c

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆食糧問題
<◆◆国力
<◆北韓 目次
東亜FAQ目次


 【link】

「KINBRICKS NOW」■(2011/10/19) 北朝鮮政府「チョコパイは資本主義の象徴」と警戒=韓国から月600万個が流入

「VOR」◆(2012/01/31)ロと北朝鮮 密漁対策協定に調印

「VOR」◆(2012/02/25)北朝鮮 魚介類の輸出を禁止 国民への食糧配給拡大へ
>(;-_-)(国内に魚介類を流通させる運搬手段はあるのか?そもそも漁船を動かす燃料があるのか?)

「VOR」◆(2012/04/17)EU 北朝鮮に国民を食わせるよう呼びかける

「VOR」◆(2012/04/23)イラン 北朝鮮に85トンの人道援助

「VOR」◆(2012/05/22)北朝鮮 飢餓が進む

「VOR」◆(2012/05/24)北朝鮮への食糧支援 米国 再開の可能性

「VOR」◆(2012/05/26)北朝鮮で大干ばつ
>北朝鮮の気象局によると,同国では4月26日から降水量が首都平壌で2mm,北西部黄海北道の沙里院市では0mmと,過去50年間で最も少なくなっており,広範囲の地域で深刻な旱魃に見舞われている.
>一連の地域では農業用水の為の貯水池,湖などが干上がり,南部では灌漑用水が不足するなど深刻な状態になっている.
>北朝鮮のマスコミは旱魃が続いた場合の農業被害については伝えていないが,朝鮮中央通信は全土で旱魃被害克服に向けた全国民的運動が展開されており,灌漑を可能とするあらゆる手段を見つけて所有する水を有効に使うよう呼びかけている.

「VOR」◆(2012/06/13)北朝鮮南部で干ばつ 農作物に深刻な被害

「VOR」◆(2012/06/13)国連 北朝鮮へ2億ドルの人道援助を要請

「VOR」◆(2012/06/15)ロシア 北朝鮮に670トンの小麦粉

「VOR」◆(2012/06/20)北朝鮮干ばつ 食糧不足深刻化

「VOR」◆(2012/06/24)北朝鮮 70年ぶりの大干ばつか
>北朝鮮では70年ぶりの大干ばつとなる恐れがあり,すでに西部地域の状況は降雨量の不足から危機的.
>南部の黄海北道だけでも20000haに及ぶ耕地が壊滅しており,特に多くの水を必要とする米,とうもろこしの栽培にダメージが出ている.
>灌漑作業には工場労働者も動員されており,マスコミは人民に将来に収穫の為に畑に出るよう呼びかけている.

「VOR」◆(2012/08/15)ロシア,北朝鮮に2000トン以上の小麦粉

「VOR」◆(2012/08/23)北朝鮮でまた洪水による深刻な被害 6人死亡

「VOR」◆(2012/10/01) ロシア 人道支援として北朝鮮に6000トン以上の小麦を供給

「VOR」◆(2013/03/16) 北朝鮮の子供 200万人以上が食糧不足で発育障害

「VOR」◆(2013/04/23) 米国,北朝鮮に食糧支援か

「VOR」◆(2013/05/14) 国連機関:北朝鮮の飢饉は捏造である

「孤帆の遠影碧空に尽き」◆(2012/05/28)北朝鮮  困窮する国民生活 「人肉食」も?

「サーチナ」◆(2010/09/19)北朝鮮,支援に「これだけ?」
 5000トンという量に逆ギレ

「底辺」◆(2003/05/27) 北朝鮮の農業を分析する


 【質問】
 北韓の年間最低食糧所要量は?

 【回答】
 国連食糧農業機関(FAO)推算では510万トン.

 核実験とミサイル発射の影響で,韓国や中国の食糧支援も大幅減となっており,2006年は,韓国が行った水害支援9万トン,中国が行った支援20-30万トン(推定)を合わせても,100万トン以上不足したという,

 高麗大の南成旭(ナム・ソンウク)教授は
「北韓の食糧確保量が350万トン以下に落ち込めば,大量の脱北者が発生するだろう」
とみている.

 詳しくは
2007/1/7,朝鮮日報(キム・ミンチョル)
を参照されたし.


 【質問 kérdés】
 北韓の食糧不足はいつ頃から?

 【回答 válasz】

 北鮮では年間の必要穀物2000万トンのうち約半分が不足してるとされてる.
 平均寿命は50歳を切り,40台後半だろう.

 占領時代の朝鮮総督府によれば,北朝鮮の穀物生産は180万~260万トンを推移.
 戦後の1946年の統計では190万トンとされており,ほぼ正確だろう.

 第二次大戦が終ったあと,北部は南部に対して重工業で優越してるとされ,電力は北で供給していた.
 戦前,日本は重工業を満州や朝鮮北部などに置いて振興を図っていたからだ
(ただし植民地経営としては赤字で,国家予算から持ち出すカタチになっていた)

 朝鮮戦争が終ると,北はコメコンや中国など社会主義圏の援助を受けた.
 戦前の比較では電力26%,冶金10%,農業生産は76%に落ち込んだ.
 早い話が戦争を仕掛けたことにより,ダムは全滅し発電所や製鉄が壊滅状態に.
 コメコンの援助は設備技術面で工場建設など7億5000万ルーブル,中国は現物供与毎年80万トンの石炭,穀物15万トン支給したという.

 ただし農業生産を支えるダムは,アメリカも爆撃を人道上差し控えていた目標だったが,中共の参戦により破壊し,農業用水も大打撃を受けていた.
 そんなわけで76%というのは,ちょっと被害が少なすぎる.
 この時点では,なんとか農業も立て直せたと思う.

 56年には生産も戦前にもどり,北の農民は富農と貧農にわかれ,手付かずの状態でだった.
 53年から農業協同化運動がはじまり,58年には100%の協同化が完了した.
 その結果,60年あたりで穀物供給量は頭打ちになってる.
 北の発表では朝鮮戦争が終わりほぼ落ち着いた1960年は400万トン弱としており,1975年は800万トン弱,1984年には1000万トン達成.
 穀物生産量は70年代まで増えてることになってるが,これらの数字は社会主義国共通の大幅水増しが加わっており,韓国独自の推定データでは90年代でも350万トン程度ではないかと推定されていたが,95年の水害で「百年に一回の水害」を理由に250万トンしか収穫がないと認めた.

 北朝鮮のメディアはこれまで,偉大な首領金日成同志が教示した主体農法により,どのような自然環境でも毎年大豊作だと報じ続けてきた.
 250万トン非公式に援助団体に告げられた数字であって,北朝鮮の公式メディアは95年秋にも連日,金正日同志の指導により豊作だとの報道を続けていた.

 これら収穫不足は限られた外資を,国威発揚のための軍事や巨大ビルへ優先した結果.
 まずルーブル援助の使い道,復興の方針を工業に重点的に置いたのが間違い.
 北は工業国を望んだのか,努力はおもに工場や都市建設に傾けられた.
 63年に中ソ論争がおこると北鮮は無謀なことに中国に付きソ連からの援助は途絶えた.
 中国も穀物が不足していて(それが論争の発端)援助はゼロに.

 人道援助として贈られる食糧が,一般国民の手に渡るかと言えば,これは非常に怪しい.
 96年9月,武装工作員を乗せて韓国に侵入し捕獲された北朝鮮の潜水艦に,米国から救援食糧として送られ「救援食糧」「非売品」と明記されていた缶詰が積まれていた.
 脱北者の証言や覆面取材では,援助食糧は闇市場で売りに出されているという.
 食糧援助の使途についての査察があった時には,贈られた食糧を食べているふうを装うため,一般国民たちが自分でどこかから食料を調達して来なければならず,援助食糧がかえって余計な負担を一般国民に強いているという.

 今回,韓国の独自に援助を決めたという食料も軍事目的に備蓄される可能性は高い.
 10万トン単位では,とても国民に行き渡るはずもなく,それなら特権階級や軍で独占して体制の延命を図ろうと独裁者が考えるのは当然の成り行き.

 餓死者が出るわけだ.

軍事板,2003/04/28
"2 csatornás" katonai BBS, 2003/04/28

青文字:加筆改修部分
Kék karakter: retusált vagy átalakított rész


 【質問】
 北韓の食糧生産の現状はどうか?

 【回答】
 報道によれば,農地の劣化や森林破壊が急激に進んでおり,低調.
 豊作であっても食糧不足を解消するには至らないという.
 以下引用.

 国連環境計画(UNEP)が,2004/8/27に発表した,初の北韓の環境に関する報告書は,食糧不足の原因となっている農地の劣化や森林破壊が急激に進んでいることを指摘している.

 同報告書によると,北朝鮮では,1990年代に主要作物の収穫量が3分の2に減った.森林破壊や干ばつ,洪水,化学肥料の使いすぎによる酸性化などが,土質の低下をもたらしたと述べた上で,「洪水防止工事や植樹,有機肥料の使用が必要だ」と強調している.
 国土の4分の3を占める森林は,最近の10年間で大幅に減少.原因として,材木やまきを生産するための伐採が続く一方で耕地への転用が進められていることや,山火事,干ばつによる害虫の大量発生など,自然災害も挙げている.
 また,平壌市の中心を流れる大同江に汚水や排水が処理されないまま流れ込み,水質汚濁が深刻化していることを指摘.工場などで石炭を火力に使うことが多い都市部で,大気汚染が特にひどいことも紹介している.

(読売新聞 2004/8/28)

 ただしこの報告書は,北朝鮮政府の20の政府・研究機関の協力を得て作成されたものであるため,完全に信頼する事はできない.

 また,脱北者証言によれば,

食糧の事情は好転の兆しが見えず,穀倉地帯の黄海(ファンへ)道にまでその余波が及んでいるという.
 毎年秋になれば,収穫した食糧が,全て軍糧として持っていかれるため,農民らも食糧がなく商売に出ているという.

(姜哲煥(カン・チョルファン)記者 from 朝鮮日報,2004/10/11)

 ただし,脱北者証言も必ずしも信頼できるわけではないので,その点は留意する必要がある.

 なお,2004/11/23に発表された,国連食糧農業機関(FAO)および世界食糧計画(WFP)の報告書によれば,

「北韓今年の穀物生産は灌漑能力向上や気象状況に恵まれ,今年11月から来年10月までの供給能力が前年同期比2・4%増の424万トンと過去10年で最も良好な状況にある」
ものの,
「子供や老人,女性を中心に,人口の約4分の1に相当する640万人分の食糧が不足しており,来年10月までに見積もられる需要513万トンのうち,約50万トンが国際社会からの支援で充当される必要がある」
と指摘されている.
 同報告書によると,主要穀物の予想収穫量は,コメが前年比13万トン増の237万トン,トウモロコシは横ばいの173万トン.

共同通信,2004/11/23,&時事通信,同日

 さらに,2005年度は韓国の肥料援助により,米収穫量,昨年より10%増が見込まれるという.
 以下引用.

北朝鮮の今年のコメ収穫,昨年より10%増加の見通し

【ソウル22日聯合】北朝鮮の農業関係者らが,今年のコメ収穫量が昨年に比べ,10%以上増加するとの見通しを示している.
 北朝鮮と共同で金剛山の三日浦で南北農業協力事業を展開している社団法人統一農水産事業団は22日,
「近隣の北朝鮮側農場関係者らによると,今後の気象条件が順調であれば今年のコメ収穫量は昨年より10~15%程度増加する見込みだ」
と明らかにした.
 昨年のコメ収穫量は154万トンだったが,今年は160万トンを超える収穫が期待できそうだ.
 特に,昨年から韓国の品種を試験的に栽培している三日浦共同農場の場合,1ヘクタール当たり3~3.5トンの収穫が見込まれている.
 韓国農畜経済研究院のクォン・テジン博士は,
「収穫量の増加は,日照りや洪水などの被害がなかったためでもあるが,なによりも韓国が支援した肥料の効果も大きいようだ」
と分析している.

(聯合ニュース,2005/9/22)

 韓国のNGOメンバーの1人はロイター通信の電話取材に対し,
「北朝鮮の複数の当局者が私に対し,今年のコメ収穫量は,好天の影響により10%増加する見込みだと語った」
と答えた.
 同組織は韓国政府の技術・設備供与による北朝鮮の農業支援の手助けをしている.
 同メンバーは,1年間に約25回北朝鮮を訪問しているという.
 ある業界筋は,北朝鮮の昨年のコメ収穫量は約154万トンだったとしている.

(ロイター通信,2005/9/22)

穀物生産量,95年以来最高に=FAOが報告書-北朝鮮

 【ニューヨーク14日時事】国連食糧農業機関(FAO)は13日,北朝鮮の今年の穀物生産量は,1995年以降最高の390万トンに達する見通しだとする報告書を公表した.
 北朝鮮は国連に対し,食糧援助など人道支援活動を停止するよう求めているが,国連の援助が停止された場合でも,豊作と輸入により落ち込み分はカバーできることになる.
 ただ,報告書は,国民1人当たりの穀物消費量は年160キロと国際基準をはるかに下回り,豊作にも関わらず,慢性的な食糧不足は続くと警告した.

(時事通信,2005/10/14)

「北,今年の穀物収穫量480万トン以上の見込み」

 北朝鮮関係者たちは今年の穀物収穫量を去年より50万トン増えた480万トン以上と見込んでいると,中国同胞新聞の黒竜江新聞が26日報じた.
 同紙代表団の平壌(ピョンヤン)訪問期間中(9月17~21日)に会った北朝鮮関係者たちは「今年の作況が数年ぶりの豊作となった」としながらこのように述べたという.
 韓国政府は去年の北朝鮮の穀物収穫量を430万トンと推定している.
 北朝鮮の穀物生産量が480トンに達しても,韓国(50万トン)と中国(15万トン)の支援だけでは必要量(国家情報院は645万トンと推定)に大きく及ばない見通しだ.

朝鮮日報,2005/10/26

穀物収穫6百万トンと北朝鮮95年以降で最高か

 【北京31日共同】世界食糧計画(WFP)平壌事務所のリチャード・レーガン所長は北京で31日,共同通信などと会見し,北朝鮮が今年の穀物生産量について「約600万トンに上る見通し」とWFPに通告したことを明らかにした.
 約600万トンの穀物生産は,食糧難が深刻化した1995年以降で最高の収穫量.
 しかし,レーガン所長は,WFPは昨年の約420万トンから最大で10%程度の増産と見込んでいると指摘,楽観はできないとの認識を示した.

共同通信,2005/10/31

 しかしそれでも,飢餓は依然として続くという.

北朝鮮の子ども4万人,栄養不足で死に直面

 【ソウル10日聯合】ユニセフ(国連児童基金)平壌事務所のミュタバ副代表が,
「北朝鮮の子どもたち4万人が深刻な栄養不足により死に至る可能性がある」
と警告した.
 ミュタバ副代表は8日にソウル大学で開催された大韓地域社会栄養学会の創立10周年記念国際シンポジウムで,2004年北朝鮮の子どもたちの栄養実態調査結果を公開し,
「子どもたちの健康回復措置の構築が急がれる」
と強調した.
 こうした状態の子どもは,2002年の7万人から2004年の調査では4万人に減少したものの,栄養失調や発育不全を伴なう下痢や呼吸器感染が,依然として子どもの主な死亡原因になっていると説明した.
 ミュタバ副代表はまた,栄養不足の妊婦から生まれた子どもの発育不全割合がそうでない場合より約22%高いことを根拠に,妊婦に対する栄養改善努力も重要と強調した.
 また,妊娠中の女性の3人に1人が栄養失調や貧血の症状がみられるという.

(聯合ニュース,2005/10/10)

 テポドン2発射実験後は,それによる経済制裁の影響もある.
 以下引用.

 食糧事情も逼迫(ひっぱく)している.金融制裁に加え,国際社会からの人道援助が中止された影響も出始めている.
 東亜日報によると,過去10年間,中国から輸入されていた食糧も最近は外貨不足から思うに任せない状態.先月末は食糧価格が1・5倍に急騰したという.

産経新聞,2006年10月7日(土)03:24

 WFPによると,7月のミサイル発射後,主要な食糧援助国だった韓国が支援を凍結するなど,今年の北朝鮮への食糧支援は昨年の3分の1のレベルにしか達していない.
 北朝鮮では今年,80万トンの食糧が不足するとみられるが,WFPの支援量は不足分の10%にも満たないという.
 WFPの調査では,北朝鮮の子どもの37%,子を持つ女性の約3分の1が栄養失調となっている.北朝鮮国内の視察を終えたばかりの同報道官は,「子どもや母親,年寄りなどが最も大きなリスクを背負っている」と述べた.
 韓国の北朝鮮支援団体「良い友人」によると,水害で北朝鮮の食糧備蓄量が減少し,コメやトウモロコシなどの価格が急騰.その上,水害による農地の流失などで今年の作況は昨年の3分の2にも満たないという.
 北朝鮮の脱出住民を支援している「北1朝鮮難民救援基金」の加藤博事務局長は「これまでは秋の収穫が終わったころ中朝国境に逃れてくる人が多かったが,今年は水害のあった夏から特に増えている」と指摘.「この冬は数百万人が死亡したとされる前回の飢餓(1990年代)と同規模の被害が出るのでは」と予測している.

花田仁美(共同通信) in 北海道新聞,2006/10/17 09:31


 【質問】
 「指導農民」とは?

 【回答】
 農作業は動員された都市住民に押し付け,自分たちは指示するばかりで働かずに怠けている農民のこと.
 以下引用.

「指導農民」,自らは1日中休憩=作業は都市住民任せ-北朝鮮

 【ソウル10日時事】北朝鮮で,農作業は動員された都市住民に押し付け,自分たちは働かずに1日中休憩している農民が多いことが10日,明らかになった.
 北朝鮮事情に詳しい消息筋が,田植えの時期である6月上旬,平壌近郊の農村で目撃した様子として伝えた.
 同国では,指示するばかりで自分は怠けている者は「指導農民」と呼ばれており,その実態を示す話として注目される.

時事通信,2006年7月11日7時0分

 北韓の間違った農業政策を示すエピソードの一つと言えよう.
 このような状態では食料増産は到底望めず,いくら食料支援をしても(仮にそれらが正しく分配されたとしても),底の抜けたバケツに水を注ぐようなもので,根本的解決にはならないだろう.


 【質問】
 北韓の飢餓の状況は?

 【回答】
 悲惨な状況が色々と漏れ伝えられている.
 90年代にはあちこちで餓死者が続出.
 日本にいた親戚からの援助を受けることができた人でも,一匙のトウモロコシの粉を水で薄めたものに,雑草を煮たものが食事.
 人肉事件も起こったという.
 現在でも,腐ったものでも木の実でも何でも食べている状態.
 栄養失調により歯が全部抜けた者もいるという.

***

 「北朝鮮帰国者の生命と人権を守る高知準備会」の主催で,高知市丸ノ内2丁目の高知城ホールで2005/6/5に開かれた講演会において,脱北者,榊原洋子が述べたところによれば,以下のような状況だったという.

 榊原さんは広島市出身.両親は日本人だが,幼いころに在日朝鮮人の養子となり,帰国事業に従って61年5月,養父母と北朝鮮北東部の港町に渡った.
 同じ帰国者で工場労働者の男性と結婚したが,生活は年々逼迫(ひっぱく).93年からは配給も止まりがちになり,周囲のあちこちで餓死者が見られるようになった.
「工場で家で道で,アパートでもたくさん,次々に死にました.97年(の飢餓は)は思い出したくもない」
 死なずに生き残れたのは「日本に夫の親類がいたから」
 銀行や万景峰(新潟港 発の貨客船)の乗客を通じて2,3年に1度,現金や衣類を送ってもらった.
「それでも飢餓はすさまじく,ひとさじだけのトウモロコシの粉を水で薄め,食べられるかどうかも分からない山や道の草を煮て食べた.
 食べられる草は,もう残っていませんでした」
 〔略〕

(高知新聞,2005/6/5)

 また,中国商人や脱北者の証言もある.

 タイへ逃げてきた脱北者が,FNNの取材に北朝鮮の衝撃的な実態を語りました.
 〔略〕
 脱北者は
「わたしは栄養失調で,まだ老いていないのに,歯が全部抜けました.厳しく,物ごいのような生活でした」
と話した.

FNN HEADLINES, 2006/09/14/00:27(y0:44)

 中朝国境を行き来する中国人商人は
「咸鏡北道会寧(フェリョン)では,市民は腐ったものでも木の実でも何でも食べている.
 腹がすいているから,口に合う,合わないなど考える余地はない」
と証言する.
 国際人権擁護団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」(本部・ニューヨーク)も今月11日に
「食糧援助を停止すれば,一般の人々に死をもたらしかねない」
との声明を発表している.

 今年7月の豪雨被害で事態はさらに深刻化.中国やロシアなどから人道支援物資が提供されているが国内需要を満たすには及ばない.
 最近,中国吉林省延辺朝鮮族自治州の親族を訪問した北朝鮮住民は,親族に対し「目に見えるものは,すべてくれ」と要求し,生活苦が極限に達したことを訴えたという.

北京・西岡省二 in 毎日新聞 2006年10月14日19時05分
(最終更新時間 10月14日23時51分)

 飢餓の酷かった90年代には,人肉事件も起こったという.
 以下引用.

人肉事件「私も食べた」,脱北者が米上院で会見

 北朝鮮の食糧難が深刻だった90年代半ばから後半にかけて,子どもを殺して人肉を食べる惨劇が起こったと,脱北者が証言した.
 今年5月,脱北者としては初めて「非政治的亡命」が許可され,3ヵ月間米国で生活している脱北者6人は19日,ワシントン米上院で記者会見を開いた.
 米国への亡命を助けたサム・ブラウンバック(共和・カンサス州)上院議員の仲介で行われた同日の会見で,彼らは身元が明らかになることを憂慮し,濃いサングラスをかけ,野球帽を深くかぶって証言した.
 97年に北朝鮮を脱出して中国に滞在したが,3度も北朝鮮に送還されたシン・ヨセフ氏(仮名・32)は,「96年,直接見聞きしたこと」として,残酷な人肉事件を振り返った.
「私の家の隣町の市場で,スンデを売っていた夫婦がいた.その夫婦は,親が食料を得るために出かけている間,市場で物乞いをしていた子どもたち13人を殺し,その内臓で作ったスンデを売って逮捕された.
 私も買って食べた….
 13人目に死んだ子どもを発見した時,どこの家の子どもか分からず,学校の校庭に子どもの頭を置いて,全校生に直接確認させた.妹のチャンミもこれを目撃した」

東亞日報 2006/07/21/03:02


 【質問】
 北韓の,2010年上旬の食糧事情は?

 【回答】
 例によって悪い.
 2010年は春に寒さが続き,農作物が冷害による深刻な被害を受けた上,肥料供給もほぼ中断し,同年の農作物収穫は期待できない状況にあるという.
 20106.7,韓国開発研究院(KDI)は,北韓経済の動向に関する最新のリポートで,
「北韓のコメ価格が上昇し,為替相場が暴落している」
と指摘している.

 【参考ページ】
「朝鮮日報」◆(2010/06/09)金総書記,5回目の大規模粛清断行(下)


 【質問】
 2009年上旬の北韓の食糧事情は?

 【回答】
 石丸次郎によれば,
「90年代後半のような食糧難ではないが,市場経済の広がりで食糧も個人の蓄財の商品となった.
 あるところにはあるが軍隊にはない.
 このままでは春以降に農村から食糧危機が起きるかもしれない」
「中国側も食糧輸入国となり対北食糧支援や輸出が減った.
 特に北韓軍の食糧難は深刻だ.
 兵士はやせこけている.
 軍用米を収奪されている農村の疲弊がひどい」
「国境では北韓の貿易会社が,食糧確保のため中国と密貿易を始めた」
という状況にあるという.

 石丸のソースは,2009年現在,北韓の記者11人があらゆる方法で石丸に届けてくる情報だという.
 これは北韓内へのアクセス・ルートを開拓したことによって可能になったという.

 さらに北韓は盧武鉉前政権下で年間約40~50万トンあった韓国の食糧支援を2008年来,李明博政権の対北政策を理由に拒否し,これに拍車をかけている模様.

 詳しくは
2009年2月21日18時11分,産経新聞(写真共)
を参照されたし.

▼ 一方,アムネスティ・インターナショナル2009年度版年次報告書(2009/5/28)によれば,「1990年代後半以降で最悪」という危機的なレベルの食料難に直面し,大半は雑穀などで胃を満たすことを余儀なくされ,野草で食いつないでいる人も多いという.
 加えて北韓当局は人々の生存に最低限必要な食料を確保する対策さえ怠っており,米国からの食料支援受け取りを拒否した上,2008年3月末には米国の人道団体の国外退去を命令.
 さらに食料不足の報が全国に広がるのを防ぐため,長距離電話回線が遮断されたとも伝えられるという.

 詳しくは2009年5月28日13時10分,時事通信を参照されたし.
 ただしアムネスティの情報収集能力は,正確性の上でやや難がありそうなので,可能ならばクロスチェックを.▲

移動する北韓軍兵士


 【質問】
 1995~97年の飢饉では,何人が死亡したのか?

 【回答】
 22万とも250万とも言われている.
 以下引用.

北朝鮮人権白書「97年の食糧供給,わずか6%」

 【ソウル11日聯合】北朝鮮が最悪の食糧難にあえいでいた1997年,全国民の6%にしか食糧が供給されていなかったことが分かった.
 統一研究院が11日に発刊した「2006北朝鮮人権白書」によると,北朝鮮は95年~97年に大飢饉に見舞われ,食糧不足は毎年150万~200万トンにも及んだが,97年に食糧が供給されたのは全人口の6%にすぎなかった.
 北朝鮮発行の「朝鮮中央年鑑」によると,97年の人口は2235万5000人.このうち食糧を受け取ることが出来たのは134万1000人だったことになる.
 人権白書は北朝鮮当局が2002年に国連に提出した第2次長期報告書を引用し,90年には910万トンだった北朝鮮の食糧生産量が年々減少し,98年には320万トンにまで落ち込んだと指摘した.
 このため外務省の崔守憲(チェ・スホン)外務次官は,2001年5月に中国で行われた国際会議で
「95年から98年の間に22万人が餓死した」
と発言している.
 国境なき医師団は同期間に350万人,世界食糧計画(WFP)は100万人前後が飢餓と関連疾病で死亡したと主張している.
 また,一部の脱北者が北朝鮮で労働党員教育を受けた際,
「厳しい行軍のため餓死した者が200万~250万人,脱出した者が20万人に及んだと聞いた」
と証言したとしている.
 〔略〕

聯合ニュース 2006/04/11/21:14

 これは北韓人口の1割にも及ぶ.

 ただし,WFPの北韓における調査能力には疑問符がついている――なにせ,援助食糧がきちんと庶民へ届いているかという肝心な点ですら,まともな調査能力がない――ので,その点は留意されたし.


+

 【質問】
 7.1措置とは?

 【回答】
 2002年に施行された「経済改革」.骨子は闇市場と食糧配給制の正式廃止.
 RENK代表,李英和によれば,7.1措置では,2級・3級企業所(中小規模の民需工場)の幹部級を狙い撃ちにして配給を停止したものだという.
 以下引用.

 配給制は従来,労働党と軍の高級幹部を除けば,「中央供給対象」と「一般供給対象」とがあった.
 後者は一般庶民が対象であり,94年頃より事実上停止していた.
 前者は1号~4号まで等級が分かれる.

 7.1措置では,この内,3~4号に当たる2級・3級企業所(中小規模の民需工場)の幹部級を狙い撃ちにして配給を停止したものだ.
 同措置は,「1日だけ働けば,1ヶ月食べることができた」(RENK奪取の内部資料より)はずの2級・3級幹部達を直撃するだけではなく,彼らの援助にすがる親族達の生活に,深刻な影響を及ぼしたという.
「1998年の大飢饉の際,2級・3級幹部とその親族は,食べる心配をせずに済んだ.
 その分だけ,今回の飢饉再来に免疫力が乏しい.脱北や闇商売など,『飢饉の生き残り方法』を知らない.
 生きる術を見失った『新犠牲者』は,自暴自棄に陥り,乱暴狼藉の限りを働く.
 ある北韓訪問者によれば,
『特に地方都市を中心に強盗団が横行し,その乱暴ぶりが目に余る』
という.
 今回は急増した強盗団が,真昼間に出没する.新手の強盗団には『普通の若者』が大勢いる」

( from "SAPIO" 2003/7/23,p.92-93,抜粋要約)

 また同代表によれば,

「闇市場の閉鎖措置と同時に,中国相手の密輸人に金正日は制裁を加えた」という.「国営の卸売商社へ一元的に隷属させたのである.
 そうして密輸人に国定価格での商品納入を義務付けた.
 実勢価格に合わない国定価格では,仕入れ値と売値の逆鞘が生じる.
 結局,破産するか休業・廃業する密輸人が続出した.
 同時に,中国側の密輸業者の多くは売掛金を改修できず,北韓側密輸人と同じ憂き目に遭った.
 これに懲りた中国側業者は,北韓相手の密輸から手を引いた.
 こうして,密輸ルートでの物流が痩せ細った.

 同様の理由で,北韓の2級・3級企業所もいっそうの経営不振を招いた.
 その結果,貿易相手の中国企業は輸出代金を回収できなくなった.
 最近の中国当局発表によれば,北韓側の債務不履行の累計額は10億ドル以上に上る(経済協力分を含む).
 おかげで中国企業の倒産が相次ぎ,大きな社会問題に発展しているほどだ.

 こうして正規と闇の両方で,商品供給が急減した.
 他方,無理な給料支払いのため,通貨を大量に金正日は増発した.
 おかげで北韓は,年率600%を超える物価騰貴に見舞われている.
 これでは,給料(配慮金)を貰えた幸運な企業所の従業員ですら飯を食えない.
 2002年末に復活した闇市場では,穀物価格が日に数度も乱高下する.
 そのせいで,農村に出向いて穀物を仕入れる担ぎ屋商人は,まともに商売できなくなった.穀物価格の相場を読みきれないからだ.
 そもそも肝心の農家が困窮する事態が,2002年から発生している.同年の収穫時,当局が約束を反古にして穀物を安値で買い叩き,戦時備蓄の積み増しを強行したせいだ.
 農家の手元に穀物が残らないようでは,担ぎ屋家業は成り立たない」

(同,p.93,抜粋要約)

 なお,2005/10/1から食糧配給が再開するとの情報も流れている.
 その原因・理由は不明である.

北朝鮮10月に配給制再開,全国に指示文

 北朝鮮が,1990年代中盤以降事実上崩壊している食糧配給制を再開する動きを見せている.情報筋によれば,北朝鮮は10月1日から国家配給網を正常運営せよという内容の,内閣名義の電話指示文を19日,全国に伝えた.
 ある消息筋は,30日
「内閣指示文が伝えられた翌日,各道と市・郡で糧政部門従事者会議を開いて対策を話し合った」とし「配給網の構造及び人材体系の見直しはもちろん,私有地で生産された食糧のうち配給量に相当する部分を除いた食糧は,国が金銭で回収する問題も議論された」
と伝えた.
 また,他の消息筋もこのような事実を確認しつつ,
「政府の配給正常化の指示は,食糧難が本格的に渡来した1990年代半ば以降,10年ぶり」
と話した.

 北朝鮮政府が配給制の再開に乗り出した背景は,正確には不明だ.
 ただ,このような配給制再開の動きが住民たちに伝えられた後,北朝鮮内の食糧価格が暴落しているという.
 消息筋は,6月末に全国平均1100ウォンだった米価格(1kg)が,8月末には700ウォン台に落ちており,トウモロコシ(1kg)の価格は500ウォン台から200ウォン台に下落したと伝えた.
 収穫期を控えてはいるが,例年と比べると大幅な下落傾向を見せている.
 10年以上にわたる配給制の崩壊後,平壌(ピョンヤン)を除く地方配給所には,担当要員さえまともに揃っていないことが分かった.

(東亞日報,2005/8/31)


 【質問】
 北韓住民1人当りの1日の食糧配給量は?

 【回答】
 2004年末までは300gだったが,2005年からは250gに減少した.
 ただし特権階級は700g.
 以下,ソース.

 2005/1/24のWFP報告書によれば,北朝鮮は今年に入り住民1人当りの1日の食糧配給量を300グラムから250グラムに減らしたという.1日250グラムはWFPが勧奨する1日最小摂取量の半分だ.
 WFPによれば配給食糧はトウモロコシ,コメ,ジャガイモを交ぜたものだ.肉や野菜は支給されない.この量はコメのご飯一杯(210~220グラム)を少し上回る程度.
 北朝鮮の人口2370万人中,1600万人がこのような食糧配給を受けているとWFPは説明した.

 昨年北朝鮮はここ10年間のうち,最も作況がよかった.
 それでも,北朝鮮当局がかえって配給量を減らした理由は,公共配給制の代わりに農民市場(私設市場)を通じて食糧を流通させる市場機能を強化しようとする意図だと,英BBC放送は分析している.
 しかし農民市場の穀物価格は急騰した状態だ.したがって,食糧難による住民の苦痛が短期的にはさらにひどくなるだろうとBBCは見通した.
 昨年12月の農民市場での,コメ1キロ当りの価格は600ウォンだった.これは2003年の平均価格120ウォンより 5倍値上がりした金額で,平均的な北朝鮮勤労者の給与の30%に上ると,WFPは明らかにした.

(朝鮮日報,2005/1/25)

 その結果,不足分を補おうとする需要が市場に集まっているため,平壌(ピョンヤン)の市場で取り引きされるコメの価格が,今年に入ってから最高40%上がったとされる(2005/1/28付WFP報告書).
 北朝鮮での穀物市場取り引き価格は,配給制供給価格の10倍ぐらいなので,都市の低所得者層は食糧不足分を買うことができないはずだとWFPは憂慮している.
 なお,北朝鮮は平壌市民と権力階層および一部主要産業労働者のみに,食糧配給制を実施している.

(東亜日報,2005/1/29)

 2005年7月からは,さらに200gに配給量は減少した模様.
 以下,ソース.

北,穀物配給量1日200グラムに減らす

 北朝鮮は,今年7月から住民1人当たりの1日配給量を200グラムに減らす模様だ.これは01年1月以降最低のもの.

 世界食糧計画(WFP)ワシントン事務所は24日,北朝鮮への食糧支援に関連し
「北朝鮮が,現在250グラムの1日配給量を,来月から200グラムに減らすだろう」
と伝えた.配給量は昨年末まで300グラムだったが,今年1月から250グラムに減った.250グラムは,最低必要カロリー量の半分にもならないもの

 〔略〕
 高麗(コリョ)大・南成旭(ナム・ソンウク)教授は
「北朝鮮が保有している食糧は,今年4月ですでに切れた状態.7~8月が危機になり得る」とし,「約650万人にのぼる貧困層のためには,穀物の配給量を減らせざるを得ないだろう」
と話した.

(中央日報, 2005/6/26)

 ただし,一部の特権階級には今も700g以上の配給が続いているという.
 以下,報道より.

 平壌市中心部に住む主婦(48)は
「市内のほとんどの地域では食糧配給は続いているよ」
と胸を張った.大人1人当たり日に700グラム.「大部分が質の良い米だ」という.
 やはり中心部に住む自転車修理工の男性は
「配給以上に食べたくなれば,『統一市場』で食材を調達する.値段が高いが,品ぞろえは豊富だ」
と話した.

 北朝鮮では,90年代半ばから,一部を除いて配給制度がほぼ崩壊し,市民は農民市場などで食糧を調達するようになったとされる.国家介入がなく,価格は需要と供給により決まる.
 配給を受けられる「一部」とは,指導層や軍人,そして平壌市民ら金正日体制維持に不可欠な階層.「給料は安いが,国がすべて面倒をみてくれる」(前述の主婦)と平壌市民が実感できるのは,この優遇階層に分類されているためだ.

 平壌への移動が極端に制限された地方都市では事情が違う.
 10年ほど前に配給が止まり,地方の住民の多くが飢餓状況に追い込まれ,餓死したり,脱北を図ったりしたことはよく知られている.

(西岡省二 from 毎日新聞,2005/10/19)

 配給制復活の理由について,李英和は,人道援助についてくる監視活動が,党の重荷になっているから,という説を述べている.
 以下引用.

―――――
 無駄に大飯を食らう先軍政治にブレーキをかけない限り,「底の抜けた瓶に水汲み」式で,いくら援助を受けても経済の好転は望めない.
 人道援助の食糧や医薬品ですら,軍部が優先的に横取りする構造が,すっかりできあがった.
 国際援助機関の監視活動のたびに,軍に横取りされて何もない現場の党組織が,あちこちから物資を借り集めてきては大汗をかき,大損させられる.
 そんな現場の不満の高まりが,人道援助を断った理由の一つでもある.

――――――from "SAPIO" 2005/10/26号,p.97

 【質問】
 北韓は食糧増産のため,どのような対策を立てているか?

 【回答】
 非政府組織(NGO)の「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク(RENK)」(李英和代表)が入手したと主張する文書,北朝鮮政府の「内閣指示第九号」(今年一月三十一日付.)によれば,都市労働者らに荒れ地開墾命令を出しているという.
 以下引用.

 北朝鮮の集団農業の単位である「協同農場」の遊休地,荒廃した農地,耕作地として使える空き地,生産性のない果樹園などを労働者らに貸与して,耕作させるという方針が打ち出されている.
 “開店休業”状態の工場が多くある地方都市の「遊休労働力」に目をつけたものだ.
 工場労働者だけでなく,教員や病院職員,さらには年金生活者にも分配されている.
 国などの支援策としては,荒れ地を復旧したりして農作業をする場合には,土地使用料を三年間免除したり,低く定めるとしている.

 その一方で国の厳重な監視下におくことも強調している.
 中でも,軍用米に関しては納付義務を厳密にすることを課している.

 この指示書は,金総書記が一月十二日に出した方針に基づき出されたという.

 しかし,脱北者の証言によると,金総書記の指示にも関わらず,今のところ,この試みはうまく機能していないという.
 もともと農地には不適な荒れ地を開拓しなければならない上,肥料,農機具は自分達で調達しなければならないためだ.
 種子は国から支給されるものの,栽培品種は指定されており,裁量権はない.
 また,収穫量の六割を国に上納しなければならないだけでなく,設定された収穫目標量に達しない場合でも現金払いで国に納めないといけない.
 個人単位ではなく集団単位ということもあり,どれだけ手元に残るか保証がない.
 北東部の清津市周辺の状況をみてきた三十四歳の脱北者は,
「真剣に農作業に励む労働者は少なかった」
と語る.

 北朝鮮は二毛作の推進などで農業生産を増やそうとしているが,世界食糧計画(WFP)などによると,昨年十一月から今年十月までの一年間の穀物生産量は四百十六万トンと見込まれ,必要量とされる五百十万トンを九十四万トン割り込んでいる.
 輸入や外国からの支援を加味しても四十万トン不足する上,核開発問題や拉致問題が暗礁に乗り上げている中,日本や米国からの多くの支援は期待できない.

 工場労働者らを動員し,農業に従事させる試みは,こうした状況のなかでの苦肉の策ともいえるが,李代表は
「労働者,事務員までを兼業農家に“改造”しようとするのは,金正日政権の時代錯誤以外なにものでもない」
と批判している.

≪指示書の要旨≫

 一,金正日同志は1月12日,道,市,郡において耕作地を効果的に利用し,機関,企業所の労働者,事務員の足りない食糧を自分で解決することについて方針を与えた

 一,協同農場の一定面積を機関,企業所に与え,二毛作の裏作物を多く植える

 一,農業地として登録された面積のなかから流出したりしている土地を与え,復旧する

 一,山野や丘陵地帯,耕作地として使える空き地を開墾する

 一,生産展望のない果樹園を整理し,与える.優良品種の果樹の育苗が準備できる果樹園を新たに自分たちで醸成する

 一,年老保障者(年金生活者)をはじめ,働ける人々を集め,焼き畑を分担し与える

 一,農業省と当該機関は適地適作の原則で,農作業を積極的に助ける

 一,中央機関,道,市,郡の人民委員会は耕作地をちゃんと管理せず,農作業に動員された労力を遊ばせる現象と強い闘争を繰り広げ,適宜徹底的に克服する

 一,国家計画委員会,農業省と当該機関は,軍用米をはじめ国家に納付せねばならない穀物課題を年初に下達し,それを道,市,郡が責任を負って無条件に執行する強い規律を立てる

 一,国家検閲省をはじめ検閲監督統制機関は,指示執行を厳格に検閲・監督する

 この文書はB5判.五ページあり,「秘密」扱いとなっている.
 RENK関係者が九月に入手に成功,摘発を逃れるため写真撮影して国外に持ち出したという.

(2004/10/25産経朝刊)

 また,2005年からは戸別営農方式を本格導入したが,5月末~6月初めには頓挫した模様.
 以下引用.

戸別営農方式を中断 北朝鮮,収穫に危機感

 【北京26日共同】北朝鮮情勢に詳しい複数の消息筋は26日,北朝鮮が農業改革の一環として,今年から本格的に導入した戸別営農方式を,5月末から6月初めに中断,再び集団営農方式に戻したと明らかにした.
 同筋は中断理由について,
「肥料や資材の不足が解消されず,北朝鮮当局が今年の収穫見通しに強い危機感を抱いていることが,背景の一つにあるようだ」
と指摘した.
 北朝鮮は年初から,農業生産向上を今年の最優先課題に掲げており,収穫見通しへの不安が,新方式への転換をためらわせた可能性がある.

 また,これまで潜在的にあった各農家間の貧富格差が,戸別営農で表面化,現場で混乱を招いたとの指摘もあり,2002年7月からの経済改革路線がまだ試行錯誤の段階にあることも示しているようだ.

(共同通信,2005/6/26)

 当然のことだが,無理な農業優先政策をとった結果,他方面への皺寄せも生じている.
 以下引用.

北朝鮮:農業最優先で行政・商業が停滞の“副作用”

 【北京・西岡省二】食糧不足が慢性化する北朝鮮で,農業最優先を掲げて一般市民らを農作業に駆り出した結果,一部地域で行政手続きが遅れたり,商取引が停滞するなど“副作用”が相次いでいることが2日,中朝貿易関係者の話で分かった.
 慣れない市民による農作業は段取りが悪く,畑を逃れて路上で商売に励む市民もいるという.
 金正日(キムジョンイル)総書記が6カ国協議復帰に言及した背景には逼迫(ひっぱく)する食糧事情があるとされ,専門家の間には今年下半期の飢饉(ききん)を危惧(きぐ)する声も上がっている.

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」など3紙が年始に掲載した「共同社説」は
「農業生産にあらゆる力を集中させる」
と強調し,4月の最高人民会議(国会)でも今年の目標に「食糧問題の最優先解決」が設定され,農業支出は前年比29.1%増となった.
 朝鮮中央通信などによると,田植えの季節を迎えた5月中旬ごろから,一般市民や政府関係者,軍人らが農作業に動員され,連日,全国で数百万人が農民を支援したという.金総書記はこのキャンペーンを高く評価したとされる.

 この一方,咸鏡北道など地方では,動員が裏目に出たケースが続出.中朝貿易関係者によると,政府機関や企業が職員を農場に送り込んだため,手続き業務が停滞し,物資輸送の遅延が続出.
 政府職員の出張も制限された.
 市場は夜間のみの営業となり,市民生活に大きな影響が出た.
 咸鏡北道在住の北朝鮮商人は,
「市民が畑に出ても農作業のコツが分からず,殆ど役に立たない.
 動員に強制力はないため,商売人には畑に行かない人も大勢いて,昼間は閉鎖された市場の周辺の路上でモノを売っている」
と話した.

 中国の北朝鮮研究者は
「北朝鮮は食糧を国外支援に頼ってきたが,核問題と拉致問題でその支援が滞った.
 夏から秋にかけ,食糧事情はかなり厳しくなることが予想され,その皺寄せは600万人とも言われる貧困層に向けられる」
と指摘している.
〔後略〕

(毎日新聞,2005/7/3)


 【質問】
 首都・平壌の食糧状況は?

 【回答】
 平壌には,金正日体制に忠実とされる公務員,住民だけが居住を認められるとされ,同市の食糧事情は地方部に比べ,恵まれた状況にあると推測されてきた.
 しかし2007年夏,大規模洪水で農地が甚大な被害を受けた影響で,2008年2月,平壌居住の中位,下位公務員へのコメ配給が通常の60%まで削減,3月に入って配給が停止したという(韓国の対北援助団体「グッドフレンズ」の報告)
 同団体によれば,この配給停止は半年続く見通し.

 【参考ページ】
2008.04.03付,CNN


 【質問】
 北韓農村部の貧窮ぶりはどのようなものか?

 【回答】
 やや信頼度に欠けるソースだが,テレビ朝日「報道ステーション」の報道によれば,燃料不足のため,勤労意欲も能率も低下.
 範を示すため,幹部クラスの家族までが農作業に駆り出されているという.

『独占潜入映像 北朝鮮農村部の真実』

 北朝鮮東北部に位置する吉州.
 中心部から少し離れた所にある市場では米やトウモロコシなどの穀物が売られていた.
「借りたお金で買った物を,市場で売って手に入れたお金で暮らしていました」
と話すのは吉州近郊の農場に勤めていた夫婦.
 夫は3年前,妻も去年脱北した.
 映像の中の女性が持っている黄色い円状の物は,トウモロコシの粉から作った麺.白米の半分ほどで買えるので,主食になっている.
 人の流れに逆らうように,コッチェビ(浮浪児)がトウモロコシの欠片が落ちていないか探しているように歩いていた.市場内ではコッチェビは,盗みを働くとして取り締まりの対象になっている.

 今,北朝鮮では食糧不足への対応が最優先の課題.
 年頭に示される国の方針では,農業が経済建設の柱とされた.
 農村地帯へ入ると,水田に若い女性たちが集まっていた.彼女たちは農業支援のため田植えに動員されたのだという.
 技術のいる仕事は地元の農民が担当.
「ここはトラクターで一気にやればいいのに」
と,男性が愚痴るように,燃料不足のため,全てが手作業だった.

 農場の事務所の壁には「最後の突撃戦」とのスローガンが.
 その横には田植えの成績を競わせるための棒グラフも書かれていた.
「農作業は点数制で1日のノルマがあります.それができなかったら上から追求されます」
と話すのは,吉州出身で学生時代に住み込みで農業支援を経験していた女性.
 彼女が驚いたのが,ガソリン事情がひっ迫する中,わざわざ用意された送迎用のバス.
 撮影者によると今回は地方の党や政府職員の家族を動員したのだという.
 農業支援をしてきた学生や軍人の士気が低下しており,範を示すために幹部の妻や娘も投入しなければならなくなったという.

 集落に入ると,屋根や壁の崩れかけた家々が並んでいた.
 これらは農村文化住宅と呼ばれるもので,国営だという.
 農民は,30坪だけ与えられた個人の畑で,わずかな現金を稼いでいる.
 訪ねた民家では,狭い部屋に家族が肩を寄せ合っていた.
 この家で電気を使うのは裸電球ひとつだけだった.
 この家では赤ん坊が生まれたばかりだった.
 撮影者が
「赤ん坊を外気から守るため,お産をすると1ヶ月は戸を閉めて人の出入りをさせないはずでは?」
と尋ねると
「以前はそうしていたんですけど,今はそうしないんです.それで死んだ人がいたから」
と答えた.
「出産したからといって横になってばかりいられない.食べ物がないから1週間くらいで外に出ます」
と,吉州農場出身の脱北者.
 〔略〕

(報道ステーション,2005/9/23)


 【質問】
 北韓の飢餓は,食料不足に起因するものなのか?

 【回答】
 金日成が始めた集団農場・主体農法が原因.

(1)集団農場は,自分の農地という意識が欠けるから,農民の生産意欲が減退する.
→日本の農事組合法人とは違い,経営意識がない.

(2)主体農法によって,全国同じ日に田植えを始めさせられる.
 密植を「首領様の命令」として強制される.
→生物学的にみればわかるが,完全に素人のやること.
 むしろ生産高が落ちる.

軍事板

 また,李英和によれば,超インフレが飢餓の主因.
 慢性的な歳入不足であるにも関わらず,国防予算と金王朝維持とに国家予算の50%以上を取られるため,通貨が乱発され,穀物価格は半年で5倍以上に上昇.労働者の月収ではコメを1~3kgしか買えないという.

 以下引用.

――――――
処罰対象となっている自殺が,都市部を中心に増加している.
 例えば,北朝鮮有数の港湾都市の元山市では,日本海に身投げする老人が増えた.食糧難を背景にした入水自殺だが,たぶんに「口減らし」の要素が大きい.
〔略〕

 このような末世の社会現象が広まる背景には,深刻な食糧難がある.
 特に穀物価格の暴騰ぶりは前代未聞の水準だ.
 02年7月の改革により,コメ1kg=49ウォン(一般市場価格)で始まったものが,03年12月には3倍以上の180ウォンに上昇した.
 これで上げ止まりと思いきや,今年に入ってからは天井知らずの勢いだ.
3月=300ウォン
→5月=500ウォン
→7月=800ウォン
→8月=1000ウォン
→9月=1500ウォン
という調子である(いずれも咸鏡北道茂山郡,RENK調べ).
 もちろん一般国民の主食はコメではなくトウモロコシなのだが,トウモロコシを始めとする雑穀の値段も,同様の比率で上昇している.
 労働者の月収が2000~5000ウォン(支給された場合だが)なのだから,一般市場(農民市場)での食糧購入は絶望的である.

 〔略〕

 穀物の国内生産量はほぼ横這いで,国際社会の人道援助も継続中である.
 だから,猛烈な物価騰貴の原因は,供給量の減少によるものではない.端的に言えば,当局の通過乱発による超インフレが原因である.
 慢性的な歳入不足で国家予算が90年代前半に比べて半減する中,実質的な国防費は予算の30%以上(名目は約15%)を占める.
 それ以外にも,金王朝とその親衛隊が国家財政の20%以上を吸い上げるとされる.
 だから,党(第3経済)と軍(第2経済)を除き,人民経済(第1経済)の産業再生はとてもおぼつかない.

 〔略〕

 こうした国民収奪にも関わらず,いや,むしろ収奪の結果として
「国民の3割程度がトウモロコシ粥をすする」(7月28日号,金萬鉄レポート).
 要するに
「食べるという基本的人権が著しく侵害」され,「650万人が飢餓線上をさ迷っている」(10月14日,国連人権委員会・ジーグラー特別報告官).

――――――李英和 in SAPIO, 2004/11/10号,p.28-29

▼ さらには,食糧不足が食糧生産に支障をきたすという悪循環も起こっている模様.
 韓国の対北援助団体「グッドフレンズ」の報告によれば,2007年夏,大規模洪水で農地が甚大な被害を受けた影響で,南部の一部地方は2007年11月から食糧配給がない状態で,集団農場の従業員は仕事も出来ず,今春の農作物の植え付け時期の準備が遅れる悪影響も出ているという(2008.04.03付,CNN).▲


 【質問】
 一般的に見て,食糧支援は実際に一般民衆へ届いているのか?

 【回答】
 非常に疑わしい.

 RENKの隠し撮り映像によれば,国連から援助されたはずの米袋が,堂々と闇市場で売られている場面があるという.
 例えば以下のような事例が報告されている.

 「2004年7月に北朝鮮北東部のチョンジン市で撮影され,2005/02に入手した」とRENKが主張する映像によれば,市場に大勢の住民が集まり,米や野菜などを売買している様子が収められているが,その中に「アメリカ政府・トウモロコシ」とか「大韓民国・米」などと印刷された複数の袋が置かれ,売買されている様子が映っている.
 このうち一部の袋は封が開いておらず,撮影した人物が
「どこから来た米か?」
と売り主の女性に尋ねたところ,
「リョンチョンから入ってきた米だ」
と答えている声も録音されている.
 北韓北西部のリョンチョンでは去年4月に大規模な列車爆発事故が起き,事故後,世界各国が金額にして1000万ドルを超える食糧や医薬品の支援を行っている.

 この映像について,北朝鮮で食糧支援の監視活動などを行っているWFP(国連世界食糧計画)は,
「北朝鮮では援助物資の袋が再利用されることがよくある.WFPとしては,横流しがないように監視をしている」
としているが,RENK代表の李英和助教授は,
「援助物資の封が開いていないということは,袋の再利用とは考えにくい」
と反論している.

(NHK, 2005/2/15)

 〔2003/10/1の〕記者会見後,ドイツ国営放送を初め,EU諸国では援助物資の横流し映像が流れた.
 欧州連合諸国は現在,WFPによる対北援助の最大の資金拠出国である.
 動かぬ証拠に衝撃を受けたイタリアのWFP支部などから,映像の提供要請が私の元に来た.
 今年から資金を提供したイタリア(全体の約4%分)の責任は問わないとしても,WFPは責任を免れない.

 映像の公開当日,WFP(日本支部)は記者会見を開いて「疑惑」を否定してみせた.
「援助物資の袋だけが再利用されている可能性が高い」
というのである.

 WFPや韓国政府には申し訳ないが,「袋の再利用」の言い逃れは通用しない.
 理由は2つある.
 一つは,開封されていない穀物袋が市場に並ぶ様子を,映像が捉えていること.
 〔もう一つは,根拠薄弱につき,省略〕

(李英和=RENK代表,from "SAPIO" 2003/11/12号,小学館,p.90)

 また,国連は援助米の一部が輸送途上で「行方不明」になったことを過去に認めている.

 さらに,最新の研究によれば,支援する食糧の25~30%はまともに届いていないという.
 以下引用.

北に支援した食糧の25~30%は一般住民に届かず

「国際社会が北朝鮮に支援する食糧の25~30%はまともに届いていない」--.
 米国の民間団体である北朝鮮人権委員会の依頼で,最近『飢餓と人権:北朝鮮の飢餓政治学』という報告書を発表したステファン・ハガード博士(UCサンディエゴ大国際大学院教授)は8日,対北食糧支援の透明性について述べた.
 同博士は,米国際経済研究所のマーカス・ノーランド研究員とともに作成した報告書で
「援助食糧が子供,高齢者,身体障害者,妊婦など,特に必要な住民に届いていないのは深刻な問題だ」
と批判した.

 同博士はこれまで10年間,民間団体の北脱出者アンケート調査,世界食糧計画(WFP)報告書,専門家インタビュー,北朝鮮統計資料などを総合的に分析し,報告書を作ったと明らかにした.
 食糧専用実態について同博士は,
「軍より地方役人によって恣行される場合が多い」と北朝鮮行政組職の腐敗を指摘した.また「こうして抜き取られたコメが大都市で取り引きされている」
と明らかにした.

 報告書によると北朝鮮の飢餓問題が浮上した1990年代中盤以降,世界各国の対北食糧支援額は20億ドルに達する.
 同博士は
「北朝鮮は食糧援助を受け始めた後,食糧輸入をほとんど中断している.
 現在,北朝鮮に入る外国産食糧のうち,金銭を支払って買い入れているものは10%しかない」
と主張した.

 また,同博士は,北朝鮮が食糧輸入する金を軍事費に回すとも指摘している.
 北朝鮮の食糧分配に対する監視不足問題も取り上げた.
 また,平壌のWFP職員はわずか40人だと指摘し,
「彼らは4万と推算される援助の必要な機関の名簿さえ確保できていない.
 韓国は北朝鮮に大規模食糧を支援しているが,分配状況はWFPに劣る」
としている.

 北朝鮮飢餓問題解決の糸口として同博士は,1998年にノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・セン教授の
「きちんと機能する民主主義の国で飢餓は発生しない」
という言葉を挙げた.食糧問題は体制の発展なしには解決されることができる問題ではないというのだ.
「食糧援助問題は誰も取り上げようとしない頭の痛い問題だが,北朝鮮人権侵害をなくすためにも深刻に扱われなければならない」
と強調した.
〔略〕

(中央日報,2005/9/9)

 そればかりか,食糧援助があるのをいいことに,食糧輸入に充てられるべき予算を,軍事品や幹部のためのぜいたく品の購入に流用しているという.

食糧購入費北,軍事費に転用 米NGO報告「支援調査も妨害」

 【ワシントン=有元隆志】北朝鮮がここ数年,食糧輸入の九割を外国や国際機関からの援助に頼り,本来,食糧購入費にあてるはずの資金を戦闘機などの購入に転用していたことが一日,米国の非政府組織(NGO)「北朝鮮の人権に関する米国委員会」の調査報告で明らかになった.
 報告は,北朝鮮が国際機関や民間団体の活動を制限するだけでなく,支援が住民に行き渡っているかどうかのモニタリング調査まで妨害しているとも指摘しており,世界食糧計画(WFP)とは別に北朝鮮に食糧支援をしている最大の援助国,中国と韓国に対し,WFPを通じた支援に切り替えるよう求めている.

 報告は,北朝鮮経済に詳しい米国際経済研究所(IIE)のマーカス・ノランド上級研究員らが,WFPや国連食糧農業機関(FAO)の統計や脱北者約千人からの聞き取りなどを基にまとめた.
 それによると,食糧輸入に占める外国からの支援の割合は一九九五年以降増え続け,二〇〇一年からは全体の九割以上を占めている.
 北朝鮮は外国からの食糧支援に頼る一方で,外国からの食糧購入を減らし続けた.
 報告は
「軍事品や幹部のためのぜいたく品の購入にあてた」
とし,具体例として,九九年に食糧購入を二十万トン以内に抑えた代わりに,カザフスタンからミグ21戦闘機や軍用ヘリコプターを購入したことを挙げた.

 また,支援物資は一般住民には行き渡らず,軍や高級官僚などに横流しされた他,最近では市場に出回っていることも確認されたとしている.
 これを裏付けるように,脱北者からの聞き取り調査では,四割が外国などからの支援を知らなかったという.
 支援を受けていることを知っていた人の中でも,支援物資を受け取ったのはわずか7%しかいなかった.

 同委員会のデボラ・リャンフェントン事務局長は
「北朝鮮は援助国の寛大さを悪用している」
と非難した.
 〔略〕

(産経新聞,2005/9/3)

北韓 韓国が贈った牛も輸出し外貨稼ぎ

 北韓は去年,韓国から贈られた肥料のうち500万ドル相当をタイに輸出していた※だけでなく, 韓国が贈った牛もトルコやタイに輸出していたことが新たに確認されました.
 KOTRA=大韓貿易投資振興公社の調査によりますと,北韓は去年,メス牛570頭を99万ドルでトルコに輸出しました.
 これについて貿易業界の専門家は,
「韓国はトルコに牛を輸出していないので,トルコの関税当局が韓国と北韓を間違えた可能性はない.北韓の経済難を考慮すると,北韓が外貨稼ぎのため韓国から提供された牛をトルコに輸出した可能性が高い」
と話しています.
 北韓は,現代峨山から1998年6月以降,3回にわたって合わせて1500頭の牛を贈られたほか,民間団体からも数回,牛を提供されており,これらの一部を輸出したものとみられています.

KBS韓国国営テレビ 2006-05-30 17:14

※肥料輸出疑惑は,のちに誤報と判明している.

 RENKはWFPのやりかたを,次のように批判している.

 WFPは,
「最近は国民に適正に配分されていると信じている」
と言う.「嘘吐き」でなければ「無邪気」というほかない.
 50人ほどの要員と60人ほどの現地雇用の「協力者」では,とても監視など及ばない.
 韓国政府や日本政府に至っては,これまでろくに監視団を派遣したことすらない.

 そもそもWFPの言い分とは正反対に,「最近」では援助物資がますます不適正に配分されるしかない.
 金正日式経済改革のせいである.
 金正日は昨年〔2002年〕7月に正式に,一般国民への配給制度を廃止した.
 糧政部を起点とする従来の配給網は,これで消滅したことになる.
 これまで北朝鮮政府は,配給網の存在を前提にして,援助物資の分配を「保障」してきた.これが国際的な監視団の受け入れを制限する口実とされてきたのである.
 その屁理屈(配給網)が消えたのだから,WFPは監視要員を大幅に増強し,住民に直接分配するのが筋である.
 ところがそうしていない.
 これでは,思う存分に横取り・横流ししてください,と言っているに等しい.

 実際,援助物資の横取り・横流しの基本的な仕組みは,意外と単純である.
 援助食糧を輸送する貨物自動車と燃料は,軍部と労働党幹部,それに一級企業所の占有物である.
 それ以外の企業所や住民機関が援助物資を受け取りに行くためには,自前で車とガソリンを調達せねばならない.
 だがそうすると,結局は闇市場で食糧を買うのと変わらない費用がかかる.
 だから労働党当局が
「自由に取りに来い」
と言ったとしても,誰も取りに行けない(行かない).

(李英和=RENK代表 from SAPIO 2003/10/22号,小学館,p.94)

 さらに,WFPのトンチンカン振りは,例えば2004年12月のスマトラ沖地震でも指摘されているところ.
 このような官僚主義ぶりでは,北韓に援助食糧を横領されていても,気付くかどうか怪しいものがある.

almost fUNnny . . . (ツナミ被害救済での国連のおかしさ)

 ツナミ被害発生後9日目.ツナミ被害救済活動について,相変わらず国連は何もできていない.
 今必要なのは,被害者に食料や医療を与えて保護することだが,国連は会議ばかりやっている.
 今日の午後,また大きな会議をやるという.
 彼らはわれわれ(各国外交官達)に「コーディネーション」と共同作業のお説教をしたいわけで,つまり国連の介入余地を作りたいわけだ.
 コフィ・アナンが大会議に顔を出すとかで,(阿呆な)国連官僚(UNocrats)たちはとにかく なんとか国連の実績を示したいようだ.

 そういうことなので,アメリカ軍の派遣した空母・エイブラハム・リンカーンが国連管理下にあるとかリンカーン大統領は国連支持者だったとか言う話が出てきてもおかしくはない.

 追記:信じられないような国連機関("The UNcredibles")

 WFP (World Food Program)が津波支援に乗り出してきたのだが,以下の話はジョークではなく て実話である.
 WFPは被害国で「アセスメントとコーディネーション・チーム」のための「コー ディネーション・オペレーション・センター」を現地の五つ星ホテル内部に設営した.
 彼らのWFPチームが,電話やFAXやコピー機にもまして最優先で手配したのは,「24時間の食事サービス」をホテルに約束させることだった.

 USAIDの連中は,このWFPチ-ムを皮肉って「国連シェラトン("The UN Sheraton" )」と呼んで いる.
 アメリカの軍部と民間の救援機関はC-130輸送機のピストン輸送にかかりっきりで,ヘリコプターも飛び捲くっているわけだ.それによって被害者の命が救われているわけだが,無論彼らは五つ星ホテルも24時間食事サービスもなしにやっている.
 こういう対比が,ますますはっきりとしてきている.

The Diplomad(キャリア外交官達の書いているブロッグ)
Monday, January 03, 2005 Day 9 of the tsunami crisis.

 以下の記事によれば,韓国政府の食糧支援の際の監視は,WFP以上に杜撰だという.

政府のずさんな対北食糧支援「現場調査」

北,WFP要員引き上げ要求は“韓国のモニターリングのずさんさ”のため

 北朝鮮が国際社会の人道的食糧支援を拒否し,世界食糧計画(WFP)のモニターリング(検証)要員の引き上げを求めたのは,食糧が必要な人にきちんと届いたかどうかを検証するWFPのモニターリングの手続きが徹底的であるため※という見方が浮上している.

 WFPのモニターリングと韓国政府のモニターリングの徹底性は,雲泥の差といえる.
 韓国政府とWFPは昨年,北朝鮮に同じくらいの量の食糧を支援した.
 韓国政府は昨年,40万トンのコメを支援しながら,コメが必要な住民にきちんと届いたかどうかを調査する現場調査をわずか10回しか実施していない.
 今年は50万トンのコメを支援し,現場調査の回数を増やしたが,いずれにせよ20回に過ぎない.
 一方,昨年36万6000トンの食糧を支援したWFPは,約100人の職員を常駐させ,現場調査を4800回にわたり実施した.

 調査場所の選定方式も異なる.韓国政府は10万トンを支援する度に,北朝鮮が分配の内訳とともに,「ここで確認してほしい」と場所の指定を受けた上で協議して決定する方式だ.
 事実上,北朝鮮が指定する形式だと言える.
 韓国側は,一度に4~5人の公務員が食糧配給所だけを訪問することができるため,食糧の最終届け先である家庭や幼稚園,病院などに食糧がきちんと届いたかどうか確認するすべがない.
 統一部は「北朝鮮の持つ特殊性のため,やむを得ない側面がある」と説明している.

 しかし,WFPは「現場への接近を認めない限り,支援を中断(No Access No Food)する」という原則を守っている.
 現在,北朝鮮の203の郡のうち,モニターリングを許可している160の郡(87%)地域に限って,食糧を配給している.
 また,韓国とは異なり,無作為に家庭,病院を選定し,住民とのインタビューを通じて,配分がリストに沿って行なわれたかどうか確認している.WFPのジェームズ・モリス事務局長は先月,ソウルの記者会見で「われわれの監視システムはきめ細かく,信頼できるレベル」と述べた.

 こうしたモニターリング面での徹底性に差があるため,北朝鮮が現場調査が杜撰な韓国と中国の支援に依存していると専門家たちは指摘している.

 一方北朝鮮は,食糧として支援を受けたコメの一部を住民に1キログラム当たり46ウォン(2003年基準)で販売していると統一部は明らかにした.
 統一部の関係者は,
「支援したコメのうち,どれくらいの量が販売しているかは把握していない」とし,「借款の形であるため,配分の方式にまで口出しするには,限界がある」
と述べた.
 しかし,高麗(コリョ)大学の南成旭(ナム・ソンウク)教授は,
「われわれが人道的観点から,無償に近い条件(30年借款)で支援しているにもかかわらず,北朝鮮がそのコメを販売して財政収入を上げるのは,南北間の合意違反に当たる」
と述べた.

(朝鮮日報,2005/9/11)

食糧支援の国際機関を追い出す北朝鮮の事情

 北朝鮮が国際社会の人道的食糧支援をこれ以上受け入れないとして,世界食糧計画(WFP)の平壌(ピョンヤン)事務所の閉鎖と食糧配給の監督要員の北朝鮮からの撤収を要求した.
 北朝鮮の昨年の穀物生産量は,およそ420万トンで,国内必要量に90万トン不足している.
 そのため,今年韓国政府から50万トン,中国から15万トン,WFPから10万トンの支援を受け,ようやく生き延びている.
 一粒の穀物もおろそかにできない北朝鮮が,国際社会の支援を拒否したのは,国際機関の配給監督(モニターリング)が日増しに厳しくなる反面,支援の規模は減っていることによるものと見られる.

 その反面,韓国政府による北朝鮮への食糧支援は,昨年の40万トンから今年50万トンに増えただけでなく,配給への監督も形式的なものに止まっており,北朝鮮にしてみれば,国際社会よりは,韓国に頼ることが体制への負担が少なくて済むという判断が働いたことは想像に難くない.

 WFPは「接近なくして支援もない」という原則の下で,およそ100人の要員を動員し,一年間4800回の現場モニターリングを実施した反面,韓国のモニターリングはわずか10回に止まった.
 しかも,WFP要員たちは,北朝鮮住民の家庭まで直接訪問しているが,支援食糧を持って訪朝した韓国側の公務員は,北朝鮮供給所の責任者の話を聞くことがやっとのことだ.

 こうした事情のなか,米国の韓半島専門家であり,『北朝鮮の飢餓政治学』の著者であるマーカス・ノーランド国際経済研究所研究員が最近,
「韓中両国の無条件の北朝鮮食糧支援が,国際機関が10年間築いてきた分配の透明性システムを損なっている」
と指摘したことは当然のことだ.
 北朝鮮に支援した食糧の25%から30%が一般住民に届かず,幹部層に流れているという分析も同時に出された.
〔略〕

(朝鮮日報,2005/9/10)

 ※ その後の展開を見ると,WFPの監視をさらに弱めるための瀬戸際外交の一種だったという見方もできる.
 以下引用.
北朝鮮への食糧支援を再開へ WFP

 北京──世界食糧計画(WFP)は10日,約6カ月間中断している食糧支援を再開することで北朝鮮と合意し,首都ピョンヤンで協定に調印した.関係者が当地での記者会見で発表した.
 WFPは,北朝鮮の「最も支援を必要としている」190万人を対象に支援を実施する.
 ここ数年の支援対象は650万人だったが,大幅に縮小される.
 北朝鮮のWFP外国人職員受け入れ枠も従来の32人から10人に縮小されるうえ,駐在事務所はピョンヤン市内のみとなる.
 WFPは昨年12月,支援の重点を食糧から経済開発に移すよう北朝鮮側から突然求められたことを受け,食料支援を中断していた.具体的な再開日程は明らかにされていない.

CNN/AP 2006.05.11.14:35JST

 WFPは今年2月,北朝鮮への食糧支援再開を承認したが,北朝鮮がモニターを10人に制限しようと主張し,支援を再開できずにいた.
 WFPは食糧配給を監視するために常駐するモニターを,北朝鮮側の要求通り32人から10人に減らし,北朝鮮事務所も以前の5カ所から平壌(ピョンヤン)の本部だけを残すことにするなど,北朝鮮の要求を受け入れた.

中央日報 2006.05.11.15:41

 「ヒューマン・ライト・ウォッチ」も,そのような見解を持っている模様.
 以下引用.
米人権団体「北,再び食糧危機に陥りうる」

 国際的な人権団体「ヒューマン・ライト・ウォッチ」(HRW,本部・米ニューヨーク)は,4日
「北朝鮮が,世界食糧計画(WFP)の活動を中断させ,私的な穀物の取引を禁止,配給制を再開することによって,困窮が進む北朝鮮に再び飢きんが招かれうる」
と警告した.
 HRWは北朝鮮の食糧政策に関連した懸念すべき状況を分析し,まとめた報告書「生存の問題,北朝鮮政府の食糧統制と飢きんの危機」(34ページ)で,このように指摘した.
 HRWのマリノースキー・ワシントン局長はこの日,ソウル・プレスセンターで記者会見し,
「わずか10年前に,北朝鮮のこれと類似な食糧政策が飢きんの原因になり,当時58万~300万人にのぼる住民が飢きんで死亡している」
とした.
 同局長は
「国際社会の関心が北朝鮮の核問題に集中する間,飢きん問題が深刻化している」とし,「表現の自由と独立的な観察者の監視を許さない限り,北朝鮮の逆行的な政策は,90年代の食糧危機を繰り返させ得る」
と強調.
 報告書によると,北朝鮮は05年に450万トンの穀物を収穫したが,うち15%の損失を除けば,実際には382万トンだけが残る.
 これは,北朝鮮が1年間消費する600万トンの2分の1にあたる,とのこと.

中央日報 2006.05.04.16:00

 さらにまた,週刊文春 2003/2/27には,次のような記事が掲載されている.

 故金日成の執務室に入ることまで許された天功は,驚くべきものを見た.
「お部屋には,北朝鮮と友好関係にあるたくさんの発展途上各国から,あらゆる援助に対する感謝の品々がありました.
 その中に,アフリカに対するコメ援助の感謝状があったのです.
 2000年に訪朝した時も『金正日様へ』と書かれたコメ支援の感謝状がありました」
 95年に日本から50万トンのコメ支援を受けた食糧難の北朝鮮が,なぜ外国にコメを援助できるのか,謎である.

 韓国国会・統一外交通商委員会が行なった統一部への国政監査の調査結果でも……

 野党ハンナラ党・鄭文憲(チョン・ムンホン)議員は2004/10/21,国会・統一外交通商委員会が行なった統一部への国政監査で
「北朝鮮は2002年から,毎年40万トンずつ,北朝鮮に支援したコメ120万トン(今年支援予定分を含む)を1キロあたり44~46北朝鮮ウォンで,有償供給している」
と明らかにしている.

http://japanese.joins.com/html/2004/1021/20041021163609500.html

 米上院での記者会見でも……

 今年5月,脱北者としては初めて「非政治的亡命」が許可され,3ヵ月間米国で生活している脱北者6人は19日,ワシントン米上院で記者会見を開いた.
 〔略〕
 脱北者たちは,平壌(ピョンヤン)の子どもたちの状況に関する質問を受け,
「生活が貧しくなり,生徒が30人のクラスに教科書が10冊だけ支給される.
 国連からお菓子が支給されるが,教員や校長が中間搾取し,生徒には一部だけが与えられる」と話した.
 同日の会見途中,傍聴席から「韓国の太陽政策の実効性を北朝鮮で感じることができたか」
という質問が出た.
 チャンミ氏は,「韓国で,北朝鮮に多くの物資の支援をしていることを知った.しかし,住民には渡っていない.戦争準備や核兵器の製造に使われているようだ.このような支援はしてはいけないと思う」と話した.

東亞日報 2006/07/21/03:02

 隠し撮りされた映像でも……

北朝鮮から脱出してきた男女が脱北前に市街の様子を撮影した映像入手

 北朝鮮から脱出してきた男女が,脱北前に北朝鮮北部の清津(チョンジン)の様子を撮影した映像をFNNが入手した.
 〔略〕
 そんな北朝鮮の厳しい現実を,脱北者たちは,さらに同じ東北部の都市でもカメラに収めていた.
 トタン屋根が並ぶ端川(タンチョン)市の市場は,人通りも多く,屋台には人も集まっている.
 一方,端川の駅には,大量の米を積んだ列車が停止していて,そこには「大韓民国」の文字あった.山積された米は,韓国からの援助米だという.
 しかし,その上では,軍人が腰を下ろし警備をしている.
 援助米の一部は,市民の手に届かず,軍に転用されているという.
 その証拠なのか,市場には「大韓民国」と書かれた米が,売り物として置かれていた.
 援助米が横流しされている可能性を示す,貴重な映像といえる.
 人々は,そんな現実に気づき始めているのか,街中には「先軍政治のせいで,庶民は飢え死にする.軍人だけでなく,人民にまず米をくれ」と書かれた張り紙が見受けられる.
 〔略〕

FNN HEADLINES,2006/09/15/00:12(y0:36)

韓国の支援米,北朝鮮軍車両に積まれた 現場撮影の動画入手

 政府が2000年以降,食料借款の形態で毎年,北朝鮮に送っていた40~50万㌧の米を,北朝鮮軍が運搬管理している様子を撮影した動画が入手された.
 今年5月24日に撮影された動画は,食糧難にあえぐ北朝鮮住民たちに配られることを前提に支援された米を,北朝鮮軍部が違う目的に転用する可能性をみせるもので,〔略〕
 今月5日発行の週刊東亜(9月12日付)が入手して報じた3時間もの動画には,咸鏡南道(ハムギョンナムド)タンチョン駅に停車している貨車に北朝鮮兵士たちが「大韓民国」のマークが鮮明な米をトラックに積む場面が出てくる.
 また北朝鮮兵士たちが米袋をいっぱい積んだ貨車に上がって警備に当たっては,横になる様子も収録されている.
 実際,貨車に積まれていた食料がどこに運ばれたかは,動画には収録されなかった.
 動画は,脱北者が北朝鮮に潜入して撮影したもので,この脱北者は現在,第3国に滞在しているという.
 北朝鮮の運送手段が劣悪で,軍の車両を利用した可能性もあるが,軍が食料の運送や配分に介入すること自体,南北間合意の違反だ.
 南北は,韓国側が提供する米を住民に配給する機関を,北朝鮮の内閣傘下の「収買糧政省」にすることで合意しているからだ.

 韓国統一部は,2005年度分の食料借款50万㌧の提供を,昨年7月から開始し,今年2月までに終えた.
 その間,統一部は20回ものモニターリングを実施している.
 統一部の関係者は「食料引渡し要員4人が地方の食料供給所を回りながら,モニターリングをしているが,北朝鮮に常駐するわけではないので,厳格な検証には限界がある」と話した.
 一方,2000年の南北首脳会談の際,北朝鮮側の警護員を勤めていた脱北者のホ・ヘイル氏は,今年6月に出版された著書「北朝鮮万華鏡」で,
「韓国政府が支援する食料は,北朝鮮に渡されると同時に70%は軍部隊に,30%は平壌(ピョンヤン)市民たちに配られている」
と主張した.

東亞日報 2006/09/06/07:01

 なお,国連北朝鮮特使は,イラクの人道支援事業「石油と食料の交換プログラム」にからむ不正疑惑で,捜査対象になっているという.

 【ニューヨーク高橋弘司】イラクの人道支援事業「石油と食料の交換プログラム」にからむ疑惑で,国連報道官は19日,ストロング北朝鮮問題担当事務総長特使が国連の独立調査委員会の捜査対象になっていると明らかにした.

 ニューヨーク南部地区の連邦地検は先週,旧フセイン政権から巨額のリベートを得ていたとして韓国人実業家を告発.
 ストロング※特使は,この韓国人実業家との間にビジネス関係があったことを認めている.
 この実業家がリベートの一部を国連高官などとの工作や交渉に使ったと証言していることから,独立委や連邦地検はストロング特使への資金の流れに焦点をあてている模様だ.

 連邦地検の発表や米メディアによると,告発後,同地検から逮捕状が出たのは韓国人実業家の朴東宣(パクドンソン)容疑者.
 朴容疑者は旧フセイン政権下でロビー活動を行い,同政権から200万ドルのリベートを得たとされる.

 同特使は18日,声明を発表し,自らの息子が経営するカナダ系石油会社に朴容疑者が97年,投資していたことやその後も関係が続いてきたことを認め,
「朴氏から北朝鮮問題でアドバイスを得ていた」
と釈明していた.

(毎日新聞,2005/4/20)

 ※モーリス・F・ストロング (1929?- )
 国連(北朝鮮支援担当)特使,国連平和大学理事長,世界環境サミット議長,元・国連事務次長,元・世界銀行副総裁.

(極東ニュース板)

 ただし,報道によれば,日本政府側は,適正に支給されているとの認識を示しているという.

 竹内行夫外務事務次官は2004/11/8の記者会見で,北朝鮮に供与した食糧が住民に届いているかどうかを確認した調査(2~6日に実施)結果について,
「支援物資が支援を必要とする人々に届いており,日本からの支援であることが認識されている」
と述べ,適正に支給されているとの認識を示している.
 調査団は,世界食糧計画(WFP)が行う北朝鮮の食糧支援モニタリングに参加.
 外務省課長級職員ら4人が11月2日から6日まで北朝鮮に滞在し,荷揚げ港や配給所の視察,家庭訪問などを行った.
 北朝鮮側の対応について,竹内次官は「家庭訪問や現場での日程変更など日本側のすべての要望に前向きに対応した」と語った.

(毎日新聞HP,2004/11/8, & 朝日新聞,2004/11/8

 なお,同事務次官は,この「予備的監視」終了を踏まえ,今度は支援全体を対象にした「包括的監視」を行うため,年内にも,新たに政府職員を北朝鮮に派遣する方針を明らかにした.
 監視対象は,小泉首相が5月の日朝首脳会談で表明した25万トンの食糧支援などのうち,実施が決まった約12万5000トンの食糧と,700万ドル相当の医薬品.
 世界食糧計画(WFP)などを通じて配給される.日本の監視要員は,国際機関と協力し,支援物資が適正に配給されているかどうかを調べるという.

(読売新聞,2004/11/8)

 抜き打ち査察なのかどうか不明だが.


 【質問】
 援助食糧の横流しがされていると言うが,袋が再利用されているだけではないのか?

 【回答】
 RENKの撮影した映像には,「未開封の穀物袋」が多数映っている.
 「横流し」説を唱える援助機関は,怠慢を認めたくなくてそう言い繕っているだけではないかと疑わせるに充分である.
 援助が適切に行われているかの監視を怠っているとしか思えない.

 詳しくは 『SAPIO』 2005/3/9号,p.91-93の写真,および李英和の著述を参照されたし.


 【珍説】
 私は,日本の政治家がもっと徳のある政治を行うべきだと思う.主義主張が違っても,朝鮮をもっと尊敬すべきだ.
 たとえば,隣国が食糧不足にあえぎ,それによって死者まで出ているときに,条件をつけて,その条件をのまなければ援助しないというやり方は納得できない.私の正義感が許せない.
 だから昨年,私が名誉会長を努める「金日成花金正日花普及後援会」を通じて朝鮮に120トンの精米を届けた.
 支援米の袋には「withLOVE デヴィ・スカルノ」と書いた.
 中国の瀋陽から貨物列車で平壌まで運んだ.列車が駅に到着する際,朝鮮赤十字社の方とともに駅で出迎え,一緒に荷物を降ろした.

「デヴィ・スカルノ夫人に聞く」in朝鮮新報2006.8.8

 【事実】
 そのような太陽政策は,橋本政権までの日本では行われており,その結果,実効性がなかったという事を証明してしまいました.
 現在も韓国が太陽政策を行っていますが,何ら成果はありません.

 なお,RENKの指摘によれば,食料援助は北韓の上層部を肥え太らせるものでしかないとされており,各種の傍証から見ても,この指摘はほぼ正しいだろうと推測いたします.
 また,北韓の食料不足は北韓の政治システムそのものに起因するものですので,現在の金王朝が続く限り,食料不足も永遠に続くことになります.

 貴女の有り余る正義感は,正確な情報をもとに,正しい方向へ向けるべきかと存じます.


 【質問】
 竜川(リョンチョン)列車爆発事故への緊急支援は,実際に被害者へ届いているか?

 【回答】
 疑わしい.

 産経新聞報道によれば,日本が国際機関を通じて実施した約十万ドルの緊急医療支援は,実施から一カ月以上経っても,実際に被害者に物資が届いたかを日本政府は把握できていない.
 以下引用.

 政府は,四月二十二日の列車爆発事故発生後,国連人道問題調整事務所(OCHA)の要請を受ける形で四月二十五日に,約十万ドル相当の緊急医療物資援助を決定.世界保健機関(WHO)を通じ,オランダで調達した緊急医療用セットと,やけど用軟膏(なんこう)などは四月二十九日,五月六日,十三日の三度に分けて北京経由で平壌に空輸された.

 外務省によると,物資の平壌到着は,現地のWHO事務所を通じてジュネーブのWHO本部から外務省に連絡があった.
 だが,物資到着後,実際に竜川で病院などに配布されたかは「現在問い合わせ中」(外務省)で,一カ月以上たっても不明のままだ.

 日本は北朝鮮と国交がなく,政府職員が直接物資の行方をチェックできず,国際機関に任せざるをえないのが実情.
 しかし,北朝鮮への支援をめぐっては,以前から一般国民に渡っているか疑問視されている.
 北朝鮮で医療活動を行ったドイツ人医師,フォラツェン氏も
「モニタリングしようとしても,自由なアクセスは全くない.支援する側は,来年の支援物資を少しでも確保するため,うそを報告書に書かなければならない」(平成十四年十二月の衆院安全保障委員会)と証言している.
 また,「2004年7月に北朝鮮北東部のチョンジン市で撮影され,2005/02に入手した」とRENKが主張する映像によれば,市場に大勢の住民が集まり,米や野菜などを売買している様子が収められているが,その中に「アメリカ政府・トウモロコシ」とか「大韓民国・米」などと印刷された複数の袋が置かれ,売買されている様子が映っている.
 このうち一部の袋は封が開いておらず,撮影した人物が
「どこから来た米か?」
と売り主の女性に尋ねたところ,
「リョンチョンから入ってきた米だ」
と答えている声も録音されている.

 この映像について,北朝鮮で食糧支援の監視活動などを行っているWFP(国連世界食糧計画)は,
「北朝鮮では援助物資の袋が再利用されることがよくある.WFPとしては,横流しがないように監視をしている」
としているが,RENK代表の李英和助教授は,
「援助物資の封が開いていないということは,袋の再利用とは考えにくい」
と反論している.

(NHK, 2005/2/15)

 この事故についての日本からの援助物資が,闇市場に出回っているとする情報もある.

 【ソウル=】日本政府が昨年秋,世界食糧計画(WFP)を通じて北朝鮮に人道支援として送った食糧が北朝鮮の市場に出回り,支援物資が横流しされた可能性の高いことが,日本の非政府組織(NGO)が秘密撮影したビデオで裏付けられた.
 隠し撮りされた市場の映像には,日の丸が印刷され,ハングルで「日本政府寄贈」と書かれた米袋が,はっきり写っている.
 「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク」(RENK)代表の李英和・関西大教授が二十一日,ソウルで記者会見して明らかにした.
 李教授によると,場所は平壌から北に約七十キロの平安南道安州市の南興市場で,RENKで活動する元脱北者が北朝鮮に入国し,今年四月二十六日に撮影,約二カ月かけて持ち出した.
 写っている日本支援の食糧は約十個で,パキスタン産の米袋(五十キロ).封が切られていないものもあった.

 日の丸付きの支援食糧は昨年五月二十二日の小泉純一郎首相訪朝時の人道支援二十五万トン(実施は十二・五万トン,約四千万ドル相当)の一部とみられる.
 李教授は
「軍部や秘密警察経由で横流しされる人道支援など,独裁者への贈り物でしかない.支援方法を根本的に変えるべきだ」
と述べる.
 RENKはこれまでも米国,韓国,英国などの物資が横流しされ出回っている証拠ビデオを撮影,発表しているが,日本の支援物資が確認されたのは初めて.
 日本政府による北朝鮮への食糧支援は,村山内閣当時の平成七年に始まり,十六年までに計百三十万七千トンが供与されている.
 拉致問題などにより十二年を最後に途絶えたこともあるが,小泉首相が昨年五月に再訪朝した際に二十五万トンの支援を決定し,
 このうち十二・五万トンがWFPを通じ北朝鮮に届けられた.コメは四万八千トンだった.

(久保田るり子,産経朝刊 2005/6/22)

 そもそも,生活インフラがあれだけ失われ,それによるモラル崩壊が進んでいる国において,徹頭徹尾の監視もつけずにおいて,それが正常に平等に分配される,などと考える人がいたとしたら,その人はよほどの世間知らずかお人よしだろうよ.


 【質問】
 NCCとは?

 【回答】
 日本キリスト教協議会の略称.
 北韓への「人道」支援を続けているという.
 しかし,それは北韓の官製「教会」KCFを通じたものであり,援助の実効性が強く疑われる.

 援助の中身については以下引用.

NCC,北朝鮮人道支援に関する見解発表

 日本キリスト教協議会(東京・新宿区,以下NCC)は21日,北朝鮮人道支援に対する見解を公式サイトで発表し,物資による支援を今後も継続する意向を発表した.
 国際ネットワークを通じて諸団体と連携し支援してきたことを強調する一方,
「日本の植民地支配,軍事侵略への沈黙・加担,戦後責任の告白に立ち」,
アジア諸国との協力を大切にしたいとの認識も明かした.
 発表によると,1995年以降,NCCは加盟教会・団体から募る「わかちあい募金」の一部で,香港キリスト教協議会の協力を得て,粉ミルクなどの支援物資を香港で購入し,北朝鮮に送っている.
 物資は北朝鮮の朝鮮基督教連盟(KCF)を通して現地に届けられるという.
 KCFは北朝鮮の「憲法が保障する宗教の自由に基づき,「(北朝鮮)政府との協議の上で」聖書印刷,教会堂の建築,牧師など教職の任免を行っている組織であるという.
 また,平壌(ピョンヤン)にある2つのプロテスタント教会と連絡を取り,キリスト教教育や社会奉仕運動を行っていると明かした.
 また,北朝鮮の人道支援に関するNCCの基本的な姿勢を,NCC創立50周年宣教会議の宣言(1998)を引用して,
「日本の植民地支配,神社参拝の強要,軍事侵略への沈黙・加担,戦後責任の告白に立って,アジアの民衆・キリスト者との交流,協力を大切に考えること,その具体的な働きの一つとして北朝鮮民衆への食料援助を重視すること」
と説明.
 朝鮮半島の統一や日朝国交回復を求め,北東アジアにおける平和と和解の働きを含む活動として位置づけている.

 拉致問題や政治の場面で北朝鮮への人道支援の継続に否定的な見方があることについて,
「人道支援は国家の干渉を受けずにできることはほとんどない」
として,人道的な活動には国際機関やNGO(非政府組織)らによる根気強い働きかけが不可欠であると強調した.

 人権擁護団体などの調査によると,平壌にある政府公認の教会は,北朝鮮に宗教の自由があることを強調するために政府が建設した宣伝用教会であることが,国際的に知られている.
 所属牧師や信徒も全て政府が派遣した労働党員であるという.
 政府は地下・秘密教会の監視や取り締まり,信徒の処刑や強制労働を続けている.

クリスチャントゥデイ,2005/12/22


 【質問】
 「レインボーブリッヂ」とは?

 【回答】
 2000年に東京で設立された北韓支援NGO.
 小坂浩彰事務局長は2002年11月,横田めぐみの娘キム・ウンギョン(ヘギョン)と平壌で面会.2003年には,拉致被害者の子供たちに帰国前に会い,それぞれの親あてに預かった手紙や写真,ビデオを日本に持ち帰っている.
 2006年7月9日,裏金捜査で家宅捜索を受けた.

 以下引用.

北支援NGOへ2億6000万円 水谷建設提供4ルートで裏金捜査

 法人税法違反容疑で幹部が逮捕された水谷建設(三重県桑名市)が数年間で,北朝鮮支援のNGO「レインボーブリッヂ」に計約2億6000万円の資金を提供していたことが関係者の話で分かった.
 事件をめぐっては多岐にわたる関係者が浮上.東京地検特捜部は,このNGOや北川正恭・元三重県知事の元秘書▽福島県知事の実弟▽政財界と太いパイプがあるフィクサー-の4ルートで裏金の使途解明を進めているもようだ.
 特捜部は11日,関係先として準大手ゼネコンの前田建設工業東北支店(仙台市)を家宅捜索.これまでに同社本店(東京)やレインボーブリッヂなどの捜索を行っており,関係先の強制捜査は異例の4日連続となった.

 関係者によると,同団体の事務局長と水谷功・元会長(61)は同郷で古くから付き合いがあった.
 水谷建設は3,4年前に,北朝鮮の災害復旧支援名目で中古の重機や乗用車など4億円前後の物資を無償提供するなど,提供額は約2億6000万円に上るという.
 ゼネコン関係者からは
「水谷建設は北朝鮮の砂利利権を狙っていた」
との指摘もあり,特捜部は同団体が北朝鮮に不正送金していたかも含め,資金の流れを追及するとみられる.

 〔略〕

 いずれの関係者も,脱税を主導したとされる水谷建設の水谷元会長と親密とされる.

 【用語解説】レインボーブリッヂ
 平成12年に東京で設立された非政府組織(NGO)で,ホームページなどによると,北朝鮮への食料,医薬品支援や風力発電所の建設援助などの人道支援活動を賛助企業・団体の寄付で実施している.
 北朝鮮当局とパイプを持ち,事務局長は14年に横田めぐみさんの娘キム・ウンギョン(ヘギョン)さんと平壌で面会.15年には,拉致被害者の蓮池薫さん,地村保志さん,曽我ひとみさんの子供たちに帰国前に会い,それぞれの親あてに預かった手紙や写真,ビデオを日本に持ち帰り,注目を集めた.

産経夕刊 2006年07月11日15:50

 〔略〕
 NGO「レインボーブリッヂ」と事務局長の自宅は9日に捜索を受けた.
 同団体は北朝鮮に食料や衣料,タイヤチップを送るなどの支援活動を続けている.
 同団体によると,事務局長と水谷元会長は同郷で古くから付き合いがあった.
 水谷建設は3,4年前に,北朝鮮の災害復旧支援名目で中古の重機や乗用車,発電機など4億円前後の物資を無償提供.また,団体職員らの北朝鮮渡航費用なども出していた.
 事務局員は「日朝の国交正常化が実現したときに,局長が北朝鮮側に水谷建設を紹介するという条件で,同社が先行投資した.NGOの運営資金への寄付があったかは知らない」と話した.
 だが,水谷建設からの提供資金は約2億6000万円に上り,特捜部は同団体が北朝鮮に不正送金していたかも含め,資金の流れを追及するとみられる.
 ゼネコン関係者は「水谷建設は北朝鮮の砂利利権を狙っていた.こうした支援には元国会議員秘書が絡んでいる」と指摘している.
 〔略〕

産経朝刊 2006年07月11日

 東京都中央区にあるNGO「レインボーブリッヂ」本部には9日,東京地検の係官ら約10人が捜索に入ったほか,小坂浩彰事務局長の都内の自宅の捜索も行われた.

 同団体の事務局員の説明によると,水谷功・元水谷建設会長(61)と小坂事務局長は古くからの知人で,水谷建設は約3年前まで,同団体が北朝鮮の災害復興などに使うトラックや発電機などを無償で提供していた.
 こうした物的支援を金額に換算すると,3,4億円に上るという.
 ほかにも,同団体の職員らの北朝鮮への渡航費用なども支出していた.
 同団体の事務局員は,会計書類などが押収されたことを明かした上で,水谷建設が同団体を支援してきた理由について,「北朝鮮との国交が正常化した時に,団体が持つネットワークを活用し,北朝鮮ビジネスを展開するための先行投資だろう」と話した.

読売新聞 2006年07月10日14:32

 このNGOや関係者によると,小坂氏が三重県出身だったことが縁で,水谷建設との付き合いが始まった.
 〔略〕
 捜索を受けたレインボーブリッヂ事務局は
「水谷建設とは古い付き合いだが,ここ1,2年は疎遠になっていた.向こうは商業ベースで,国交正常化すれば,こちらから紹介できるという話だった」
と説明した.

朝日新聞 2006年07月10日15:14

 NGO「レインボーブリッヂ」の小坂浩彰事務局長は
「(不正に関与したとか)それはもちろんありません」
などと話した.
 家宅捜索を受けているのは,東京・中央区のNGO・レインボーブリッヂの事務所と西東京市の小坂事務局長の自宅.
 関係者によると,水谷建設はレインボーブリッヂに,北朝鮮での事業をめぐって資金を貸し付けるなどの取引があるということで,9日の捜索は,特捜部が水谷建設をめぐる金の流れを解明する一環として行っているもの.
 この事件をめぐっては,法人税およそ2億3,000万円を脱税した疑いで,水谷建設役員の中村重幸容疑者(55)らが8日に逮捕されている.

FNN HEADLINES,2006/07/09/12:44

「北朝鮮への人道支援は水谷建設に世話になっている部分がけっこうあるんです.スポンサーですね.(水谷建設からの資金提供は)トータルでは4,5億円になるのでは.
 3,4年の間に.裏金を振り込むことはありません.水谷建設という法人が振り込んでいますから.

(Q.裏金への関与は?)
 関係ありません」
(NGO「レインボーブリッヂ」 小坂浩彰事務局長)

TBS,2006年07月09日19時43分


目次へ

「アジア別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

軍事板FAQ
軍事FAQ
軍板FAQ
軍事初心者まとめ