしておきたい場合は,最低同型艦が3〜4隻は必要と成ります.
 よって,イージス艦を有効に使いたい場合は,4隻でも決して多いとは言えないです.
 ちなみに,少々話は逸れますが,空母12隻を擁する米海軍とて,一度に投入出来る空母の数は4〜6隻です.

 確かに,61中期防,03中期防で計画された当初のこんごう型DDGは,建造予算1220〜1290億とそれまでのDDGとは桁違いで,そもそもの目的はソ連の長距離爆撃機「バックファイア」の発射する対艦ミサイルへの対処という物でしたし,
 82年の日米安保事務レベル協議でアメリカがイージス艦の採用を強く迫ったという,政治的な背景も在ります.

 ですが,もしもイージス艦が導入されなければ,海自の防空能力はちょっとアレレなものになっていたかと.
 導入されなかった場合,46DDGたちかぜ型,48DDG,53DDG,56DDGはたかぜ型,58DDG以降,こんごう型と同じような調達年度数で,はたかぜ型を後3隻建造する予定でした.
 この設計が60年代,就役が70年代の,艦齢に約10年差がある艦が護衛艦隊の目となり耳となり,航空攻撃の脅威から艦隊を守る傘として頑張る予定だったわけです.(+昭和40年就役のあまつかぜ)
 ・・・平成の新時代の艦隊防空としては見劣りする感を受けます.

 平成に入ってから一気にイージス艦4隻を揃えたのは,自衛隊の装備調達としてはかなり英断だったと思います.

 まあマスメディアの場合,都合よく発言を切り取ったりして,バイアスがかかった編者が,発言要旨を捻じ曲げるようなことはざらにあります.


 【珍説】
 ともあれ,ここまで読まれた読者の中には,
「海上自衛隊には,そんなすごいフネ〔イージス艦〕があるのか.日本は大した国だ」
という感想を持つ方も,いるかも知れない.
 しかし,この「飛行物体」が,弾頭に爆発物を搭載し,日本列島を直撃する軌道に乗ったならば,海自のイージス艦はどのような対処が可能なのであろうか.
 正解は,「目下のところ手も足も出ない」である.
 すでに見たように,この艦は空母を護衛する目的で開発されており,多数の対艦ミサイル(亜音速から,せいぜいマッハ二程度)が飛来する自体には対応できるが,はるか上空をマッハ五以上で飛んで行く弾道ミサイルを迎撃するようにはできていないのだ.

林信吾著『反戦軍事学』(朝日新聞社,2006/12/30),p.99

 米海軍はまた,弾道ミサイル迎撃能力を持つとされる,改良型のイージス艦をすでに保有しており,二〇〇六年八月末には,横須賀に「シャイロー」が配備されたが,それなら,BMDに巨額の資金を投入し続ける意味はなんなのか.
 もしかして,米国の真意は,建造中のイージス艦に目をつけ,より高価なシステムを売りつけることにあるのではないか.

同,p104〜p105

 【事実】
 林信吾氏は自衛隊のミサイル防衛配備計画について碌に把握していない事が見て取れます.

 まず,「建造中のイージス艦」とは,3月15日に就役したばかりのDDG177「あたご」の事だと思います(「反戦軍事学」刊行時にはまだ建造中)
 が,「あたご」にはBMD能力を付与していませんし,その計画もまだありません.
 何故かというと,「あたご」級は従来の「こんごう」級の改良型でヘリコプター格納庫を持ち,インド洋派遣等の海外遠征任務に向いている為,MD艦隊としての編成には入らないからです.

 そこで自衛隊は,対弾道ミサイル迎撃の為に,「こんごう」級4隻のイージスシステムを最新型に改修し,対弾道ミサイル迎撃用のスタンダードSM-3の購入を行う事にしており,すでに発注をかけてあります.
 今年度末年末までには,「こんごう」が「シャイロー」と同様な弾道ミサイル迎撃能力を持つ予定となっています.
 システム改修と同時に購入するSM-3は1艦あたり9本.
 1発は試射を行う予定で射耗します.
 つまり「こんごう」級4隻で合計36発のSM-3を購入し,各艦1発ずつ試射を行い,残り32発が当面の配備数となります.

 したがって,反戦平和派が「反戦軍事学」の記述を頼りにイージス艦を非難した場合,以下のように応射を喰らう事になってしまいます.

 (1)
「弾道ミサイルを迎撃できない日本のイージス艦は役立たずだ」
 ↓
「今年度末年末にはイージス艦に弾道ミサイル迎撃能力を持たせます」

 (2)
「アメリカは新型イージス艦により高価なシステムを売りつける気だ」
 ↓
「システム改修するのは既存のイージス艦です.既に予算も下りてます」

 「反戦軍事学」が如何に役に立たないか,如実に物語っています.
 著者の林信吾氏は,日本のミサイル防衛計画の配備予定について何も把握しておらず,想像と憶測で物を語っています.
 それどころか,仮想戦記小説紛いの空想まで披露している有様で・・・.

 〔略〕

 さて,本書のこの章「イージス艦vs.テポドン」では,イージス艦の事を,
「完成した時には冷戦が終わっていて無用の長物になった」(p.101要旨)
とし,前章で紹介した戦艦大和も引き合いに出し,弾道ミサイル防衛についても
「完成した時には無用の長物になっていた,ということになる可能性すらある」(p.105)
と警告を発しています.

 しかし一方で,イージス艦は日米以外にもスペイン,ノルウェー,韓国(建造中)が保有している事も紹介されています(p.96)
 林信吾氏は,この事についてまず,おかしいと自分で気付かなければなりません.
 スペイン,ノルウェー,韓国は,日本のイージス艦導入の後に自国への導入を決めています.
 もし仮に冷戦終結後の日本のイージス艦導入が愚考だというなら,何故これらの国が導入を決めたのか,考えなければならない筈です.
 答えは,簡単な事です.
 もうイージス艦は決して特別な装備では無いのです.
 各国からイージス艦に類する戦闘システムを有した艦が登場しつつあり,イージス艦も数ある選択肢のうちの一つ,という扱いになってきているのです.
 マスコミはイージス艦を何か万能の戦闘艦であるかのように書きたてますが,そのような作られた神話に惑わされないことを,お願いします.

 また,オーストラリアは弾道ミサイル防衛に使う名目でイージス艦の導入を決定しました.
 このように最初に使用条件ありきでどのような種類の戦闘艦を導入するか決める例は単純明快で,現状,この条件ではイージス艦しか選択肢がありません.
 イージス艦は弾道ミサイル迎撃能力を獲得する事で,もはや対艦ミサイル飽和攻撃の脅威が去った冷戦後の世界において,新たな役割を得たと言えるでしょう.

この記事へのコメント ↓

 イージスだけでなく,それに似たようなシステム(同時多目標処理のさらに高まった防空システム)を備えた艦は各国で建艦中ですから,よけいに痛いですね.
 type45とかザクセン級とかetc...,挙げればキリがありません.

 隣国でも韓国のKDX-3はイージスシステムを備えた艦ですし,中国の052C型(蘭州級)も正確な詳細は不明ですがが,スタイルより推測される用途はまさにソレです.
 仏製TAVITACを自国改良した統合戦闘システムを作り上げて搭載したとかしないとかいった話も聞きますし.

 そもそも元を辿ればイージス的性格の艦以外に,どういった艦が時代にそぐうというのか見えてこないのですがね….
 時代遅れというのならどんなフネがいいのかと,そこを書かないとダメですよ.

Posted by 名無しT72神信者 at 2007年03月31日 14:08

「週刊オブイェクト」,2007年03月30日付
※加筆修正(青文字部分)あり

 さらに,近年ではイージス艦以外の艦にもBMD 能力が付与されつつあるという.
 以下引用.

 オランダ海軍の De Zeven Provinciën 級ミサイルフリゲート (*1) とドイツ海軍の 124 型フリゲートが装備する,APAR (Active Phased Array Radar) を中核とする対空戦システムについても,Thales Nederland 社の手で弾道弾迎撃能力を持たせる構想が進んでいます (*2).
 すでに,De Zeven Provinciën 級の HrMS Tromp が昨年,米海軍の弾道ミサイル迎撃試験に参加しており,弾道弾の探知・追跡と追跡データの Link16 経由の送信をテストしています.
 同艦は SMART-L 対空捜索レーダーに ELR (Extended Long Range) モードを新規に開発・追加して,レンジを 480km まで延伸しました (*3).

 さらに,イギリスでも 45 型ミサイル駆逐艦こと Daring 級 (*4) の対空戦闘システム・PAAMS (Principal Anti-Air Missile System) に弾道弾迎撃能力を持たせる研究をしています.ただ,APAR は 4 面固定式のフェーズド・アレイ・レーダーですが PAAMS の SAMPSON は回転式アンテナですから,場合によってはちょっと不利かも.

*1 : Naval Technology - De Zeven Provincien Class Air Defence and Command Frigate
http://www.naval-technology.com/projects/dezeven/
*2 : JDW 2006/1/18 "Netherlands looks to Thales for frigate-based TBMD upgrade"
*3 : Kojii.net 「今週の軍事関連ニュース (2006/12/15)」
http://www.kojii.net/news/news061215.html
*4 : Naval Technology - Type 45 Daring Class - Anti-Air Warfare Destroyer
http://www.naval-technology.com/projects/horizon/

kojii.net@ココログ別館,03/30/2007

 イージス・システム(またはそれに類する多目標同時処理能力)やBMDは今後,主要国の大型艦艇では,やがては「あって当り前」という装備になりそうだ.

 自衛隊にそこまで先見の明があったとは思えないが,米国に次ぎ,世界に先んじてそうした艦を手に入れた海自が,そしりを受けるいわれはないのではないだろうか?


 【珍説】
カナダde日本語
--------------------------------------------------------------------------------
国内では正社員になれないパートタイマーや就職先のないニートが増えているにも関わらず,540億円も払って,防衛ミサイルを買うついでにシステム改修費用として,アメリカ人を高額で雇う費用を国民の税金から払っているのだから,これ以上の税金の無駄使いがあるだろうか.
--------------------------------------------------------------------------------

 【事実】
 “ついで”じゃあ,ないんです.
 このイージス・システム改修を行わないと,SM-3ミサイルを撃てないんです.
 こちらが今回の買い物のメインなんですよ.
 金額も大半がシステム改修費用です.
 〔略〕

>アメリカ人を高額で雇う費用を国民の税金から払っているのだから,
>これ以上の税金の無駄使いがあるだろうか.

 いえ,効率的な予算の使い方だと思います.
 というのも,これを日本人だけで行うとする場合とはつまり,イージスシステムに匹敵する物を自主開発しなければならない〜〜その上に弾道ミサイル防衛システムまで〜〜なわけで,天文学的な予算が必要となるからです.

「週刊オブイェクト」,2006年12月16日付
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 「エアボス」とは?

 【回答】
 航空機に搭載し,ミサイルの探知・追尾を行うセンサー・システム.
 地上レーダーと合わせ,自衛隊独自のミサイル探知・追尾能力を保有するためのもの.
 以下引用.

防衛庁 エアボス実験成功ミサイルを探知・追尾

 米ハワイ沖で十七日実施された米の弾道ミサイル迎撃実験で,将来センサー・システム(エアボス)を搭載し,性能確認試験に臨んだ海上自衛隊の哨戒機UP3Cがミサイルの探知・追尾に成功した.
 エアボスは防衛庁技術研究本部第二研究所で試作,開発実験中の最新の赤外線探知装置.高高度で滞空警戒する航空機に搭載し,遠距離の航空機やミサイルなどが発する赤外線を円筒形のセンサー(直径約六十センチ)で探知し,追尾・監視する.
 海自の哨戒機P3CをベースにしたUP3Cの機体上部にセンサー,機内には計測装置やデータ処理装置などをそれぞれ搭載し,性能確認試験のためハワイに派遣されていた.
 同庁は今回の成功を受け,UP3Cが収集したデータを詳細に解析し,本格的な実用開発に着手する方針だ.
 日本はこれまで弾道ミサイル探知情報を米の衛星などに依存していた.
 エアボスと実戦転用が決まった新型地上レーダー「FPS−XX」で,独自のミサイル探知,追尾能力を持つことになる.
 エアボスは将来,無人偵察機(UAV)やP3Cをベースとする改造機,航空自衛隊のC130輸送機をベースとした改造機などに搭載されることが予想され,北朝鮮の弾道ミサイルなどの監視任務に当たる.

(産経新聞,2005/11/19)


 【質問】
 ミサイル防衛についてレーダの基本的なことを教えていただけないでしょうか.
 FPS−5もFBX−TもBMを探知できるんですよね?
 イージスにもフェーズドアレイレーダが積んであるんでしょう?
 なのになんで,AIRBOSSとかいう航空機搭載のBM探知用赤外線センサが必要なんでしょうか?

Posted by 暇人 at 2007年02月16日 16:19

 【回答】
 自衛隊のエアボスもそうだが,アメリカ軍のDSP衛星,そしてその後継のSBIRS-LowとSBIRS-Highといった赤外線探知衛星群が何故存在するかというと,「ミサイル上昇時の膨大な熱」を探知することで,瞬時にして敵ミサイルの存在を察知できるからだ.
 だから早期警戒となる.

 これがレーダーだと,弾道ミサイル以外の別の目標との識別に時間が掛かる.
 ある程度上昇してくれないと,弾道ミサイルかどうか分からない.
 解析にも時間が掛かる.

 しかし赤外線探知ならば,本来其処にあるはずの無い異様な熱の存在だけですぐに弾道ミサイルだと判明する.

 また敵ミサイルの赤外線探知は,上昇中及び終末段階でも戦闘機搭載用のIRST(Infrared Search and Track)の利用を積極的に図る計画だ.
 これはパトリオットPAC3をF-15戦闘機に搭載し,敵ミサイルの上昇中に叩き込みに行ったり,敵ミサイルが落ちてくる段階(大気との再突入時に断熱圧縮で高温になっている)で迎撃する計画.
 これは機体に搭載するレーダーにあまり頼れないから.AWACSみたいなレーダーならば上方への電波指向も簡単だが,戦闘機の機首にあるレーダーは,例えAESA(アクティブフェイズドアレイレーダー)であっても,あまり極端な角度には向けられない.
 だがIRSTならば,真上であっても探知できる.

 簡単に説明したけど,これで分かって貰えましたか?

Posted by 名無しT72神信者 at 2007年02月16日 17:23

「週刊オブイェクト」コメント欄


 【質問】
 THAADミサイルがハワイで迎撃実験をしたみたいですが,ニュースでは(自分で調べた限りでも),THAADミサイルは短・中距離の弾道ミサイルを迎撃する戦域防衛用のミサイルと一言っていました.
 そこで疑問に思ったのですが,北朝鮮が発射しようとしているテポドン2は大陸間弾道ミサイルですよね?
 仮にハワイに打ち込まれたとして,THAADミサイルで迎撃できるんですか?
 後,短・中距離の弾道ミサイルしか迎撃できないTHAADミサイルを,なぜハワイに配備してるんでしょうか?
 日本とかだったら分かるんですが・・・

 【回答】
 試験場がハワイにあるだけのこと.
 何でハワイかというと,弾道ミサイルの飛距離を考えれば数千キロの広大な空間が必要だから.
 さらにハワイなら海上・陸上・宇宙配備のあらゆる兵器と,あらゆる射程の弾道弾を取り扱える.
 以下,引用.

――――――
The Pacific Missile Range Facility (PMRF) is world's largest instrumented, multi-dimensional testing & training range.
PMRF is the only range in the world where subsurface, surface, air and space vehicles can operate and be tracked
simultaneously. This capability allows range users extraordinary flexibility in planning and conducting realistic
multi-participant, multi-threat freeplay operations to train crews, evaluate tactics, and test weapon systems.
Western Kauai is blessed with an ideal climate, averaging 361 sunny VFR flying days per years.

http://www.globalsecurity.org/military/facility/pmrf.htm
――――――

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【珍説】
■米,戦域高高度ミサイル防衛実験に成功
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060713AT2M1300Z13072006.html

 〔略〕

 THAADシステムって,JSFさんが「XバンドはTHAADシステムの一部の廃物利用」というニュアンスで書かれていましたよね.
 6年間,凍結されていたシステムを再び実験し始めたという事は,日本がミサイル防衛に参加し,北朝鮮が「テポドン2」その他を撃ってくれたので「チャンス!」だと思ったのでしょうね.

あつこば(小林アツシ) in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
 いいえ,THAADの開発が今になって再開されたのは,6年前に実験が中止された時に既に決定されていた事ですから,最近の情勢や日本がMD導入を決めた事とは全く無関係です.
 THAADはこの間,設計を根本的にやり直しており,飛行テストは1年前から再開しています.
 今回の迎撃実験も予定スケジュール通りです.

JSF in mixi

どうせなら,これの開発も希望.パイロット込みで
(画像掲示板より引用)



 【珍説】
 問題のコミュ読みましたが,アメリカの事しか配慮しておらず,日本人や沖縄人は「格下」にみているのがJSF氏の主張な訳ですね.
 つまり,JSF一派はアメリカに日本を売ることこそ良きこと.と言う売国奴集団であり,アメリカ一辺倒の日本の現状を憂いている我々「愛国者」の議論を破壊するためにのみ常駐している「言論テロリスト」に他ならないと考えます.
 よって,本コミュから永久追放するのが妥当だと思いますが,良識ある皆さん,如何でしょうか?

人類皆兄弟 in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
 私は愛国とか憂国とか売国とか,そういう言葉を恥ずかしげも無く使う人の神経が良く分からないですね.
 その人の立場が右だろうが左だろうが真ん中だろうが,「何を自分に酔っているんだか」と思ってしまいます.

>問題のコミュ読みましたが,アメリカの事しか配慮しておらず,
>日本人や沖縄人は「格下」にみているのがJSF氏の主張な訳ですね.

 何処にもそんなことは書いてない.
 ただ単に,「単座機を飛行移動する為にはどの時間に飛び立てば良いか」しか書いてないはず.

 ハワイ経由で米本土に行くには,嘉手納を早朝に出るしかない.
 長距離飛行後の夜間着陸は事故を起こす確率が高い.
 事故発生率を少なくする為の入れ替えなのに,そんなことをしていては本末転倒.
 そしてハワイまでは7000km以上ある.
 当然,F-15の航続力では足りず,途中で空中給油するしかない.
 空中給油機の会合で時間を取られるし,もし夜間空中給油をする場合は非常に危険が多い.
 すると嘉手納を夕方出ることもできない.

 これが複座機ならばもう少し融通が利くんだけどね.ストライクイーグルなら夜間飛行能力も高いし二人乗りだし・・・
 でも入れ替えはC型だから.

 で,私の解説に文句をつけている人は,米空軍にどうして欲しいわけです?
 事故発生率を低くする為に,住民の要望で嘉手納の古いF-15を米本土のMSIP-2相当の近代化改修を済ませた機体と入れ替えるんでしょう?
(実は住民の要望で嘉手納の戦力がUPされるという事に)
 入れ替えをするな,と言いたいわけですか.
 それとも早朝以外に発進して,事故を起こせと言われるんですか.

 文句をつけるなら代替案を示してください.

>つまり,JSF一派はアメリカに日本を売ることこそ良きこと.と言う売国奴集団であり

 まるで冷戦期の共産主義者みたいな主張ですね.

>我々「愛国者」の議論を破壊するためにのみ常駐している
>「言論テロリスト」に他ならないと考えます.

 「言論の自由」と「議論」,この意味について考えてみることだ.
 「我々愛国者の議論」とはなんだ.
 賛成意見だけで凝り固まった者同士での馴れ合う事を指すのか.
 そういうことをしたければ,「誰でも参加できる」状態にすべきではない.承認制にしなさい.
 でも,管理人氏は承認制にはする気が無い以上,異論反論を言う者が出てきて当然.

 そして,反論があればこそ議論が活性化する.
 言論の自由とは,意見を表明する自由もあれば,その意見に反論する自由もあるということを,忘れてはいけない.

 「言論テロリスト」とはなにか.荒らしの事か.
 するとあなたの基準では,異論反論は荒らし行為なのか.そして発言者を排除せよ,と.
 それは対話の拒絶に他ならない.
 戦争を対話で回避することの否定に他ならない.
 ましてや私は武力を用いているのではない,話し合いに来ているのに,話し合いを拒否するというのであれば.

 結局戦争など,永久に無くならないだろうよ.

JSF in mixi


 【珍説】
 たしかに,対抗手段はないよりあった方がよいだろうが,それならば,ロシアからS-300と呼ばれる迎撃ミサイルを買ってきて,日本各地のレーダーサイトやイージス艦とデータリンクできるよう,管制装置を改良した方が,ずっと安価で即効性がある.
 実は,韓国が一時期,ロシアとの対韓債務とバーターする形で,このミサイルの導入を検討していたが,米国からの政治的横槍が入って,断念した事実がある.
 このことと,前述の,イージス艦導入の過程などを併せて考えれば,BMDが日本の防衛のためと言うより,米国の軍需産業の利益を追求しているのだと,容易に想像がつくのではないか.

林信吾著『反戦軍事学』(朝日新聞社,2006/12/30),p.104

 【事実】
 兵器体系の全く異なる物同士でデータリンク,相互運用しろと?
 無茶を言わないで下さい.
 システムのインテグレーションだけ見ても凄まじい手間が掛かりますし,勿論費用も天文学的なものになりますよ.
 どうして「安価で即効性がある」だなんて無責任な事が言えるのです?
 そんな面倒な作業をするくらいなら,全く新しい迎撃システムを一から作り上げた方が早く安くできますよ.

 第一,仮にそういったシステムが構築されたとして,アメリカがそんな代物に向けて早期警戒衛星(DSP衛星)のデータを送ってくれる筈が無いでしょうに.

 S-300には確かに,対弾道ミサイル迎撃能力を持ったモデルも存在します.
 ですが通常型は対航空機用です.
 これはパトリオットのPAC-2とPAC-3の関係に似ています.
 ただし直撃方式の為に小さなパトリオットPAC-3とは逆に,S-300のMDモデルは近接信管を持つ大型の爆砕弾頭方式で,ミサイル自体も通常型よりかなり大きいです.
 これはイスラエルのMD,アロー2と同様のコンセプトです.

 韓国が導入を検討したS-300は通常モデルです.
 基本的には対航空機用で限定的な弾道ミサイルの迎撃能力もありますが,専用モデルと比べればオマケ程度の扱いです.
 実はパトリオットPAC2でも改良型のPAC2GEMから,限定的な弾道ミサイル迎撃能力を付与されています.
 そして・・・実はアメリカからの横槍など入っておらず,ロシアとの商談は進み,韓国はロシアから技術支援を受けてコピー・モデルを共同開発する仲にまでなりました.

KMSAM(韓国中距離地対空ミサイル計画) - 日本周辺国の軍事兵器

 モックアップを見れば分かる通り,どう見てもS-300そのままです.本当にありがとうございました.
 韓国はこれを単独の兵器システムとして使うつもりで,弾道ミサイル防衛として全体のシステムに組み込むつもりが無いのです.
 単純に野戦防空ミサイルとして使うのであったら,別にそれでもよいわけですから.

 ・・・以上のように,著者・林信吾氏のミサイル防衛に関する知識は滅茶苦茶で,S-300を導入しろという意見に至っては子供の思い付きレベルと言ってよく,とてもではありませんが参考になるような記述ではありません.
 そもそも技術的な説明が一切無いのですから.

「週刊オブイェクト」,2007年03月30日付

 【珍説】
 イージス艦問題にしても,日本が独自のミサイル防衛網を構築した場合,米軍がデータを寄越さないだろう, という指摘は,正しいと思います.
 しかし私は,現状のミサイル防衛構想に対して,税金の無駄遣いだと批判しているのであって,JSFによる批判は,
「それとこれとは,別でしょう」
でオシマイです.

イケメン作家@本人 in 社会学板

 【事実】
 あたりまえです.現在のミサイル防衛構想はアメリカとの協力を前提として計画されているのですから.
 アメリカの協力が得られないのなら,まったく別の計画を立案・実行しなければならないのは当たり前です.
 だから貴方の論理展開は,「為にする」ものだと私は批判しているのですよ.

蘇るベルナドッド隊長 in 社会学板


 【質問】
 もし仮に偵察衛星の防衛が出来ないとして,MDが破綻してしまったらそれまでの費用は水泡に帰す可能性も有ると思うのですが違いますか?

なりけん.in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【回答】
 偵察衛星の破壊は困難であり,またそれを防衛する事も可能です.
 万が一衛星が破壊されても,偵察機に早期警戒システムを積んで代替出来ます.
 DSP衛星が無くても,偵察機にAIRBOSSを乗せれば代替は出来ます.

 たった一つの手段が潰されたら全てが水疱と帰す,そんな脆弱なシステムではありません.

 なお,中国の実験のような方法では,DSP衛星撃破は不可能です.
 この衛星破壊実験は静止軌道に達せていないので,DSP衛星破壊は出来ません.

JSF in mixi


 【質問】
 イージス艦のMDについてですが,弾道ミサイルが発射された場合に,SM-3で迎撃可能な時間内に,日本の領域内に着弾する軌道かどうか判別する事は可能なのでしょうか?

 【回答】
 結構面倒な問題ですね.
 ブースト・フェーズ/ポストブースト・フェーズが終了した時点で軌道は確定するので,落下地点も推測できます.
 そしてそれを継続的に監視追跡する能力がなければ,MD自体が成り立ちません.
 しかし加速の停止を観測したとしても,以降下段の切り離し上段の再加速が有るかも知れません.
 衛星打上げですと,機体構成にもよりますが,最終段の加速タイミングは結構遅れるかもしれません.

 しかし今度〔2009年のテポドン2改発射実験〕の場合ですと,日本近辺に到達するのは第一段加速終了時点くらいですので,比較的早い時点で判断が付きそうです.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 MDについて質問させてください.

http://www10.atwiki.jp/fsx375/pages/91.html
において
> SM3搭載のMD対応イージスは,たとえば東京を防衛しようとするなら東京湾にずっといないといけない.
> 地上配備のSAMサイトの方がマシである.
と書かれていますが,これは事実でしょうか?
 どうも,自分の手計算では,こうならないんですが……

 なにか,情報をお持ちの方はいませんか?

極東の名無し三等兵 in 「軍事板常見問題 mixi支隊」

 【回答】
 その話,SM-3が240kmも駆け上がれる事を知られていなかった時代のコメントですから.
 Block2になれば最大射高は軽く400kmを超え,迎撃体の飛翔速度はノドンの1.5倍以上になるので,真横からでもブチ当てられます.
 日本海の何処に置いても迎撃に参加できるでしょう.

 しかし現状のBlock1では,向かってくる相手を迎撃するのがせいぜいなので,イージス艦は敵弾道ミサイルの射線上付近に展開していないと,迎撃は無理でしょう.
 あとは射撃高度が合えば迎撃可能です.

 ここの図を参考にすると,そうですね,能登半島-佐渡島のラインで,SM-3Block1による東京行き弾道ミサイルの迎撃が出来そうです.

JSF in 「軍事板常見問題 mixi支隊」


 【質問】
 弾道ミサイル防衛に対するアマチュア無線の影響は?

 【回答】
 CQ ham radio 2008.5によると,DoDはARRLに対し,米国内で運用されているPAVE PAWSに,アマチュアの440MHzレピータ局が妨害を与えている旨を通告し,レピータ局を監督するARRLは自らを含む無線局のオーナーらと共に,出力の制限や電波の放射方向の変更等の対応をとったと報じている.

 なお,アメリカ国内では440MHz帯のアマチュア業務は二次業務であるため,一次業務である防衛システムに影響を与えないよう対応する必要がある.

(でも,同じ周波数帯を使っているかどうかは,資料を調べてみないと分からない.
 たとえアマチュア業務が一次業務であったとしても,同一周波数帯の競合でなく,TVI等のように別の周波数帯の業務に影響を与えている場合は,一次二次の別無く対処を求められると考えられる.)

クローム・ツァハル in mixi,2009年06月03日12:12
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 故・江畑謙介さんの本を読んでた時に,F-15Eに空中発射型PAC-3が搭載が検討されると書いてありましたが ,空中発射型ミサイル防衛システムの開発状況はどうなっているのでしょうか?

バルセロニスタの一人,2010年01月22日 19:27

 【回答】
 何もしてません.
 NCADEが進行中です.

 ちなみに,あれは日本にとって大して意味が無いので〔略〕

JSF,2010年01月22日

 NCADEの話は自己解決しました.

http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/ncade.htm
 これじゃ,テポドン撃ってからすぐに発射しないといかんシロモノだから,確かに日本には大した意味はなさそうですな.

バルセロニスタの一人,2010年01月26日 00:39

以上,「軍事板常見問題 mixi別館」より
青文字:加筆改修部分


 【珍説】
 日本の戦闘機パイロットを留学させ,戦闘機中心の航空作戦の考え方が,急速に陳腐化していることを学ばせてはどうでしょうか?
 米空軍も4軍種の中では,思考が硬直化している方なので,「脅威の変化」への対応が不十分でしょうが,それでも,日本の環境で現在の防衛態勢を続けることの,虚しさには気付くでしょう.

http://holyland.blog.so-net.ne.jp/2012-11-21-1

 【事実】
 弾道ミサイルや巡航ミサイルを迎撃する,ミサイル防衛の教育部隊に,全く分野が違う戦闘機のパイロットを留学させて,何がしたいんでしょう.
 また,弾道ミサイル迎撃の教育には,「戦闘機中心の航空作戦の考え方が,急速に陳腐化していること」を学ぶ事は含まれていないはずですが.

 ちなみに我が国は,10年以上も前から,ミサイル防衛に関する装備と教育を行っており,既に空自のPAC-3や海自のSM-3が,実戦配備されています.

バルセロニスタの一人 in 「軍事板常見問題 mixi別館」
2012年12月09日 13:33
青文字:加筆改修部分


◆◆◆MD脅威論(笑)


 【質問】
 ある平和団体は
「ミサイル防衛は中露などの核軍拡を招くので,日本はやらない方がいい」
といっていましたが,この理論は正しいのでしょうか?
 家に鍵を設置した方が危険になるというのと同じくらい,おかしな理論だと思うんですが,僕がおかしいんでしょうか?

 【回答】
 「軍拡の原則」ってのがあってね.他の国より軍事的に優位に立とうと皆が考えるから,軍隊は自然に軍拡へ向うという法則.
 もちろん,あまりに軍拡したら経済の足を引っ張るから,政治が軍拡を抑えるんだけどね.
 ただし,周辺国が軍拡しているのに自国だけ軍縮するのは非常に危険.攻めてくださいと言っているようなもの.
 だから,国際的に話し合って軍拡の連鎖を未然に防ぐ取り組みが大切なわけ.

 翻って日本の周りを見ると,近年中国の軍拡が著しく,これからも継続すると見られている.
 そして,中国は話し合いで軍拡の連鎖を止めようとする意思は全くない.軍事費の公開すら拒否する始末.

 こういう状況にあって,日本もパワーバランスを保ち,戦争を未然に防ぐには,今のままの戦力では足りなくなるのではないかという懸念は,年を経るごとに大きくなっていると言える.


 【珍説】
 MDは現在も続いているMADによる核先制不使用の政治的原則を崩すような危険な軍事構想ですよ.
 実際にアメリカやイスラエルや日本に撃たれた戦略核の5%程度しか落とせないシステムであっても,政治家は,特に為政者は,全面核戦争で撃たれた核の殆どを撃ち落とせると勘違いする可能性が現在の政治構造では極めて大きくて,それは核の先制使用の敷居を極めて低くする.
 戦略核ですらそうなるのだから,戦術核に至っては今のBC兵器やクラスター爆弾のように安易に爆撃に使われる.

人類皆兄弟 in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
>特に為政者は,全面核戦争で撃たれた核の殆どを撃ち落とせると勘違いする可能性が現在の政治構造では極めて大きくて,
>それは核の先制使用の敷居を極めて低くする.

 前段と後段が繋がってないと思います.

 そもそも「戦略核」を使ってまで達成する政治的メリットというのは存在しません.
 相手を根こそぎ破壊したところで何の意味もない.

 核武装とはまさしく「相手に打たれない」ための装備のはず.

ますたーあじあ in mixi

>政治家は,特に為政者は,全面核戦争で撃たれた核の殆どを撃ち落とせると勘違いする可能性が現在の政治構造では極めて大きくて,
>それは核の先制使用の敷居を極めて低くする.

 逆じゃないですか?
 核ミサイルを全て撃ち落とせると判断したなら,核ミサイル作っても無駄じゃんと考えるのが普通ですよ.
 大体核武装にもそれなりにコストが掛る訳ですし.

 まあ仮にMDが100%作用するとしたら,飽和攻撃くらいしか核を使う方法なんてありませんが,そんな金の掛る物を大量に使用して得られるのは,ますたーあじあさんが言われているように完全破壊&放射能汚染された土地だけです.

愚者 in mixi


 【珍説】
 東北アジアに公平なものさしを当てると,米国の圧倒的な軍事力が鮮明に浮かび上がる.
 その最大拠点こそ日本列島だ.
 横須賀の米軍艦は500基を超えるトマホーク巡航ミサイルの垂直発射管を装備し,その約半数をピンポイント爆撃可能な発射準備態勢に置いている.
 MDが北朝鮮や中国への先制攻撃態勢を補助することは明白だ.
(グリーンピース)

あつこば(小林アツシ) in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
>横須賀の米軍艦は500基を超えるトマホーク巡航ミサイルの垂直発射管を装備し,

 卑怯臭い主張だな.
 確かにトマホーク“も”撃てるランチャーは各艦合わせて500基以上あるが,このランチャーは他のミサイルと共用で,中身の殆どは対空ミサイルや対潜ロケット魚雷が入っている.
 横須賀所属の軍艦のトマホーク巡航ミサイル搭載数は,一隻あたり12〜16発が普通なので,全部で100発以下でしょうね.

>その約半数をピンポイント爆撃可能な発射準備態勢に置いている.

 そもそも250発も無いってば.

JSF in mixi


 【珍説】
 ▼経済成長著しい中国は海外観光ブームが続き,ASEAN諸国に巨額の観光収入を落としている.
 2010年には海外旅行者数が5000万人に達するとの推計もあり,旺盛な旅行需要をいかに沖縄へ呼び込むか,知恵の絞りどころだ
 ▼その沖縄は,パトリオット・ミサイルの嘉手納基地配備や,宮古島への陸上自衛隊の新基地計画などきな臭さが漂う.
 中国の動向を視野に置くものと見られており,中国の反応が気になる
 ▼自国に向けて軍備を増強する国や地域に,旅行に行きたくないと思うのが自然な心情ではないか.
 沖縄の軍備強化は観光誘客に水を指すことにならないか

無署名記事 in 琉球新報,2006/10/30/9:41

 【事実】
 まるでPAC3が中国に向けられている攻撃兵器のような言い方ですが,琉球新報は地対空ミサイルだということを理解しているのでしょうか?

 断言できます.中国は絶対に勘ぐって来ません.勘ぐってきたら自爆です.
 そういう勘繰りをした国は,国際的に馬鹿扱いされるんですよ.何故ならPAC3は迎撃ミサイルで,しかも沖縄には他にも攻撃用兵器が配備されていない(F-15Cは制空用)からなんです.
 もし中国が嘉手納のPAC3配備について琉球新報のようにイチャもんを付けてきた場合,「ほーぅ,お前はPAC3に出番があるような事態を招く腹積もりなのか」と逆に勘ぐられ,薮蛇となってしまうからです.

 実はPAC3は,今は無きABM制限条約にすら抵触しないミサイルです.(何故なら主任務が対SRBM用だから) そもそも中国はABM制限条約に加盟していませんでした.
 だから,中国はMDを批判できる立場にありません.

JSF in mixi,改

 PAC3は「迎撃」で「対空」ミサイルですから,誰を傷つけるものでもないんですよね.
 名分が立っているので中国は何もできないです.

Ren in mixi

 【珍説】
紹介した記事は,もともと「中国からの観光客」がメインテーマの記事ですよね.

 だとしたら,「中国と仲良くしたほうがいい」というトーンになるのは当然ですね.

 もともと琉球王朝はアジアとの交易に積極的な平和な国でしたから,それがヤマトに組み入れられて要塞化されている事に対する拒否感は強いのです.

 〔略〕

 しかも,あの記事では,PAC3の事だけではなく,宮古島への陸上自衛隊の新基地計画も含めた軍備強化に対する懸念を表明しているわけです.

あつこば(小林アツシ) in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
 ・・・琉球王朝の歴史を知っていれば,そんなセリフは出てこないです.

 琉球には鉄砲(の一種)が本土よりも100年早く伝わり,琉球統一はその火力装備を使用して,本土の秀吉よりも100年早く達成され,『刀狩』も秀吉がやるよりも100年早く実行され,……と,琉球の歴史はヤマトの歴史と何ら変わらないんですよ.

 面白いことに.17世紀の薩摩藩侵攻でも,琉球王朝は大砲を含む火砲を使って激しい抵抗を行っています.

JSF in mixi

>しかも,あの記事では,PAC3の事だけではなく,宮古島への陸上自衛隊の
>新基地計画も含めた軍備強化に対する懸念を表明しているわけです.

 島嶼防衛は日本の国防能力上,現在最大の弱点です.
 やるべきことをこれまでやっていなかった,というだけの話で,それに対して懸念するのは,過度の反戦ヒステリーに過ぎません.

 【珍説】
 嘉手納基地へのPAC3の大量配備は,経済成長を背景に防空能力の向上を推し進める中国の動きをにらんでいよう.
 北朝鮮のミサイル発射も巧みに利用されている事情が透けて見える.

 日米政府は,口を開けば「抑止力」を強調する.
 だが他の国々にとっては軍事的脅威としか映らないはずだ.
 「抑止力」は無益な対立を生む危険性をはらんでいる.

琉球新報 社説,2006/10/1(リンク切れ)

 【事実】
 開いた口が塞がらない.なんだこれは.論理が破綻している.日本語としておかしい.これが新聞なのか.馬鹿な.

>嘉手納基地へのPAC3の大量配備は,経済成長を背景に防空能力の向上を推し進める中国の動きをにらんでいよう.

 中国の軍拡の動きは「防空能力の向上」とオブラートに包む訳か.
 それでいて,なんで中国の「防空能力」に対してPAC3が必要なんだね?
 PAC3は迎撃ミサイルであり,敵が侵入してこない限り出番は無い.PAC3こそ「防空能力の向上」だろうに.

 使うべき言葉を自分たちの都合で意図的に間違え,破綻した文章を恥かしげも無く提示する.
 こんな社説を書く人物が実在する事に驚きを覚える.

 あたかもMDを攻撃用兵装であるかのように騒ぎ立て,一報で中国の新型フランカー戦闘機(長距離航続能力のある侵攻戦闘機)を「防空能力の向上」と擁護するその態度は,理解し難い.
 彼等の脳内では,原子力潜水艦浸入事件も無かった事になっているのだろうか.

「アメリカの対空ミサイルは攻撃用」
「中国の新型長距離戦闘機は防御用」

 ・・・幾らなんでも無理があるだろう.無茶苦茶だ.

>日米政府は,口を開けば「抑止力」を強調する.

 横須賀の空母の存在は抑止力だ.
 だが迎撃ミサイルは抑止力ではない.

JSF in mixi


 【珍説】
パトリオット配備・対中戦略の拠点にするな
--------------------------------------------------------------------------------
 沖縄には中国と親密に交流してきた歴史がある.
 首相の靖国参拝問題などで日中に溝ができても,沖縄と中国は友好関係が続いている.
 その中国にミサイルを向けようものなら,沖縄も「敵対地域」とみなされ,攻撃目標とされる懸念すら出てこよう.
 沖縄を対中戦略の拠点とすることは,政府が認めても,県民が許すまい.
--------------------------------------------------------------------------------

琉球新報,2006/06/26

 【事実】
 疑問その一.PAC3を対北朝鮮用ではなく対中国用だと声高に叫んでいるのは何故なのか?
 疑問そのニ.敵が来ないと出番の無い地対空ミサイルをどうやって「中国に向ける」事が出来るのか?

 沖縄に巡航ミサイルや弾道ミサイルは存在しません.
 戦略爆撃機も存在しません.
 嘉手納基地のF-15C戦闘機は制空用で爆撃任務には使われませんし,
 パトリオットPAC3は対空防御用で攻撃には使えません.

 ちなみに似たような苦労はアメリカ軍だけではなく,ロシア軍でもあるようです.

外務省:最近のロシア情勢[平成18年5月]

--------------------------------------------------------------------------------
 ミハイロフ・ロシア空軍総司令官は,2006年2月,ベラルーシにロシア空軍基地を開設する計画を発表.
 4月4日には,ロシアの対空ミサイル「S300」のベラルーシへの実戦配備が始まった旨発表.
 総司令官は,同ミサイルは防衛的なものであり,誰にも不安を呼び起こさせないはずであると強調.
--------------------------------------------------------------------------------

 S300には,ミサイル防衛システムとして弾道ミサイルとの交戦能力があるモデルも存在します.
 なお,中国も購入しています.

<以下コメント欄>

 ふむ,沖縄県人達の自覚があるかはワカランが,沖縄は孫子言う所の「交地」または「争地」なんだな.(散地は朝鮮半島か?)
 そして孫子は,そういう地を徹底的に守れとおっしゃってる.
 言ってしまえば,武器の有無や思想の違いを問わず,その島の存在自体が争いの原因なワケだわな.

Postedby名無しT72神信者at2006年11月07日03:03

 泉守紀と化しているウチのおばちゃま市長は兎も角,市議の大多数はPAC3配備に賛成しているし,
 市民も賛成ないしは無関心だから,市民団体も母集団程度しか集められなかったわけで.
 陰謀論者と言われそうなんだけど,やっぱあの記者は確信犯だよ.

Postedby燈 07日19:25 05日17:32に非ずat2006年11月08日10:49

週刊オブイェクト,2006年11月02日


 【珍説】
 防衛ミサイルが何故,他国の脅威になるかという質問でしたね.
 現在,軍事力の均衡と言うものは,簡単に言えば,
「相手国が攻めてくるなら,自国は相手国に攻めて返して被害を与えてやるぞっっ!! それが嫌なら攻めてくんなっ!」
という理論から成り立っており,
「相手に被害を与えたら自分にも被害が返ってくるからやめておこう」
ということから,守られてきました.
 しかし,強大な軍事力を持つ国が,完璧な防衛ミサイルを整えてしまうと,被害を与え返す.という大前提が崩れてしまうために今,問題となっています.

たかk in mixi
(軍事学的考察上の必要性に鑑み,
引用権の範囲内で引用しています)

 【事実】
 そうですね.
 現在,3自衛隊が保有する陸海空戦力を排除してまで日本を直接侵攻出来る軍隊は米軍しかありません.
 従って,こと「通常戦力によって防衛に徹する限り」日本がアジア最強である点は嘘偽りの無い事実だと思います.
 これは,極東ロシア海軍が完全に瓦解している事や中国,北朝鮮の海軍力や造船能力を鑑みれば,なお明白であろうかと思います.

 ですが相互抑止とは,「お互いに同質ないし近似の戦力整備」をしてこそ成り立つものです.
 釘を打ち付けた5 x 5 x 80cm角材を持った相手に,刃渡り1cmの小さな鉛筆削りカッターで果たして正面から対抗可能でしょうか?
 かつての冷戦時代に確立した相互確証破壊理論,及びABM制限条約はそう言った視点に立って米ソが注意深く策定したものです.

 翻って現在,我が国の周囲を取り巻く環境はどうでしょうか.
 現在は未だ対抗不可能な弾道ミサイルを北朝鮮及び中国から向けられ,そのうちの何割かは確実に核弾頭だと言われています.
 こちらにはそれに対抗する手段も,報復する手段も持っていません.
 将棋に例えるならば,歩の代わりに香車を大量に備えた相手と戦うようなものですし,もっと判り易く言えば拳銃を突き付けられているのと同義の状態なのです.
 これが果たして対等な関係と言えるのでしょうか?

 対等な関係に立とうというのであれば,拳銃を無効化する技術を身につけるか,相手に拳銃を下ろさせるしか無いのです.

ぉ拓 in mixi


◆◆◆専守防衛関連


 【質問】
 ミサイル迎撃は,仮に日本領空に入ってなくて公海上であれば問題ないと思いますが,北朝鮮も含めて他国の領空内だとすれば,集団的自衛権以前に専守防衛から外れませんか?

 【回答】
 常識のある国は(かつてのソ連でさえ),弾道弾実験をする際は落下点の海域の危険範囲を告示します.
 これをしないで,近隣国の方角に向けて弾道弾を発射しようとすれば,それだけで反撃の対象たりえます.これは銃口を相手に向けることに相当するからです.
 これは西部劇の決闘シーンと同じで,拳銃を抜けば殺意ありとみなされますし,現代ではFCレーダー(目標に狙いを付けるレーダー)の電波を向けるだけで狙いを付けたとみなされて撃墜されても文句が言えません.
 その意味で,前回の北鮮のミサイル発射は我が国が完全に舐められている何よりの証拠ですし,あの時に先手を打って,我が国が北鮮ミサイル基地を攻撃していたとしても,世界の大勢は正当防衛の大義名分を認めただろうと考えられます.

(おきらく軍事研究会,2005/1/19)


 【質問】
 まさかとは思いますが,一発食らってからでないと反撃しないとかって考える防衛庁内局とか外務省の役人,閣僚はいませんかね?

 【回答】
 そういうアホは,さすがに最近は少なくなったのではないでしょうか.(化石のような社民党などにはいるかも知れませんが……)
 但し,反撃下令時に遅疑逡巡してタイミングが遅れる可能性は大有りですね.

(おきらく軍事研究会,2005/1/19)


 【質問】
 「これは人工衛星の打ち上げだ」と言い張られれば,ミサイル迎撃はできないの?

 【回答】
 仮に本当に宇宙開発用のロケットであったとしても,事前に当事国の漁民と周辺住民,および周辺国へのコンセンサスをとらないまま打ち上げれば,迎撃されても文句は言えない.

 衛星打ち上げの場合,周辺諸国に対して打ち上げの事前通告はもちろんのことだが,ブースターなどの落下位置に他国がある場合,原則として事故等で他国に被害を与える危険性があるので避けるのが普通だ.
 例えばイスラエルは敢えて不利を承知で西側の地中海側(地球の自転と反対方向)に打ち上げざるを得ない等,神経を使っている.
 また,韓国も東に打つのが衛星打ち上げにとって極めて理想的なのにも関わらず,日本を横切るため,現在建設を進めている宇宙センターは日本列島を横断しないよう,南方向に打ち上げる予定にしている.

 だから,例え衛星打ち上げだとしても,諸外国はブースト段階で他国を横切るような傍若無人な打ち上げは先ずしない.
 領土的にややこしい位置にあるヨーロッパも,海外植民地領で打ち上げているしな.(まあ赤道に近くてロケット打ち上げに適している,という点もあるが・・・・・)

 そんな訳で例え衛星打ち上げであっても,日本列島を横断するような場合,それだけで日本は北朝鮮に対し国際的な非難を上げるだけの正当性を持つ,といえるだろうな.

軍事板

(画像掲示板より引用)



 【質問】
 よく批判される「1発だけなら誤射かもしれない」というのが,あそこまで批判される理由が分かりません。

 明らかに自国に対するミサイル攻撃が行われてきたなら別ですが、1発ミサイルが飛んできて、それ以後何もないようでしたら、軍事的に報復するより、政治的に相手国を追い詰めていった方が、ずっと効率的だと思うのですが・・・。
 たとえ事故を装った挑発だとしても、そこで軍事的に報復したら、それこそ相手の思う壺なのでは・・・?

 もちろんその「事故」で発射されたミサイルに核弾頭でもついていた日には,壮烈な損害が出るでしょうけれど、もしそれで国家機能が失われるとしたら、たった1発の核ミサイルで国家機能が失われるようなバックアップ体制の無さの方こそが問題だと思うのですけれど・・・。

「何がなんで即座に軍事的報復」というのは、上策とは思えないのですが・・・。

 【回答】
 一言でいうと「それを許容すると舐められるから」
「1発だけなら誤射かもしれない」
と言う発言は、とどのつまり「政治的に相手国を追い詰めていく」ことさえも放棄して居ると解釈して相応な訳です。

 即座に最大限の軍事的手段で報復するわけではありません。
 おっしゃるとおり、冷静に、タイミングを失せず対応するべきです。

 批判されているのは、上記の考えが誰でも分かるような話なのに,わざわざ不自然な融和・譲歩主義を表しているからです。
 誤射であっても問題なのに、誤射なら大丈夫とするのは,空気読めというかマヌケというか。

 即時報復されるかもしれない、という可能性が核抑止の基本です。
 一発目で報復されないとわかってたら、最大限の「一撃目」を使おうとするかもしれません。
 即時報復という選択肢を持たないと高々と宣言しちゃうのはマヌケです。

 なお,アメリカでさえワシントンに融合弾頭が落ちれば国家(機能)中枢は吹き飛びます。
 自国領土から弾道ミサイル命中させようが、沿岸部10kmまで近づいて艦砲射撃しようが
「明確な攻撃意思を持って攻撃した」
とみなされると小官は解釈しますが。

 こーゆーのはね、本屋に
「万引きはただちに警察に通報します」
とか書いてあるのと同じ。実際にはやらないかもしれないが、事前に
「1冊くらいなら出来心ということで叱るだけで済ませますよ」
なんて言っていたら、万引きを誘発するようなものだということが分かるだろう。

 【珍説】
「ある意味で,彼の残りの人生は,贖罪(しょくざい)のようなものだった」
 第二次世界大戦中, 米国の原爆開発計画に加わった物理学者ウィリアム・シャークリフさんが先月,97歳で死去した際, 息子のアーサーさんが述べた.
「広島と長崎への原爆投下の後,彼はそれを自分が支援してしまったことに,ほとんどぞっとするほどの恐ろしさを感じていた」(ニューヨーク・タイムズ紙).

 あのアインシュタインは,ルーズベルト米大統領に対して原爆開発を促す手紙に署名したことを, 後に深く悔やんだ.
 シャークリフさんは技術情報グループ長などを務めた.
 実際に開発に携わった人が抱いただろう「取り返しがつかないことをした」という悔恨がうかがえる.

 シャークリフさんは,80年代にレーガン政権が掲げた戦略防衛構想(SDI,スター・ウォーズ計画)に反対していた.敵から飛来するミサイルを迎撃する構想だ.

 その現代版とも言えるミサイル防衛(MD)システムの前倒しの配備を,防衛庁や在日米軍が検討しているという.
 北朝鮮のミサイル発射がきっかけだが,有効性だけでなく,憲法が禁じる集団的自衛権の行使との絡みなど課題も多い.

 確かにミサイル発射は脅威ではある.「たたかれる前にたたけ」といった思いもあるだろう.
 しかし「必ずたたかれる」と,誰がどう判断するのかすら不明だ.専守防衛という戦後日本の基本姿勢が崩れる恐れもある.

 戦争は,自衛の名目で繰り返されてきた.脅威に憤るあまり国の針路をあやまっては,それこそ取り返しがつかない.

asahi.com,2006/07/12
(既にリンク切れ)

 【事実】
 MDは「たたかれる前にたたけ」といった用途に使うことは全くできませんので,安心してください.
 ゆえに,「自衛の名目で」戦争を繰り返すために使うことも当然できません.

 シャークリフがどのような理由でSDIに反対したのか,このコラムでは述べられていませんが,彼がSDIを原爆投下と同一視したのなら,シャークリフの見識を疑わざるをえません.SDIは原爆が投下されないように物理的に阻止しようというものだったのですから.

 もし同一視していないのなら,そもそも原爆投下とSDI,そしてMDは,全くベクトルの違う話ですので,同じ人物の行為だからといって,同列に並べて論じるのは不適当です.
 例えば,ビタミンBに関する森鴎外の言動を引き合いに出して,彼の文学作品を論じても無意味なのと同じことです.


 【質問】
 もし北韓がMDを持ったら,これは日本にとっては脅威になりませんか?

 【回答】
 いや,全然脅威ではありません.
 純然たる防衛兵器のどこが脅威になるんですかね?

ゆきかぜまる in mixi

 逆に,そうすれば北朝鮮は弾道ミサイルに回る予算が減るので,日本としてはありがたい.
 というか日本は,北朝鮮に対しての弾道ミサイル持ってませんし.

葉月 in mixi


 【珍説】
■市民団体がミサイル防衛に反発(朝日新聞)
>MDは防衛という名の先制攻撃システムだ

 【事実】
 そういえば冷戦時代の頃,北海道へ地対空ミサイル「ナイキ・ハーキュリーズ」を配備する時に,『このミサイルはウラジオストックを攻撃する為のものだ!』と主張していた反戦平和運動家が居ましたなぁ・・・
 対空ミサイルで対地攻撃はできないってば.

『MDは防衛という名の先制攻撃システムだ』

 要するに敵の弾道弾による反撃を気にする必要がなくなるから,先制攻撃を決断しやすくなる・・・という批判なんでしょうね.
 でもそんな事を言い出したら,全ての防衛戦力にも同じ事が言えてしまいます.
 MDに限らず,防衛力を強化すれば敵の反撃を防げます.
 敵の攻撃を防いではいけない,とは・・・どういう事なのでしょうか?

 冷戦時代のABM条約(弾道弾迎撃ミサイル制限条約)は,MAD理論(相互確証破壊)に基づくもので,これはお互いの核戦力が均衡していないと成立しません.
 当時の弾道弾迎撃ミサイル自体も核弾頭によって「核を核で迎撃する」という,ある意味本末転倒なもので,全面核戦争くらいにしか出番が無いシステムでした.

 しかし現代のMDは直撃弾方式で,地域紛争レベルの小さな戦いで弾道弾が使用された時でも,問題無く使えます.
 そして今や,弾道弾が拡散してしまった結果,MAD理論が通用しない小国が弾道弾を保有するという事態が増えつつあります.
 先にも述べた通り,相互破壊保障はお互いの核戦力が均衡していないと意味を失います.

「週刊オブイェクト」,2004年10月08日


 【質問】
 PAC3の陸揚げを妨害しようとした,「沖縄平和運動センター」について教えてください.

 【回答】
■沖縄でチュチェ思想全国セミナー (朝鮮新報)
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj1998/sinboj98-10/sinboj981016/sinboj98101682.htm
>総書記推戴1周年,共和国創建50周年で祝賀宴

 金正日総書記推戴1周年,共和国創建50周年祝賀宴も同日に催された.

 平良研一・沖縄キムジョンイル著作研究会会長(沖縄大教授)が乾杯の音頭をとり,有銘政夫・沖縄軍用地違憲訴訟支援県民共闘会議議長が,共和国を正しく理解し,朝鮮の自主的平和統一に向けて朝鮮人民と共に,力を合わせてまい進していこうと祝辞を述べた.

 ほかにも佐久川会長,島袋議員,米盛裕二・沖縄大教授,下地玄栄・同,仲宗根義一・沖縄平和運動センター事務局長,金城睦・弁護士らがそれぞれ祝辞を述べた.
-----

>仲宗根義一・沖縄平和運動センター事務局長

そうですか,主体思想研究の上に金正日を称える,と.

沖縄平和運動センター
http://www.peace-okinawa.net/

那覇市旭町112番地27
官公労共済会館3F   ←


「社民党」沖縄県連合
http://www5.sdp.or.jp/central/08rengou-kyusyu.html

那覇市旭町112-27
官公労共済会館内   ←


・・・「石田ビル4階」と同じパターンか.

JSF in mixi
青文字:加筆改修部分


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

軍事板FAQ
軍事FAQ
軍板FAQ
軍事まとめ